経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

子供の将来は親の価値観教育で決まる

2010/12/30


 
 
 
■■ 子供の将来は親の価値観教育で決まる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
 
親は意図的か無意識かは別にして、子供に多大な影響を与える。
 
最近の親は二極化が激しく、生活に追われ教育の考えは全くなく、
 
戦後の親の様に、元気であればそれでいい!
 
と飯だけ食わせている人も大勢いる。
 
 
普通に育ててくれたらまだマシなくらいで、虐待は社会問題化していて、
 
年々増加傾向が続く。
 
子供がそのまま大人になり、犬や猫の様に育てているということだ。
 
 
子供は飯を食わせ、塾に行かせ、衛生に気を配り
 
学校の成績や運動のスキルが高ければそれで良い、
 
と考えている教育熱心な親も多い。
 
 
しかしそれでは子供は将来、成功は出来ない。
 
何故なら受験や就職など、現代社会はサバイバル競争だ。
 
今後も競争は激化するのは想像に容易い。
 
その中で常に勝ち続ける保証はない。
 
 
そして勝ち続ける人ほど、いくつもの想像を絶する高い壁にぶち当たる。
 
その時にどう考えて、どう行動するか?
 
この物事への考え方、取り組み方、即ち価値観が運命を決めるのだ。
 
 
 
 
では価値観は誰が創るのか?
 
 
 
 
根本的には家庭である。
 
親や兄弟を含め、どんな家庭で育ったのか?
 
ここに優る価値観教育はない。
 
 
何故なら学校等で教わる勉強は意図的なもので、
 
意識的に良い悪いを判断するが、
 
もっと無意識に脳が創られる時期、頭の回路が出来ていく時期に、
 
道徳含めあらゆる価値観が家庭で身についていく。
 
 
例えば、国が違うと考え方が全く違う。
 
何回教えても異国の人間に、日本の当たり前は通じない。
 
これは言っていることは理解はしても、価値観が根本的に違うために、
 
行動が継続しないのだ。
 
 
挨拶を元気にする。
 
 
身なりを清潔にする。
 
 
進んで仕事をする。
 
 
上司には困ったら相談する。
 
 
新しいことにチャレンジする。
 
 
日本人でもそうだ。
 
ある人には普通でも、ある人にとっては意味は理解しても出来ない。
 
仮に出来ても継続しないし、
 
出来ても最初からできる人のレベルには中々達しない。
 
 
 
これが家庭で無意識に身に着けた価値観の差だ。
 
 
 
だから僕は会社より、自宅の方が自分の発言や行いに気を配る。
 
社員は大人なので例え僕が曲がったことをしても、それを安易に真似しない。
 
だが子供は親が言ったことはしないが、親がしていることはする。
 
真似とか取り入れるとかいう大人の学びとは、根本的な次元が違う。
 
 
大人になり、
 
何故挨拶を元気よく出来ないのか?
 
何故整理整頓をきちんとしないのか?
 
何故困った人を手伝わないのか?
 
と訪ねられても、自分でも何故なのかが分からない・・
 
その結果、上司に何度も注意されて、
 
「自分は何てダメな人間なんだ・・
 
こんな簡単なことも出来ないのか??」
 
と憂鬱になり、しまいには本当にうつになる人もいる。
 
 
そんな結果に陥るのだ。
 
 
では、どんな価値観を与えるべきか?
 
これは会社が違えば企業文化が違うのと同じように、
 
家庭が違えば、当然違い、一概にどれが正しいとかではない。
 
 
ただ会社の社風を例に挙げれば、良い社風、悪い社風はある。
 
そして最も悪い社風は、社長が社風に無関心な会社だ。
 
結果(業績)を残すためには、戦略が大事であり、戦略を遂行させるためには、
 
社風(家風)が大事だ。
 
社風(家風)とはいわば無意識の価値観である。
 
 
要は最も最悪なのは無意識で何の考えもない親(社長)である。
 
家庭(会社)における方針や戦略を何も示さず、将来のビジョンも何一つない。
 
これでどうやって20年後のサバイバル競争を勝ち抜くというのか?
 
 
 
あなたは無能な社長の元で、安月給で働かされ、苦労ばかりではなかろうか?
 
それは自分自身の責任ではあるが、社長の責任も重い。
 
同じ思いをさせたくないならば、親の責任を果たせ!
 
