国際

週刊 世界の地球温暖化最前線

毎日内外のニュースなどに目を通し,地球温暖化問題に関して,40年に亘る経験を元に,解説しています。

全て表示する >

【週刊 世界の地球温暖化最前線】気候変動問題で国連は条約案の案文作成提示へ

2009/05/16

【週刊 世界の地球温暖化最前線】気候変動問題で国連は条約案の案文作成提示へ
HPは下記ドメインです。写真地図など見て下さい。
http://my.reset.jp/adachihayao/iindex3newsCD.htm
楽天トラベル
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hsc/09ec1bdf.dd6f0239.09ec1be0.045ab5f0/

国連気候変動会議のボン会議,2009年6月1日まで,もう残り少ない。日本政府は,オプションを示しながら,提案内容の結論をまだ得ていない。経団連に至っては,2020年までに温暖化ガス4%増,を政府に提案し,環境大臣から,世界の笑いもの,と酷評されている。何処の国にしても,殆ど科学的根拠を欠く提案だから,あくまで外交交渉の数字でしかない。

今日の記事では問題の本質が端的に書かれている。各国の目標値が合意できていないこと,先進工業国と後進国の溝,これらは重要な問題だが,あくまで国家間の対立の問題である。地球温暖化の基本的な科学的問題は,記事に書かれているように,原子力発電,炭素閉じこめ技術,森林,国際海運及び航空,をどう取り扱うか,にかかっている。

特に基本となる発電分野では,原子力発電,石炭火力の炭素閉じこめ,炭素取引市場に於ける大規模水力,の3点だろう。原子力と大規模水力を気候変動対策に入れるのは反対が多いが,殆どの反対は,CDM市場を混乱させるからである。本気になって地球を救う生うとするならば,原子力と大規模水力が,もっとも影響が大きいことは,まさしく事実だと思う。

私は,石炭火力はおそらく人類がもう半世紀は大いに使う必要があると思うから,石炭火力の効率化は非常に大切な分野だと思っている。だからこそ,日本政府のセクトラルアプローチが,非常によいアイディアであると思っている。原子力による炭素削減,大水力のCDM取引,石炭火力の効率化,これらは国際協力なくして実現せず,まず国の境を取っ払う必要を主張したい。


本文

●気候変動問題で国連は条約案の案文作成提示へ



The United Nations took a step toward a new climate treaty on Friday by publishing the first draft negotiating texts to help bridge a "great gulf" between options for rich nations to cut greenhouse gas emissions. Two documents totaling 68 pages also laid out choices on controversial issues such as nuclear power, emissions trading, forests, shipping or aviation in a new U.N. global warming pact due to be agreed in Copenhagen in December. 

国際連合UN(注6)は,金曜日,2009年5月15日,先進国の間の温暖化ガス(注8)排出抑制に関する大差を埋める目的で,新しい気候変動条約(注9)の第1回ドラフトを発表した。これは2つの文書で全部で68ページに亘るが,2009年12月でコペンハーゲン(注13)で合意すべき国連地球温暖化条約(注12)の中で,特に議論となっている,原子力(注10),炭素取引(注11),森林,海運及び航空,の諸点を取り上げている。

このドラフトをまとめたアシェ国連代表(注14)は,交渉の進展を図る目的で策定された,としている。アシェ国連代表(注14)は,コペンハーゲン(注13)では誰も満足できないだろうが,地球にとっては良いこと願っていると。発展途上国は,産業革命(注15)以来の先進国の化石燃料使用に焦点を当て,先進国の大きな削減を主張している。一つの主張は,2018〜2022年までに,1990年の半分にせよ,というものだ。

オバマ大統領は,2020年までに1990年レベルとするというもので,2007年レベルで14%削減に匹敵する。米国の入っていない京都議定書(注18)では,先進37カ国について,2008〜2012年で平均5%削減,である。2050年を目標にして中国とインドが主導する発展途上国の行動も求める部分のドラフトは,2009年5月18日に,提示される。これらのテキストは,2009年6月1〜12日のボン(注19)会議で討議される。

