資格

行政書士試験過去問分析:一日一問

資格を取って生活防衛したい!でも試験勉強は何をすればいいの? 過去問を全て暗記するのは限界があり、また本試験で全く同じ問題は出題されませんので、それだけでは不十分です。忙しい社会人だからこそ、趣旨から考えることが合格への近道なのです。趣旨を理解すれば短答問題だけでなく記述式問題にも十分対応できます。一日一問、毎日違う法令を取り上げていきます。

メルマガ情報

創刊日:2008-10-10  
最終発行日:2009-03-27  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

行政書士試験過去問分析vol99

2009/03/27

************************************************************
************************************************************
       行政書士試験過去問分析:一日一問
    〜社会人のための試験対策:趣旨から考えよう〜

        発行者:吉川法務コンサルティング事務所
            行政書士 法務博士 吉川 淳一郎
        発行日:2009.3.27【vol99】
        読者数:214人       
************************************************************
************************************************************

過去問を全て暗記するのは限界があります。また本試験で全く同じ
問題は出題されませんので、暗記するだけでは不十分です。問題や
条文の趣旨を理解することが試験対策になります。趣旨を理解すれ
ば短答問題だけでなく記述式問題にも十分対応できます。忙しい
社会人だからこそ、趣旨から考えることが合格への近道なのです。
このメルマガでは回答・分析はブログに掲載しますので、答えが
すぐに見えずに便利です。一日一問、毎日違う法令を取り上げて
いきます。

▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼
     【今日の過去問:行政手続法】


聴聞を経て行政庁が行った不利益処分について、聴聞に参加した
当事者は、当該処分について行政不服審査法による異議申立てをする
ことができる。
(平成19年第11問)


回答・解説は http://meusol.jp/newblog/ に掲載しています。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
         【先週の過去問:国家賠償法】


パトカーが逃走車両を追跡中、逃走車両が第三者の車両に追突し、
当該第三者が死傷した場合、被害者たる第三者の救済は、国家賠償法
1条による損害賠償ではなく、もっぱら憲法29条に基づく損失補償
による。
(平成18年第20問)


回答・解説は http://meusol.jp/newblog/ に掲載しています。

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

本メルマガの著作権は、他の著作物の引用転載部分を除き、下記事務所
に帰属します。引用転載は、当事務所の許可を得て行ってください。
 
        吉川法務コンサルティング事務所 
         E-mail:  info@yoshikawaj.com
            Homepage: http://www.h5.dion.ne.jp/~yoshijun

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

最新のコメント

  • コメントはありません。