ドライブ・ツーリング

このメルマガは現在休刊中です。
外房の抜け道案内

e-book外房の抜け道案内をメルマガ用に改編し、漸次配信して行きます。外房の抜け道案内とは、釣りやゴルフ、ドライブや観光なで外房方面によく行かれる方におすすめの抜け道情報です。

メルマガ情報

創刊日:2008-10-20  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

  外房の抜け道案内創刊準備号

 メルマガ版外房の抜け道案内創刊にあたり、
外房の抜け道案内?何それ?
という方のために、いくつか概要をお知らせしたいと思います。

1.外房の抜け道案内とは、
  外房界隈のお勧めの抜け道ルートをまとめたものです。
  釣りやゴルフ、ドライブや観光などで外房方面によく行かれる方に
  おすすめの抜け道情報です。詳しくは、私のHPをご覧ください。

2.メルマガ版外房の抜け道案内は、e-book外房の抜け道案内を
  メルマガ用に抜粋・改編したものです。

3.e-bookは図解説入りで、走行ポイントによっては補足説明
  (交通取締状況や道路の幅、等)も添えてありますが、
  メルマガ版にはありません。

4.予定としては、外房の抜け道案内の目次内容に沿って漸次配信して
  行くつもりですが、途中、号外なども追加したいと考えています。

【本文】

 今回は、外房の抜け道案内のプロローグとして、
休日の外房でのバーチャル走行を体験してみましょう。

e-book外房の抜け道案内でご紹介している抜け道を利用して
外房からの迂回走行をシミュレートします。

 残念ながら図解説による案内ができませんので、地名を知らない方は
ロードマップやネット地図等を見ながら読んで頂ければ
だいたいの走行ルートの軌跡がわかるでしょう。


 今日は、とある日曜日。
都心に住むあなたは、久々家族サービスから開放されて外房勝浦まで釣りに来ています。

 ひとくちに勝浦といっても、狙う獲物によってポイントさまざま。
今日の狙いは防波堤のアジです。

あなたは早朝から、人気の新官(しんが)港にやって来ました。

 新官港は小さな港で、アジのポイントは先端の周りと、
やはり潮通しの良い北側堤防の外側です。

なお、北側堤防の外側では、遠投すると石鯛やサヨリも狙えます。
また、堤防の先端の内側のごく一部のエリアではダンゴ釣りでクロが狙えます。

その他、堤防の先端ではメジナを始めタナゴ、ムツ、イワシなど
実に多彩な魚が回って来ます。

 さて、その日の夕マズメはちょうど上げ潮にかかっていて、一時、
アジがたくさん回ってきました。

釣り人の心情として、釣れてる最中に釣るのを止めて帰り支度をするというのは、
なかなかできないもの。

 東京までは車で2時間ちょいです。

 「帰り道、混むとやばいな」と思いつつ、
結局、帰り支度が終わったのは夕方の5時過ぎでした。

 新官から国道128に向かうには、漁協前の道を西方面に向かいます。
割と広い登坂を行くと国道128に行き当たります。
そこには信号がないので、合流するには左右の車の動きに充分注意しましょう。

 しかし…、国道に行き当たって、右(上り)方面は車の列が続いています。

 「やっぱり、この時間は混むなぁ…」

 さて、困りましたね。勝浦の郊外で混んでるとなると、
その先の部原(へばら)〜御宿〜大原あたりも混雑している恐れがあります。

 「これじゃあ、家まで4〜5時間かかっちゃうよ…」

かといって、帰らないわけにもいきません。

 国道128で上り方面を行きたいあなた、こんなときは、とにかく
御宿・大原・太東近辺をショートカットして行きましょう。
渋滞の好きな人はさておき、さっさと通過したい方は、
早々に迂回路へ逃げましょう。

 まず、漁協前の通りから国道128に行き当たったら上り方面へ右折します。
トンネルを1つ越えて勝浦道路をくぐるまでは渋滞を我慢しましょう。
距離にして約1キロ弱です。

 勝浦道路の高架をくぐると、少しだけ2つの道路が並行して
右側から勝浦道路が国道に合流してきます。

合流点の信号、つまり1つめの信号を左折します。
※この信号で左折する車はほとんどいません!

 左折するとすぐJR外房線をくぐります。ここで、ご注意!

