経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

社長・幹部・社員・新入社員・パート・アルバイトの違いは何か?

2012/02/09


 
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 社長・幹部・社員・新入社員・パート・アルバイトの違いは何か?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 

 
 
 
社長・幹部・社員・新入社員・パート・アルバイトの違いは何か?

 
 
 
 
 
この問いは僕が中小といえども、
 
社員100名以上の社内研修を請け負った時によくする質問です。
 
 
 
 
 
   さて、あなたは何と答えますか?
 
 
 
 
 
このメルマガは、経営者向けに発行していますので、殆どは社長か社長に近い方、
 
または経営に興味を持たれている方がご覧頂いていると思います。
 
冗談も殆どなく、社会的ニュースもほぼ0ですので、経営に興味が無ければ、
 
読む価値はまったくありません。
 
 
そのあなたが、仮に明確で社員が納得する答えを言えないとするならば、
 
恐らくは、あなたの会社の業績は相当低迷していることでしょう。
 
 
 
何故ならば、社長・幹部・社員・新入社員・パート・アルバイト、
 
即ち従業員が会社の業績を決めているからです。
 
 
 
業種が同じで、同じ地域で商売を営んでいるのにも関わらず、
 
儲かる会社と儲からない会社があります。
 
商品格差がないならば、尚のこと、その会社でどんな人が働いているかで業績は決まります。
 
 
売上は勿論ですが、経費も当然ながら社長含め、そこで働く方々で決まります。
 
提案や改善もそうだし、掃除や挨拶に至るまですべてそうです。
 
 
 
○○株式会社というのは、単なる名称で何の意味も成さず、
 
社屋も含め、それらは張りぼてに過ぎません。
 
 
 
では本題ですが、
 
社長は他の社員が出来ないことをする人。
 
だから一番報酬が高い!
 
 
赤字でありながら立派なことを言い、やっていることは社員と変わらない。
 
それならば社長の仕事をしてないのではなく、
 
何をしたらいいかを理解していないということです。
 
 
自慢じゃありませんが、僕は全然出来た社長ではありません。
 
面倒なことはしないし、繰り返して行う作業が大嫌いです。
 
指示・命令はしようとも、自分は参加しないことなど、しょっちゅうです。
 
それでも現在の高業績は、僕の采配の結果だと自負しています。
 
(もちろんその戦略を実行してくれている社員のお陰でもあります。)
 
 
 
 
続いて幹部。
 
専務や常務や部長など、役職がついている方が幹部ではありません。
 
社長の分身として、社長の言葉を使い社長を補佐する人こそが幹部です。
 
 
加えて言えば、高い給料を貰いながら、
 
その仕事ぶりが一般社員と変わらない役職者が多いこと、多いこと。
 
カネの垂れ流しとしか思えない。
 
 
年齢や経験や過去の功績でなく、
 
今の実力で給料も役職も変えていかねば、他の社員もお客様も迷惑です。
 
 
 
一般社員の方も同様です。
 
勤務5年、10年居て、新卒と変わらない・・・
 
そんな社員はいませんか?
 
 
アルバイトでも、もっと出来るぞ!(>_<)
 
と思うような社員が増えていくことは、会社にとって悲劇です。
 
しかし一般社員の場合は、能力だけで評価は出来ません。
 
能力が足りない方は、足りない分を他の何らかの功績、即ち努力や気遣いで補うべきです。
 
 
 
ところがアホで弱気な幹部のいる会社は、
 
下手をすると仕事の出来ない社員がのさばっている。
 
 
 
逆に幹部が気を使っている。
 
そんな真逆な光景をよく見かけます。
 
何でも辞められたら困るとか・・・
 
本当に呆れます。。(´ヘ`;)ハァ
 
だから赤字なのです。
 
 
 
 
パート。
 
よく私はパートだから・・・
 
という言葉を耳にしますが、そんなことはお客様にはまったく関係ありません。
 
パートといえど、パート社員です。
 
正社員との違いは、勤務時間が短いだけです。
 
 
短いからこそ、元気に、活動的に、一生懸命働けるはずです。
 
だからパート社員は、会社の雰囲気を明るくし、正社員をモチベート出来る。
 
それが当たり前です。
 
 
弊社ではパートと正社員の境はまったくありません。
 
 
 
 
 
アルバイト・・・
 
ディズニーランドの感動のサービスは、
 
殆どキャストと呼ばれる若いスタッフ、つまりアルバイトの方から生まれています。
 
 
 
もちろん、アルバイトという区切りや名称もありませんし、皆さん自身ディズニーランドに行かれて、
 
 
「あなたは、アルバイトさんですよね?」
 
 
とか気にしたことなど無いはずです。
 
 
 
言うなれば、出入りが激しいアルバイトだからこそ、最も厳しく指導出来ます。
 
 
 
短期間で何かを教えて、その後の人生に少しでも役に立たせてあげたいと願えば、
 
必死に愛情を持って伝えて行くことが出来ます。
 
 
あなたにお子さんがいるならば、アルバイト先で何を学んで欲しいと親が願うのも分かりますし、
 
子供の将来を考えれば、仕事を通して伝えたいことなど山ほどあるはずです。
 
 
 
 
 
 
最後に短くまとめますと、どの部署にいても、何の仕事をしていても、短期間であろうとも、
 
相手のことを考えれば、考えれば考えるほど、会社のことを思えば思うほど、
 
上に立つものは必死に、熱心に指導出来る筈です。
 
 
そしてどのランクにいようとも、自分の報酬に見合う成果を出し、
 
勤務年数に応じた結果を出そうとすべきです。
 
 
 
 
  如何ですか?
 
