経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

人の上に立つには素直さは必須条件

2012/06/08


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 人の上に立つには素直さは必須条件
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
 
松下幸之助が成功するための必須条件として、
 
素直であること!
 
と述べたのは誰でも知るところ。
 
 
 
 
成功するとまで行かなくても、
 
素直さは成長要因として大事な源泉だし、
 
人の上に立つなら、親であれ上司であれ、
 
自分に素直さを求めることは欠かせられない。
 
 
 
 
では人の上に立つ立場に
 
求められる素直さとは何だろう?
 
 
 
 
素直と一言で言っても各種場面で異なる人も多く、
 
誰にでも、いつでも、素直な人というのは少ない。
 
誰でも少なからず自分の考えや我がある。
 
 
 
 
成功や成長意欲の高い人は、
 
貪欲な素直さはあるが、
 
自分より能力が低かったり必要性を感じないと、
 
途端に我が強くなる。
 
 
 
 
こういう人の下につく、
 
部下や子供、奥さんは不孝だ。
 
 
 
 
だから上司に求められる素直さとは、
 
自分に間違いがあれば、
 
部下にでも謝る素直さである。
 
 
 
 
どんなスーパー上司でも、
 
誤った指示・命令はつきもので、
 
時には厳しく指導してしまったが、
 
そこまで言うほどではなかったと、
 
反省することもある。
 
 
 
 
もっと簡潔にいうと、
 
ついカッとしてしまい、
 
適切な対応が出来ないことがある。
 
 
 
 
そんな時に誰でも少しは思うはずだ。
 
 
 
 
悪かった・・・
 
 
 
 
失敗した・・・
 
 
 
 
言い過ぎた・・・
 
 
 
 
でも部下に自分の過ちを認め、
 
お詫びするのは、非常に勇気がいる。
 
 
 
 
お客様からのクレームであれば、
 
あれほど丁寧に感じよく、
 
しかもすぐにお詫びできる人でも、
 
部下や子供や奥さんとなると躊躇してしまう。
 
 
 
 
理由は言わなくても済むことだから。
 
 
 
 
プライドや言いにくいなどもあるが、
 
それはお客様でも変わらない。
 
 
 
 
お客様なら半強制的に、
 
必要に駆り立てられるが、
 
部下などにはお詫びしなくても、
 
それでその場は済ませることも可能だ。
 
 
 
 
そう!
 
謝らない理由は、すべて自分のため。
 
 
 
自己保身の強い人ほど、意固地になる。
 
 
 
 
つまり勇気がないのだ。
 
 
 
 
そして何だかんだと正当化し、
 
自分自身にもっともらしい理由(言い訳)を延べ、
 
周囲にも話し、完結させようとする。
 
 
 
 
そういう僕も数々の同様の場面に出くわす。
 
決して気が長くは無い方なので、
 
普通の中小企業の社長と、
 
その回数は負けることは無いだろう。
 
 
 
 
くだらないプライドも高い方なので、
 
意味無く躊躇し、尻込みすることもあるが、
 
必ず勇気を出してお詫びするように努めている。
 
 
 
 
立場の強いものが、立場の弱いものに対し、
 
適切な対応が出来なかった場合、
 
リーダーとして失格だからだ。
 
 
 
 
特に誰からも指摘されることがない立場の人間なら、
 
尚のこと自分で自分を律せ無くては、
 
最後には必ず失墜するだろう。
 
 
 
 
また、部下の立場からでいうならば、
 
お詫びしてもらった。
 
だから良かった!
 
で終わらせるべきではない。
 
 
 
 
恥をかなぐり捨てて、
 
勇気を出し、
 
あなたのために謝ったのだ。
 
 
 
 
それもお客様と違い、
 
言わずに済むことをだ。
 
 
 
 
あなたがどんな立場であれ、
 
親や兄弟に素直に謝る。
 
 
 
 
それも自分が強い立場でいる場合なら、
 
照れくさく、
 
言いにくく、
 
勇気がどれだけ必要かわかるだろう。
 
 
 
 
そんな上司にその場でなくても、
 
何らかの気持ちを示せば、
 
上司の勇気も報われ、
 
今後も素直でいられるはずだ。
 
 
 
 
社員は社長が悪いとか、
 
誰が悪いとか言う前に、
 
常に感謝の気持ちを伝えているか?
 
