経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

元気こそ儲かる経営の在り方である。

2010/05/12








■■   元気こそ儲かる経営の在り方である。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
 
 
ビジネスとプライベートはイコールである!
 
 
 
これが僕の口癖だ。
 
 
 
仕事の指導では身近なプライベートを事例に挙げて、
 
逆にプライベートの話ではビジネスの事例を挙げて、
 
仕事観を一緒に共有する。
 
 
 
人は2種類のタイプしか存在しない。
 
 
 
仕事重視に生きる人か、
 
私生活を一番に掲げる人かである。
 
 
 
どちらも表裏一体で、ビジネスタイムが存在しない限り、
 
プライベートタイムも存在しようが無い。
 
 
 
ビジネスタイムが無ければ24時間、
 
プライベートタイムに変わるからだ。
 
 
 
だからくっ付けて話をする。
 
どちらかが破綻すれば、引きずられて共にやる気は下がる。
 
逆にどちらかで意欲的になれば、
 
やはり同時にもう片方の時間の意欲も上がる。
 
 
 
 
 
 
仕事でも人生でも上手くいっている方の共通点は、
 
世代を問わず意欲的なことである。
 
 
 
意欲的かどうかは見た目では分かりにくいので、
 
分かりやすくいえば元気である。
 
★ヽ(~o~ ;(^ヘ ^;川ゝ!ハハハ〜
 
 
 
上手くいかない人に聞くと、
 
 
「上手くいってないから元気がでない・・」
 
 
というが、本当に成功(幸せ)を成し遂げる人というのは、
 
逆境でも元気である。
 
 
 
都合が良い時に元気なのは当たり前で、
 
上手くいってて元気がでないのならば、
 
それはもはや「うつ病」である。
 
 
 
上手くいく人も、上手くいかない人も、
 
唯一の共通点は、長い人生の中で逆境や困難に出くわすことだ。
 
何もトラブルのない人生など存在しない。
 
 
 
いやいや、多くの幸せ(成功)を望む人ほど、
 
その目標目的が高い人ほど、
 
逆境や困難、上手くいかない壁に出くわす機会がむしろ多い。
 
上手くいかない人は、その辺りが理解出来ていない。
 
 
 
ビジネスの世界も同じである。
 
 
多くを望むものは、
 
超えなければいけない壁が何重にも立ちはだかる。
 
 
 
年間100件契約を取り、
 
年収500万を貰おうとする人と、
 
年間20件しか契約しようとせず、
 
年収は最低賃金の300万で良いと思う人と比較すれば、
 
当然多くを得ようとする人は、
 
努力する時間、悩む時間、困難に出くわす回数などが多くなる。
 
 
 
そんなことは当たり前ではあるが、
 
人生でも仕事でも上手くいかない人というのは、
 
自分だけがこれだけ努力したのに、これだけしか貰えない・・
 
と愚痴を吐き、もっと大変な思いをしている人を見ようとはしない。
 
 
 
目先にあるのは自分の周りに居る人だけで、
 
班やチームや会社など、井の中で比較し嘆くのだ。
 
 
 
まさに「井の中の蛙、大海を知らず」である。
 
 
 
だから家族であれ、
 
 
会社であれ、
 
 
コミニティのチームであれ、
 
 
人の上に立つものは、
 
最低のスキルとして元気でなくてはならない!
 
 
 
スキルとしてというのは、
 
元気がいいと言うことは、上に立つ人として必須のスキルである。
 
 
 
日常元気のない人と話をすると、
 
その考え方は幼稚で、生き方は子供そのものである。
 
 
 
そういう人には人の上に立つポリシーは存在しない。
 
自分に都合が良いかどうかで元気のある、なしが変わるのだ。
 
 
 
元気のない親と元気の良い親がいた場合に、
 
どちらの子供が意欲的に、
 
創造的に、
 
明るく、
 
素直に育つのか?
 
理由を書く必要もなくわかることだ。
 
 
 
それと同様に、会社で上司が暗いというのは最悪だ。
 
暗く元気がない人に質問したい。
 
 
 
その原因は何ですか??(・_・?)
 
 
 
こういう人は明るい人は、いつも幸せで悩みが無く、
 
前向きで問題が出ない。
 
そう思っているか、
 
または根っからこの人は元気なんだと思い込んでいる。
 
 
 
しかしそれは大きな勘違いだ。
 
 
 
明るく元気な人というのは、
 
自分のためか、人のためかは別として、
 
 
明るくしよう!
 
