経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

歯医者で学んだホスピタリィティの極意

2010/09/22




■■  歯医者で学んだホスピタリィティの極意
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 
 

 
 数年前に久しぶりに歯医者に行くことになり、
 
 どこがいいだろうと、ネットで評判を検索してみた。
 
 
 ダントツ1位で「根尾歯科」が検索された。
 
 
 早速評判の根尾歯科に行ったが、いったいどこが良いのか、(・_・?)ハテ?
 
 小綺麗で設備もきちんとされていて、受付の応対もいいし、
 
 別にこれといって悪いところは確かにない。
 
 
 だがダントツ1位になる”理由”は見当たらなかった。
 
 当然、僕はこのことを社内でも話したのでよく覚えている。
 
 
 
 
 それから数年経過し、すっかり忘れた現在、
 
 たまたま近所に引っ越したので、再び根尾歯科にいくことになった。
 
 特に何も意識せず。。
 
 
 普段、僕のアンテナはドコモショップに行っても、
 
 取引先に電話をかけても、家族でレストランで食事をしても、
 
 何らかのコメントを事あるごとに、周囲に話す習慣があるので、
 
 非常に敏感である。
 
 
 
 しかし、根尾歯科は数回通うまで全く気づかなかった。
 
 
 そう、よく見ると、いつもマスクを掛けている女性がフロントの清算時に、
 
 窓口の方と僕が清算を終えて、
 
 門を出るまでそこに立っているではないか。m(._.)m ペコッ
 
 
 最初は特に意識してなかったが、毎回出て来られるので、
 
 見送りをされていることにようやく気づいた。( ゜o゜)ハッ
 
 
 
 1つ気づくと不思議なもので、次々に心遣いが見えてくる。
 
 
 この方と、行き帰りアイコンタクトで挨拶を交すようにもなった。
 
 普段マスクをされていて目元しか見えないが、いつも笑顔で感じがいい。
 
 
 
 何気なく、担当でなくても、
 
 
 「具合はどうですか?
 
 また何かありましたら私宛に電話を下さいね」
 
 
 と一声掛けて下さる。
 
 
 
 ここは歯科医だが、まさに僕という個人を出迎え、見送りをしてくれている。
 
 歯医者に行き、心が癒される思いをしたのは根尾歯科だけである。
 
 
 
 
 なるほど・・
 
 これも人気NO1の要因か・・
 
 
 
 と今更ながら思うのであった。
 
 
 
 
 やはり流行るには、流行るだけの”理由”があり、
 
 流行らない場合は、流行らない”原因”が必ず存在する。
 
 
 どんな業種であろうとも、それは同じだ。
 
 
 
 
 
 後にこの方が院長婦人と知ったが、
 
 その前日にあるお店で社員と昼食会を行った。
 
 1人3000円で昼食にしては豪華である。
 
 
 予約も入れてあったが、誰も出迎えず見送りもしない。
 
 帰りはお客様は自分達以外いなかったが・・・
 
 
 食事は景色の良いテラス。

 店員さん達は皿を下げに来るだけで、 誰も途中見に来られなかった。
 
 仕方なく自分達で勝手にケースから小皿を取り出し、配ったり、
 
 お箸を勝手に取り出したりしたが、追加の注文も聞きに来ない。
 
 
 どうぞ、ご自由に・・
 
 
 の方針かもしれないが、料理も含め説明が一切ない。
 
 知り合いの紹介で行ったのに、とても残念である。
 
 
 
 
 この身近な2つの体験を元に、僕は社内で気勢をあげた。
 
 
 
 「ありがとうございます!
 
 に心を乗せて言おう!
 
 大口の初受注に対し、お礼に伺おう!」
 
 
 
