経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

改革はあなたしか出来ない!

2010/10/18



 
 
■■   改革はあなたしか出来ない!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
 
赤字が続き、いよいよとなると、経営者はわらにもすがる気持ちで、
 
コンサルタントの門を叩く!
 
 
 
先生!何とかしてください!!
 
 
と慈悲を乞う。
 
 
 
 
実に見慣れた光景である。
 
 
 
ところが、これが上手くはいかない。
 
 
 
こういう会社は間違いなく、倒産している。
 
 
 
 
何故か?
 
 
 
理由は沢山あるが、ビジネスはプライベートに例えると分かり易くなる。
 
 
 
 
あなた個人が自分の性格に悩み、どうしたら変えられるか?
 
とコンサルタントに相談したとしよう。 
 
 
 
 
直せるだろうか?
 
 
 
 
確かに、直せないとは言い切れないが、
 
 
直せるとはいい難い。
 
 
 
それは自分のことは自分が一番知っていて、
 
直すには決意がいるからだ。
 
もっと言えば、それで直るなら、元々直しているだろう。
 
 
 
 
ここで個人の性格と、企業の赤字と重ねて例えるのはおかしい・・
 
 
 
そう思った方は、かなり分かっていないと言わざるを得ない。
 
 
 
 
 
会社の赤字は、会社の性格なのだ。
 
 
引いていえば、
 
小さい会社は会社の性格とは社長の性格なのである。
 
 
 
よく遅刻をする人、
 
 
売れない営業マン、
 
 
いつもお金が無い人、
 
 
 
まさに、それと同様である。
 
 
 
 
黒字の会社には、赤字になる理由が存在しない。
 
 
 
それはちょうど、よく遅刻をする社員や、いつも金がない人と同じだ。
 
 
 
 
無いのには理由が必ずある、
 
しかしある人にはその理由は最初からない。
 
 
 
コンサルタントを雇ったり、
 
 
セミナーに参加したり、
 
 
会社を改革するのは、
 
 
 
まだ余力がある時が望ましい。
 
 
 
 
余力があるから冷静に、客観的に考えられる。
 
 
 
 
安易に人の話は鵜呑みにしないことだ。
 
 
 
コンサルタントは潰れても責任は取らない。
 
 
 
 
最終責任者は、あくまでも社長!
 
あなた、ただ1人だけだ!!
 
 
 
 
社長の肩にはあなたに付いてきた社員と、
 
その家族の未来が掛かっている。
 
 
 
それを考えると、どんなに良くても油断は出来ないし、
 
どんなに悪くても、投げ出すことも出来ない。
 
 
 
 
社長とは、決して楽で儲かる職業ではない。
 
 
 
 
社長が最後に頼れるのは、あなた自身、
 
 
そう、自分ただ1人だけである。
 
 
 

 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/12/31

    社長がなんとかしてくれるとか

    幹部がなんとかしてくれるとか

    そう思っている時点で自分が叶えたいことは

    絶対叶わないだろうなと思いました。

    自分が望んでいることは、自分にしかできないというか

    自分はやらないと一体誰がやってくれるんだと思いながら

    自分の叶えたい夢について追いかけていこうと思えました。

  • 名無しさん2015/10/28

    赤字の大部分は経営者に原因があり、

    その経営者がしっかりとそれを認めて改善していかなければ

    やはり経営が上向きになることはなかなか難しいのだと思います。

    そのきっかけがコンサルタントであるか他の何かであるかはそれぞれだと思いますが、

    本当に切羽詰らないとなかなか人は変わらないと思いますし、

    切羽詰ってからは手遅れになってしまう可能性もあると思いました。

  • 名無しさん2014/11/10

    どんだけ優秀なコンサルタントなどがついていても

    結局最終の決断は自らでし、責任も自らが負わなければいけない。

    言われるがままにしていくことは、

    最初のころは良くても、そこに自分が決断しているという認識がなければ

    必ず歪が出てしまう。

    経営は上手くいかなかったからやーめたーって投げ出せるものではないのだから、

    ひとつひとつの選択に責任を持ち、どんなに苦しい辛いことであっても最後まで全うしなければいけないのだと思いました。

  • 名無しさん2014/10/20

    相手の性格をその人以外の人が変えることはできない。

    変えるには本人の決意が必要なので、いくら周りが言ったとしても

    本人が意識しなければなんら変わることがないですね。

    私も意識が弱いところがあるので、自分を変えるのは自分しか出来ない、

    自分次第であるという意識を強く持たなければいけないです。

    そして途中で投げ出さずに向かっていけるようにして行きたいです。

  • 名無しさん2013/06/26

    自分自身の普段からの考え方や習慣が業績に大きく影響を出すというのは、その通りだと思います。常に細かな細部にいたるまで気を配っていかなければ組織というものは維持していくことは出来ないのだと思います。内にも外にも気を張り続けていかなければいけない。

