経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

中小企業の会議のあり方

2010/02/13

 
 
 
 
 
 
 
■■     中小企業の会議のあり方
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
昨日の続編で中小零細企業の会議の仕方だが、
 
今日は弊社の事例を紹介したい。
 
 
・会議は毎週一回!
 
・午前10時〜13時頃まで。
 
・議題作成は社長で事前にネットで公開している。
 
・内容は会社の問題点と今後の展開や代表社員数名による講義が中心。
 
他各自の個人的なビジョンやプライベートなディスカッションなど、
 
和気藹々としたものも時間に余裕があれば含めていく。
 
 
・会議までに事前に意見をメールで求める場合と、
 
当日までの宿題とがある。目的は時短だ。
 
 
重要性の高いものは社長案を記載してあるが、
 
わざととんでもない事を記載し、反論を出させる場合もある。
 
 
昼をまたぐ場合が多いので、お茶菓子を僕が用意し出している。
 
 
そして会議の夜は食事会を経費で行う。
 
社長以下、希望者で行く。
 
 
 
時間が長引くのを防ぐための会議での決議の仕方を2つ紹介すると、
 
1つは決議を時間で行うパターン。
 
 
 
時間までディスカッションさせて、時間で決議とする。
 
メリットは修了時間が読める。
 
デメリットはディスカッション途中で切り上げるので不満が残ったり、
 
問題解決や決議に至らない状態でも決まってしまう場合がある。
 
 
 
 
もう一つは、
 
2人〜4人の少数グループに分けてディスカッションさせ各グループ事に決議させる。
 
 
その案を各グループ代表が発表し、コンセンサス(すり合わせ)をさせる。
 
この場合は一つのグループが決議したら、他のグループも途中でも修了させる。
 
それで代表者が発表となっても、不思議とまとまった話が出来るものである。
 
 
メリットは絶対に一つ以上、完成された議決があること、
 
と他のグループも急ぐし自然に早い議論を展開する様になる。
 
 
ちなみにここでいう代表者とは、適当に司会者が指名するので、
 
誰が代表かは問題ではない。
 
自分が発表者になるケースを想定し、みんな他人事でいられないのだ。
 
 
デメリットは他のグループがディスカッション中切られたり、
 
意見の遅いところは切捨てされ決議されない。
 
 
 
 
この様な会議における社長の心配事はというと、
 
決議された内容に納得がいかない。
 
つま不安である。
 
 
だから自分の思い通りに決めたいし、相談に価値を感じないのだ。
 
 
だが会議の重要なことは何かというと、
 
正しい方針や正しいことを行うための決定ではない。
 
 
正しい取り決めをしても、やらなければ意味が無い。
 
また実行していてもその段階にはレベルがある。
 
 
例えば営業ノルマで訪問件数を一ヶ月100件にしても、
 
やらされ感のある100件は、契約件数が少なく3%とすれば3件しかない。
 
 
それよりも自分達が決めた50件にし、6%達成した方が良いのだ。
 
契約件数が同様や、多少少なくても、
 
自分達で取り決め勝ち取ったお客さんは大事にするので、
 
その後のフォローが全然違ってくる。
 
 
 
それに決議事項に問題があるかどうかは、翌週見定めたら良い。
 
悪ければ訂正又は強化すればいいのだ。
 
 
 
決めても出来ないし、やらないことの方が問題である。
 
 
だから自分達で方針や実行する日、プランを決めて頂くことが大事だ。
 
 
そしてその内容が社長の意思と違っていても、
 
それで会社が倒産することがないなら、やらせてみることも大事である。
 
 
 
 
上手く行く会社と上手く行かない会社との違いを見ると、
 
社員の能力の違いよりも社長のリーダーシップの差が大きい。
 
 
そして本当のリーダーシップとは、理念と方針と戦略やルールを指示したら、
 
後は任せて行くことだ。
 
 
 
経営者が何もしないで利益を出せるならば、
 
それこそ真のリーダーシップである。
 
 
 
