経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

成果主義のやり方!

2010/02/08

 
 
 
■■      成果主義のやり方!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
中小零細企業は成果主義は不向きだ。
 
と以前書いたが、その理由は社員数が少ないと競争する相手がいないこと。
 
つまり、抜いたり抜かしたりの本来の競争原理が働かない。
 
順位が変わらず定番になる。
 
 
 
評価が低い方は不満になり、
 
評価の高い方も自分だけ頑張っていると不満になる。
 
 
 
野球でいえば、打てない選手を攻める風土になるのだ。
 
だからエースで4番であろうとも、玉拾いをしてくれる後輩や、
 
バッティングピッチャーがいるから、
 
自分の実力を発揮出来るんだと説いていく必要がある。
 
 
そういう意味で道徳の勉強をしない会社は弱く脆い。
 
 
 
 
中小零細企業では個人別成果主義は不向きだが、
 
会社全体としては成績を取り上げていくべきだ。
 
 
勝ち負けのない運動会など盛り上がらないし、
 
順位を付けず走らせる最近の学校教育は間違いである。
 
 
自分が何位で努力したらどうなるのか?
 
評価されないのは実力を上げる機会を失う。
 
 
 
 
だから中小零細企業は、
 
昨年対比や過去の自社数値と比較し、公表していくのが正解である。
 
 
儲かれば還元し、儲からなければ痛み分けする。
 
 
この公開説明が大事だ。
 
 
 
 
儲かっても儲からなくても、
 
給料も休みも賞与も変わらないのでは張り合いが出ない。
 
 
数値が悪い場合でも公表し、
 
全員で今後どうするかと悩みと対策を共有するのだ。
 
 
 
 
「うちの社員はそんなこと言っても無駄だ・・」
 
 
 
 
「そんな悪い数値を公表すると辞めてしまう・・」
 
 
 
そういわれる社長さんがいると思う。
 
 
実は僕も昔はそう思っていた。
 
 
 
 
実際弊社でも会社を転職し、他社に勤務した方に会うと、10年過ぎても、
 
 
「当時厳しく鍛えて頂いたお陰で今、頑張れています。」
 
 
と言われる方もいれば、
 
 
「今はこんなに貰っている(^○^)」
 
 
と待遇が上がったことを自慢する人もいる。
 

 
僕の経験上、本当に良い状態になった方こそ前者で、
 
何かは分からないが影を抱えているは後者だが。。
 
 
 
だからそんな話をしても、
 
 
「無駄だ・・」
 
 
「余計マイナスでは・・」
 
 
と思われる社長さんの気持ちはよく理解出来る。
 
 
 
 
しかしその様に思えばそれ以上には決してならない。
 
 
 
一般の方は数値が悪くても、社長だけ儲けていると考えている。
 
 
実際は社長は見栄でいい車に乗り、いい家をローンで建て、
 
臆病なところを見せないだけで、現金は差ほど持っていないものだ。
 
 
自分の収入はそこそこで、
 
社員には借り入れしてでも給料を払っているのが現状だ。
 
 
 
 
 
 
そういえば、10年程経つだろうか?
 
 
地元の大手パチンコ屋の奥さんが弊社の面接に来た。
 
 
アルバイトの求人であるが、その面接の第一声が、
 
 
「わたくし、○○の家内でございます!!」
 
 
と頭のてっぺんから甲高い声を上げて自己紹介された。
 
 
 
当時3億円の豪邸に済み、そりゃあ派手な生活をされていたので、
 
それでわかると思われたのだろう。
 
 
ところが僕はパチンコもしないし、名士や実業家・資産家・政治家など、
 
分け隔てな見方が出来ない人間なので、本当にさっぱり誰か分からなかった??
 
 
 
「はあ〜?」
 
 
 
と生返事する僕に対して、
 
水戸黄門の印籠のような名前が通じないことにイライラした様で、
 
もう一度呪文の様に言われた。
 
 
 
「だ・か・ら、わたくしは、正真正銘○○の家内なんです!
 
本当ですわよ”」
 
 
 
僕、
 
「・・・・・」
 
 
 
 
僕はこの摩訶不思議な人物にあっけにとられ、
 
口が開いたままだった。。
 
 
 
勿論、トラぶらない様に低調にお断りを申し上げた。
 
 
 
それから3年後くらいだろうか?
 