 
 
親の責任は社長の責任より重く、親の影響は、
 
社長が社員に与える影響など比べものにならないくらい巨大だ。
 
将来、自分でコントロールできないくらいに計り知れなく大きい。
 
 
 
年末年始に業績の良い会社の社長は、会社の将来を考え悩む。
 
あなたは親として社長より責任が重く、
 
影響力が強いことを自覚しているだろうか?
 
 
ならばこの年末年始に考えることが大いにあるはずだ。
 
 
 
最後に手前味噌ながら付け加えておこう。
 
 
僕は10代の頃から将来を考え、24歳で独立した。
 
小さいながらも金で苦労したことは、ほとんどない。
 
 
と同時に結婚〜子育てのことまで、20歳には考えるというより、
 
もう既にどうあるべきかを決めていた。
 
 
家庭も上手くいっているのは、単なる偶然ではない。
 
人が幸せそうにしていたり、ビジネスで成功したりすると、
 
それを羨ましがる人もいるが、そう思うならその人以上に努力すべきである。
 
努力とは、どうあるべきかを考えるということだ。
 
 
 
考えて行動した以上の結果は出ない。
 
それは経営も家庭も全く同じである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(次回は1月4日です。
 
年末最後のメルマガを何をテーマにするか?
 
考えた上で日曜日にお送りさせて頂いています、
 
子育てや家庭をテーマにしたものにしました。
 
人生の真の成功は家庭と仕事にあります。
 
両方とも大人になれば避けては通れません。
 
 
ビジネスとプライベートは別だという方もいますが、
 
それは人生の両輪であり、
 
そもそもプライベートはビジネスタイムがあるから存在します。
 
24時間プライベートタイムの方が、自分のプライベートを意識することはありません。
 
更に両輪である以上、どちらも成功法則は同じなのです。
 
毎回ですが打ち込んでいる間に長々となってしまいます。。
 
 
それでは皆様、年末年始を楽しみつつ、
 
業績好調な会社ならビジョンを!
 
業績低迷であれば戦略を!
 
考えた上で初営業日を迎えて下さい。
 
良いお年には、自分の努力でするものです。)
 
 
 
 
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2017/07/06

    とある人にとっては普通でも、ほかの家庭では普通ではないこともありますね。それは

    どういう過程で育ったか、どういう価値観を持っているかによって違う。なるほどと思

    いました。少し違いますが、日本人の中でも地域によってはお雑煮の内容が違う、雑煮

    はこういう問題という認識も育った環境も違えば違ってきます。ずっとそれで生活して

    きたのであればそれが普通だと思うのも当たり前です。自分と違う行動をする人をおか

    しい、とはねのけてしまうのではなく、人はいろんな人がいるからやり方や考え方は

    まちまちです。それを受け入れていくことが大切なのかなと感じました。そして自分の

    している行動の影響力があるからこそ、考えて行動することが大切なのだと思いました。

    行動をするときにちょっと考える、そういうことも必要だと思います。

  • 名無しさん2017/07/06

    うちはあまり挨拶がない家でした。

    だから笑顔でニッコリ挨拶をすることが苦手です。

    自分が子どもを授かったら、しっかり家の中でも

    挨拶をして会話の多い家庭にしたいとずっと考えています。



    これをしろ、あれをしろではなく

    自分の身をもって、行動をもって、

    子どもに伝えていきたいと思いました。

  • 名無しさん2017/07/05

    が子も早いもので中学3年生。

    高校受験を控えたある日、学校からアンケートをもらってきました。

    アンケートの1番上に、就きたい職業といきなり書かれていて、

    2番目に第1・第2志望校でした。

    話をしながら、将来なりたい職業の話をしていたら

    親を超えたいと1言。その言葉に正直驚きました。

    日頃からの会話でいつしか親の価値が子供の価値になったと感じた瞬間でした。

    私は子供にどんな価値観を与えて、子育てをしてきたのだろう・・。

  • 名無しさん2017/04/15

    人が幸せそうにしていたり、ビジネスで成功したりすると、

    それを羨ましがる人もいるが、そう思うならその人以上に努力すべきである。

     

    なるほど〜と納得しました。

    努力もしないで人をうらやましがるな!といいたいですね。

    きっとしあわせな人って努力している自分にも

    しあわせをかんじているとおもいます。

    でも不幸な人は、努力することを不幸だという認識がある。

    根本的な考え方った本当に大事ですね。

  • 名無しさん2016/12/30

    家庭で過ごしてきたことが自分の価値観に繋がっていく。家庭での出来事の重要性を感じました。おそらく自分に子供が出来た時、親からしてきてもらったことをするのだろうと思いますが、ただ元気であればいいという考え方ではなく、大きくなって将来困らないように基本的なことは出来るように伝えていきたいです。私は今の会社でその基本的な部分を学ばせてもらっています。それを小さい頃から出来ていたらよかったなと思うことも多々あるので、今学ばせてもらっている事を自分の子供が出来た時に伝えて行きたいです。

