経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

悩み多き人は、自分のことばかり考えている人

2012/05/12

 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 悩み多き人は、自分のことばかり考えている人
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
 
 
年末年始に殆どの社長は、
 
いいや社長でなくても年始の目標や年度計画を立てる。
 
 
 
 
そういう意味では年末というのは、
 
感慨深いものがあり、この時期を活用しない手は無い。
 
 
 
 
でも長期休暇、連休という意味では、
 
GWもお盆も同じような意味を持つ。
 
 
 
 
世間並みに何連休か休みを取ると、
 
昔は不安で仕方が無かった。
 
 
 
 
休み明けはいつもピリピリしていた。
 
 
 
 
社長も昔は若かったと言われることもあるが、
 
今も安堵感などない。
 
 
 
 
 
多少内部留保(会社の預金)が出来たとはいえ、
 
一寸先は闇が経営の世界だ。
 
 
 
 
 
それに自分だけ良ければいいというわけにもいかない。
 
 
 
 
 
上場企業ではないし、その器もないので、
 
世間様どうこうなど、社会観をここで語るつもりはないが、
 
せめて社員の成長や、20年、30年先の定年後のことは、
 
常に念頭にある。
 
 
 
 
 
国の年金があてにならない以上、
 
企業がその役目を担う必要がある。
 
 
 
 
 
 
それは単に高額の給料を支給すれば済む問題ではない。
 
 
 
 
 
 
人生プランを設計できるような人は、
 
我々、零細企業には入らないからだ。
 
 
 
 
 
 
弊社も一定年数を過ぎれば、退職金の積み立てを、
 
節税対策の一貫を兼ねてしているが、
 
やはり今よりも充実した暮らしや、生活をするには、
 
個人の成長と企業の成長は欠かせない。
 
 
 
 
 
 
金に欲がなく、人がいい奴ばかりなので、
 
より一層、そういうことを考える。
 
 
 
 
 
 
 
僕は欲張りなので、
 
夏の旅行を社員と行けば、
 
毎年行きたくなるし、
 
今回更にGWも社員旅行をしたので、
 
やはり来年度も行きたくなった。
 
 
 
 
 
 
それを達成するためには、
 
まだまだ売上や利益を増やす必要がある。
 
 
 
 
 
 
 
5月病という言葉があるが、
 
長期休暇で出社するのが億劫になるのは、
 
志もビジョンも目標もなく、最初から心が枯れているからだ。
 
 
 
 
 
 
 
自分の守るべきものがあり、
 
大切な人がいれば、
 
そんな寝言を言っている暇などない。
 
 
 
 
 
 
志や夢や目標が強ければ強いほど、
 
長期休暇は良い充電になり、
 
更に燃えて燃えて、何かをやりたくて、
 
新しいことにチャレンジしたくて、
 
誰かに感動を与えたくて、
 
うずうずするに違いない。
 
 
 
 
 
 
5月病などを心配される人は、
 
自分本位で、誰かの為など何も考えていない人が
 
殆どではなかろうか。
 
 
 
 
 
加えていうなら、よく悩む人の特徴もそうだ。
 
 
 
 
 
 
 
人のこと、社会のこと、誰かの為に、
 
とよく悩む人はいない。
 
 
 
 
 
 
みんな、よく悩む人というのは、
 
独りよがりで、自分だけのことで悩んでいる。
 
 
 
 
 
 
そういう社員がいるならば、
 
新たな扉を開いて違う景色を見せてあげるのも、
 
所得を上げる以上に大事なことだ。
 
 
 
 
 
 
世間では25歳で上場を果たすような社長もいるが、
 
そんなことが無理な弊社のような会社では、
 
何を、どうやって、業績を伸ばし、
 
何を目標にすればいいのか?
 
 
 
 
 
 
 
僕もまた模索している最中である。
 
 
 
 
 
 
 
そのヒントや僕が思う答えを、
 
このメルマガでお伝えしていきたいと考えている。
 
 
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/05/13

    社長の思いを見させてもらったような気持ちです。自分の悩みといえば、会社のことでもなく自分のことです。自分さえ良ければいい、と思っているのだと思います。でも会社の社長はそうではない。社員を養わなければいけないし、そのためには会社の利益をあげていかないといけない。いつどうなるかもわからない不安をずっと抱えているのだとわかりました。そのことすらも未だに理解していなかったのだと恥ずかしいばかりです。独りよがりな考えから脱出していけるようもっと周りのこと、会社のこと理解して会社はもとより自分自身の目標も持っていくようにしたいです。

