トップ > 学校・教育 > 語学 > 英語 > 英語が好きになる!得トクまめ知識集

英語が好きになる!得トクまめ知識集

RSS

英語のe-ラーニングコンテンツを開発するバイリンガルチームが、すぐに使える英会話表現を紹介。英検、受験、TOEIC、TOEFL、留学準備にも役立つ実践的な内容に加え、時事英語や英語に関する豆知識もお届けします。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. このメルマガは最新記事のみ表示されています

メルマガ情報

最終発行日:
2009-01-09
発行部数:
16
総発行部数:
30
創刊日:
2008-12-09
発行周期:
週刊
Score!:
-点

いよいよ受験シーズン!【ネットゼミ通信】

発行日: 01/09

みなさん、こんにちは!バイリンガルチーム@ネットゼミです!


お正月はいかがでしたか?


仕事始めが過ぎても、いまだにお正月気分が抜けきらない人も多い
のでは・・・?


わたしたちバイリンガルチーム@ネットゼミも仕事モードに切り
替えるのに苦労する・・・と思っていたのですが・・・


・・・そんな悠長に構えている余裕はありませんでした・・・。


受験生の皆さんを応援してきたわたしたちにとって、週末のセンタ
ー試験も他人事じゃないんです。


受験生の皆さんと一緒に、これから年度末まで走り抜けますよ〜!


・・そんな決意を胸に、今回は受験ネタでお送りします! 
http://www.e-kjs.jp/netsemi/melma/thinkboard/kiri/



********* 今週の気になる英語  ********


バイリンガルチーム@ネットゼミのママスタッフkikiです。


大河ドラマ『篤姫』もとうとう終わってしまいました!


うちの子、宮崎あおいちゃんの「みだいさま」と堀北真希ちゃんの
「みやさま」が大好きだったんで、寂しがってます・・・苦笑


今年の大河ドラマは「天地人」。幕末から戦国へ戻りました。


さて、この「戦国時代」、内乱・内戦状態を表す”civil war”を使
い、”the period of civil war”という表現が適切ではないでしょうか。


これを大文字で書いて”the Civil War”とすると、「英語では『アメ
リカ南北戦争』を指す」と理解されている方も多いと思います。


ただしイギリスでは”the Civil War”というと1642-51年の清教徒
革命につながる国王派と議会派の紛争を指すようです。


使う人によって、どの”civil war”を指すのか、国も時代も随分違っ
てくるので、注意が必要な言葉ですね。


編集後記  ☆….. ☆….. ☆….. ☆….. ☆….. ☆….. ☆….. ☆…..


まだまだ寒さが予断ならない時期ですが、なんとなく日は少しずつ
長くなってきたような気もします。


冬至を境に昼が少しずつ長くなってくるので、当然といえば当然で
すか。


ちなみに「冬至」は” the winter solstice”といいます。


「夏至」は” the summer solstice”。一緒に覚えてしまいましょう!

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するはてなブックマークに追加del.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録/解除

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. サイドビジネス情報館

    最終発行日:
    2008/12/12
    読者数:
    60人

    日々副収入とっておきの情報をお届けいたします。

  2. ポイントサイトでガッチリ稼ぐ

    最終発行日:
    2009/02/24
    読者数:
    129人

    ポイントサイト攻略法・誰も知らない秘密のテクニックを特別にお伝えします。

  3. 無料レポート情報局

    最終発行日:
    2008/12/16
    読者数:
    52人

    インターネットを利用したビジネス、アフィリエイトに役立つ無料レポートを紹介していきます。世に出回る多くの無料レポートをできるだけ厳選してお送りしたいと思います。

  4. 【情報満載!得するマガジン】★イーアドフューチャー★

    最終発行日:
    2009/05/05
    読者数:
    31人

    購読者の方が、満足していただけるような情報をお伝えできればと思います。よろしくお願いいたします。

発行者プロフィール