経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

売価アップ方法! 見せ方を変えて付加価値を伝える

2010/12/02



 
 
 
■■ 売価アップ方法! 見せ方を変えて付加価値を伝える
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
経営資源の活用方法 モノ編 その3

 

 
 
モノとは、ここでは御社が販売している商品やサービスと位置付ける。
 
 
 
 
御社が販売している「モノ」、これに「付加価値」をつけて売る。
 
それが他社との違いになり、集客に繋がるのだが、
 
ここを儲からない社長は、余り理解していない。
 
 
 
例えば、
 
ネットだけで特殊な人形を売っている会社様から講演先で質問を受けた。
 
その人形は自社で生産している訳ではない。
 
 
 
「どうすればもっと売れるか?」
 
 
 
その様な質問だった。
 
 
 
 
僕はある会社を思い出した。
 
 
楽天でショップを出し、同商品で一番売れている。
 
その会社も、実は自社で製造していない。
 
 
しかし、HPからは全くそんな感じは受けない。
 
本社はお世辞でも綺麗とはいえないプレハブだし、
 
第一、どこでも取り扱っている商品だ。
 
 
 
では何故楽天で1位なのか?
 
 
 
それは見せ方が上手いからだ。
 
顧客心理を追求している。
 
もちろん、嘘はないので詐欺ではない。
 
 
 
ところが、業界の方々は、
 
 
「普通はこの商品はこの値段だ!」
 
 
「これはこの様に紹介するものだ!」
 
 
という変な固定観念がある。
 
 
 
 
オークションは顧客が値段を決めるが、その価値観は実に様々だ。
 
三角にある、一番底辺は一番顧客数が多いのは当然。
 
だから大企業は、そこをターゲットに販売戦略を仕掛けてくる。
 
 
その同じ土俵で中小企業が勝負しても勝てないのは、
 
誰でも分かっている。
 
 
 
しかし、
 
しかしだ!
 
 
 
同じ規模でも、同じターゲットを狙っている場合があることを知るべきだ。
 
つまり、あなたが考える単純な戦略は、どこのバカ社長も考えているのだ。
 
 
 
「この業界は・・」
 
 
 
と頭が固いので、大した工夫も出来ていない。
 
 
 
 
異業種で学ぶ!
 
 
 
 
その言葉だけは誰もが知っている。
 
が、何故かその目は自社では適応できないと見過ごしている。
 
 
 
 
本当に、どこ行っても似たり寄ったりで、
 
 
もしかして、全国で統一しているのか??
 
 
業界の法律で決まっているのか??
 
 
と錯覚するほどに、
 
 
 
「この業界は・・・」
 
 
 
という人達は金太郎飴のごとく、
 
 
同じ考え方で、
 
 
同じ商品を、
 
 
同じ様に、
 
 
売っている。
 
 
 
 
「ここが他社とは違うんです\(◎o◎)/!」
 
 
 
 
と力説するものの、
 
お客様にはその違いは言われるまで分からない。。。(;ヘ^^)ヘ
 
 
 
 
「ケツに火がついているのに、
 
まだそう言われるのですか!」
 
 
 
思わず僕の口調が強くなる。
 
 
 
 
 
あなたの会社がブレイクスルーしないのは、
 
あなたの考え方が固定化しているからだ。
 
 
 
トップの思い込みほど、会社での弊害はない。
 
 
 
 
 
 
(まだまだ、言い足りないので明日へ・・ (。・_・。)ノ)
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/11/03