  • 名無しさん2016/01/05

    次男が大学4年で同級生はほとんど就職の内定をもらっています。

    理想と現実のギャップで、愕然としている親も多く、

    本当に受験や就職など、現代社会はサバイバル競争だと痛感しています。

    家庭で無意識に身に着けた価値観の差が人間としてのスキルになるのなら、

    本当に考えないといけない部分、見直していかないといけない部分は沢山あるように思います。

    考えて行動した以上の結果は出ない・・。本当にその通りです。

    親が子供に出来る精一杯を家庭で伝えていかないといけないと感じました。

  • 名無しさん2015/01/03

    確かに親から受ける影響というのは大きいだろうと思います。親がやっていると、それでいいのだとまねしたりします。小さい子を見ていると特にそう思います。親がしていることをよく見ていて、それが正しいのだと思って同じことをします。どこで見ていたんだろうと思うことをしていることもあったりするので、そうした言動を見て価値観が作られていっているのかなと思いました。

    私も気をつけないといけないと思いました。

    また人を見て羨ましいと思う場合がありますが、それはその人が努力した結果でそれがあるので、羨ましがるのではなく、その人以上の努力が必要という部分はその通りですね。みてるだけではなく自分自身が努力しなければ何の意味もないです。

  • 名無しさん2014/04/03

    結婚した時に思いました。

    同じ日本人なのに違う国に行った感覚がしました。

    冷蔵庫の使い方、食器の洗い方にしまい方、食材の買い物のサイクルなどなど…。

    これが育った環境の違いかぁと感じました。

    最近、忙しくて毎日やっていた掃除を時たまさぼるようになってきました。

    たまに散らかることもあります。

    全部忙しいという理由を言い訳にしていると指摘された気がしました。

    決めたことはちゃんと守って、徹底的に実行しないといけないし、そんな親の後姿を見せることも大切なんだなって思わせてもらえました。

  • 名無しさん2013/12/21

    小さいときは、親がほとんどで、親のすることや考えることがすべて正しいと、思うというより感覚的にそれが普通になっていました。

    大人になった今でも、どんなに尊敬している人よりも親の言うことのほうが安心感があり、自分にとって正しいと感じています。

    それは、やはり子供のころからのものなのでしょう。

    子供は思い通りにどうこうするものではなく、自分がまず、なりたいと思う自分になる努力をするべきですね。

  • 名無しさん2013/08/12

    生活環境の習慣は根強いものであり、未来に大きな影響を与える。

    〜しなければいけない、〜しようと言うのは簡単だけれど、その前に日ごろの習慣を見直すべきなのだと思います。

    子の未来を望むなら、まずは自分が子に望んでいる将来の姿にならなければいけないのだと思いました。

    望むだけは簡単だけれど、それを実現していくには容易ではありません。

    だけど、子の将来を望むならまずは親が自分を成長させていく努力をしなければいけないのですね。

    教えるのではなく、姿を見せていくことが重要なのだと思います。

  • 名無しさん2013/06/15

    家庭と社風は確かによく似ていると思います。

    自分の今の基準で出来なくても、社風がそうなっていれば自然とそれが自分の行動、考え方になっています。

    限界や苦手というのは実は自分で作っていたもので、周りの環境に自然と人は合わせていくものだと実感しました。いかに家庭や会社の空気が大切かがわかります。

  • 名無しさん2013/06/05

    育つ環境って本当に大切だと思います。

    汚い言葉はよくないとわかっていても、そういう環境にいると自然と汚い言葉を使う人間になったりする。

    清潔な家で育つ人は、清潔なのが当たり前になるし。

    現在子育てをしています。

    そういうことを意識して子供を育てているだけで、自分がすごく磨かれていく気がします。

  • 名無しさん2012/08/03

    確かに、教えてもらった事を考えること、行動することの根本の世界は、自分の親の価値観になっていると思います。

    自分にとってはそれが普通で、何を見るにも自分の規準にしています。

    そう思うと、自分が将来家庭を持つまでにしっかり勉強し、人間性を高めていかなければいけないと思いました。

    また、今もその根本の価値観が自分にあることを理解した上で、壁を突破できるように意識して行動していこうと思いました。

  • 名無しさん2012/07/19

    子供の目を意識した行動を家庭内でしていますが、このメルマガを見てもっと強化して色々考えて行動しないといけないと認識できました。

    挨拶はもっと元気良く、近所の人にも知らない人でも挨拶し、ありがとう、ごめんなさいを素直に言う、整理整頓を意識する、時間にルーズにならないなど、子供を通して自分のレベルが上がる気がします。

