経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

経営資源の活用方法 カネ編 その3

2010/12/10



 
 
 
 
■■ 経営資源の活用方法 カネ編 その3
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
前回の内容は、高橋を知る人から見ると意外かも知れない。
 
言うことが最初と最後と真逆に感じた人もいるだろう。
 
しかし、実際に僕は自分がして来た体験と経験からしか、
 
語らないようにしている。
 
 
少々ダブるが、弊社は中国には進出しない。
 
グローバルに展開も図らない。
 
 
そりゃあ、そうだろう、一斉に、
 
「よ〜いドン!」
 
で走り、人より前に出れるほど、僕は優秀ではない。
 
 
今まで僕が無借金経営をしてこれたのは、
 
人の行く方向と反対を走って来たからだ。
 
ハッキリ言って、隙間狙いしか勝ち続ける自信は無い。( ̄^ ̄)!
 
 
とはいえ、定石もちゃんと押さえている。
 
前回お伝えしたのは、そういうことだ。
 
 
 
 
 
さあ、経営資源のカネの活かし方の続きに入ろう!
 
 
人編で人は金だけでは動かない!
 
と散々言ったが、報酬は働く意味そのものだということも間違いない。
 
ただ、損を絶対したくない!
 
そう社員全員が思っている会社と、ボランティア精神とまでは行かなくても、
 
損得抜きで働く人ばかりの会社とでは、
 
結果的にどちらがお客様から見て魅力のある会社になるか?
 
それをまずは理解し、理解させること!
 
ここが重要なのだ。
 
集客の上手い人、営業の上手な人はここを無意識に掴んでいる。
 
 
損して得を取れ!
 
 
ではないが、一時的な損をしなければ、100%、
 
100回中、100回自分たちが得をするような商売は、
 
結果お客様に損を大きくさせることになる。
 
だから儲からない。
 
 
ここは経営も個人も同じだと、
 
社長は当然だが社員も理解し共有する必要がある。
 
儲かっている会社は、一時的な損を自ら掴み、長期的な儲けを得ているのだ。
 
逆に赤字会社は、目先の金ばかりを追いかける。
 
投資をせずに、リターンばかり要求してもダメだ。
 
 
 
さて、カネの活用で最も大事なのが前回述べた将来を担う使用用途だが、
 
今日は最も無駄な活用を示し、社内の改善のきっかけにして頂きたい。
 
 
 
一番無駄になるカネ、
 
 
それは人件費である!
 
 
 
赤字会社の社長は、この人件費という考え方がそもそも間違いだらけだ。
 
 
 
赤字会社の社長が考える人件費とは、
 
 
人を置いておく費用、
 
 
もしくは雇用費、
 
 
もしくは時間的経費。
 
 
まあ、このどれかであろう。
 
 
 
つまり、レンタカー的考えだ。
 
置いておくと費用が発生する。
 
 
 
なので暇なガラーンとしたお店に、店員が5人もいる。
 
その間、売上はない→人件費ばかり発生する→だから赤字になる。
 
 
 
 
赤字会社はどこも似たり寄ったりで、だいたいこんな感じではなかろうか・・
 
 
 
1時間の売上−経費=マイナスである。
 
 
 
しかも、赤字の会社の社長はそのことに自覚が薄い・・
 
_(・・)φボーー 
 
 
 
 
ちょうどパチンコに行き、ドンドン玉を打ち続ける。
 
出ないとドンドンと、もの凄いスピードで玉が減っていく・・( ̄□ ̄;)!!
 
 
しかし、玉は目の前にある現金とは感覚が違い、
 
あまり損をしている感じがしない。
 
 
または、そのうち入るだろう・・
 
そんな感じで減る一方だが、玉が尽きるまで打つのを止めない。
 
 
 
そう、このイメージと瓜二つだ。
 
 
 
僕の例えも中々センスいいな。(・_☆)・‥★
 
 
 
 
 
おっと、今から毎月一回の定期的に行っているセミナーだ。
 
 
そろそろ準備をしなくては・・
 
 
 
 
今日は主婦対象だが、
 
プライベートに翻訳し、カネをテーマで行こう!
 