    日本人の特徴で周りと足並みを揃えたがることって

    あるなとおもいました。

    人と同じである必要はないし、

    人と違うものだからこそ、目にとまり

    心に残れば売れていくのかなと感じました。

  • 名無しさん2016/12/03

    固定観念というのはいつから構築されてしまうのだろうか?と思いました。

    本当にいつの間にはこれはこうだ!という意識が出来てそれに捉われて

    しまっているのではないかと思います。思い込みは可能性を潰してしまう

    ので他の業種からでも、この値段が正しい、この販売方法だ、と拘って

    しまうのではなく何か取り入れるものはないか?と積極的に受け入れる

    意識が大切だと感じました。

  • 名無しさん2016/12/02

    誰でも思いつくことを同じようにやっているだけでは、他者との違いは生まれない。

    同じ商品であっても、なにかしらのサービスがあるのか、そんなところで他者との差をつけているところもある。

    まずは今の常識にとらわれていては、何も新しいものは生まれない。

  • 名無しさん2015/12/17

    商品に付加価値をつけること、

    これは中小企業にとってとても重要なことだと思います。

    価格では勿論大企業に勝てるわけがありません。

    中小企業が対抗できるとしたら、大企業にはできないような

    付加価値をつけ、高くても買って貰えるような工夫をすることだと思います。

  • 名無しさん2015/01/02

    同じ業種にとうやって勝っていくか、

    もちろんほかと同じようなことをやっていては、いけないし、

    固定観念にとらわれていてもだめですね。

    ほかの業種からも取り入れていって、もっと柔軟な発想を

    していくことが大切なんだと思います。

  • 名無しさん2012/12/01

    固定観念ははずさないといけない。他社と同じことをするのではなく、ほかにはできないことをしていくように考えていかないといけないと思った。見せ方一つでも大きく変わってくると思う。

  • 名無しさん2012/08/20

    同じものを同じように売っていたのではお客さんはファンにはなりませんね。

    広告や応対のよさ、料金など、他と一線を画すようだと、一つのブランドになると思います。

    固定の考えをもっていて、正しいと思っていても、実はもっと違うやり方があったということは沢山あります。

    視野を広くして、何でも取り入れていこう、学んでいこうという姿勢が大切ですね。

  • 名無しさん2011/01/19

    この業種だからと行ってなにもしないのではなく」

    もっと頭を柔らかくして柔軟に対応していくのが大事ですね。

  • 名無しさん2011/01/02

    金太郎飴のように固定観念を捨てきれず同じような考え方・やり方でやっていてもダメなんですね・・・

    いかにモノに他社と違う付加価値をつけることができるかで左右される気がします。

  • 名無しさん2010/12/05

    あなたの会社がブレイクスルーしないのは、

    あなたの考え方が固定化しているからだ。

    トップの思い込みほど、会社での弊害はない。

    ・・・・・

    反省します!

     

  • 名無しさん2010/12/04

    固定概念というのは本当に厄介ですね。

    ある意味無難な道を歩く事ができるかもしれないですけど・・・

    でも、いろんな見方をして、いい意味で

    人と違った生き方したいです。

  • 名無しさん2010/12/03

    陳列方法でも売れる物と売れない物が出てきますし、

    陳列方法をまた変更すると今まで売れてた物が売れなくなり、

    売れなかった物が売れたりもします。

    固定観念を離脱しないことには、

    儲かるものも儲からなくなるので、

    激しい思い込みは駄目ですね。お客さんにどうすれば、

    良い反応を頂けるかも今後の参考にすごくなりますよ。

  • 名無しさん2010/12/03

    固定観念を持っていると見えてこないことはありますね。

    実際、ヒット商品は、ちょっとした事で売れるようになったりするので、

    物事を客観的に見ることはとても大切だと思います。

  • 名無しさん2010/12/03

    つい使ってしまう「この業界では…」という言葉も、

    それだけ固定観念があるということなんですね。

    それを打ち破らないことには改革が進みませんね。

  • 名無しさん2010/12/03

    顧客心理をつかみ、購買意欲をわかせるような発想を。とは

    誰もが考えていると思いますが、

    実行できている企業は多くはないかもしれません。

    常に客観的に観ようとする姿勢が大事ですね。

  • 名無しさん2010/12/03

    固定概念は恐ろしいですね。

    あらゆることが、固定概念のせいで

    先へ進まない現実を省みる必要がありますね。

    頭の柔軟体操をし、聞く耳をもたなければいけませんね。

  • 名無しさん2010/12/03

    トップの思い込みほど会社にとっての弊害はない。確かにその通りだと思います。あがってくる提案に対して謙虚に聞く耳をもって自分が固定化していないのかを常に気にしていかなければいけないですね。

  • 名無しさん2010/12/03

    固定観念をはずして違う発想をみたないと

    いつもでも変わることのできない今までどおりの経営になると思います。

  • 名無しさん2010/12/02

    自分の会社の業績がうまくいっていない理由を

    業界のせいとか不況のせいとかにしているうちは成長出来ないと思います。

    やはり自分に矢印を向け、何か改善出来る事はないかと考えるべきですよね。

  • 名無しさん2010/12/02

    お客様はその商品のモノより付加価値を気に入って

    固定客になったりする事もありそうですね。

    その会社独自の付加価値をもっと高めていかないといけませんね。

  • 名無しさん2010/12/02

    昔からのこりかたまった頭をなかなか切り替えられずにいます。

    高橋さんのメルマガはそんな常識を打ち破る面白さがあります。

    明日も楽しみにしています。