  • 名無しさん2018/05/05

    自分のために悩むのか、それとも会社や仲間のために悩むのか

    それによって悩みの質が全然違ってくるのではないかと思います。

    自分のために悩んでいる人よりも他人のために悩む人のほうが

    自分としては好感が持てるような気がしますが、

    自分も含めて自分のことで悩む人が圧倒的に多いと思います。

  • 名無しさん2018/05/03

    悩みと聞くと一般的に個人的な自分のことしか思い浮かばないです。

    実際、誰もが、他人のことや人のことで、悩んでいるのは、聞いたことがない。

    結局は、自分のこととして当てはまるものばかりだと思う。

    経営者にとっては、悩みは、もう個人のものだけではなく、会社全体として考えてないと

    いけないことなんだなと思います。

  • 名無しさん2017/06/19

    ぐさっと来ますね。

    いつも悩むことは自分のことです。

    自分のことを置いておいて、人のことを考えられる人がすごいなと思います。

    もっと違う視点で物事をみないといけないですね。

    何か夢中になれることがあると、自分の悩みなんてちっぽけに見えそうです。

    そういう何かを見つけたいです。

  • 名無しさん2016/12/12

    悩み事といえば自分の事ばかりの人が多いと思います。

    そして私も思い返してみると悩んでいることは自分の事ばかりです。

    会社のことであったりとか他人のことであったりとか、

    寝不足になってしまうくらい悩む人はそうはいないと思います。

    ですがもしそういった人がいたらきっと凄い人でしょうね。

  • 名無しさん2014/09/08

    自分も悩むときは、自分のことばかりです。

    同じ会社の社員の人のこととか考えたことはなかったなと思います。

    連休とかで、休みが続くとどうしても会社から気持ちが離れてしまいますが、

    そうではなく、逆にこういった休みにゆっくりと会社のこととかを考える時間をつくっていけたらなと思います。

  • 名無しさん2013/05/11

    昔は、連休明けは会社に行きたくないと思ってましたが、今は、思わなくなった。そんなに志を高くもって仕事をしているわけではないですが、なるべく休み明けは元気でいられるように意識をして、挨拶などもしています。

  • 名無しさん2012/07/14

    悩んでいるときは、ほとんどが自分のこと、人のことで悩むなど滅多にないですね。自分のやる気が出ない、うまくいかないと思っているときは、傲慢で人のことを考えられない状態になっていると気がつかなければいけない。

    一回でも気づく事で、徐々に自分の気持ちをコントロールできるようになるのだと思います。

  • 名無しさん2012/05/17

    独身の時は、自分だけの事で悩んだ事が多かったです。

    それだけ悩む時間があったのかもしれません。

    最近は長期休暇だと、本当に充電期間と思っているので、

    やりたい事が沢山で、意欲的になったのかもしれないです。

  • 名無しさん2012/05/15

    志を高く持つ事で、休暇がモチベーションのアップ、充電になるというのはよくわかる気がします。やるべき事にむかってうずうずする感覚を持つ為には自分自身のやりたいことが明確でないといけないと思う。常に目標を設定して自分のモチベーションを高めていけるように頑張りたい

  • 名無しさん2012/05/14

    私はよく悩むけど、自分だけのことで悩んでいるんだなと思いました。

    志や夢や目標が強ければ強いほど、更に燃えるというのはそうだと思う。

    志や夢や目標を持って仕事をしたりしないといけないし自分も考えようと思う.

  • 名無しさん2012/05/13

    自分のためだけに仕事をしていると会社に行きたくなくなったりするのは、当然かもしれませんが、家族のため、自分以外の人のためを考える人はそんなこと思うこともなくがんばっている人なんだなと思う。自分も今のところ休み明けがいやだとか思わなくなったので、成長できているのかなと思った。

  • 名無しさん2012/05/13

    もっとよりよくしたい、もっと今よりも向上したいと思い続けることで周りの人を幸せにしていけるように、自分が自分の出来る事を精一杯頑張っていかなければならない。現状に甘えることで他の人を不幸にしていくことがないように気をつけていきたい。

  • 名無しさん2012/05/13

    自分を中心におくから、わがままにもなり、悩みが増えていくのかな…。

    誰かのために、何かのためにと目的を内ではなく外に向けていけば、

    心の持ち方も自然に変わっていくのかもしれませんね。

  • 名無しさん2012/05/13

    私は何年か前までは連休後に会社に行くのが嫌だなと思っていましたが、

    最近はそんなことはなくなりました。仕事に行くのが生活の一部になり

    仕事でやりたい事が出来たからだと思います。

    何かに燃えてチャレンジするという事はとても大切だと改めて思いました。

  • 名無しさん2012/05/12

    せめて社員の成長や、20年、30年先の定年後のことは、

    常に念頭にある。

    ・・・・・

    大企業でもそこまで考えてくれるでしょうか?

  • 名無しさん2012/05/12

    自分のためにと思っていると視野が狭くなるし、

    頑張るにも限界がすぐにきてしまいますね。

    誰かの為に、周りの為にと大きな目標を持てば、その意識は無償のものとなり、

    また人との助け合いやチームワークの仲で金銭では味わえない達成感や満足感を得られるのだと思います。

    とはいえ、気がついたらいつも自分の都合で悩んでいるような私です。

    まずは一番近い人のためにとやって行きたいと思います。

  • 名無しさん2012/05/12

    自分の守るべきものがあり大切な人がいれば、

    前向きな考えになり、頑張れるものかもしれません。

    悩みがない人なんて、いないと思います。

    ただ悩んで解決する悩みなら考えてもいいですが、

    悩んでも前に進まないなら悩むだけ時間の無駄のような気もします。