 
元気に振舞おう!
 
 
みんなに何かを与えよう!
 
 
としているだけだ。
 
 
 
僕と初めて公式に面談された方は、その殆どが泣かれる。
 
稀に泣かない人もいるが、その場合は根っから暗い人が多い。
 
 
芸能界でもそうだが、
 
売れている人ほど明るく、元気で、泣き虫ではなかろうか。
 
 
 
気づいて欲しい・・
 
 
 
明るい人、元気な人というのは、
 
意図的に自分を奮起させ、辛く悲しいことがあっても、
 
 
明るくしよう!
 
 
元気にしよう!
 
 
としているに過ぎないということを。。
 
 
 
何のために??
 
 
 
その方が周りを幸せにできることを知っているからさ・・
 
 
 
あなたがまだ幼く、子供であれば人に甘えて、
 
 
いつもと同じ表情で、
 
 
他の方と同じ様な声の大きさで、
 
 
普通にしていれば良いだろう。。
 
 
しかしあなたがもし親であるならば、
 
 
あるいは上司であるならば、
 
 
明るく元気で無くては成らない!
 
 
 
少なくともそれが最低限の親として、
 
人の上に立つものとしての務めだからだ。
 
 
 
人の上に立つというのは、役職やバッジのことではない。
 
 
自分の生き方、その姿勢である。
 
 
 
家庭をもった人は、その時の初心を思い出して欲しい・・
 
 
会社員の方は創業した頃や、入社した当時を思い出してくれ・・
 
 
きっとその時のあなたの目は今よりも光り輝き、
 
表情は明るく、元気だったはずだ。
 
 
 
そしてその胸は希望に満ちていたことだろう。。
 
 
 
長い時間を費やし、いつのまにかマンネリ化し、
 
気が付くと老いてしまった人がいたら、声を掛けてあげてくれ!
 
 
 
今のままで満足かと・・
 
 
 
今の自分の顔を鏡で見てみろと・・
 
 
 
このままでいいと言うならば、一生その表情で、
 
 
その態度で生きろ!
 
 
 
しかし、もしまだ昔の頃のお前の魂が少しでも残っているならば、
 
一緒に頑張ろう!
 
って・・
 
 
 
親でも上司でも、そうでなかろうとも、
 
 
誰かを幸せにしようと思うならば、元気こそ最大の必須要因なのだ。
 
 
 
 
 
 
少なくとも僕はどんな逆境でもファイティングポーズを下ろしたことは無い。
 
 
 
そして僕が出来ることは、あなたでも出来るはずだ。
 
 
 
 
 
 
元気こそ儲かる経営の在り方であり、
 
 
大切な人を幸せにするための必須条件である。
 
 
 



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/05/25

    元気とか一番苦手です。

    元気でもあまり表に出さないタイプです。

    自分の家の犬を見るといつも元気でこういう風に表現できたら、幸せだなっていつも思います。

    何も表現だけが全てではないと思うので、肯定的な言葉であったりそういったのを心がけていきたいです。

    でも笑顔だったほうが気持ちがいいと思うので、そっちも心がけます。

  • 名無しさん2015/07/10

    明るくしているだけで人は集まってくる。

    いつもよりちょっと意識してみようと思います。

    暗いよりは、明るいほうがいいのは、わかっていてもなかなかできるものではない。

    普段から明るい人も意識しているからそうなったのだと思う。

    明るく元気で過ごしていきたいですね。

  • 名無しさん2013/11/05

    仕事にしてもプライベートにおいてもどういう姿勢を貫くのかというのは決意に他ならないのだと思う。どんな逆境や苦難の中でも自分を奮い立たせて明るく前向きな姿勢で取り組めるかどうかというのは自分自身が決めてコントロール出来るようにならないといけない。そういう意味で元気さ、体力を含めて何気ない日々の生活の中でも自分自身をコントロール出来るようにしていかないといけない。

  • 名無しさん2013/08/21

    自分自身や家族を含めてどういう状態になりたいのか、どういう状態を目指すのかを明確にしていくのが大事なのだと思う。その為には自分自身が常に元気にふるまうことも大事だし、そういう努力をしなければいけない必要性も出てくるのだと思う。そういうスキルを身につけていく為には、自分自身を含めて客観的に見れるようにならないといけないのかも知れない。