 
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/02/15

    会社でノルマを決めても、やらされ感は、でてしまう。

    自分たちで、決めたことのほうが、やる気にもつながるし、

    成果にも表れてくるようになると思う。

    会議も社員中心で回してくことが大事だと思いました。

  • 名無しさん2015/04/20

    いろんな方法の会議の仕方があるのだなと思いました。

    やる方には、稼動がさせないと意味がないし、

    それを見守って稼動させるように導くのも社長の役目になるのかなと

    思いました。

    任せることも必要なことなんですね。

  • 名無しさん2010/11/11

    会議をするだけでなく、会議で決まったことを仕事に取り入れるようにするのが難しいと思います。

    社員1人、1人が自覚していかないといけないですね。

  • 名無しさん2010/11/11

    細かい会議の事例をありがとうございます。

    参考にさせて頂きます。

  • 名無しさん2010/08/03

    会議は活性化しないと意味がない。この方法だとみんなが参加してることになり、デメリットもあるだろうが確実に活性化していい意見がでることだと思います。ダラダラやっていてもいけないし、急ぎすぎて雑になってしまってもいけない。そこは、やはり社長がまとめていかないといけないとは思いますが、社長の意見だけで通してしまうよりは、こうやって社員の意見がでることで会社にとってもいいし、全体によくなることだと思います。社長としては、口をはさみたくなることもあると思いますが、何事もやらせてみることが大事で、自分のそれくらいの気持ちは持ちたいと思います。ここでも書かれていますが、決まったことにたいしてもどうやって引っ張っていくか、社長としても能力が問われると思います。

  • 名無しさん2010/02/26

    人を育てることほど難しくて大変なことはないですね。

    相手が自分の思った通りに出来上がるといいのですが、相手にも意思と習慣がありそうもいかない。

    子育てと一緒だと感じました。

  • 名無しさん2010/02/20

    ・以前にテレビである企業の社長さんがうちの社員はすばらしい。社員のほうからお客さまに満足していただける為に、何度も会議を持ちたいと言ってくると話していました。会議はあらかじめ決められた日時に行われるのが大半だと思いますが、この会社は頻繁におこなっているようです。社員からそういう意見がどんどんでてくる会社はすばらしいと思いました。

  • 名無しさん2010/02/17

    大勢の前で意見をいうのはなかなかですが、少数ディスカッションだと、意見が出せていいですね。

     会議1つ取っても、いろいろ考えられていますね。

  • 名無しさん2010/02/15

    ディスカッションですか。

    なかなかいい提案ですね

    しかもお菓子まで出るんですか。

    びっくりです。

    真剣みも感じますが、少し楽でもいて欲しいっていう、高橋さんのスタンスでしょうか



    うちも真似てみましょうか。

  • 名無しさん2010/02/15

    会議というと一方的な提案や確認事項を発表して質問を問うくらいな感じですが、少数ディスカッションをするというのはいいですね。

    そうする事で全員参加型になると思います。

    とても参考になりました。おやつが出るというのもいいですね。

  • 名無しさん2010/02/15

    少数ディスカッションというのはよいアイデアですね。

    大人数だとなかなか、意見を拾うことができません。

    なにより社員さん自身に考案する機会があるというのはよいことだと思いました。

  • 名無しさん2010/02/15

    確かに自分達で仕事を作っていく、

    切り開いていくという感覚が

    責任と喜びを感じられるのかも知れないですね。

  • 名無しさん2010/02/14

    会議でもいろんな工夫ややり方があるんだと思いました。

    上からよりも自分たちで決めることだ大事だと思います。

  • 名無しさん2010/02/14

    私が経験している会議とは、何枚かの紙がありそこに書かれている文をひたすら読んで、質問は無いかと?問われるだけのものです。

    高橋さんの会議のあり方を読んであれは会議と呼ばないと思いました。

    提案してみたいと思いました。

  • 名無しさん2010/02/13

    会議に関する具体的な行い方が書かれておりとても参考になりました。

    実際に会社の会議に活かしていきたい項目がいくつかあり

    特にディスカッションに関する事は早速実行していこうと思います

  • 名無しさん2010/02/13

    社長が何もせず他の人に任せるというのはとても勇気がいる事ですよね。

    そんな事を任せられる社員を育てていかないといけませんね。

  • 名無しさん2010/02/13

    そしてその内容が社長の意思と違っていても、

    それで会社が倒産することがないなら、やらせてみることも大事である。

    ・・・・・

    高橋さんは懐がひろいですね!