ダイエット

ダイエット方法とダイエット商品の口コミ情報

様々なダイエット方法とダイエット商品の効果、評価レビュー、感想と評判情報を口コミにご紹介します。

全て表示する >

食べる量は一緒でダイエット≪食べる量を分散作戦≫

2009/03/03

 


朝食や昼食に気をつけられて、
生活活動量にも気をつけられて、

一生懸命にダイエットを実践されている方で、



夕食で食べ過ぎてしまい、
結局は、ダイエットできない、

太っている方が多いという



夕食から就寝までのダイエットできない
要因を解決する方法である、

食べる量は一緒でもダイエット効果抜群の

≪食事の重点を変更作戦≫について、
お伝えいたしました。





≪食事の重点を変更作戦≫について、
再度、簡単にまとめますと、

多くの方が、
ダイエットできない、太る結果となるのは、



夕食と就寝までの間に

必要以上のエネルギーを摂取していることが
最大の要因であるので、



夕食から就寝までの間は、
就寝するという、体を休めるという、

生命維持に必要な程度の
エネルギーのみを摂取するだけの

必要最低限の少量の食事に留められて、



朝食という、
これから、通勤、通学、仕事、勉強という

生活活動を行うために必要な量のエネルギーを
摂取するための食事のときに、



生命維持のためのエネルギー量と
生活活動のためのエネルギー量を

加味した食事となるように、
朝食の食事量を多めにされる、



昼食のように、
仕事や学校などで活動が活発になり、

生命維持のための最低限の量の
エネルギーを摂取することと一緒に、

生活活動量の源となるための量の
エネルギーを摂取する、


このように、
夕食でたくさん食べていた生活から、

朝食と昼食でたくさん食べるという
食事に変更するダイエットの方法です。





今まで食べていた量を減らしなさい、
というのではなく、

食べる量は変わらないという
食べる量を我慢する方法ではありませんから、



食事量を制限されることは苦痛
と感じてしまう方に

素晴らしい効果を発揮している方法です。





バタフライフプログラムのダイエットを
私と一緒に取り組まれている方々の何人もが、

この方法を実践されていますが、



取り組まれている全員が、
好きなものを好きなだけ食べながら、

食事のタイミングと重点を
夕食から、朝食と昼食に分散させるだけで、

驚くほどのダイエット効果を挙げています。





その結果、少なくとも、
太ることがなくなる方法であることは、

多くの方で確認させていただきました。





ところが、なかには、
≪食事の重点を変更作戦≫では、

物足りなさを感じる、実践することが難しい
という方もいらっしゃいます。





昼食は、仕事先や勉強先では、
同僚や同級生と一緒に食事するので、

昼食で多く食べることが恥ずかしい
などにより躊躇われる、

自分の都合で食事できないので難しいという、



≪食事の重点を変更作戦≫で

ダイエットすることを難しい
とされる方が、いらっしゃいます。





≪食事の重点を変更作戦≫を
実践することが難しい方は、

今回お伝えいたします、

≪食事の重点を分散作戦≫に
取り組まれることをお勧めいたします。





≪食事の重点を分散作戦≫とは、

夕食の量を控えめにされて、
朝食と昼食の量に重点を変換するという

≪食事の重点を変更作戦≫と似たような方法でして、



食事の重点を夕食においている状態から、
夕食の量を控えめにされて、

朝食と昼食の間の間食、昼食と夕食の間の間食を
上手に利用されて、



夕食の量を控えめにした分を分散させる
という取り組みです。





簡単に説明いたしましたら、

今まで食べていた夕食の量を
朝食と昼食の2食だけに分散するのではなく、

10時の休憩と15時の休憩の際にも
分散させてしまおうという方法です。





≪食事の重点を分散作戦≫は、

夕食後に、スイーツなど甘い食べ物を食べていた方に
有効な方法であることを確認しています。





≪食事の重点を変更作戦≫
でもお伝えいたしましたが、

バタフライフプログラムなど
素晴らしいダイエット方法を実践されている方は、



夕食から就寝、そして起床までの食事に
何かしらの対策をされましたら、

驚くほどのダイエット効果を得ることが
できるように変わられていますし、



ダイエット効果を良くして

ダイエット効果の効率を
良くすることができています。





まず、初めに、
正しいダイエットを実践することが必要ですから、

バタフライフプログラムのような
素晴らしいダイエット方法を

身につけられることが重要であり、



