経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

何のために会議をするのか?

2010/12/22

 
 
 
 
■■ 何のために会議をするのか?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
中小企業、特に社員20名以下の企業は、家族経営が多い。
 
パートやアルバイトの雇用割合や、友人や知人を引っ張り雇う場合も大いにある。
 
 
僕の様な二流の経営者でも、こうしてメルマガや講演をすることにより、
 
   なるほど!
 
   俺と似たくらいの規模でも、
 
   あるいは同じ規模の場合は、
 
   こうやって経営をするといいんだな。
 
と理解し易くなる。
 
 
または、言葉は知っていたが、
 
同様の規模の社長が言うと腑に落ちる場合がある。
 
 
僕自身が社長含め社員がたった3名の会社の社長が、
 
講演で堂々と語るのを見て、そう思った。
 
 
小さい会社は、
 
良い事例を聞いても真似し切れないことが余りにも多い。
 
 
その最たる原因は、
 
「うちの様な会社が・・(‥;)」
 
と自社を低く見ているからだ。
 
 
新卒の採用もそうだが、
 
一番業績に影響を与える会議をしていない!
 
 
そう、数人の社員の会社の多くは、会議をしていないのだ。
 
これでは経営をいくら勉強しても仕方がない。
 
 
 
会議の方法、初期の導入の仕方は、何度かお伝えしているが、
 
「儲かる仕組みは社長がつくれ!〜逆転の発想〜」
 
でも当然記載してある。
 
 
なのでそこは省略し、今回は会議でも種類があることをお伝えしたい。
 
 
 
僕は数限りなく企業訪問し、会議にも参加させて頂き、
 
アドバイスや講義をして来た。
 
 
その経験上、会議にも2種類のタイプがある。
 
そして会議を見れば、だいたい社員のスキルも会社のレベルもわかる。
 
つまり今後の業績がわかるのだ。
 
 
先日非常に驚いたのだが、地元を代表する優良企業のある会社が、
 
会議らしい会議をしていないと、末端の社員から聞いた。
 
弊社の会議を見学し、
 
「この様なのは初めてだ!」
 
と驚愕し帰ったことを、逆に僕が驚いた。
 
 
社員数実に400名!
 
資本金1億5千万円のあれほどの企業でも、
 
一般社員参加の会議が行われてないなんて・・(゜o゜)
 
 
だからあなたの会社が会議をしていないのは、恥でも何でもない!
 
むしろ小さい会社だし当然だ!
 
と胸を張ればいい( ̄^ ̄)!
 
 
 
さて、2種類あるといった会議の種類だが、
 
それは、時間軸が違う。
 
 
良い会社は未来へ向けての起こり得る問題や、
 
戦略を考える会議であり、業績の悪い会社は過去の問題やクレーム、
 
トラブルへの対応や原因究明の会議である。
 
 
つまり業績の悪い会社は、火消しに追われている。
 
 
確かに過去の失敗を二度と犯さないようにすることも大事だし、
 
しかし、それだけでは業績は伸びない。
 
会議は未来の計画や方針を決め、戦略的に誰がいつ、何をどうするのか?
 
未来の発展の為に時間と金と人を投資する。
 
そこに力を費やす会社は強い。
 
 
うちの会社はイエスマンばかりなので、会議はあまり意味がない。
 
そういう方もおられるが、そんなことはない。
 
 
イエスマンは全く問題ではない。
 
むしろ会議の進行上はやりやすいくらいだ。
 
 
弊社も良い会議にするために、試行錯誤である。
 
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/09/01

    日本人って会議が大好きだなぁ・・・とおもいます。

    無駄な会議をするのをみて海外の人はびっくりすると聞きます。

    意味のある話し合いをしないといけないです。

    時間を決めて、だらだら話さない。

    確認や過去の問題の掘り起こしをしてても意味がない。

    お客様のためにならないことなら、社長や社員がどれだけいいと思ってても

    はっきり言って時間の無駄なんだなとおもいました。

  • 名無しさん2016/12/23

    会議と聞いて感じたのが、いかに意味のあるものに出来るかがカギだと感じ

    ました。過去の火消しにばかり議論していても意味がないし、今後どのよう

    に対策をしていくか?同じ事をしないためにどしていくべきか?考えていく

    ことが大切ですね。ただ、会議と言ってもただ参加しているだけで何も意見

    等を出さないのであれば会議の意味もなくなるとも思いました。いろんな意

    見が出てこと会議の意味も出てくると感じました。

  • 名無しさん2015/12/31

    会議なんて時間の無駄で、その分仕事をしていったほうがいい。

    そう思ったりすることも今まで何度かありましたが、

    未来の事を考えるため、これからの方針を考えたり、情報共有したり、

    会議をすることはよく考えればとても重要なことなのだと思いました。

    自社にあった会議をこれからも随時していきたいと思います。

  • 名無しさん2015/11/23

    会議をするのは、過去の問題解決も重要ですが、未来を見ていくための

    会議が必要になってくると感じた。

    小さい会社だからこそ、1人1人の意見が大事だし、みんなで話しあうことで、意識する気持ちも高まってくると思います。

    ただ、参加するだけのものではなく、みんなで参加し、意味のあるものにしていかないといけないですね。

  • 名無しさん2014/03/24

    ただ会議に参加しているだけになってしまうと、それは時間の無駄になってしまうけれど、会社の改善やどうしていくかという意見を出し合うことが出来れば、それだけで利益は上がるし、活性化もする。