考えて見て欲しい。
 
 
 
 
あなたの不平不満の原因は、
 
大抵はその人に対し、
 
感謝を示していないことにあるから。
 
 
 
 
つまり世の中を見渡して見ると、
 
素直に感謝を言えない、
 
そんな勇気のない人だけが、
 
不平不満を言っているのである。
 
 
 
 
下記は社員からの日報や月報、メールである。
 
 
 
 
こういう言葉を掛けてくれるから、
 
意固地な僕でも謝ることが出来るのだ。
 
 
 
 
 
 
社長へのお礼:
講習の申込をさせて頂いてありがとうございます。

尾上さんに、大企業とかじゃない限り、
こうやって講習を会社で受けさせてもらえるというのは、
滅多にないことだと教えてもらいました。

私はすごく初心者で、
本を読みながらの勉強もなかなか進まなかったので、
講習を受けさせてもらえるのはとてもありがたいです。

特にパソコンが得意だとかどのソフトが使えるとかがなく、
専門的な知識もないので、
こうやって技術を身につけさせてもらえるのはとても嬉しいです。
 
行かせてもらった経費と時間の分を、
十分会社に利益として返せるように身につけてきます。
 
また、社会人として一人でちゃんと行動できるように頑張ります!
ありがとうございます!

 
 
 
【感想】
このときの状況を今でも鮮明に思い出します。
みんなでカウンターで尾上の録音を聞いて、
一人ずつ気付いた事を発表。

指摘されていくなか、
まさかの展開で
社長からありがとうカードを頂きました。

「受話を聞いてビックリした。
とても新人とは思えないし、
 
何っていっても声が綺麗!
 
そして可愛さもあり上手い。
なかなか出来ることではない」
 
という内容。

自分で書くとすごい恥ずかしいけれど、
このサプライズを機に、
少し自信をもって取り組めるようになった。

今でも受話はグダグダになることが多くて、
斉藤さんの堂々とした対応を聞いていると、
 
成長振りにすごいなぁ、
私はまだまだだなぁって思うし、
 
発表事項に次々と録音関係が載ると、
成長しないなぁ…
どうして上手く話せないんだろうって思う。

受話をして終わった後、
上手く出来なかったーって落ち込むこともある。

そういうときは、
社長から頂いたありがとうカードを見ています。

そうすると、次こそはって思えます。

入社して初めて頂いたありがとうカードはお守りです。
社長、ありがとうございました。 
 

 
 
 
?「社長へのありがとう」
ここでお仕事させてもらえてありがとうございます。

ママ友の間では、朝出勤して夕方退社で、
土日休みの求人を探すけど、
事務で社員とかパートなんて
全然ないってのが悩みの種だと話に出ます。

うちの子みたいな小さい子は、
保育所は仕事先が決まってないと預かってくれないそうです。
大変です。

飲食店とか、サービス業でならあるけど、
夜も働かないといけないとか、
土曜か日曜のどっちかを出ないといけないとか、
ハードルが高いそうです。

原電がこんなんだし、かなり厳しいみたいです。

前は三ヶ月だけとか、短期の仕事の求人も出ていたけど、
今は全然だそうです。

厳しい中、すんなり復帰させてもらって、
本当にありがとうございます。
いつもいつも、感謝しています。


 
 
社長。
強く当たってしまうことについて話してましたが...

もちろん、強く当たられることは自分に例え非があったとしても
キツイなぁって感じてしまいます。

だけど、社長は必ずフォローをしてくれるし、
時にはごめんねって一社員の私なんかにも謝ってくれます。

そういうのって、出来る人なかなかいないと思います。

私は今までいくつかの会社にいて、
自分が悪くてキツく当たられることは仕方なくても、
八つ当たりとか、理不尽なこともなんどもありました。

だけど、ご機嫌取りや意地こそはっても
フォローやましてはごめんねって
言ってくれる上司はいなかったです。

生意気すみません...

講演頑張ってください

おやすみなさい







規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/06/08

    「素直さ」は成長に必要、というのは頭ではわかっていても変なところで意固地になって謝らない、受け取らなかったりすることがあります。そういうときというのはうまくいくことはまずないです。自分が間違っていたことに気づいたのであればその時に素直に謝ることの出来る勇気を持つこと、そして相手の言うことを、絶対嘘だ!とかお世辞で言ってると捻くれて受け取るよりも、素直にうれしいと受取った方が自分にとっても、伝えてくださった相手にとっても気持ちがいいと思います。社員さんたちの感想を読まさせていただき、いろんな人たちがいて日々の中でどれくらい自分は素直に感謝を相手に伝えられているだろうか、と思いました。

  • 名無しさん2018/06/10

    タイムリーだと思いました。最近、うちの会社へ新人さんが入ってきてくださいました。その人たちを見ていると、ものすごく「素直」だと感じます。そういう人は好印象ですし、何より素直さこそが成長のカギというくらい、素直だからどんどん吸収していくので自分の力となっていくのだと思います。最近の自分はどうか?と振り返るきっかけを頂きました。このメルマガのように自分が過ちをしたときに果たして素直に謝ることが出来るのだろうか?人を見ていると思うことを自分がしたときにそう思われていることを考えれていなかったと思いました。メルマガでも職場でも「素直さ」について学ばせてもらっています。