その次に、夕食から就寝までは、

体を休めさせることが
必要とされていることであり、



体を休めようとされるときに
エネルギーを大量に摂取することが

太ることの要因となっている方が
とても多くいらっしゃるので、



体を休めることのみを求められている、
生命維持のための程度のエネルギーを

摂取する程度で良いという夕食のときは、
それほどの食事量とはしないように心がける、

しかし、夕食で控えた食事量を
抑え続けるのではなく、



夕食で控えた食事量を朝食と昼食で補い、

生命維持のための
最低限のエネルギー量だけではなく、



体を活動させるための
生活活動のエネルギーを必要とする朝食と昼食の際に

摂取するエネルギー量を多くすることで、



摂取したエネルギーを素早く消費させて、
エネルギーを蓄積させないように、

消費効果を良くするようにという方法が、
≪食事の重点を変更作戦≫ですが、



この方法に、さらに

10時のおやつと15時の際の
おやつの時間を組み込むことで、

朝食の量と昼食の量を
今までと同じ普通の量にされ、



その分を10時と15時のおやつの際に
分散させましょうという方法が、

≪食事の重点を分散作戦≫です。





≪食事の重点を分散作戦≫は、
夕食時に一緒に、あるいは、夕食後に、

おやつ、お菓子、スイーツ、スナック菓子など
嗜好品を食べられていた方に

極めて有効な方法であると確認しています。





夕食後に嗜好品を食べることが多い方は、
バタフライフプログラムのダイエットと一緒に

≪食事の重点を分散作戦≫に
取り組んでくださいましたら、



夕食後に嗜好品を食べるという行為を

10時と15時の際に楽に変更できている方が、
とても多くいらっしゃいます。





夕食後に嗜好品を食べるということは、
1日の一番のリラックスタイムに

自分の大好きな物を食べてリラックスしたい
という行動の一つですから、



おやつタイムに分散させて
夕食後に嗜好品を食べる量を少なくする、

夕食後に嗜好品を食べなくするということは、
思う以上に、とても難しいことですが、



バタフライフプログラムで
ダイエットを私と一緒に取り組まれている方は、

夕食後に嗜好品を食べる量を、
とても簡単に少なくできています。





気をつけていただきたいのは、

夕食後に食べる嗜好品を止める、
禁止するというのではなく、



夕食後に食べる嗜好品の量を少なくする、

夕食後に食べる嗜好品の量を
とても少なくするという方法です。





夕食後のリラックスタイムに

自分の好きなものである嗜好品を
完全に禁止するということではなく、



夕食後のリラックスタイムに
嗜好品を少しだけ食べて、

それ以上に食べたい分を
10時と15時のおやつタイムに分散できる方法です。





夕食後の食事に問題があるから、

太ってしまう、痩せることができなくて
困っているという自覚のある方は、



≪食事の重点を変更作戦≫と
≪食事の重点を分散作戦≫を

上手に使い分けられましたら、



驚くほどダイエット効果が良くなりますし、

少なくとも、太ることがなくなっている方が、
とても多くいらっしゃいます。





≪食事の重点を分散作戦≫は、
今までお伝えしてきました様々な方法と同様に、

血糖値の上昇とインスリンなどの働きによる

血糖値の下降という
体のメカニズムを上手に利用した方法です。





嗜好品を食べましたら、それだけで
素晴らしいエネルギー量となってしまいますので、



夕食、朝食、昼食の際に
嗜好品を一緒に食べ過ぎましたら、

それぞれの食事の際に
完全なエネルギー量過多となってしまいます。





エネルギー量過多となってしまいましたら、

体は、過剰なエネルギーを
肝臓や脂肪細胞などに一時的に蓄積させます。





特に、夕食を食べ過ぎる傾向のある方の
体を休めるための就寝という行為の前の

夕食と夕食以降に食べ過ぎることによる
エネルギーを摂取しすぎるという行為は、



エネルギーを消費する量は思うほどの量ではなく、

ほとんどのエネルギーを蓄積させるだけ
といっても過言ではありません。





この、一時的にエネルギーを蓄積される
というところに、大きなポイントがあります。





一時的に蓄積されるということは、本来でしたら、
すぐに消費に使用されるはずですが、

生命維持と生活活動のための指令を
次々に出す必要のある体は、



一時的に蓄積したはずである
エネルギーの存在を忘れてしまい、

別の蓄積しているエネルギーを使用する
となってしまう可能性があります。





忘れるというよりも
例え一時的にであろうとも、

一度、蓄積されてしまえば、
