経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

本当の強さとは何か?

2012/02/27



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 本当の強さとは何か?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 

 
 
 
最も弱い人・・・


それは自分より弱い立場の人を負かす人

 
最も情けない人・・・

力任せでしか自分の力を誇示出来ない人

 
最も弱い人も、最も情けない人も

 
やがて家庭や会社などの組織からは離脱する

 
 
最初は取り巻きが出来るが 

 
最終的には

 
誰からも好かれず

 
誰からも慕われなくなる

 
 
 
では、最も強い人とは誰か?
 

 
それは勝負してみればわかる
 

 
他人に力任せて言うことをきかせる人や
 

立場で人を動かす人と
 

何かを掛けて勝負をした場合
 

 
仮にあなたの自宅が火事になり100%助からない場面

 
”あなたを救ったら勝ち”

 
そんなゲームをした時に

 
権力者や力任せの人は

 
挑む前に白旗を上げるだろう

 
 
でもあなたの周りにいる人で

 
確実に飛び込む人がいる

 
そう、

飛び込んでも100%助からない・・・

 
 
そんな場面。。
 

 
それでも躊躇することなく

 
人の手を振り切り飛び込んでいく人・・・
 

 
それがあなたの両親ではないだろうか
 

 
まさにこの命を捨ててでも・・・
 

 
常識を越えた判断をする
 

 
そんな無償の愛情は親にしかない
 
 

僕がそれなりに苦労しても

 
めげることなく

 
一度もぐれることも無く

 
そして今、こうして曲がりなりにもやってこれたのは

 
母からの愛情を感じて育ったからだ

 
 
今でも自信を持っていえる
 

 
火事になって例え助けられない場面でも
 

母は躊躇することなく飛び込むだろう

 
 
母は70歳を越えている
 

 
飛び込んでも僕を助けることは常識的に不可能
 

 
持ち上げることも、担ぐことも出来ない
 

 
それを承知の上、間違いなく飛び込むだろう
 

 
勇気?
 

 
愛情?
 

 
決意?

 
 
そんな理屈ではなく、反射的に・・・
 

 
幼稚園の帰り道、他の子はママが迎えに来たが

 
僕はいつも1人で帰った

 
 
小学生の時、朝飯は自分で準備し食べた
 

 
中学生になると、小遣いはおろか

 
パンツ一枚買ってもらった事はない

 
 
高校生の頃には、既に家にお金を入れていた

 
 
進学??

 
考えたことも無かった

 
 
それでも貯金もして、卒業と同時に家を建てた

 
 
苦労??

 
 
そんなことは微塵も感じなかった

 
 
人は愛情さえ感じて育てば

 
何でもやり遂げれるくらいのエネルギーになる

 
 
それを身を持って学んだ
 

 
僕は転んでも
 

 
中傷非難を受けても
 

 
失敗しても
 

 
どれだけ大きな損失を出しても
 

 
全然平気だ
 

 
何度でもチャレンジする
 

 
全然怖くない
 

 
幼少時に愛情を感じて育った僕には
 

 
敵はいない
 

 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/02/07

    一部のすごい人だけが「本当にすごい」と思っていましたが、日常で会う人にも結構いることに気がつきました。子供を一人で育てているママ社員、家庭を守るために日々成長を欠かさないで仕事に取り組むパパ社員、苦境でもあきらめず取り組む新入社員・・・。

    自分もがんばればそういう人になれると思うので、日々の積み重ねが大切ですね。

    大事な局面ですぐに逃げ出す人にはなりたくないです。

  • 名無しさん2018/01/03

    本当に強い人とは威勢を張るような人ではなく、

    もちろん腕力が強く威張っている人でもなく、

    気持ち的な心が強い人なのだろうと思います。

    明るく肯定的な人、逆境に燃え立ち向かっていく人、

    リーダーシップを発揮できる人、そんな人が強い人だと私は思います。

    私はまだまだ強い人には遠いですが、

    強い人でありたいという気持ちは持ち続けていきたいと思いました。

  • 名無しさん2017/06/20

    日曜のメルマガにリンクが貼ってあったのでどうしても気になって見てしまいました。

    子育てをしていると日々反省の毎日です。

    ついついガミガミと叱ってしまう自分にいつも反省。

    家事に子育てに仕事と忙しさに振り回されて、子供とのコミュニケーションを後回しにしてしまう自分に反省。

    そして、子供の問題行動を見ては自分の子育ては間違っていないだろうか?

