経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

社長の能力を問われる力、それが決断力

2010/10/17




■■  社長の能力を問われる力、それが決断力
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━





毎週日曜日は経営以外のことをお伝えしている。

最近は主に子育てに軸をおいているが、
 
今日はまた別で、最近あった出来事をお伝えしたい。


毎週僕達は運動公園でトレーニングをしている。

最近は主にジョギングで、ジョックで1キロくらいを2本、
 
最初とラストに走り、軽く体操をして、1500メートルを7本走る。

別に普段陸上やマラソンをしている訳ではないので、
 
素人にはきついメニューである。 (>_<)



立候補制なので、特に不満は出ないが、

その日は後の勤務が僕でもキツイ(ノ_・。)



そんないつもの日に、弊社の酒井が猫を見つけた。

生まれて1ヵ月経っているのだろうか?

泣き声も聞こえないくらい弱り、全く動かない。



周りに親猫も人もいないので、どうやら捨てられた様だ。

可愛い&可愛そうなので、取り合えず拾って会社に持ち帰った。


会社にはデカイ犬(はぐ)がいるが、意外になじんでいて喧嘩もなく、

ご飯も猫が食べ終わるのを待ち、その後に犬が食べている。

普通は怒るものだが、邪魔もしないし中々優しい奴だ。U^ェ^U ワン!



まあ、それでも猫は巨大なはぐ(犬)を見て、
 
横を通るだけで威嚇し毛を逆立てて怒る。

でもはぐは全然気にしてなくて、相手にもしない。



かなり馴染んでいるではないか!U^ェ^U !




この日はそのまま子猫を持ち帰った。


当然、子供達は大喜び(^ー^)ノ



名前を聞いてきたが、名づけると情が湧くので付けないことにした。

その後は計画通り、子猫の貰い手を僕の広い人脈で捜し、
 
そしてすぐに見つかった。(^ー^)ノ



貰い手からは細かい情報提供依頼を受けて、
 
何とも猫好きなのが伺えた。(^ー^)ノ

猫の方も、拾って直ぐ、病院に連れていった介もあり、

順調に回復し、かなり元気になった。


猫は犬と全く違い、トイレ訓練は不要で1回で覚え、
 
僕の後をついて回る。




 


そして子猫を渡す当日・・・





僕は前の晩から躊躇(ちゅうちょ)し、何度か考えていた。

一旦貰って下さいと人を介して頼み、

その気にさせといてやっぱりあげないなど出来る筈はない。 


それにどうせ飼うならブランド猫、ペルシャがいい。

きっと何倍も、何十倍も可愛く、来客者も喜んでくれる・・


そんな自分への独り言を繰り返し、出した結論・・
 
 
それはお詫びだった。


メールでも出来たが、本当に申し訳なく思い電話で丁寧に詫びた。


先方は笑っていたが、サークルや備品を買い揃えていた様で、

当然ながら全てこちらが負担させて頂いた。



この一連の流れで僕は痛烈に思った。

日ごろ相性の悪い恋愛や、
 
利益の出ない取引先、
 
成果の上げれない社員、

その事にに対し、どうにもこうにも煮え切らない社長・・


赤字の原因は、あなたの決断力の無さだ!


と一刀両断する僕がいる・・



普段、決断とはどういうことかと講義をさせていただいている。



しかし、現実はどうか?



子猫1匹で迷い、悩み、結局は飼うことになった。

何とも情けない話だ。



とてもじゃないが、過去に決断とはとか、
 
講義した人達には見せられない姿だ・・(>_<)


 
 
 


でも、最後は必ずこの言葉で自分を慰めて終わっている・・




だ・か・ら・


僕は、
 
 
こんな田舎で、
 
 
小さい会社の社長なのだ( ̄^ ̄)!




そんな常に正しい決断が出来ているなら、
 
 
とっくに大企業になっているさ (。・_・。)ノ


 


そう、小さい会社は、これで許されるのだ。

 