 外房線をくぐると、すぐT字路があり、ここを右折するのです。
意外と見通しが悪いので気をつけてください。

 さて、そこを右折すると外房線の線路と並行して
だんだん登坂になって行き、やがて急坂に変わります。

 リアル走行で、もし晴天の場合、この急坂からは太平洋が一望できます。
概ね、部原海岸〜豊浜まで一望できます。

試したことはありませんが、ご来光を拝むには格好の場所かもしれません。

なお、余計な心配ですが、もし一時停止して下車するなら、
サイドブレーキ、パーキングを厳重に。かなりの急坂ですので。

さて、先を急ぎます。

 坂を登りきると、ちょっとだけヘアピンカーブでさらに登ります。
そこから先はいきなり田園地帯になります。

 おおよそ3キロ行くと県道273に合流するので、右方向へ。
そこからさらに2.6キロくらいで、県道174との交差点に行き当たります。

もしこの交差点で県道174を右折し、次の上布施信号を左折すると国吉方面です。
しかし、この県道174とは、昔からよく知られた迂回路です。

 御宿から迂回してきた車もたくさん走っています。
そのためか、その先の区間にはよく、パトが隠れています。

スピードはともかく、追越禁止を見張っているようです。

つまり、このルートはお勧めできません。

 今日のシミュレーションでは、あなたを一気に
東金自動車道の山田ICまで案内します。

 県道273から県道174に交差したら、迷わずそこを左折しましょう。
左折して県道174の山道を約2キロほど行くとT字路が出てきます。
そこを右折します。

右折すると広めの道に変わりますが、ほとんど車は走っていません。

あとは道なりにまっすぐ7キロくらい行くと
「いすみ鉄道」の踏切が出てきます。そこが苅谷交差点です。

そのまままっすぐ進み、広域農道に入ります。

念のため、苅谷交差点でトリップメーターをリセットしておきましょう。

 苅谷交差点から広域農道を約8キロ進むと、県道150と交差する
上之郷信号です。ここを右折し、上市場方面へ向かいます。

 右折して約3キロで 上市場(かみちば)です。
上市場の商店街は道が狭いうえ路駐も多いので、人や自転車の動きには
充分注意が必要です。

 商店街を抜けるとT字路信号が出てくるので(無難に)右折します。

右折すると県道148に変わり、約2.5キロで一宮町に至ります。
一方通行の出口から国道128に行き当たるので、そこを左折します。
国道は上り方面が混雑しているかもしれませんがちょっとだけ我慢です。

ちなみに、この時点でもう御宿・大原・太東は迂回済みなんですよ!
アクセルの踏み方にもよりますが、新官からここまで30分ちょいです。

でも、ここまで迂回しただけでは、まだまだいまいちです。
休日の夕方は、一宮〜茂原区間、及び茂原市内は概ね混雑しています。

そんな道を行ったら、山田ICまで悠に1時間は費やしてしまいます。

 さて、一宮の町中でとりあえず国道128に戻りました。

一宮川の橋を渡り、宮原の変則交差点を過ぎてから約300mほど行くと
国道128はゆるく右にカーブします。

そのカーブが終わると、すぐ右手に「しまむら」があります。
その「しまむら」の手前に右折路があるので、そこを右折します。

左前方に「ベイシア」の煌々とした明かりが視界に入ってきますが、
そちらに気をとられていてはダメです。
「しまむら」の手前を右折です。

 そこを右折して道なりに1キロほど行くと外房線の踏切越えです。

なんだか妙に薄暗く、とんでもなく寂しい田舎道に来ちゃったなと
感じたりもします。
でも、迂回路や裏道とは、そもそもそういったものです。

 踏切を越えてから約6キロ、延々と道なりまっすぐ行きます。

曜日に関係なく、はっきり言って道はガラガラです。
追越禁止でない区間は、遅い車をどんどん追い越して行けるでしょう。

ただし、交差点ごとの信号はどれも変わりが早いので、
無理して飛ばして行っても無意味なので念のため。

 約6キロ走ると、左側に「まきのき亭」という割烹店の看板が
見えてくるはずです。
そこを過ぎると、すぐT字路に行き当たります。

そこを右折し県道138に入ります。なお、このT字路には信号はありません。
左右の見通しは非常に悪いので要注意です。

 そこを右折して県道138に入り、道なりまっすぐ行くと約1キロで
「南日当」交差点です。

もし、この交差点を左折し県道31を約5キロ行くと国道128法目(ほうめ)
交差点です。
法目交差点から少しだけ茂原方面へ戻ると「外房有料」の入口に至ります。

さて、東金方面へ向かうには県道138でそのまま「南日当」交差点を
通過しましょう。

 約1.5キロ行くと左側に、パーラー「アップル」。
その先の小橋を越え、さらに1キロちょっと行くと粟生野(あおの)交差点です。
左手にはミニストップがあります。ここを左折するのです。

「粟生野」交差点を左折して約4キロで国道128バイパスに行き当たります。
でも、国道128バイパスは、またぎ、通過です。

ちなみに、国道128バイパスをまたぐ際、道が空いてるように見えても
大網方面へ右折してはダメです。

そのあたりは空いていても、大網市街地に近づくにつれ混雑しています。
つまり、右折してはダメというわけです。

 国道128バイパスを越えると左手にD2が見えてきます。
このあたりは、左右から来る車や自転車に気をつけてください。

外房線踏切を越えると国道128の旧道に行き当たるので、
そこを右折します。

 さて、右折して旧道に入るとそこそこ車は走っていますが
気にすることはありません。市街地は迂回してしまいますので。

右折して約1キロほどで「みずほ台入口」信号のT字路を左折します。
ゆるい坂道を800m行き、右側にコンビニのある交差点を右折します。

あとはまた、ずっとまっすぐです。

途中、県道20もまたいで行きましょう。
もしそこで左折して千葉方面へ行こうものなら相当の渋滞が待ち構えています。

 県道20を過ぎると外房線をくぐりますが、そこから少し道悪になります。

県道83の旧道と交差する「大竹橋」信号は直進・通過します。

さらに約500m先で「宮谷」T字路信号を左折し、県道83新道に入ります。
そこからはしばらく坂道を登っていきます。

約4キロで東金道路「山田IC」です。
お疲れ様でした。

 さて、シミュレーションはいかがでしたか?

おさらいしてみると、今回の迂回ルートは、

勝浦・新官→国道128→広域農道→睦沢町→一宮町→国道128→長生村

→白子町→永田→国道128→大網→県道83→山田IC

といったところです。

 興味のある方はシミュレーションではなく、実際に、
この迂回ルートを走ってみてください。
時間許せば、上りと下りの双方向に実走行してみることをお勧めします。

へえ、なるほど、渋滞とは無縁だね、それでいてなかなか快適な道路だね。
ということを実感していただけると思います。

                                                       創刊準備号(了)

 
























最新のコメント

  • コメントはありません。