経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

社風を変えて業績を上げる

2010/09/01

 
 
 
■■  社風を変えて業績を上げる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
黒字の会社と赤字の会社、いったい何が違うのだろうか?
 
 
 
田舎の零細企業でもやる気とやり方次第では、黒字を継続出来る!
 
 
その体験談をこうしてお伝えすることにより、

皆さんの何かヒントになればという思いと、
 
自分自身の考えを再度まとめることにより、軸がぶれなくなり、
 
本当に僕が一番学びになる。
 
 
実際今年の良い成功体験も、来年には忘れたり、
 
ついつい変えてしまったために、苦戦することも多い。
 
人は悪い癖は一時の反省で修正しても、また元に戻るものだ。
 
 
 
 
さて、今日のテーマは「社風改善方法」
 
それぞれの家庭には暗黙のルールがあるように、会社にも同じように、
 
紙には書いてないがルール、規律が存在する。
 
 
この暗黙のルール、社風は社長の考え方に最も影響を受け創られるが、
 
恐ろしいことに徐々に変化を遂げ、その変化になかなか気づかない場合が多い。
 
知らず知らずの癖が習慣化していくのだ。
 
 
例えば、締め切りを決めてレポート提出を社員全員に伝達したとしよう。
 
黒字の会社は全員その締め切りを守るが、赤字の会社は何名か出してこない。
 
こんな事例は数多くあるはずだ。
 
 
 
では、何故黒字の会社はできるのに、
 
赤字の会社は出来ないのか??
 
 
 
ダメな社員が原因で、あいつはいつもこうだ!
 
 
と思われがちだが、それは違う。
 
締め切りが遅れがちな社員でも、海外旅行の出国時間は遅れない。
 
 
 
この違いは何だろう・・
 
 
 
それは飛行機は待ってくれないからである。 
 
 
言い訳が一切通用しないからだ。
 
 
 
赤字の会社は何でも「なぁなぁ」で終わる。
 
厳しくしかりつけはしても、結局は許しているのだ。
 
 
 
少し過激な言葉になるが、打ち首なら何が何でも守るはず。
 
いいや、少なくてもやる前にできないことはできないと真剣に言ってくるだろう。
 
 
やると言うが、ついついしない・・
 
 
この程度ならいいだろう・・
 
 
と手を抜く。
 
 
それをリスクと思えない社員が1人でも出て来ることが、
 
悪い社風となり蝕んでいく。
 
 
 
 
良い社風つくりの仕組みはいくつもあるが、
 
その前に、社長が確固たる姿勢で臨むことが大事だ。
 
 
指示を一度出したら必ずやらせる。
 
 
規律を必ず守らせる。
 
 
違反やミスを許さない!
 
 
この様なことを守らせることが、黒字会社の社風を創るのだ。
 
 
 
その上で社員同士話し合ったり、
 
決めたり、改善したりする場を設けていけば、
 
社員自らが考え、動き、チェックし、数字を気にして意見する。
 
そんな第二ステップを踏めるのだ。
 
 
 
 
 
繰り返し述べよう!
 
 
赤字会社の社風は甘い!!
 
 
イライラし激怒し壁を叩く社長というのは厳しいのではない。
 
そういう行為は幼稚でうるさいだけだ。
 
 
厳しいと言うのは、
 
社会の法則通り待ったなしのことをいう。
 
 
言い分も聞かないし、
 
話し合いも無い。
 
 
絶対にやってもらう!
 
 
守ってもらう!
 
 
言わなくても実行するのが当然だという雰囲気を創る。
 
これこそが黒字に転じる社風改革である。
 
 
 
 
 
 
飲酒運転に関する罰則が厳しくなった。
 
その途端に代行業者を利用する人が増え、飲酒運転は激減した。
 
 
この様に何も怒らなくても改善されるのだ。
 
改善されないのは、規律が甘いからである。
 
やいやい言わないとしないのは、言ってからすれば許されるからだ。
 
 
 
 
赤字から黒字に変える、いわゆる儲かる会社にするには、
 
社風改善が欠かせない。
 
 
 
その社風改善の特効薬がトップの決意である。
 
 
道具も技術も何も必要が無い。
 
 
今、この瞬間から出来るのだ。
 
 
必要なのは、あなた1人の決意だけ。
 
 
倒産すれば誰も待ってくれない。
 
 
 