 
 
明日の続編は、ではどうするの?
 
 
に入ります。
 
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/10/06

    固定費を削減できたら、安定した利益アップを見込めるなとおもいます。

    無駄な人件費はいらないですね。

    ただ、時期によって繁忙期が違う会社とかで

    思うように社員をクビにできない雇用体系だと

    本当にその配分が難しいなとおもいました。

  • 名無しさん2016/12/12

    人によって働き方にバラつきがあるなと思います。コンビニやレジでマニュ

    アル通りのことのみをする人、自分で考えて工夫してと入れている人、それ

    らは働いている人の目的が違うのだろうなと思いました。ただ、お金をもら

    うためだけに働いているのか?お客様が興味を持ってくれるためにはどうし

    たらいいか?を考えているか?何も考えてないとマニュアルどおりのことし

    かしない人間になってしまいます。目的を持って仕事に取り組みたいですね。

  • 名無しさん2014/12/11

    人件費というのは一番高い出費ですね。お店とかでお客さんが一人もいないので店員が3〜4人いるようなところを見たことがあります。あれは従業員の人数と売り上げが合っているのか見直した方がいいのだろうなと思います。

    あとは損得を考えずに行動する人というのは魅力を感じますね。損得ばかり考えている人にはまたお金について言ってる、といい印象はないだろうと思います。お客様から見て魅力のある従業員を雇う、育てることも経営を考えていく上で重要になってくる部分なのかなと感じました。

  • 名無しさん2014/02/22

    人件費というお金をどれだけ利益を生むお金に変えることが出来るのかが組織を強くする上で大事な事なのだと思う。売上や利益を上げていく為に、組織をどうやって強くしていくのかはそういった経費に対する効果を出していく為の仕組みづくりが大事なのだと思う。

  • 名無しさん2011/01/23

    人件費はかなりの出費になっているんですね。

    本当に必要な人数、時間をみてみると

    いくらでも経費削減ができそうです。

  • 名無しさん2010/12/13

    会社は従業員次第で、利益が違うというくらいに、

    社員全員をどう動かすで変わってきますね。

    暇をもて遊んで、無駄話をしているお店など見ていると

    この会社は良くないな〜と感じる事もあります。

    会社にとって無駄な人件費は命取りですね。

  • 名無しさん2010/12/12

    パチンコの例えはとてもわかりやすかったです。

    時間にしろパチンコの玉にしろお金そのものがなくなっていってる実感がないのが大きな落とし穴なんですね…

  • 名無しさん2010/12/11

    人件費が一番大きいのですから

    いかに必要な時間帯をリサーチするかが大切ですね。

  • 名無しさん2010/12/11

    どこのお店に行っても店員が多すぎると思っても

    少なすぎると思ったことはないですね。

    そして、暇そうに見えるところばかりですね。

  • 名無しさん2010/12/11

    そうですね

    パチンコは減っていっても今に大当たりするのを期待してなかなかやめれずに玉を打ち続けてしまいます。

    経営もまったく同じなんですね。

  • 名無しさん2010/12/10

    パチンコの例えはなかなか良かったです。

    すごくわかりやすかったですね。

    それにしましても、無借金経営ってすばらしいです。

    我が社も赤字を早く脱出しなければ、ほんとに明日は我が身だ。

  • 名無しさん2010/12/10

    確かに無駄に人件費を使ってる店があいます。

    この店は趣味でしてるの?ってお店ありますよね。

    2人でも十分だろうって所に無駄に10人ほどいて、

    数年しないうちに潰れる。

    きっと、こういうところの経営者は、雇ってる人数が多いほど

    いいのだ。と思ってる店主が多いのかも知れない。