経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

社員教育と家庭教育はまったく同じである

2011/01/30


 
 
 
■■ 社員教育と家庭教育はまったく同じである
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
 
毎週日曜日は、経営以外で、主に恋愛、結婚、子育て、などをテーマにお送りしている。
 
 
人の成功は仕事と家庭にあるから、僕は会社の人材育成で家庭でのあり方を、
 
教育するのはとても重要だと考えている。
 
一時、大企業病といわれ「うつ」での自殺者が多いと連日取り上げられたが、
 
仕事が忙しく「うつ」になることなどあり得ない。
 
仮にもしそうなるならば、家庭での充実感が得られず、働く意味を失くしたからだ。
 
 
多少大変なこと、嫌なことがあっても、家庭が充実し、がんばる理由が明確ならば、
 
巨大な困難や障害も乗り越えれる。
 
ましてや大事な家族を残して自殺などできるはずもない。
 
 
 
 
一般の人は、言われたことを、言われた通りにすることが仕事だと考えている。
 
だから何時間働いたとか、時間の割りに合わない!
 
と不平不満をいう。
 
しかしこれはおかしな話だ。(‥;)
 
逆にその人が、お客様として、誰かに何か依頼した場合は、時間ばかり使い成果を上げてこなければ、
 
当然激怒するか、クレームをいい、お金を払わないだろう。
 
人は払う側に立てば、それがいかに問題か、それこそ金額に見合わないかがわかる。
 
 
 
社員全員が損得だけで物事を判断するようになれば、会社はギスギスし、
 
特に中小企業での黒字経営は難しくなる。
 
その結果、かえって社員の年収を上げれない、最悪下げることになるのだ。
 
 
年始から法人税率が下がり、企業の内部留保(貯金)は増えるが、
 
社員の賃金には一向に反映されない、という問題が取りざたされているが、
 
これは当然将来が不安で、先が見えない時代だからである。
 
 
まずは会社の経営を安定させ、その上で社員の所得を上げていく。
 
そうでなくては最終的に、文句をいう職場自体がなくなる。
 
 
 
 
親は子供にお小遣いをあげるが、それも生活が成り立っているからこそである。
 
親からするとこんなに単純な理屈も、子供には全く分からない。
 
それは子供がバカなのではなく、教えてないから知らないだけだが、
 
同じように、社長にとっては大よそ当たり前のことでも、社員にとっては分からない(知らない)、
 
ことが沢山ある。だから社員教育が大事なのだ。
 
 
よく経営理念ということばを取り上げて、
 
「うちの会社の理念は・・」
 
と、さも満足げに立派な言葉を並べ立てる社長がいるが、
 
会社の理念とは、文言でなく考え方が大事だ。
 
 
1つ、1つの、日々の朝礼や会議や、あるいは日常的な会話や指示の積み重ねが、
 
社員というより、1人の人間としての考え方や判断基準になっていく。
 
これはまさに家庭における価値観教育と同じだ。
 
家庭でうちの家の理念は・・
 
とか、
 
我が家の方針は・・・
 
とかをいう人はいないだろう。
 
でも日々の積み重ねで、どこの子供も脳のシナプスレベルでつくられているのだ。
 
 
 
そういえば、1年ほど前に、次女がダダをこねたことがある。
 
我が家の子は三姉妹だが、家族全員で県内のマラソン大会に参加している。
 
全部ではないが、月に1回、市民マラソンシーズンの5月〜11月までだ。
 
 
子供たちは特に練習をしていないので、これが嫌だと言い出した。
 
まあ、当然といえば、当然で、何処の家庭でもある風景だ。
 
 
 
それに対し、僕の説得の仕方はこうだ。
 
 
 
「いやだ、いやだ、
 
何で、うちだけ、こんなにマラソン大会に行かないといけないの!」
 
 
 
「さあ〜」``r(^^;)ポリポリ
 
 
 
「ねぇ〜、どうしてよ〜」
 
 
 
「○○ちゃん(姉)に聞いてみな」
 
 
 
「それがうちの家族行事だから」(姉)
 
 
 
「なるほど!そうか!そりゃそうだな、うちに住む以上は参加するしかないよな。
 
他所の家に住むなら参加しなくてもいいけど、他所は他所で他に大変なことがあるだろうな。
 
学校事にルールがあり、行事が違うのと同じように、家ごとにも当然違いもあるわな。」
 
 
 