う〜ん、小さいって素敵だヽ(´▽`)/


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/01/09

    猫を拾ってしまうときの感情がすごく共感できました。

    情ってあります。

    社員さんとかも同じなのかなと思いました。

    使い捨てじゃなくて、出会ってその人に対して

    いろんな思いが湧いてきて、簡単に切り捨てられるものじゃない

    んだろうなと思いました。

    ニュースでやってる棒社長のようにバッサバッサ人を切り捨てていける人が

    大企業の社長っていうイメージがあります。

    できるできないにしろ、どんな人でも優しい気持ちがあって、

    社長は社員を大切にしている人ばかりだなと思います。

  • 名無しさん2015/01/15

    決断する早さによって、後に影響を与える部分はありますね。

    100%間違いない決断をできる人はいないと思います。わかっている

    つもりでも、どこかで100%の正解を求めようとしてしまいがちです。

    そうではなく、まずは決断することが大切なんだと改めてわかりました。

    決断が遅くなることで、待たせる相手にも、早く決断することで出来た

    だろう対処とかもできなくなってしまう可能性がありますね。私も頑張ります。

  • 名無しさん2015/01/13

    決断していくことは、必要なことで、

    経営者にとっても決断力は必要なことですが、

    こういった猫のことでも真剣に悩めることのほうが、

    人間味があっていいなと思います。

    人間迷うときは、迷ってしまうし、その結果が、間違えでないように

    進めればいいと思います。

  • 名無しさん2014/10/20

    「決断」は何にでも必ずありますね。決断が遅くて迷惑をかけてしまうこともあるかと思います。考えがあっちいったりこっちいったりで定まらないのではなく、これ!と決めることは大切だと思います。その決断が遅いか早いかで相手への負担にも違いが出るし、こちらの対応も変わってきますね。相手へ与える影響だけでなく、こちらの対応にも関わってくるので早めに決断する決断力というのはとても重要だと感じました。

  • 名無しさん2013/02/14

    いつもと違って文章が楽しくて笑顔になりました。

    高橋さんが自分のことを隠さずにさらけ出してるのでとても親近感がわきました。

  • 名無しさん2012/08/03

    高橋さんの人柄を少し知った気がします。

    講演も、メルマガも内容が結構熱いので、もっと手厳しい方かと思っていましたが意外にお茶目なとこもあるみたいで親近感がわきました。

    その猫ちゃんも、拾われて幸せですね。

  • 名無しさん2010/10/23

    可愛いネコちゃんですね♪それは縁だと思いますょ。今年我が家にも1匹ワンこが仲間入りしました。家に住む人より犬のほうが数が多くなってしまいます(笑)

  • 名無しさん2010/10/19

    いつも読ませていただいています。

    コメントするのは初めてです。

    今日のメルマガはすごく感動しましたのでどうしても返信したくてコメント欄で失礼します。



    社長の決断

    やめるという決断(猫を渡すのをやめる)

    素晴らしいです。



    引き続き毎日のメルマガ楽しみにしています。よろしくお願いします。

  • 名無しさん2010/10/18

    どんなに偉い会社の社長でも、やはり人間。

    ときにはそんな情にもろいところがあってもいいのではないでしょうか?

    なんだか心温まるいいお話でした。

  • 名無しさん2010/10/18

    猫一匹で悩む社長が、講義で決断力のなさを一刀両断する。

    素晴らしいではないですか。

    猫は誰しも悩むと思います。でも、講義で迷いながら話す人は

    誰も聞いてくれないと思います。

    だからこそ、高橋さんの講義は面白いのでしょう。

  • 名無しさん2010/10/18

    なるほど、小さいことは魅力的でもありますね。

    小さいからこそ小回りが利くというか。

    そもそも、動物に対しての迷いなら仕方ないのではないでしょうか。

    そんな風に捨て猫に愛情を持って接している社長のもとで働く

    社員さんは幸せですね。

  • 名無しさん2010/10/18

    確かに心を鬼にしてでも、決断しないといけない時もありますが、

    人間なので現実はそんなに簡単に割り切れるものでもないですね。

    メルマガを読んで、高橋さんの人間性が見え、

    凄く心が温かくなりました。

  • 名無しさん2010/10/18

    最近は動物を買うだけ買って、後々人間様の都合で面倒くさいとかで

    捨てる傾向が多いですね。

    動物も生き物なのに。

    生半可な気持ちで飼うものではないですね。

    それを人の手に渡す、自分で育てようと思えた高橋さんの気持ちが

    素晴らしいのではないでしょうか。

  • 名無しさん2010/10/18

    自分が思っている以上に決断とは難しいものです。

    でも、何があろうとも自分の信念は貫かないと、

    後で後悔するのは嫌ですね。

    後悔するくらいなら育てれると思えば手元で育てた方が

    自分にとっても猫にとっても幸せなことかもしれないですね。

  • 名無しさん2010/10/18

    う〜ん、小さいって素敵だヽ(´▽`)/

    ・・・・・

    なんとも微笑ましいコメントですね!



  • 名無しさん2010/10/18

    どうしても迷ってしまうことはあると思います。結果的に後悔しないようにすればいいと思います。せっかくもらい手が決まっていたのにその方も残念ですね。またはぐちゃん同様に成長を聞かせて下さい。

  • 名無しさん2010/10/18

    情がわいてしまうとなかなか手放せないのはよくわかります。

    またこの体験と仕事のとして考えるのはさすがだと思います。

    子猫も拾ってもらえてよかったですね。