ここの会社は倒産し豪邸も、パチンコ数店舗も精算された。
 
 
 
 
 
 
 
世間に見栄を張り、自社の社員に疑心暗鬼では、
 
未来は険しい。
 
 
凡人は成功者ばかりを見るが、失敗者から大いに学ぶべきだ。
 
 
 


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2018/02/15

    中小企業には、競い合うのは、不向きかもしれませんが、

    目標にむかって、みんなで頑張れるような仕組みを作って頑張れればと思います。

    チームワークをよくして、全体で戦えるような会社のほうが、

    中小企業には、向いていると思います。

  • 名無しさん2015/03/14

    正真正銘、現在の状況をそのまま伝え、

    良い時にはもっと伸ばせるように、

    悪い時は一致団結して現状を打破できるような、

    強い会社作りが必要なのではないかと思いました。

    中小企業は余計な見栄を張らず、素のままで勝負する事が大事なのだと感じました。

  • 名無しさん2015/02/04

    都合のよいことばかり見ていても頭打ちになるし、本当にどうしていけばいいかを見て、解決していくという力はつきません。

    そのときはキツいかもしれませんが、成果が出ていないならはっきりと伝え、これからどうしていくかのほうを話し合ったほうがいいですね。

    「言いたいけどいえない」というモヤモヤした感情は、ずっと尾を引くと思います。

  • 名無しさん2010/02/20

    確かに、面接で○○の家内でございますなんて言われても、反応に困りますね。

    今までそう言えばわかってもらえていたのでしょうか。

    その奥さんに1度お目にかかりたかったです。

  • 名無しさん2010/02/20

    明日はわが身だと思いました。

    でも、そのパチンコ屋さんの奥さんの話は読んで笑ってしまいました。

    そんなに羽振りがいいのに、なぜアルバイトをしたかったのだうか?

    不思議です。

  • 名無しさん2010/02/10

    順位付けをすると、競争しあいがあってお互いに刺激しあっていいかと思います。

    競争したことによって学べたこともあるし、

    身につくこともあるので、

    そのまま成長していけるとやりがいが持てて

    いいかもしれませんね。

  • 名無しさん2010/02/09

    社員から見れば社長の奥様かもしれないが、他の人から社長の奥様という肩書きはたいしたことなかったりする。

    どこでも肩書きが通用するとは限らない…。

  • 名無しさん2010/02/09

    先日テレビで幼稚園同士での体力競争をしてるのを観ました。

    幼い子でも真剣に取り組み勝ちたい!と練習に励み友達の応援もしてみんなで頑張る姿を見て感動しました。

    人を蹴落とすのではなく、いい意味での競争心は大切だと感じます。

  • 名無しさん2010/02/09

    順位を付けず走らせる最近の学校教育に私も驚いた事があります。

    本当に人は人と競争しながら成長していくし、そこで学ぶ事もあるので、頑張ろうとするのかもしれませんね。

  • 名無しさん2010/02/09

    僕の経験上、本当に良い状態になった方こそ前者で、何かは分からないが影を抱えているは後者だが。。



    たしかに、成功しているか失敗しているのか

    その時どきの結果だけではなく

    どういう姿勢で挑戦できているのかが

    大事なのかも知れないですね

  • 名無しさん2010/02/09

    成功を積みすぎると身動きが取れなくなる典型ですね。

    成功を重ねていても謙虚さを維持するには以前話にあった感謝の力が大切なのかもしれませんね

  • 名無しさん2010/02/09

    一般の方は数値が悪くても、社長だけ儲けていると考えている。

    臆病なところを見せないだけで、現金は差ほど持っていないものだ。

    自分の収入はそこそこで、社員には借り入

    れしてでも給料を払っているのが現状だ。

    ・・・・・

    ごく身近な人物の話ですが、この大不況で

    お得意様からの注文がが激減し、やむなく

    社員さんに辞めてもらうような事態に追い

    込まれたそうです。

    その時会社の財務内容を提示し、初めて社

    員は納得してくれたようです。

    『こんなに大変だったのですね』という反

    応だったようです。

    試行錯誤の後決断して一人で何とか仕事を

    続けてきましたが半年間は全く仕事が無い

    ような状況でしたが、彼の能力とそれまで

    の信用で一つの大きな仕事が入り、現在社

    員を入れて順調に経営しているようです!

    ・・・・・

    この方にも高橋さんのメルマガを教えてあ

    げました。

  • 名無しさん2010/02/09

    社員さんが少ないと競争よりは

    みんなで頑張ろうという傾向の方が強いと思います。

    みんなで頑張って喜びも分かち合えるほうがいいと思います。

  • 名無しさん2010/02/08

    儲かっても儲からなくても、

    給料も休みも賞与も変わらないのでは張り合いが出ない。

    数値が悪い場合でも公表し、

    全員で今後どうするかと悩みと対策を共有するのだ。・・・・・

    誠にその通りだと思います!!

  • 名無しさん2010/02/08

    以前にどこかの運動会では走った人全員を1位にしたという話を聞きました。

    それじゃ運動会も面白くないし本人もやる気出ないだろうなと思った覚えがあります。

    やはり自分の現在位置を確認するのと目標を持つのは大切だと思いました。

  • 名無しさん2010/02/08

    すごい奥さんですね……

    今時そんな人がいるなんてびっくりです