「そうだよ、○○ちゃん♪ 
 
他所の家だとうちみたいな旅行はないかも知れないよ(^0^)」(三女)
 
 
 
「・・・・・・・」(次女)
 
 
 
こうして納得したのか、それ依頼二度とダダをこねることは無かった。
 
 
僕は出来る限り、このように子供同士で会議させ、意見を交わすようにさせている。
 
 
聞くより、言う側に立った方が、自分を律することになることが、よく分かっているからだ。
 
 
それに不思議と、子供(社員)は子供(社員)の意見の方が耳を傾ける場合がある。
 
親(社長)からだとそれは強制的に圧力が掛かるが、子供(社員)同士だと、納得できなければ、
 
ブーブー反論が出来るからだ。
 
 
 
ただ、これは2010年の話しである。
 
年を越して覚えていても、ダダをこねない保証は無い・・・
 
 
家庭教育は社員教育よりも難しいのだ。。(>_<)
 
 
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/05/12

    たしかに、親と子供の間には、一線があります。

    兄弟には謎の団結感があったりします。

    教育として、社員も子供も変わらないのだとびっくりです。

    よく仕事とペライベートは一体だという話を聞きます。

    自分はきっぱり分けたい派ですが、

    きっとつながっているのだろうなとおもうと

    うまくいかないので、環境のせいではないと思えます。

  • 名無しさん2012/07/10

    毎週この子育てについてのメルマガを読んで勉強させてもらっています。

    自分も独身時代は、自己重要感の為に仕事をしていた気がします。

    それはそれで充実していたのですが、結婚して子供ができると、子供を幸せにするためと言う明確な目的ができたので、より充実した勤務生活を送れています。

    勤務先では社員でも、家庭では社長になるので、子供をより幸せにできるような家庭教育を心がけたいです。

    毎週読んで勉強して、知識は頭に入っていますが、赤ちゃんの子供がいずれ成長した時に実際に行動にできるか少々不安です。

    でも、このメルマガを読んでいなかった上体に比べたら全然違うので、繰り返し読んで子供を幸せにしてあげたいです。

  • 名無しさん2011/04/23

    確かに家庭の会社は同じですね。今まで考えた事もありませんでした。お子様同士で話し合いをさせるということも良いことだと思います。

    私たち社員同士も意見をぶつけ合い、共に成長していけたら良いですね。

  • 名無しさん2011/03/21

    会社は会社、家庭は家庭を割り切ってしまうのは、このメルマガを読んでおかしいと思いました。

  • 名無しさん2011/03/21

    子供同士、社員同士、どれも自分たちで話し合わせて解決させるのが

    大事なんだとわかりました。

  • 名無しさん2011/02/04

    同じ立場の人の意見のほうが確かに聞き入れやすいと思います。

    家族でマラソン参加って素敵ですね!娘さんたちも大人になったときにやってきてよかったと強く思うと思います♪

  • 名無しさん2011/02/01

    最後のくだりが凄く納得です!!

    確かに同じような立場の人の意見の方が断然

    受け入れやすいです。(状況にもよりますが・・・)

    上から一方的に言われると理不尽だとしか思えませんが、

    反論して意見を交わし合えれば納得できますよね。

  • 名無しさん2011/01/31

    確かに家庭家庭でやり方は全く違いますね。

    それを、子供同士で話合うのは大事なことだと思います。

    すごく社会に出ても役に立つのではないでしょうか?

    我が家もそうしてみます。

  • 名無しさん2011/01/31

    それに不思議と、子供(社員)は子供(社員)の意見の方が耳を傾ける場合がある。

    ・・・・・

    私も親としての考えを押し付けすぎたような気がします。

  • 名無しさん2011/01/31

    子供って凄いですね。

    確かに上からの意見を一方的に言われるより、

    社員同士の意見の方が納得する事はありますね。

  • 名無しさん2011/01/31

    最近は「家訓」のある家って少ないように思えます。

    一家がバラバラ?

    昔の家のようにちゃぶ台囲んで…っていう機会が、家でも会社でも必要なんだと思います。

  • 名無しさん2011/01/31

    会社も家族のように意見しあい、協力しあえていけたら、

    仕事も充実してくると思います。

    ギスギスしているところでは仕事もつまらなくなりますね。

  • 名無しさん2011/01/31

    家庭と会社は本当によく似ていますね。

    会社方針、家庭方針とすべてつながっているんだと

    思います。