  • 名無しさん2017/01/06

    素直は馬鹿をみると、理不尽な事にぶつかると思う時があります。

    でもやはり素直である事はすごく大事だし、

    やはりどんな事があっても素直でいたいと思います。

    自分を基本に考えると見えてこない事は多いです。

    相手の立場になった時に、自分の不足に気づきます。

    不信感を感じたときこそ、やはり自分が素直な気持ちで接する事が大事ですね。

  • 名無しさん2017/01/03

    素直になれないのは自分にもプライドがあり、

    たとえ間違えてたとしてもそれを謝るということは勇気がいることだと思います。

    特にそれが年齢を重ねたり立場が上になればなおさらのことです。

    ですが過ちを素直に認めて謝ることが出来るような上司ならば、

    部下はその姿を見てやはりその人に感銘をうけるでしょうし、

    逆にそれでも日を認めなければ、愛想をつかされてもおかしくないと思いました。

  • 名無しさん2014/09/24

    間違っていたら、素直に謝ることができる人は、すばらしいと思います。

    特に、部下とか後輩だといいにくいというか、言えないことのほうが、多いと思います。

    部下から上司にしてもどちらにしても自分の間違いを謝るということは、すごく勇気がいることだと思います。

    それができるからこそ、すばらしいリーダーになれるんだと思います。

  • 名無しさん2014/07/04

    子育てしている上で、お礼とごめんなさいをものすごく意識しています。

    出産前にそれは重視しようと決めていたので…。

    小さなわが子に対してでも、失敗することあります。

    怒るほどの事でもないのにガミガミ怒ったり、約束を破ったり…。

    子供に対してミスはしないように気をつけてはいてもどうしても失敗してしまうことあります。

    だから、そんな時はちゃんと場を設けて目を見てごめんなさいを伝えます。

    そんな自分の姿勢を見て息子も何かを感じ取って欲しい…。

    そんな想いです。

  • 名無しさん2012/06/12

    私は子供の親ですが、やっぱりカッとなって怒ることがあります。でも夜寝る前に今日は怒ってごめんなと言うようにしています。そうすると子供もボクも泣いてばっかりでごめんなって言ってくれます。謝ることって大事だなって思いました。

  • 名無しさん2012/06/11

    立場に関係なく素直に謝れる人はすばらしいですね。言いにくいことを勇気をだしていうことで、その気持ちも相手に伝わるし、言うほうも言ってよかったって気分になると思う。

    力をこじしようと思うだけでなく、時に感謝を伝え、お礼をいったりすることが大事なんだと思う。

  • 名無しさん2012/06/10

    仕方ないとか、言わなくても分かってくれるは甘えですよね。

    近い存在だからこそ素直な気持ちを見せることは大切だと思います。

    上司、部下関係なく感謝の気持ちなどを伝え合える環境は強いと思う。

  • 名無しさん2012/06/10

    素直さというのは簡単なようでとても難しいと思います。

    素直にお礼を言ったり謝ったり、つい恥ずかしかったりして出来ない事もあると思います。

    素直になったほうが絶対いいのは間違いないので、素直な気持ちを意識してみようと思います。

  • 名無しさん2012/06/09

    自分で自分の非を認めて相手に素直に謝れるかどうか、どんな選択をも選べる状態の中で自分自身がどういう行動をとっていけるのか。自分自身がありたい姿を追求していけるように自分自身を高められるように成長できたらと思います

  • 名無しさん2012/06/09

    高橋さんがいつも社員のみなさんに対して、真っ直ぐだから社員の方もそれに答えられるんだと思います。

    「ごめんね」や「ありがとう」って言うことは簡単でも、その想いが相手に届かないと意味がない。

    高橋さんの会社は強い信頼関係で結ばれているんですね。

    本当に社員の方々は幸せだなーって思います

  • 名無しさん2012/06/09

    相手の事を真に考えていなければ、ごめんの言葉って中々出てこないと思います。

    私もあまり謝るのは得意ではありませんが、今回のメルマガを読んで

    自分ももっと相手の事を考え、気持ちを伝えていこうと思いました。

  • 名無しさん2012/06/08

    ありがとうと、ごめんなさいが言える人は立派です。

    子供にもそうあってほしいです。

    大人になると言えなくなるとかでなく、成長しても大事なことだよと教えたいです。

  • 名無しさん2012/06/08

    どんな立場の人間でも素直にお詫びできる事は本当に凄い事だと思います。

    恥を捨てて勇気を出し謝った言葉は、その人の器の広さだと感じる事もあります。

    自己保身が強過ぎて、意固地になる人にならないように、

    素直な気持ちを忘れないといけないですね。

  • 名無しさん2012/06/08

    必ず勇気を出してお詫びするように努めている。

    ・・・・・

    本当に勇気のいることです!

     

  • 名無しさん2012/06/08

    いつも読みながら元気をいただいています。

    こんな社長のもとで働けたら幸せだと羨ましくも感じます。