社会は実に厳しい。
 
厳しいから必死になれるのだ。



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/04/27

    言い訳が通じない。

    こういう状況だったら、やっぱりちゃんとやるのでしょうね。

    最初から分かっていたらと思うこともありますが、それも言い訳ですね。

    ちゃんと期日や約束を守れるような人になりたいです。

    毎日意識していけるように頑張ります。



  • 名無しさん2015/09/28

    社風にもいろんな社風があると思いますが、

    決めたことをきちんと稼動させていけるような社風だと

    会社もよく回るようになり、強い会社になっていくし、

    どこかで甘えがでてしまうとだんだんとゆるい社風になってしまう。

    みんなメリハリのあるいい社風をつくっていけばいいですね。

  • 名無しさん2015/08/26

    会社の規律が緩いから社風も緩くなるというのは当てはまっていると思います。

    ずっと1日中張り詰めた雰囲気の中で仕事をすることはかなり大変ですが、

    緩みっぱなしの職場でもやはりうまくいかないと思います。

    トップがしっかりとした意思を持ち、会社の規律をつくっていき、

    締めるところはびしっと締めるような会社にしていかなければいけないと思いました。

  • 名無しさん2013/12/25

    会社も個人もどうすればより理想に近づけるか、気持ちではなくてやり方を考えていかなければいけない。自分自身を追い込むものを自分で作ることが出来るようになればより自分をコントロールすることが出来るようになるのだと思う。そういうセルフマネジメントを身につけていく事が出来るようになれば自分の人生も大きく変わっていくのだと思う。

  • 名無しさん2013/04/27

    ペナルティを厳しくすればルールを守ろうとするのは当然です。

    会社を運営する上でも当然そうなのですがやっぱり社員が離れるのではないかと思い、なかなか実行には移せません。その弱気が赤字につながっているのですね。暗黙のルールをしっかり明確化することから始めようと思います。

  • 名無しさん2012/09/15

    確かに黒字の会社と赤字の会社ではラインの引き方というものがまったく違うのかもしれない。会社の規律というものは、やはりトップの決意次第なのかも知れない。確かに普段の言動から社長の決意が伝わっていき、社風が作られていくのだと思う。

  • 名無しさん2010/12/14

    赤字の会社はまだまだ黒字の会社よりも甘い部分が多く

    できることはもっとありそうです。

  • 名無しさん2010/12/14

    社風は社員ひとりひとりによっても変えていけるし、

    変わることで、まだまだ伸びていけると思います。

  • 名無しさん2010/09/14

    人は悪い癖は一時の反省で修正しても、また元に戻るものだ。

    ・・・・・

    つい先日お得意様から丁寧なお礼状をいただきありがとうと言われました。

    実は最近お礼状を出すのを怠っていました。反省しております!

  • 名無しさん2010/09/08

    「やいやい言わないとしないのは、

    言ってからすれば許されるからだ。」

    まさに自分のことを言われているようで

    グサっときました・・・汗

    自分に厳しくなりたい・・・涙



  • 名無しさん2010/09/02

    飲酒運転はいい例ですね。

    罰則は厳しいですが、確かに飲酒運転は減りました。

    無理してでもそういうルールというのが必要なのかもしれませんね。

  • 名無しさん2010/09/02

    社風にしても体質にしても、

    一度しみついてしまった習慣を変えるというのは難しいことです。

    ただ赤字体質だけは、何を持ってしても脱却せねばなりませんね。

  • 名無しさん2010/09/02

    「締め切りが遅れがちな社員でも、海外旅行の出国時間は遅れない。」

    本当、その通りですね。

    どこかで勝手に自分で基準をつけて、やれば出来るものでも、

    無理と決め付けているのかもしれませんね。

    このままではまずいという気持ちにさせる厳しい社風って必要ですね。

  • 名無しさん2010/09/02

    甘い環境でいると何でも許されそうで、だらだらしてしまいそうですね。

    私の勤務している会社は独特の社風があるので、キビキビ仕事が出来るのかもしれません。

  • 名無しさん2010/09/01

    赤字の会社は何故赤字になるのか気がついてないのでしょう。

    まさか、それが社風と関わりをもってるとは、

    勤務してる者誰もがもしかして気が付いてないのでは、

    なかろうか。社風にも厳しさが時には必要です。

  • 名無しさん2010/09/01

    うちの会社もよその会社と違ってかなり厳しいと思われます。

    たぶんですが、規則の甘い会社にいた方が、

    うちの会社に来てもきっともたないでしょう。って思うくらいに。

    規則あるからこそ、上手く回ってる事もあるので、

    社風というのはその会社によって必要不可欠かもしれません。



  • 名無しさん2010/09/01

    社風はすごく大事なんだと思いました。

    その社風が決まってしまうとなかなか変えることは難しいと思います。

    厳しさが必要になってきますね

  • 名無しさん2010/09/01

    赤字の会社はそれだけの甘さがあるんだと思います。

    黒字に変えるためにも社風の改善は

    絶対必要なことだと思います。

  • 名無しさん2010/09/01

    その体験談をこうしてお伝えすることにより、

    さんの何かヒントになればという思いと、

    ・・・・・

    本当にありがたいです。わが社はよい方向に少しずつ変化しつつあります!

  • 名無しさん2010/09/01

    会社のトップである社長の考え方がいかに大切かよく分かりました。

    社風改善のための努力を怠らずにこれからも励みます。

  • 名無しさん2010/09/01

    社風というものを今まであまり意識していませんでしたが

    今回のメルマガを読んで、社風がいかに大切か改めて考えさせられました。

    良い社風作りというのはとても重要な事なのですね。