    毎日そんな不安と疑問を感じながら子育てをしています。

    でも、自分も家事で息子がまだ中にいたら、きっと助からないとわかっていても飛び込むと胸を張って言い切れます。

    自分は確実に愛情を持って育てているので自信を持っていいんじゃないかと思えました。

  • 名無しさん2017/02/27

    強さとは、ただ単に腕力だけでは、現されない力がある。

    本当の強さとは、愛情からくるものだと感じました。

    母親の強さ、逞しさは、まさにそれだと思います。

    本当の強さを知らない人は、いざという場面では、何もできない。

    強さとは何かがわかっているからこそ、いざというときに

    行動できるんだと思います。

  • 名無しさん2016/11/13

    両親からもらえる藍は無償のもので本当に力強いと感じます。

    ですが逆に愛情を貰うことが出来ずに育てられた人も中にはいます。

    そういった人はどこか偏屈であったり悲観的であったりする人が多い気がします。

    自分は親から十分に愛情を持って育てられたと思っています。

    そのことについて改めて感謝しなければいけないとメルマガを読んで思いました。

  • 名無しさん2015/02/27

    両親からは無償の愛情をもらって育ってきたな、と思います。

    小さいときだけでなく、それは今でも同じです。自分を信じてくれる人がいる、

    そう感じれる愛情を与えてくれていたから、自分が今したいと思うことに自由

    にチャレンジできるんだと感じるときがあります。自分が落ち込んだとき、

    両親の存在があるから自分が崩れずにいられるんだと思います。愛情を感じる

    ことが出来ると、どこからともなく勇気が出るんだなと思いました。

    このメルマガを読んで、改めて両親の存在の大きさに、愛情について考え

    させられました。

  • 名無しさん2014/03/24

    自分が親から愛されていると確実に感じるのなら、

    どんな試練でも乗り越えられるものですね。

    愛情を感じないで育つと耐える事が出来ず、

    心が折れてしまうのかもしれません。

    親からの無償の愛は自分が子供を育てていく中で感じるもので、

    子供の頃は親から言われた言葉を素直になんて受け取ることは出来なかったように思います。

    子供が成長していく中で、悩む事が変わってきます。

    押し付けでなく、自分が経験して学んできたことを語っていれば、

    いつか子供の心に残ると信じたいものです。

  • 名無しさん2014/02/27

    本当の強さとは、守るべき人とどんな状況になっても

    守ることのできる人のことなんですね。

    いくらいきがっていてもそれは、表面だけで、心の中の強さとは、

    いえないですね。

    親は、子供にとっても大きくて強い存在なんだなと思います。

  • 名無しさん2012/04/06

    自分自身がどういう軸を持っているのか、どういう信念を持っているのか、何を勝ち取りたいと思っているのかによって、自分がとるべき行動や考え方は変わってくるのだとは思いますが、その根底に自分を支えるものとして何が原動力になっているのか、自分自身の行動と考え方と向き合っていかなければ分からないのかも知れない

  • 名無しさん2012/03/03

    幼少時に愛情を感じて育った子供とそうでない子供では心の強さが違います。

    人生において、何か壁にぶつかったとしても、

    心を守ってくれる人がいる人は乗り越える力があるように思います。

  • 名無しさん2012/03/03

    個人的な問題であれば全力で解決しにいくのに、会社の人数や、チームの人数が多くなれば多くなるほど、他人に依存してしまって、自分自身で解決しなければいけないという意識が弱くなることは確かにあると思います。常に自分自身で解決していく意識や習慣を身に着けていきたいと思います。

  • 名無しさん2012/03/03

    私はアレルギーもちで、ずっと悩んできました。

    大人になった今でも、母はいつも代わってあげたい、と私にいいます。

    子はいつまでも子であり、大切に思われているんだと愛情を感じます。

    親の愛に勝るものはないのだと思います

    私もいつか親となり、惜しみない愛を子に注げるのかな…と思いました。

  • 名無しさん2012/03/01

    本当の強さとは愛情のことなんだと思いました。

    自分の子どもに対してどんなことが起きたとしても向かっていける強さ、それは愛情による強さなんだと思いした。

  • 名無しさん2012/02/28

    親の愛には本当に感謝してもしきれません。

    小さい頃、「何をしたらお母さんは一番喜ぶの?」と聞いたことがあり、

    「あなたが元気にすくすく大きくなって、その子供に同じように返してくれるのが一番嬉しい」と言われたことがあり、「それじゃあお母さんたちに返せない…」と途方に暮れていたことがあります。

    今から思うと、それが無償の愛なんですね。本当に、親は偉大だと思います。

  • 名無しさん2012/02/28

    人は愛情さえ感じて育てば

    何でもやり遂げれるくらいのエネルギーになる

    ・・・・・

    私も若い頃解っていませんでしたね!

  • 名無しさん2012/02/28

    愛情というものがどれだけ自己の形成に大事なものなのか、改めて考えさせられました。人のために動ける人間というのは確かに強いと思います。人に愛情を注げるように、人のために生きられるように習慣として身に着けていけるようにしたい。

  • 名無しさん2012/02/27

    高橋さんの日曜の育児シリーズも含め、楽しく読ませていただいています。

    子供への愛情を表現することは、本当に大事なんだと改めて気付かされます。

    親の愛が、これから子供が生きていく上での強さになっていくのだ、そう感じました。

  • 名無しさん2012/02/27

    誰かが自分に愛情を持ってくれてると思うだけで、人って強くなれるもんだな〜。

    親子間だけでなく、いろいろあるもんだと思いました。