経営

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中

全て表示する >

組織力の高め方!

2009/10/10

 

 
 
 
■■    組織力の高め方!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 
 
 
 
 
 
 
「報告・連絡・相談は、組織の中の血液である。
 
組織とは共通の目的を掲げ、2人以上の集合体を言う。」
 
 
 
 
 
 
 
破綻する組織は全て報連相(ほうれんそう)に問題があり、
逆に報連相が、上手く稼動している場合は団結力が増し、
組織力が高まり1+1=5にも10にもなる。
 
 
 
離婚する夫婦や、別れるカップルは報連相が出来てない。
 
仲の良い夫婦と比較すると、
断然メールや電話、会話の頻度が少ないのだ。
 
 
 
それと同様に上司に気に入られる部下、
信頼される部下は報連相の頻度が高い。
 
 
 
 
そんな事は十分誰もが承知なのだが、
報連相をしないのは何故なのか?
 
 
噛み砕き上司や経営者が説明をしないと組織力は高まらない。
 
 
 
 
 
ビジネスはプライベートに例えると分かりやすい。
 
 
 
普段余り電話もメールもしてこない間柄で、困った時や悩んだとき、
事件性がある時だけ相談に来たら、
 
誰だって、何だこいつ!!
困った時だけ相談にきやがって・・・
 
と思うだろう。
 
 
 
しかし、日頃からメールや電話をしている仲であれば、
小さい相談でも真剣に耳を傾け、
大きな問題であれば協力を惜しまないはずだ。
 
 
この友人同士の関係と、会社での組織による報連相は同じである。
 
 
 
 
 
報連相が苦手な人は、何か特別な問題があったり、
何か特別な事があった場合に限り、
メールや電話や面談をしようと考えがちである。
 
 
まるで何か人を困らせたり、驚かすようなネタがないと言わないみたいだ。
 
 
 
 
しかし実際は、平和な挨拶の様に心地よい、
常に一定レベルで報連相されるのが受け手としては心地良い。
 
 
 
問題がなくても、特別な事が起きなくても、
 
「行って来ます!」
 
と言うではないか。
 
 
挨拶と報連相は、同等のレベルが◎なのだ。
 
 
 
 
問題があるからではなく礼儀として、
人を敬う姿勢として日常的に頻繁に、顔を見る度に行うのが良いのだ。
 
 
それで多すぎる様なら心配しなくても、
相手から何らかの信号が来て自然に調整される筈だ。
 
 
 
 
別れるカップルも、気に食わない上下関係も、破綻する会社も、
どれも多すぎる報連相に悩まされた事はない。
 
 
全て少なすぎて情報が正確に行かなかったり、
コミュニケーションがスムーズに行かず、大問題が時間差で発生するから破綻したのだ。
 
 
 
 
報連相は挨拶と同様に、
問題が無くても、定期的に行うもので無ければならない。
 
 
 
 
好き同士だから・・
 
 
相手は自分の事を理解しているから・・・
 
 
日曜日何をしているかも言わない。
 
帰るメールもしない。
 
 
 
それでは恋人同士でも、
仲に亀裂が出るのも無理は無いだろう。
 
 
 
会社組織も全く同じである。
 
 
 
 
”報連相は問題が出ない様に行う。
 
問題が出てからでは後の祭りなのだ。”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2009-01-10  
最終発行日:  
発行周期:週4回程  
Score!: 99 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 名無しさん2016/09/02

    報連相も挨拶のように自然にできるようになれたらいいですね。

    なんでもいいので、起きたことを報告していくだけでも

    だいぶ違ってくると思いました。

    何か起きてから言おうとするのではなく、常日ごろから、

    どんなことでも報告する癖をつけていくことが必要だなと

    思いました。

  • 名無しさん2015/03/15

    報連相を日頃から言われているし、

    意識をしているつもりだけれども、

    それでも漏れがあったりすることがあります。

    報連相は会社にとって血液。

    何が重要な物事になるのかは分かりません。

    そして1つの物事がどれだけ大きな影響を会社へ与えるかは分かりません。

    日ごろからの習慣化が大切かと思います。

  • 名無しさん2010/10/16

    報連相大切なことだと分かっていても、なかなかうまく実行できていないのが現実だったりします。

    行動に移すのが難しいと改めて感じました。

    日頃から意識していていかないといけませんね。

  • 名無しさん2010/10/13

    挨拶と報連相を同じレベルで考えたことがありませんでしたが、

    これくらいで報告ができるとすごくよくなりますね。

  • 名無しさん2010/08/07

    報連相は問題が出ないように行う。

    確かに家族を例にとるととても分かりやすいですね。

    不満や問題が積み重なっていかないように

    早め早めに処置していくためにとても大切ですね

  • 名無しさん2010/07/19

    報告、連絡、相談が行き届いていると団結力もすごくよくまとまっているイメージは確かにありますね。よくプライベートのことを例にしてますが、あまり会話のない家庭はうまくいってないのは目にみえてますね。会社全体が大きくなり人数が多くなれば、どうしてもすべてに報連相が行き届くのは難しいことかもしれませんが、人数の少ない中小零細企業だからこそ大企業ではできない、報連相のスピードやチークワークをよくして会社をよくしていって売り上げを伸ばしていくことができると思います。自分の会社も人数がへって少人数になりました。今までより団結力もでて報連相もまわってるように思います。そこを強みとして会社をよくしていこうとみんなも思っています。コミニュケーションをとる時間がそのまま関係に比例しているように今回思いました。

  • 名無しさん2009/10/24

    確かに、夕飯を用意して待っているのに全然連絡もなく、遅くまで帰って来ない。

    しかも食べて帰ってきてる。

    これは、たとえ親子でも腹が立ちます。

    ちょっとしたことでも感謝があるのとないのとでは全然違う。

    こういう積み重ねを毎日やっているかで、何年もたった時の関係に変化が出るのだと思いました。

  • 名無しさん2009/10/13

    確かに普段からどれだけ情報を回せるか

    人と物事を共有しようとする姿勢

    そういうものが自分には欠けているので気をつけなければいけない

  • 名無しさん2009/10/12

    確かにそうですね。

    プライベート=ビジネスであるなら報連相はなくてはならないものですね。

    自分は結構家族とは報連相出来てる方なので、将来結婚する事があったら、その方も報連相意識強い方の方がいいですね。それに期待して白馬の王子様を待ってる段階です。

  • 名無しさん2009/10/12

    プライベートで考えると確かに会話のないさめた家庭より会話のある家庭のほうがうまくいってるのは、明らかにわかります。

    仕事も普段からまかされた仕事をただするだけでなくちょっとした相談や報告があるほうが、うまくいきます。

    自分も意識していきたいです。

  • 名無しさん2009/10/12

    挨拶と報連相は、同等のレベルが◎なのだ。

    問題があるからではなく礼儀として、

    人を敬う姿勢として日常的に頻繁に、顔を見る度に行うのが良いのだ。

    ・・・・・

    良く解かりました。

    ありがとうございます! 

  • 名無しさん2009/10/11

    大切なことだと分かっていてもなかなか実行できてないです

    行動に移すのが難しいですね

    日頃から意識していきます。

  • 名無しさん2009/10/10

    社会人になって一番最初に習うであろう報連相、いまだに私はよく指摘を受けます。

    頭ではわかっていても相手が望む報告を、

    自分の主観でこれくらいの事はしなくていいだろうと思い込んでしまう事がよくあります。

    メルマガを読んで改めて気をつけていかないといけないと感じました。