    高橋さんのメルマガを読むと、いつも背筋がピンとします。

  • 名無しさん2011/08/04

    『家庭で無意識に身に着けた価値観』って本当に大切です。

    温かい家庭環境で育てば、

    どんな困難に直面しても頑張っていけるのだと思います。

  • 名無しさん2011/01/08

    考えて行動した以上の結果は出ない。

    それは経営も家庭も全く同じである。

    ・・・・・

    ありがとうございます! 

  • 名無しさん2011/01/08

    最近結婚をして感じる事は、旦那さんとの価値観の違いです。違う環境(家庭)で育った事を感じる事が多々あります。使用中のおたまの置き場所なんていうささいな事なのですが・・・お互いの家庭の良い所を残して我が家の価値観にしていきたいです。

  • 名無しさん2011/01/05

    良い年にするにはやはり努力が必要ですね。

    正反対の夫婦だったら、子供がどちらに似るか楽しみですね。

    いろんな家族の中で育った人間が1つ屋根の下で

    仲良くやっていくには何か理由があるのだと思います。

    お互い、思いやりの心は大切ですね。

  • 名無しさん2011/01/04

    確かに育った環境で全く違いますね。私と旦那さんの家族を比べると、私の実行は思い立ったら即行動ですが、旦那さんの方はギリギリまで粘って決めていくタイプ。全くの両極端で、せっかちな我が家はそれを待てない傾向があったらとか(笑)

    結構比べるとおもろい面があり楽しいです。子供が出来たら、

    その我が家みたいなせっかちな家庭環境にはしないでおこうと

    思います。

  • 名無しさん2011/01/04

    子供達が大人になり、社会に出ていろんな事を学び感じ取り、

    自分の道を切り開いていく時、育った家庭環境って本当に影響ありますね。

    どんなに辛い事に直面しても、今までの温かく包んでくれた家庭があれば、

    頑張っていけるのだと思います。

    本当、ビジネス=プライベートです。

  • 名無しさん2011/01/04

    プライベートとビジネスタイム。

    切っても切れないつながりがあります。

    どちらもよい年になるよう、今年も頑張りましょう♪

  • 名無しさん2011/01/03

    プライベートとビジネスタイム、二つを上手く両立させることができて初めて、「成功」と言えるんですね。

    今の時代はどちらかの一つだけでも成功させることが難しいような感じがします・・・。

  • 名無しさん2010/12/31

    自分自身の子供時代を思い返しても自分自身が親の価値観を受けていることにはなかなか気付けませんが、こうしてメルマガを読んでいくと血を引き継いでいるからではなく、価値観の受け渡しがあったのだろうと感じますね。非常に参考になりました。

  • 名無しさん2010/12/30

    子供にとっても一番影響を受けるのは当然、家庭であり、

    その時間をどのようにすごすかで価値観も決まってくるもの

    なんですね。

  • 名無しさん2010/12/30

    まずは第一に家庭環境によってきまって

    くるんだと思いました。

    家庭の方が外よりも気を配る必要があるなんておどろきです。

  • 名無しさん2010/12/30

    ビジネスとプライベートはイコールである、

    その事をこの一年学ばせて頂きました。

    年末年始ビジョンを考え、また新たな気持ちで

    来年の仕事に励んでいこうと思います。

  • 名無しさん2010/12/30

    今年1年、高橋さんのメルマガで沢山の事を勉強させて頂きました。

    沢山の大きな気付きを頂いたことに改めて御礼をさせて頂きたいと思います。

    本当にありがとうございました。

    来年の配信も楽しみにしております。

  • 名無しさん2010/12/30

    自分の言動が子供の価値観を作っていくのだと考えていかなければいけないと感じました。家庭の価値観、無意識に出てくる価値観をどういう風にしていきたいのか考えなければいけない。

  • 名無しさん2010/12/30

    確かに親の影響というのは計り知れないものがあると思います。

    一人の人間の価値観が大きく左右されることを認識してどう行動するのが良いのか。家庭で話し合って生きたいと思います。