経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

倒産する会社に学べ

2010/09/29



 
 
 
 
■■  倒産する会社に学べ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
問題の定義とは、問題と思わないことである。
 
既に問題と自覚があれば、その問題の殆どは解決に向かっている。
 
これが僕の掲げる問題の定義だ。
 
 
 
繁栄していく会社に学ぶべきことも当然あるが、
 
消え行く会社に学ぶことの方が遥かに多い。
 
 
 
今回、消費者金融の大手、武富士が
 
負債総額4000億円で会社更生法の申請をした。
 
 
一時は創業者が所得番付1位になるなど、
 
華やかな時代もあったが、消費者金融の締め付けが法律的に厳しくなり、
 
時間外の取立て禁止や、自己破産など、法改正がどんどん進み、
 
今年度6月からは年収の3分の1以上借り入れ出来ないなど、
 
更なる法改正による売り上げダウンで、売り上げはピークの3分の1となり、
 
敢え無くギブアップの声をあげた。
 
 
しかし、そうはいっても、今でも5101億円の融資をしているし、
 
97万件の利用客もいる。
 
 
つくづく思うのは、経営とは算数であり、いくら入る予定かより、
 
いくら入っていくら出るかという足し引きの結果が大事だということだ。
 
 
 
どんなに大きく拡大しても、どれだけ内部留保していても、
 
今の会社の現状の売上や経費の何%の内部留保か?
 
ここが大事なのだ。
 
100億の金があっても、武富士の様な規模では焼け石に水である。
 
 
 
 
年商10億円の会社の10億の内部留保と、
 
年商100億の規模の10億の内部留保とは、安全面で全く違う。
 
 
そういう意味で、売上はもちろんの事、
 
社長の貯金や財産、会社の資産や預金が、何円あるか?
 
など合計金額で自慢したり、金があると自覚するのはおかしい。
 
 
 
ちょうど、フィリピンで生活する人の1000万の貯金と、
 
日本で生活する人の1000万貯金とでは、
 
同じ金持ちでも比較出来ないのと同じである。
 
 
元々の基準値が違うのに、
 
金額であるかないかを考えるのはおかしい。
 
 
 
経営者は額で競うのではなく、%で競うべきだ。
 
借入金がなく、年収分の現金が預金口座にある。
 
この様な売り上げ100%の預金があって、
 
ようやく安全圏に入ったといえる。
 
 
 
年収100億円の経営者で1億円の預金がある人と、
 
年収1億円の経営者で100万円預金がある人では、
 
同じ状態の金持ちということだ。
 
 
 
会社をどんどん拡大するよりも、強い会社、
 
倒産しにくい会社にすることが大事である。
 
いくら大きくしていっても、最後に倒産では成功したとはいえない。
 
 
 
僕は大手の会社が倒産する度にそう思う。
 
 
それだけ儲かるなら、みんなの待遇を良くした方が、
 
会社は潰れにくくなる。
 
 
 
どんなに大きく成長しても、人生以上に、
 
経営はわからない。
 
 
 
消費者金融の最大手、武富士の破綻ニュースに、
 
そのことを再度感じた次第だ。
 
 
 
時代に淘汰されていく一時の成功者の話を聞くたびに、
 
本当に身の引き締まる思いである。
 
 
賢者でなくとも、時代に学ばなければいけない。
 
 
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/05/11

    社員としては、正直、大きな投資ばかりしていると心配になると思います。

    そして、それでうまくいかない時に、儲からない働き方ばかりで

    恨みを買いかねないなと思いました。

    会社は社長のもののようで、社員の人生とお客様のサービスが乗っていて、

    倒産するということは、全ての人の人生を棒に振るのと同じことです。

    社長は決断をする仕事ですが、重いなと思いました。

  • 名無しさん2015/09/22

    どれだけ一世を風靡した会社であった場合でも

    時代が変わったりブームが変化してしまったりしたとき、

    その流れについていけなかったりした会社はあっという間に落ちていってしまうのですね。

    どんなに大手の企業でも戦略を間違えてしまったが為に倒産してしまうのは怖いと思います。

    そうならないように危機管理をしっかりとしていかなければいけませんね。

  • 名無しさん2014/01/09

    会社が倒産するパターンは様々にあると思いますが、数字の面で言えば足し引きの問題だというのはその通りだと思います。自分の会社がどういう状態なのかを常に数字でチェックしていくのは会社の健康状態を把握する上で大事な事だと思います。倒産した会社の事例から常に危機感を持ち続ける事も別の意味で大事だと思う。

  • 名無しさん2010/12/23

    売り上げを伸ばして、大きくしていくよりは、

    もっと継続していけるように考えていかないといけないですね。

  • 名無しさん2010/10/10

    フィリピンと日本の貯の例がとてもわかりやすかったのですが、実際の数字よりも%で見なければ意味がないということがよく分かりました。

  • 名無しさん2010/10/02

    まず武富士がそんなに人気があったのがビックリです。

    そしてそんな危ないところにお金を借り人が

    たくさんいたことにもビックリです。(◎-◎)

    自分はあんぽんたんな兄貴共が返せもしないのに

    お金を借りて、親に迷惑を掛けている姿を見ているので、

    絶対に金融会社の餌食になるもんかと決意しています!!!



