トップ > マネー・政治・経済 > 経営 > 中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

中小企業の羅針盤、人生も経営もやる気とやり方で決まる!

RSS

社員10数名の小さな会社と100名を超える様な中堅企業とでは、自ずと営業の仕方、管理方法、賞与、人事まで違ってくるのが当然です。弊社は小さな会社ならではの強みを活かした経営を模索。その実践ノウハウや迷い、悩みをありのままメルマガにて公開!メール質問も受付中



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


メルマガ情報

最終発行日:
2016-10-26
発行部数:
759
総発行部数:
741845
創刊日:
2009-01-10
発行周期:
週4回程
Score!:
99点

最新のコメント

  1. 確かに、同じ内容の話でも、一度に全員に伝える場合と個人個人で話す場合では、
    やはり言い回しや伝える情報量に差が出てきてしまいます。
    勿論、一度に全員に伝える場合も聞き手によって受け取る量と質に個人差が出てきますが、
    こうしてディスカッションして共有すれば差も縮まって良いですね。
    参考になりました。

     2017/3/24 このコメントがついた記事>>

  2. 素敵な社員さんですね。急に突然話すようになんて言われたら私は反論してしまっているだろうと思います。それをチャレンジしていくことで得るものがあると信じて取り組まれている社員さんを見て感動しました。普通素人が50分も話すなんて出来ないです。でもそのことから逃げずに立ち向かわれている社員さんはずっとそうチャレンジしてこられたのだろうことが感じられました。自分はチャレンジしているのか?社長におんぶにだっこされているのではないだろうか?と考えさせられました。

     2017/3/23 このコメントがついた記事>>

  3. マインターンは見たいみたいと思って踏み込めずに見れずにいる映画の一つです。
    実家に置いてあるので、今度帰省した際は、借りてみたいと思います。
    社員経験しかない自分ですが、ここに記載されているのは、まさしくその通りだと感じます。
    これが部下や上司であっても、こういった人物像は扱いやすく、仕事がしやすいのではないかと思います。
    そして人間として信頼もできる。自分も至らない点が多々あるので、慢心せずに頑張っていきたいと思います。

     2017/3/22 このコメントがついた記事>>

  4. どんなに辛い仕事であっても楽しんでする人と
    嫌々する人とでは、成長が全く違います。
    自分にあう環境を探すのではなく、
    その環境で学んで成長できるてこそ、
    本当に大事な事や楽しい事に出会えるのだと思います。
    自分の決意1つですね。

     2017/3/22 このコメントがついた記事>>

  5. 理解に、みんなで共有し合うことが、重要なんだと思いました。
    社長と同じ考えを持てるようになるのも、みんなで共有しあうからこそ、社員にも伝えわると思う。
    会社の方針もそうですが、みんなが同じ方向を向いて頑張れるのも
    社長の考えを伝えるからだと思います。

     2017/3/21 このコメントがついた記事>>

  6. 仕事がもちろん一番大事ですが、それ以外でもみんなで取り組みことが、
    とても重要なんだと感じました。みんなでひとつのことに対して、
    一生懸命に取り組むこと。それが、会社全体のチームワークにも
    つながっていくんですね。
    メリハリをつけていくことだと思いました。

     2017/3/21 このコメントがついた記事>>

  7. 経営者自身が他社との違い、つまりは自社の強みを説明できないというのは、
    小さな会社にとっては致命的な問題になってしまうと思います。
    自分の会社が強みを理解できない状態では、
    お客様に商品を買ってほしいということすら難しくなってしまいます。
    やはり自社の強みを明確にし、それを伝えていくことはとても大切なことですね。

     2017/3/20 このコメントがついた記事>>

  8. 就活していると、所謂体育会系の人が新卒の人材として好まれるように感じてましたが、
    やはりチームプレーが得意な人材を企業も求めていることの裏付けでしょうか。
    野球でも、単純に強い人だけ集めても勝てるわけではないし、
    そのあたりは会社と同じですね。
    私も機会があれば視聴してみます。

     2017/3/20 このコメントがついた記事>>

  9. 「今の自分に出来ることは、自分の仕事を一生懸命することだ」まさにこ
    れに尽きると思いました。援助することも何か手伝うことも私には出来な
    いです。被災地に対して何も出来なくて感傷に浸るだけでは意味がない
    です。それならば自分に出来ることを一生懸命することが大事かもしれな
    いと思いました。こういう出来事というのは何かに気付くキッカケとかに
    なることも多いと思います。テレビで震災前と後でそれぞれ個々でしてい
    たことを全体でするようになって風通しがよくなったというのをやってい
    るのを見ました。それぞれが何かにこだわっていたけれど震災をキッカケ
    に協力することが加わってよりチームワークが強化されたりといういい
    影響というのもあったりするのだと感じました。起きたことは消すことは
    出来ないです。そこからどうしていくかが大事ですね。

     2017/3/18 このコメントがついた記事>>

  10. 以前にもこの記事を読んでから、なるべく子供には抱きしめるようにしています。
    そのおかげか、子供は他の子よりもまっすぐに育っているように思えます。
    今は小さいですが、ハグは出来る年は限られているだろうと思うし、今出来ることを精一杯してあげたいです。

     2017/3/17 このコメントがついた記事>>

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/03/23
    読者数:
    13258人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 経営戦略考

    最終発行日:
    2017/03/23
    読者数:
    4468人

    第一線のコンサルタントが毎日、日経新聞の記事を題材として経営戦略の原理原則を解説します。経営者はもちろん、キャリアアップを狙うサラリーマン、OLの方は必読!毎日発行だから、話のネタ仕入れにも最適です。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/03/24
    読者数:
    24199人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/03/24
    読者数:
    5524人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/03/17
    読者数:
    7059人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

高橋純

高橋純

http://www.takahashi-jun.com/

24歳で起業! 300坪の社屋を所有し2軒目のマイホームを購入するも 32歳でフランチャイズ化で失敗するまで拡大思考に陥り苦労した。その経験から小さい会社でも儲かるやり方を説き実践経営者として著書も複数出版している。 悩める小さい会社の駆け込み寺として無料相談も好評!

過去の発行記事