  • 名無しさん2013/04/03

    他の意見を聞くなどがあっても、最終的に頼れるのも、決めるのも自分自身なのだというのはその通りだと思います。一つ一つの決断が重いからこそ、自分の成長の糧にしていけるのだと思う。良い時でも常に危機感を持って決断していかなければいけない。

  • 名無しさん2010/10/23

    会社そのものが社長の性格ですか〜フムフム納得といった感じです。常に柔軟性を求められる性格でなければこの時代を生き抜けませんものね

  • 名無しさん2010/10/20

    社長の座というのはある意味

    孤独で辛い場所ですね・・・。

    その座を降りるまで膨大な量の

    荷を背負い続けるなんて・・・。

    私だったらすぐに

    つぶれてしまいます・・・(・・;)

  • 名無しさん2010/10/20

    たまには私だって、この責任から逃れたくなる時もあります。

    社員の生活がかかっていると思うと、や〜めたというわけにもいきません。

    ついてきている社員がいるからこそ、頑張れる。

    頼りになるのは自分だけだが、見えない力では支えられていると自分を励ましながらやっていってます。

  • 名無しさん2010/10/19

    コンサルタントを頼むくらいなら、別のことでお金を使いたい…

    ただ、経営コンサルタント等に興味がないわけではないので、無料セミナー等には顔を出しています。

    そんな感じで高橋さんのメルマガも楽しみにさせてもらってます。

    楽して儲からない社長業だが、いまさら人の下で働く気もないので(笑)

    ともに頑張っていきましょう!

  • 名無しさん2010/10/19

    確かに自分で決めた事を実行してても、

    赤字になる時はなりますね。してるつもりであっても、

    出来てない事ばかりなはずです。

    儲かる儲からない、潰すか潰さないの判別は

    経営者しか出来ませんもんね。

    経営者になられる方は本当大変です。自分には絶対に無理な

    職種です。

  • 名無しさん2010/10/19

    社長業もそうですが、自分の未来を決めるのも結果自分ですね。

    周りに相談しても結果答えは自分の中で決まってるってわけですから。

    社長業も同じでしょうね。きっと。

    最初から最後まで信用出来るのは、自分自身しかないですね。

  • 名無しさん2010/10/19

    「会社の赤字は、会社の性格なのだ。 

    引いていえば、

    小さい会社は会社の性格とは社長の性格なのである。」

    私もその通りだと思います。

    毎年赤字続きなのは、言葉はキツイかもしれませんが、

    社長業に向いていないのだと思います。

    倒産間際になってしがみつくのではなく、

    いろんな改善策を見つけ、

    早いうちに手を打っておく必要があると思います。

  • 名無しさん2010/10/19

    崩れかかった状態から立て直すのは並大抵のことではないですね。

    そうならないために、余力がある時にあぐらをかかず、

    常に先手を打って対処する、というのは重要ですね。

    転ばぬ先の杖、ということを意識していくべきですね。

  • 名無しさん2010/10/19

    そうやって考えると、社長は孤独な一面もありますね。

    全責任を背負い、会社のことも社員のことも考える。

    家庭の家計を考えても、一般的に主婦が管理をしますが、

    余力がないと冷静に判断できません。

    結果、客観的に考えられなくなり消費者金融業者などに頼ることになります。

    会社の場合はなおさら悲惨なことになりますね。

    やはり、社長業は大変です。

     

  • 名無しさん2010/10/19

    余力のあるときに修正していかなければ

    という絶えず考え続ける姿勢、危機感が会社を黒字にしていく原動力になるのですね。

  • 名無しさん2010/10/19

    社長という孤独な仕事について、よく表現されていると思いました。

    見た目と実際のギャップの埋め方も考えていかなければいけない。

  • 名無しさん2010/10/19

    どうしようもならなくなってから慌てるのではなく

    早めに手をうつこと、客観的に見ることが大事なんだと

    思いました。

  • 名無しさん2010/10/19

    手遅れになる前に手をうっていく必要があるし、

    すべてすがるのではなく自分で最終的には決めることも重要だと

    思いました。

  • 名無しさん2010/10/18

    最終責任者は、あくまでも社長!

    あなた、ただ1人だけだ!!

    ・・・・・

    肝に銘じます!