  • 名無しさん2010/10/02

    経営者は常に危機感を持って経営していかないといけませんね。

    1ヵ月後に何があって自分の会社が危機的状況に陥ってしまうか分かりませんから・・・

  • 名無しさん2010/10/02

    武富士のような大企業の【倒産】と聞いても???です。貸金業の倒産は、民間の銀行が破綻するようなものなのでしょうか?

  • 名無しさん2010/10/02

    それだけ儲かるなら、みんなの待遇を良くした方が、

    会社は潰れにくくなる。

    ・・・・・

    それが解からないのですね!

  • 名無しさん2010/10/01

    創業者が所得番付1位になるなど、華やかな時代もあった武富士に



    良かれと思って就職しても破綻して、退職をやむ終えなくなった

    社員のみなさんの今後がニュースを見て心配になりました。

    最近、子供と将来の事をよく話しますが、どんな仕事をしたいかと聞くと、

    給与が安定した職場がいいと言います。

    どこに就職しても、どうなるかなんて保障もないし、

    本当に不安な世の中になりましたね。

  • 名無しさん2010/09/30

    年収分の預金が100%ある会社なんてそうそうないと思うんですけど…

    もしや高橋さんはそうなんですか?

    この厳しい世の中、会社にとって安全圏なんてないですけどね。

  • 名無しさん2010/09/30

    武富士が破綻したの知らなかったです。

    普段ニュースや新聞を見ていない証拠ですね。。。(--;)

    金貸しのお金が尽きるほど、世の中不景気ってことか(^。^;)フウ

  • 名無しさん2010/09/30

    時代は味方にもなるし、敵にもなる。

    経営は先を読む力を必要とするが、未来なんて誰にもわからない。

    その都度、学んで失敗しないようにするだけですね。

  • 名無しさん2010/09/30

    まず、武富士の社員とその家族のことを思いました。

    会社が大きくなることは、良い面もあれば、そうでない面がありますね。

    会社が大きければ、その分責任もあります。

    でも、退職された社員の方々には、この危機を是非乗り越えてほしいものです。



  • 名無しさん2010/09/30

    消費者金融の大手、『武富士』が破綻していたのには驚きました。

    利用客が多かったのも驚きですが、何があるか分からないですね。

    大金持ちになる人はなぜか、お金で苦労する傾向がありますが、それも収入・支出、貯金・借入金のバランスでしょうか。

    やはり、地道にコツコツが確実なのでしょうね。

  • 名無しさん2010/09/30

    経営とは、本当に先がどうなるかわからないですね。

    倒産していく会社から学ぶべきことは、確かにたくさんあるように感じますね。

  • 名無しさん2010/09/29

    確かに借り入れは会社を大きくしていくために必要だと考えていましたが

    逆に会社を安定させる事を考えると借り入れが無いほうが確かにいいですね。

    お金の運用の仕方というものをもっとシンプルに考えていかなければいけない。

  • 名無しさん2010/09/29

    武富士がそれまで食い物にしてきたお金が

    過剰融資の回収で結局物凄い額の清算に追い込まれたようですね。

    グレーゾーンでの商売で高収益を上げたしっぺ返しのように見えますが

    企業のモラルが今後も問われていく時代になりそうですね

  • 名無しさん2010/09/29

    拡大思考の経営はよく失敗する。自分にはお金があると錯覚してしまうのですね。

    今回のメルマガで改めて経営の難しさを感じました。

  • 名無しさん2010/09/29

    武富士のニュースは私も見てすごく驚きました。

    あれだけCM流していて流行っているイメージがあったのですが・・・

    ほんと時代の流れというものは恐ろしいですね。

    それを肌で感じ、しっかりとついていかないといけませんね。

  • 名無しさん2010/09/29

    武富士は破綻したんですか?

    知らなかったです。

    あまり自分はニュースみないので。

    これは驚きですね。本当に明日は我が身。

    我が社も気を引き締めて再度見直し必要です。

    これがきっとチャンスかもしれません。