 
 
 
あなたの会社では、やもすると報酬に見合わない社員がいませんか?
 
 
勤務年数に合わない社員はいませんか?
 
 
報酬は見合わないなら、来月から有無を言わさず下げるべきだし、
 
勤務年数に合わない能力ならば、見切りをつけるべきです。
 
 
救っていいのは長年勤めた社員ではなく、努力を怠らず、改善し成長しようとあがく人だけです。
 
 
 
それでもその人に見合う報酬にする!
 
このことだけは譲ってはいけません。
 
 
 
 
   厳しい??
 
 
 
 
そう頭を過ぎったあなたが、
 
もし社長ならば、あなたの会社は親の代からの基盤で業績が支えられているか、
 
赤字を継続し、大して儲からず、給料も賞与も満足に払えていない会社でしょう。
 
 
 
 
もしそうならば、
 
僕に言わせれば、あなたの方が僕よりも何倍も厳しい社長です。
 
 
 
 
 
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/02/09

    とても心にくるメルマガでした。自分の働きが、報酬と一致しているのか?それはお給料を頂いている度に毎回感じることです。社長、幹部、社員、アルバイトの違い、なるほどと思いました。それぞれがどれくらい会社のことを考えてやっているのか?アルバイトだから、と手を抜いていないか?役職の言葉を言い訳にしていないか?と自分自身気になりました。勤務年数と合わない社員と言われないよう、恥じない働き方をしていきたいです。ものすごく自分自身に刺さるものを感じました。今一度自分自身を振り返ります。

  • 名無しさん2018/12/24

    営業職の為、様々な人と話す機会があるのですが、たまにアルバイトから始まって役員まで抜擢された人、学生アルバイトが社長に認められて次期社長になった話などを聞きます。

    「アルバイトだから…」という姿勢でやっていたら、そんなことにはないっていないはずです。

    ただの勤務形態の違いであり、仕事の質には関係はない。しかし、報酬もその成果に見合ったものにしなければ頑張る人のモチベーションを潰しかねないので気を付けなければいけませんね。

  • 名無しさん2017/11/23

    幹部には幹部の、一般社員には一般社員の、パートにはパートの

    会社によってそれぞれの役割があるとは思います。

    ですが、自分は○○だからとその役職に縛られていたり、

    あぐらをかいていたりするようなものが多い会社では、

    業績はあがっていかないのではないかと思います。

  • 名無しさん2016/10/31

    お客様から見ればその人が幹部であろうがアルバイトであろうが

    対応が良いか悪いかの結果が全てだと思います。

    幹部であろうがアルバイトであろうが関係なく、

    お客様のことを大切にし一生懸命全員が仕事をしている会社は強いですし、

    まさにディズニーランドのように人が会社を支えているのだと思います。

  • 名無しさん2014/08/09

    名称ではなく、いかに会社にとってどんな仕事をするかだと思います。

    名ばかりの役職の人よりも一生懸命仕事をするアルバイトさんのほうが、よっぽど価値を感じますね。

    自分達は、何をしないといけないのかを何をすべきなのかを今一度考えないといけないですね。

  • 名無しさん2012/02/13

    社員やアルバイトといった名称は、単に就業時間や役割による区分であって、

    そこにモチベーションの違いがあってはいけないのですね。

    お客様からしたら同じ会社の社員、全員が全力で取り組まなければいけない。

    そういう風に社員教育をするべきだし、従業員もそれを意識するべきですね。

  • 名無しさん2012/02/10

    パートだから、アルバイトだから…という考えは社内はもちろん、1歩外へ出たらなお更関係がありません。

    また、私はいくつかの企業や会社で勤務してきましたが、

    名だけの上司が沢山いました。もちろん部下には影でバカにされ、

    成績なんていうまでもありませんでした。

    それでは上がる業績も上がらない。

    1人1人に課せられた重責に応え、それ以上の成果をだしていかなければ

    いけないのだと思う。

  • 名無しさん2012/02/09

    言うなれば、出入りが激しいアルバイトだからこそ、最も厳しく指導出来ます。

    ・・・・・

    昔の我々の常識とは全く違いますね!

  • 名無しさん2012/02/09

    毎回記事の内容は、大変良いので毎回の配信を楽しみにしております。

    ありがとうございます。

    なお、記事の評価とは関係ありませんが、読みやすい行間設定について検討いただければ幸いです。

  • 名無しさん2012/02/09

    幹部という肩書きや、勤務年数が長い社員というだけで

    報酬金を決める時代ではないようですね。

    その人に見合う報酬にする!

    それが1番良くて、ヤル気も出るのだと思います。

  • 名無しさん2012/02/09

    社員とパートの違いは時間が短いだけ。

    言われてみればその通りかもしれません。

    それでもパートと社員で業務の線引きをしている会社も多くあると思います。

    たとえ社内ではそういうことがあっても、対外となるとアルバイトだから、パートだから、社員だからという線引きはないですね。