他の蓄積されている脂肪と、条件は一緒ですから、





条件は一緒であれば、
蓄積されているエネルギーを使用する際に、

最も使用しやすい状態の
蓄積されたエネルギーを使ってしまう

というのが正解かもしれません。





蓄積された脂肪を使用されるのでしたら、

どこに蓄積されている脂肪でも
何ら問題ないのですが、



蓄積された脂肪ではなく、

筋肉を消費されてしまうことが
最も恐れる、怖いこととなります。





蓄積されている脂肪を使用されないで
筋肉を使用されて消費されてしまいますと、

痩せにくい体質へ変わってしまうことを



バタフライフプログラムなど
素晴らしいダイエット方法に

取り組まれている方でしたら、
良くご存知でしょう。





このような状況を防ぐことが、
太らないということにつながりますので、

一度に摂取するエネルギー量を少なくして、
一時的に蓄積されることを防ぐために、



一度に摂取するエネルギー量を多くするのではなく、
摂取するエネルギー量を分散させて、なおかつ、

血糖値の上下のタイミングを上手に利用することで、



分散して摂取したエネルギーを
蓄積されることのないように、

すぐに消費されるように上手に摂取するという考えが、
≪食事の重点を分散作戦≫です。





従いまして、
少しの量でも大量のエネルギー量となる嗜好品を

10時と15時に分散させることに適した方法が、
≪食事の重点を分散作戦≫であるといえます。





バタフライフプログラムという

素晴らしいダイエット方法を
私と一緒に取り組まれている方は、



バタフライフプログラムの

素晴らしいダイエット知識と
ダイエット方法を実践されながら、



お伝えしています様々な方法と一緒に

≪食事の重点を分散作戦≫で、
素晴らしいダイエット効果を発揮されて



理想体重を実現されている方が、
とても多くいらっしゃいます。





バタフライフプログラムのダイエットに
私と一緒に取り組まれながら、

理想体重を実現することに
多くの方が役立てることのできた



≪食事の重点を分散作戦≫を
ご紹介いたしました。










今回はココまでです。

お付き合いいただいて、ありがとうございました。





▼ダイエット方法の中で唯一の超イチオシ

バタフライフプログラム 評価レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/89655580.html



▼骨盤を矯正して太る原因を確実に簡単に解消する優れた方法
骨盤くびれダイエット 評価レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/113991565.html



▼楽に簡単に確実に筋トレに成功

HSMT法 評価レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/108010231.html



▼下半身痩せ脚痩せと同時に美脚に成功

脚痩せるんるん♪1日7秒 美脚の創り方 評価レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/104172018.html



▼簡単に確実にウエストサイズダウン

【部分痩せダイエット】腹ペタ!セブン!腹痩せダイエット 評価レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/97440346.html



▼簡単に確実にバストアップ

最低2カップアップする裏技バストアップ術 評価レビュー
http://dietnoinfo.seesaa.net/article/106203712.html



▼≪部数限定の無料レポート≫下半身痩せ、脚痩せの方法情報満載

脚痩せ【部数限定】無料レポート
http://123direct.info/tracking/af/100487/dq0Y7jeZ/



▼≪部数限定の無料≫正しいダイエット知識満載

ダイエットアドバイザー村本エリカさんの著書
http://123direct.info/tracking/af/100487/XbGEUfvP/










■ダイエット方法とダイエット商品の口コミ情報

発行者
tak

ブログ
ダイエット商品の効果を口コミ評価レビュー感想と評判
http://dietnoinfo.seesaa.net/




 

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-11-10  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。