経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

決算を何月にするかで経営が変わる

2010/06/18


 
 
 
■■   決算を何月にするかで経営が変わる
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
 
 
弊社の決算日は7月である。
 
 
通常会社の決算は3月だが、その理由は株式上場企業が3月だからだ。
 
それで右に習えと昔は3月決算にする会社が多かった。
 
しかしこれは古い慣習で、近年中小企業では3月決算でない会社も増えてきた。
 
 
小さい会社は会計事務所さんが一番忙しい3月に決算をするのは不利である。
 
適当にされないまでも、心底丁寧に+親切にとまではいかない。
 
 
ろくなアドバイスも貰えず、手間を掛けてくれなくなるのが当然だ。
 
とにかく期限重視の仕事になるので、下手をすると莫大な損失を気づけない。
 
ということで決算は弊社は7月にしているが、3月前後の会社は変えるべきである。
 
 
 
7月にするのにはまだ理由もある。
 
例年黒字であれば慰安旅行に8月に行く。
 
8月にするのは子供を同伴させたいからでもある。
 
 
8月前月に決算だと、旅行決定を最終黒字かどうかで判断が出来るのと、
 
賞与&決算賞与を出すのに決算が7月だと時期的に都合がよい。
 
 
多くの会社が決算前に黒字だと何かないかと設備投資に走るが、
 
弊社は賞与で還元する。
 
 
僕の給料は利益が出ても上げないし、最終利益をいくらにするかも最初に決めてある。
 
経常利益率は10%、当期純利益(最終利益)は・・・円。
 
残りが決算賞与だ。
 
 
 
儲からない会社の考え方は皆同じだ。
 
 
利益が欲しくて値引きをするのではなく、売り上げが下がったので値引きをする。
 
値引きをすれば、当然「数」をさばかなければ利益が出ないのだが、
 
そんな計算はまるでない。
 
 
必要な利益計算がないので、必要な売り上げ(個数×単価)が出てこない。
 
計算のない戦略で勝てるほどワールドカップも経営も甘くはない。
 
 
 
M&A(会社の合併・買収)で経営者が変わり急激に黒字化するケースが頻繁に見られるが、
 
これは殆どが単純な算数を知っていたか、知らなかったのかに過ぎない。
 
 
そもそも売り上げがあるなら、それ以下に経費を抑えたら黒字なのだ。
 
特別難しいことではない。
 
 
 
今あなたの会社が赤字であれば、何をどうすれば良いのか?
 
知らないに過ぎない。
 
あちこちのニュースで社長が交代し、1年〜3年で黒字化している。
 
この事実を客観的に見て欲しい。
 
自社が赤字なのは、社長がやり方を知らないだけなのだ。
 
 
 
ではどうすれば良いのか?
 
手前味噌で申し訳ないが、過去のメルマガを見て頂きたい。
 
 
そこには学者の空理空論や、大成功した手の届かない戦略は1つもない。
 
全て弊社が実際に行っているやり方である。
 
 
田舎の中小零細企業で、高卒でしかない僕が出来るのだから、
 
あなたでもその気になれば簡単に出来ることばかりである。
 
 
経営と人生はやる気とやり方次第だが、
 
やる気さえあれば、今の時代は情報は多すぎるくらいに溢れている。
 
 
 
 
 
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2013/09/07

    確かに社長が入れ替わる事で赤字から黒字に変わる事例は事欠きませんが、そういう事例があってもいざ自分の立場の段になると、自社においてはそれは関係ないように思えてくるのが不思議。自分の考え方や習慣を一度どこかへ置いて考え直す事が出来るようにならなければ新しい戦略や発想は出てこないのかも知れない。

  • 名無しさん2010/06/30

    先日テレビで、外国企業のCEOはなぜ日本の一流企業の社長に比べて報酬が高いのかをやっていました。

    外国ではいわゆる「経営のプロ」が社長をやるそうで、日本では経営のプロとは聞いたことがないし、自分の会社の中でのし上がっていって社長になるもんだと思ってました。

    自分の会社は零細も零細だけど、自分が経営のプロになっていかないといけないなと痛感しました。

  • 名無しさん2010/06/30

    今苦労しているだけに、本当に決算の月を変えるだけでそんなにメリットがあるのか、眉唾物です。

    今まで経理事務所さんには、帳簿の処理しかしてもらってないが、特に得になったアドバイスをもらった覚えがない。

    決算を変えるというより、経理事務所を変えたくなりました。

  • 名無しさん2010/06/21

    当社は決算日を、会計士さんと相談して、1月にしました。

    よく考えて決めてよかったと思いました。

    会社は儲かっても、社員に賞与は出し惜しみする会社が増えている中で、そのように羽振りがいい会社があるのだと思うと、頑張らなくてはと思いますね。

  • 名無しさん2010/06/21

    確かに年末や年度末が決算の会社が多いように思いますね。

    会計事務所も忙しいから夏の方が相談等もじっくり出来るかも知れませんね。

    当社も3月決算なので一度見直して見ます。

  • 名無しさん2010/06/21

    比較的他の月に比べ暇な時期で、在庫を計算しやすいという理由から当社は6月にしています。

    決算報告会は盆明けです。

    決算賞与を出す景気のいい話もやれたらよいのですが、なかなか難しいものです。

  • 名無しさん2010/06/19

    実際に行っていることだから、

    よりわかりやすく具体性もあるんだと思います。

    今一度メルマガの読み返して参考にさせて頂きたいです。

  • 名無しさん2010/06/19

    高橋さんの経営方針ってすごいですね。

    我が社も見習いていものです。

    決算は3月だと思ってた我が社のやり方もまずかったです。

    少し見直しが必要だと感じました。

    ありがとうございました。

  • 名無しさん2010/06/18

    高橋さんのメルマガを1年程前から読ませて頂いており

    我が社でも様々な事を取り入れてきました。

    おかげで社内の雰囲気が変わってきました。

    これも高橋さんのメルマガのおかげです、ありがとうございます。

  • 名無しさん2010/06/18

    何かの決まりで決算は3月にやると決まっている訳ではないんですね。

    あまり詳しく知らなかったのでとても参考になりました。

  • 名無しさん2010/06/18

    何かの決まりで決算は3月にやると決まっている訳ではないんですね。

    あまり詳しく知らなかったのでとても参考になりました。

  • 名無しさん2010/06/18

    ではどうすれば良いのか?

    手前味噌で申し訳ないが、過去のメルマガを見て頂きたい。

    ・・・・・

    お蔭様で当社は今年度は1月から5月まで

    前年比増益になりました。

    恐らく6月も上回ると思います。本当にあ

    りがとうございます!