  • 名無しさん2010/08/14

    いつも元気な人は自然と周りを明るくするし、人も集まってきますね。それだけで十分に特技のような気がします。明るい人と暗い人どっちかいいかと聞かれても当然、明るい人のほうがいいのは決まっているし、自分もそうしたほうがいいのはわかっていますが、なかなかできてないですね。ただ単にいいことがあったから明るくなるとかではなく、どんなときにでも明るく振舞えるように自分もコントロールしていきたいです。周りにもいつも明るく元気は人がいますが、それは毎日自分で意識をしていたんだなと思います。またその明るさから自分たちも元気をもらえることもあるので、本当にすごいことだと思います。よく元気だけが取り柄ですといわれる方もいますが、それだけでもすばらしいことなんだと改めて感じました。

  • 名無しさん2010/06/03

    今まで私は勘違いしてたなと気付いた。

    いつも明るく元気な人は悩みや苦労などなく楽しそうでいいなと思っていた。

    でも確かにそういう人程辛い過去があったりすることもある。

    私の中でこのメルマガがすごく心に響いた。

    辛い時こそ笑顔で元気を出して頑張ろうと思った。

  • 名無しさん2010/05/22

    いま状況は苦境になってます。

    でも、心だけは元気でいられるようにしようと思いました。

  • 名無しさん2010/05/22

    仕事とプライベートはイコールだというフレーズが、高橋さんのメルマガでよく見かけます。

    正直言って、別物だと思っているし、理解できなかったけれども、毎日届く高橋さんのメルマガを読むうちに、仕事と私生活は通じていることが少し理解できるようになって来ました。

  • 名無しさん2010/05/14

    少なくとも僕はどんな逆境でもファイティングポーズを下ろしたことは無い。



    私は下ろしっぱなしだなと思いました。恥ずかしいです。

    元気が一番ですね。

  • 名無しさん2010/05/14

    経営者は結構、ガン飛ばしたり、ドッシリ座ってるか、ガーガーという人が多い。

    それでは、下に居るものが動かなくもなるし、やるべきこともやらなくなる。

    それと同様に経営者が明るくいれば、

    社員も明るく、社内も明るくあるはず。

    親の背中を見て子は育つ。ですね。

  • 名無しさん2010/05/14

    確かに親でも経営者でも暗いのは最悪です。

    その中で育ってしまうと本当に根暗になりがち。

    自分も親になった時、

    子供を根暗にさせないよう、

    いつもと変わりなく元気で振舞えたらな〜って思います。

  • 名無しさん2010/05/14

    常に明るく振舞っている人をみるとすごいなーと思います。

    明るくしようと思ってもやっぱり辛いことがあると気持ちが負けてしまいます。

    普通に留めるのが精一杯です。

  • 名無しさん2010/05/13

    人に元気を与えられる人ってすごいですよね。

    自分も誰かに元気を与えてあげられるといいな〜♪O(^▽^* 三 *^▽^)O♪

  • 名無しさん2010/05/13

    元気でないと志気が下がります。

    まずは自分が健康であるように過ごしたいと思います。

  • 名無しさん2010/05/13

    私は母親と「我が家は元気がトリエだね」とよく話をします。

    結構、近所からも悩みも無さそうで・・家族中が元気ね〜とか言われるので、よほど元気そうに見えるのでしょうね。

    悩み事が全くない訳でもないですが、暗く沈んでいても、何も変わらないし、自然に元気にしてます。

    お陰で、子供はもちろん、飼っている犬まで、元気です。

    メルマガを読んで、これからも元気で居続けようと思いました。

  • 名無しさん2010/05/13

    母親は家庭の太陽でなくちゃダメ!と分かっていながらもそう出来てない時もあります。

    メルマガを読んで子供への影響を再確認しました。

    笑うかどには福来る!頑張ります。

  • 名無しさん2010/05/13

    元気がスキルと考えた事は無かったです。

    暗いより明るい方がいいのは誰でも分かっていることです。

    しかしこの分かっている事も毎日継続できているかと言われると疑問です。

    経営者として常に元気に明るく居なければいけないと初心に戻りました。

  • 名無しさん2010/05/13

    今のままで満足かと・・

    今の自分の顔を鏡で見てみろと・・

    ・・・・・

    近くに私と同じような環境で個人で経営さ

    れている方がいますが、いつ見ても暗い顔

    をされています。

    私もあんな顔をしていてはいけないといつ

    も思います!



  • 名無しさん2010/05/12

    明るくしているほうが暗いよりいいのはわかっていても常に意識していないとなかなかいられないです。

    自分でもただ毎日なにも変えずに生きていくよりは、ちょっと意識して変われることなので、変えれるようにしていきたいと思います。