 他社よりも1つでも多く何か改善しなければ、
 
 お客様数が有限である以上、必ず客数は減る。

 
 何か1つでも・・
 
 
 毎日のこの気持ちが数年後には大きな差に変わる。
 
 黒字経営に必殺技は存在しない。
 
 
 +1の積み重ねである。




規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2019/06/08

    病院とか、特にお客様マインドを勉強したほうがいい

    業種だなと思います。

    不愛想で、話を聞いてくれないとか、そういうところは

    2度と行きたいとは思わないです。

    作業じゃなくて、購買には何か目的があり、お客様の人生ドラマが詰まってます。

    そういうところに目がいく販売員のいる会社に出会いたいと

    クライアントは思っていると思います。

    お客様の気持ちを大切にできる人に自分もなりたいなと思いました。

  • 名無しさん2016/09/28

    些細なことでもお客様は見ている。+αの積み重ねが他社のと大きな差に

    繋がっていくのだと恐ろしくなりました。電話の応答、対応の早さや、

    声のトーンの感じ、など小さな小さなことでも気になるところはあるは

    ずです。その一つ一つを意識していかないと、お客様が離れていってし

    まったりしてしまうので意識していきます。根尾歯科さんに一度行って

    みたいと思いました。

  • 名無しさん2015/09/22

    同じ業種でもまったく同じにはならない。必ずやり方も違えば考え方も方向性も違う。

    その差が、はやる店、はやらない店へとかわっていくと思う。

    必ずどこかで、分岐点が現れていて、進む選択を間違えてしまうことで、

    だんだんと廃れてしまったり、伸びていったりするんだと思います。

    はやる店は、それなりに努力もしているし、意識も全然ちがうと思います。

  • 名無しさん2015/09/20

    流行っているには流行っている理由がちゃんとあるし、

    流行っていない所にはそれ相応の原因があるということですね。

    おそらく流行っている所はそういった細かな気遣いであったり

    サービスであったりを気にかけていると思いますが、

    流行っていないところはその原因すら判っていないのではないかと思いました。

  • 名無しさん2014/08/20

    「+1の積み重ね」

    いい言葉だなーって思いました。日々の目標にしてみようって思います。

    感謝を伝えることって、相手からすると、そこに心がこもっているのかそうでないのかって分かりますよね。

    他社よりも1つでも多く改善というのも本当にそうだと思います。

    商品は今どこも大差なく、価値を出すのはやっぱり+αの部分。

    改善できないということは絶対にないので、日ごろから意識していこうと思いました。

  • 名無しさん2013/07/05

    常に何か改善すべき点がないか、取り入れる点がないのかアンテナを張り続けるということは本当に大切な事だと思います。うまく行く事、うまくいかない事いろいろとあると思いますが、ひとつひとつ積み重ねていくことでより洗練されていくものなのだと思います。そうやって他社との差をつけていかなければいけない。

  • 名無しさん2010/12/22

    流行っているお店は、それなりの理由があるんですね。

    そのもほかとのちょっとした差から生まれているんだと思います。

  • 名無しさん2010/12/22

    何かひとつでもという気持ちをもたないと

    変えていけないですね。

    確かにその差は大きそうです。

  • 名無しさん2010/09/25

    飲食店の方がサービス業なのに、

    歯医者さんの方が素晴らしい

    サービスセールスしてますね・・・苦笑

    病院というのは不安が募る場所ですが、

    癒されて帰れるなんて嬉しいですね。

  • 名無しさん2010/09/24

    お客様に対して、感謝の気持ちを忘れては、

    経営も長続きしませんね。

    些細な事であっても、1言のお礼であっても、

    凄く嬉しかったりしますね。

    ホスピタリィティを忘れず、1人1人のお客様に対して、

    接していかなくてはいけないと感じました。

  • 名無しさん2010/09/24

    歯医者さんで見送りってあまり経験がないな〜。

    大体受付の人がお大事に〜という程度…。

    歯医者さんは先生の腕のクチコミで選ぶことが多いけど、

    友人は看護婦さんがかわいいかで選ぶ。

    何を基準に選ぶかは人それぞれですが、

    他と違う何かで決めていることには間違いないです。

  • 名無しさん2010/09/24

    店の良さに気付かせないということはそれだけさりげなく

    当たり前に出来ているのでしょうね。見せつけるようなやり方より好感が持てて本当のホスピタリティがないとなかなかできないですね。

  • 名無しさん2010/09/23

    ちょっした気遣いや何気ないことでも、お客さんにとっては大きかったりすることはありますね。

    自分もこういった電波をキャッチしてまた、発信できるようにならないといけないなと感じました。

  • 名無しさん2010/09/22

    お客様は有限で何もしなければどんどん減っていってしまう、

    まさにその通りですよね。お客様がほっといても来て貰えるなんて思わずに

    ホスピタリティを忘れずに接客していかなければいけませんね。

  • 名無しさん2010/09/22

    ナンバー1になるにはなるだけの何かがあるのですね。

    私もお客様を相手にする商売をしている以上は、

    お客様に対してしっかりと感謝出来るようにならないといけないと改めて感じました。

  • 名無しさん2010/09/22

    お客様には確かに「ありがとう誠心」大事ですね。

    何事にも気持ちを込めていれば、

    いつか相手にも伝わるし、

    態度にもあらわしていかないといけませんね。

    自分ではちょっとした事と思ってることでも、

    周りの方にはすごく影響されることも多々あります。

    自分も気をつけます。







  • 名無しさん2010/09/22

    ちょっとした心遣いが、人それぞれの気持ちを

    変えてくれるもんですね。

    自分も誰かに影響与えれるような接客をじていきたいです。

  • 名無しさん2010/09/22

    当たり前に、小さな気遣いやさりげない親切をされてしまうとなかなか気づけないかもしれませんね。

    それにしても、歯医者さんでお見送りとは・・・

    逆に、飲食店で全くサービスが行き届いてないというのはどうしてなんでしょう。

    お客さんが来て当たり前と思っているんですかね?