    会社の一員として、自分が責任者となり、議題がたとえ直接自分が関わっていないことであっても、客観的な意見とか、自分に置き換えた意見を考えよりよい未来に繋がるように一人一人が意識をして参加していかなければいけないですね。

  • 名無しさん2014/03/05

    会議をするということ自体慣れていないと億劫だし、人を集めると言う事も億劫ですが、三人集まれば文殊の知恵とはいいますが人の意見と自分の意見が合わさっていい結果を作っていける事はよくあります。特に未来の不確定な事象は様々な角度から見ていくことが重要なので効率よく活用する事が出来れば会社の大きな力になるのだと思う。

  • 名無しさん2013/11/14

    会議といえば、ほとんどが問題を解決するためのものなので、火消しに追われているという表現がぴったりです・・・

    雰囲気も暗いし、すすんで意見を出そうという感じではありません。

    これはこれで必要ですが、未来の戦略を考えるための会議というものを特に意識してしたことがありませんので、是非組み込んでみようと思います。

    ありがとうございました。

  • 名無しさん2013/07/20

    社員が会議に参加する事で、会社の業績や戦略への関心をもち、より会社を良くしていく為にはどうするか、改善案は意見に意見を重ねていく事でよりよい意見も出てくる。小さい会社でも、小さい会社ほど一人で考えるのではなく、意見を出し合う事で会社全体のモチベートにもなるのかも知れない。

  • 名無しさん2013/06/18

    業績を上げるために未来に向けてよりよくしていく会議をしていくというのは忙しい、効果性に疑問があるなどなかなか手をつけられない理由はたくさんあると思う。それでも会議を通して何かを変えていくきっかけとしていく事ができるようにしていくのは本当に大切だと思う。

  • 名無しさん2012/09/12

    意味のある会議をしなければいけませんね。

    ただ話を聞いているだけ、なにも決まらず形だけといった会議は時間の無駄です。

    これからどうするのか、もっと改善点はないか、いつ、誰が何をするのかまで決め、実行できていったら、それは会社が成長するための大きな力になります。

    自分も会議に参加するので、スムーズに進むよう、準備をしていかなければいけないと思いました。

  • 名無しさん2010/12/27

    人に甘えられないということがどういうことなのか分かったような気がします。人と人との関係性でどうしても壁をつくってしまいがちなのが何故なのか分かるような気がしました

  • 名無しさん2010/12/27

    確かに未来に向けて話し合うことは、様々な効果があるだろうと思いました。会社全体で方向性を定めていくことは確かに重要な事だろうと思います。何に対して時間とコストをかけていくのかというのは社長としての重要な采配ですね。

  • 名無しさん2010/12/25

    2種類の会議の違いを読んで、なるほど納得でした。

    後ろばっかり振り向いていたら、前になんか進めませんよね。

    上手く切り替えることが大切ですね。

  • 名無しさん2010/12/24

    一社員として自分達で会議をし、それを自分達が実行していくというのは

    社員それぞれが責任者としての自覚を持つことが出来るいい案だと思います。

  • 名無しさん2010/12/24

    わが社でも会議はしていますが、あまり未来の事について話はしていませんでした。

    高橋さんのおっしゃる通り、未来の事を会議で取り上げ今後どうするかを話し合うべきですね。

    会議の方法を変えていこうと思います。

  • 名無しさん2010/12/24

    会議は会議でも、ただそこにいるだけの会議なら必要性を感じませんが、

    会議した事で、問題点を出し合い、改善策を話し合えるのならいいのかと思います。

    部署ごととかの少人数で話し合い、全員参加の会議は大切だと思います。

  • 名無しさん2010/12/24

    会議は形だけのものになりすぎて、無意味なものも多いと思います。

    それよりも日常のちょっとした会話の打ち合わせの方がずっと、重要事項が隠されていることが多い。

    大勢参加する会議になればなるほど、形式的なものとなってしまう感は否めません。

  • 名無しさん2010/12/24

    会議でも過去の対しての改善よりも先をみていく会議のほうが、

    参加しているほうもどちらかというと前向きになれると思います。

    案外、会議をしていないところの方が多そうですね。

  • 名無しさん2010/12/23

    会議ではトラブルや業績についての問題点の解決策などを話あうのもじ重要だけれどもそれよりもこれからどうしなければいけないのかについての具体策を話しあうことのほうに重点をおかなければいけないのだなと思いました。

  • 名無しさん2010/12/23

    大企業は一般的に考えて会議をするものだと思ってましたが、

    しない企業さんもあるんですね。びっくりしました。

    全体が月に1度でも集まって他の部署はどんなことに取り組んでるのかっていう情報収集は社内の中でも大事だと自分は思います。

  • 名無しさん2010/12/23

    我が社も会議をしますが、非常に無駄な時間が多い。

    会議は必要ですが、全員が関係しな事がある場合、

    他の自分の業務をした方がいいのではって思いますが、

    その人の問題は会社の問題って事で、

    なかなかその場から立つことさえもままならない。

    無駄ではない会議なら価値はあるが、

    無意味だと思ってる人がいるなら、あまり価値のない会議は

    本当になくした方がいいかと思いますね。