絵画

うっさんうさじしんぶん

夜更けに庭に星がこぼれた。
ウサギが屋根で口笛を吹く。
古布で描く空想世界
少年は旅をする。
少女は花に住む。
作品展のご案内と旅の日々を綴ります。

全て表示する >

[ 柳と、旅 ]梅原龍 布絵旅行記 第四號 於浦和

2009/03/18



みなさんお元気ですか?

あーーーーー、
失敗した!
せっかく書き上げたメルマが全部消えてしまいました。

ので、がっくりきた簡素版をお届けします。
しょんぼり・・



もくじ
1、富山個展『 神さまの川を行く 』
2、4月イベント「さちばるの猫まつり」
3、映画のココロ
4、お風呂よもやま
5、集めもの
6、次の世界(あたらしいこと、もの)
7、お知らせ




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


■ 三 月 富 山 ・ 『  神 さ ま の 川 を 行 く  』 ■

いよいよ出発です。
良い天気になるといいなー
毎年富山へは車で行くので、軽井沢や黒姫、親不知などを通って行きます。

最近いとこに教えてもらった美味しいドーナツ屋さんがあって、それを楽しみにしています。
富山にしか、いやそこにしかないんだって。


大和屋・ギャラリーせん
富山市布瀬町南2丁目1-2
tel 076-491-0051
2009年3月20日(金)〜24日(火) 10:00am〜7:00pm
最終日は6時まで


■ 映画のココロ  ■

「ベンジャミンバトン・数奇な人生」
これとっても面白かったです。
まるで老人の様に生まれたブラッドピット演ずるベンジャミンは、成長につれてどんどん若くなる。
不思議な設定の内容なのだが、老いとか社会とか恋愛や結婚といろんなものを浮き彫りにする。
もしかすると年を重ねれば重ねるほど味わい深いんじゃないのかなぁと思った。


「裸の島」
昭和30年代のモノクロ映画。新藤兼人監督の作品で、とても実験的で情緒的な映画なんです。
殿山泰司と音羽信子の扮する夫婦が子どもたちと瀬戸内海のちいさな島に暮らす姿を描いています。
水の出ない島で農業をする家族にまったくセリフがない。とても淡々とした内容です。
毎日船を漕いで他の島に水をもらいに行くという過酷な暮らしの中にも絆や愛情が強く感じられます。
これ、とても好きです。



■ お風呂よもやま ■

銭湯に行きましょう。
手ぬぐいを一本お尻のポケットに入れて、いつも銭湯に入れる様にそうしています。
スーパー銭湯や日帰り温泉が人気だけれど、銭湯にも良さがあります。
浦和にいる時に行く稲荷湯と言う馴染みの銭湯があります。
20円の昔ながらの肩もみ椅子、おいしい牛乳、天井扇風機。
ご近所話に、TVはNHK、お爺ちゃんとお婆ちゃん。
そういうのが楽しい。

最近見つけた銭湯は内番台でもうこういうのもめづらしい。
ペンキ絵もなかなか良い◎
なんかすごい勢いで銭湯が閉店しているみたいだから、是非みなさんも行ってみて下さい。


■ 集めもの ■

ふと、集めるものがあります。
誰も気にしてないんじゃないのかなぁというものを好んで集めます。
携帯用の塩の入った袋とか、割り箸の袋とか、反物の札とか。
その中でも最近好きなのは、ワンカップです。そう、お酒。
よく列車の窓辺に帆立の貝柱なんかと並べてる人がいますよね。
そういうのって全国旅するとあちこちに色んなのがあるんですよ。

今、部屋にあるのはパンダの絵のやつ。
透明ガラスと白と黒。とてもシンプルで可愛いグラスは呑み終わったら野の花とか菜の花が似合いそう。
ガラスが厚くて丈夫だからキャンプとか庭でやったりするバーベキューにも打ってつけ◎

日本酒だから男っぽいと思いきや、案外可愛らしいのが多いのです。

なんて集めものどうですか?
またいずれ違うのを報告します。


■ 次の世界 ■

4月にベトナムに行ってきます。
ベトナムは初めてなので楽しみ◎
宿はあっちに行ってからさがします。時間があったらカンボジアまで足をのばしてみよっと。

そして5月は関西の旅です。
最初は京都、次に神戸、そして赤穂。
最後は初めてのところ、大阪です!
中央区にある14thMoonというギャラリーなので、是非遊びに来て下さい。



■ お知らせ ■

沖縄に自転車を買いました!
坂の多いところですが、奥武島(橋で渡れる離島)に天ぷらを買いにいったり、
近くの海水浴場に散歩に行ったり楽しい。
グッと行動範囲が広がりました。


ブログ「柳と、旅」、「青い弧」も更新中。
ぜひホームページやブログも見て下さい。
http://www.sachibarumaya.com

それではまた!


◆うっさんうさじしんぶん◆
ウチナーぐち(琉球語)で、うっさんは「うれしい」うさじは「うさぎ」。
だから、嬉しいウサギ新聞と言うことです。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-12-01  
最終発行日:  
発行周期:一箇月に一、二號  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。