ボア国連気候変動代表(注25)は,このボン会議を大切な瞬間だ,としている。この提案は,合意できる点と合意できない点を明確にし,合意できない点をどの様に合意に導くか,の作業の基礎となるものだと。金曜日のテキストでは,途上国の水力や風力の開発を炭素取引(注22)に載せることを,一つの可能性として提案している。

ある国は,この炭素取引の中に,原子力発電所や炭素閉じこめプロジェクト(注23)を提案しているが,強く反対している国がある。それに対する3つのオプションは,原子力などを受け入れるか,拒否するか,2010または2011年まで棚上げするか,である。また,先進国に於ける森林と土地利用改革をどの様に取り扱うか,のオプションも提示している。またEU(注24)は,京都議定書では除外された,国際海運と国際航空について,協定に含めるべき,と主張している。

(注)A (1) 090516A UN,washingtonpost,(2) title: Draft U.N. climate texts mark step towards treaty,(3) http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/05/15/AR2009051501297.html,(4) By Alister Doyle, Environment Correspondent
Reuters,Friday, May 15, 2009; 3:24 PM,OSLO (Reuters) -,(5) For Reuters latest environment blogs click on: http://blogs.reuters.com/environment,(6) United Nations,(7) great gulf,(8) greenhouse gas emissions,(9) new climate treaty,(10) nuclear power,(11) emissions trading,(12) U.N. global warming pact,(13) Copenhagen,(14) John Ashe, Antigua and Barbuda's ambassador to the U.N.,(15) Industrial Revolution,(16) U.N. Climate Panel,(17) President Barack Obama,(18) Kyoto Protocol,(19) Bonn,(20) nitty gritty,(21) www.unfccc.int,(22) carbon trading credits,(23) heat-trapping carbon dioxide,(24) European Union,(25) Yvo de Boer, head of the U.N. Climate Change Secretariat,(26) 

今日の参考資料

●090516A UN,washingtonpost
気候変動問題で国連は条約案の案分作成提示へ
Draft U.N. climate texts mark step towards treaty
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2009/05/15/AR2009051501297.html

最近の関連資料

●090516B CD,financeasia
どの様にして炭素クレディットを開発し資金を得るか
How to develop carbon credits and make money
http://www.financeasia.com/article.aspx?CIaNID=101792
●090516C Google,greentechmedia
グーグルの炭素クレディットの買い取り益実現は容易でない
Google Carbon Credit Shopping Ain’t Easy
http://www.greentechmedia.com/articles/read/google-carbon-credit-shopping-aint-easy-4545/
●090516D World Bank, brettonwoodsproject
世界銀行の融資戦略は未だに炭素排出強度が高い
World Bank still supporting carbon-intensive future
http://www.brettonwoodsproject.org/art-564177
●090516E FACT,uk.reuters
主要国の温室効果ガス規制の目標一覧
FACTBOX-Greenhouse gas goals for major nations
http://uk.reuters.com/article/latestCrisis/idUKN26495174


●海外関連連携ショップ
****************************************
楽天トラベル
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hsc/09ec1bdf.dd6f0239.09ec1be0.045ab5f0/
旅行用品の大型ショップ旅の雑貨店
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hsc/09ee30fe.7cd4d7ec.09ee30ff.03ee8b2a/
安心電脳倶楽部
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hsc/09ee31d6.05c86c0b.09ee31d7.57c47431/
Joshin web 家電とPCの大型専門店
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hsc/09ee33ec.e3cc8613.09ee33ed.45a6abaa/
パソコンGPSショップ GPS販売の老舗、豊富な品揃えでお応えします。
http://hb.afl.rakuten.co.jp/hsc/09ee3291.b7e0be95.09ee3292.951b7421/
****************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-11-18  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。