芸術

◆月刊 内田 真弓◆

アボリジニアートプロデューサーである内田真弓さんを応援する有志達によって発行されています。
真弓さんの活動内容やアボリジニアート関連のお知らせなどを月一回で発行しています。

全て表示する >

アボリジニアートと日本を繋ぐ【月刊 内田真弓】第3号 12/2008

2008/12/16

2008年 12月号(第3号)
┼─────┼
┤M E N U ├
┼─────┼ 
  ┏━┓                         
 ┃1 ┃真弓さんニュース
 ┗━╋…─────────────────────────
        └→アボリジニアートや真弓さんに関連した予定など
 ┏━┓
 ┃2 ┃好評連載 「裸足のアーティストに魅せられて」    
 ┗━╋…─────────────────────────
        └→メルボルン情報誌「伝言ネット」に連載中      
  ┏━┓                          
  ┃3 ┃「俺様」から「皆様」へ
 ┗━╋…─────────────────────────
        └→真弓さんの近況報告
 ┏━┓                     
 ┃4 ┃ リレーエッセイ
 ┗━╋…─────────────────────────
        └→
       『真弓さんとの思い出』                 
                                    お好み焼きぽん太 様

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★
内田真弓さんをもっと知りたい人は・・
真弓さん公式サイト 『Art Space Land of Dreams』へ 
         ↓↓↓ 今すぐアクセス ↓↓↓
          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         http://www.landofdreams.com.au 

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★
  ┌─┐┌─┐┌─┐┌─┐┌─┐┌─┐┌─┐┌─┐
  │真││弓││さ ││ん││ニ││ュ ││ー││ス│
  └─┘└─┘└─┘└─┘└─┘└─┘└─┘└─┘
┏……………………………………………………………………┓
  ●『裸足のアーティストが子供達とご対面』
アボリジニのアーティスト4人がメルボルン日本人学校を訪問。
このユニークな課外授業のコーディネーターは、伝言ネット
でおなじみの内田真弓さんです。

・伝言ネット12月号掲載(下記リンクより記事が読めます)
http://www.dengon.com.au/japanese-school-melbourne/618

   ●真弓さん紹介Webサイト
『Romp diary』2008年10月4日
・パレードが行くよ
http://romp.seesaa.net/article/107564668.html

『モデル京子』2008年10月3日
・恋する秋
http://lovelykyouko.blog87.fc2.com/blog-entry-93.html

『Catch of the day』2008年6月24日
・砂漠で見つけた夢
http://blog.goo.ne.jp/libra1963/e/96a5882322f141b837109e4748b237b0
┗……………………………………………………………………┛
              ┼───────┼      
              ┤  好評 発売中  ├  
              ┼───────┼ 
   砂漠で見つけた夢〜アボリジニに魅せられて〜
     内田 真弓 著 KKベストセラーズ
       お求めはお近くの書店にて

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
  内田真弓 連載中「裸足のアーティストに魅せられて」
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
「野生のチーター」

 いやはや。まさに嵐のように過ぎ去った2008年であった。
オレ様にとってこの1年間は長い長い間、ずっと思い描いていた
ものが、やっと“カタチ”として現実のものとなった、このうえ
ない幸せな時間となった。アボリジニアート『エミリー・ウング
ワレー展』の日本開催である。

 これまでの苦労話や展覧会が実現した時のオレ様の尋常ならぬ
興奮等は、すでに過去の紙面で綴らせてもらったので、今更あれ
これと書くことは控えるが、こうした大きなものを達成した後の
自分自身と、今、改めて静かに向き合いながら、実に様々な気持
ちを楽しんでいる。 …といったら聞こえがいいかもしれないが、
正直、毎日一人でボケーッとしながら自分の仕事部屋で大半の時
間を過ごしているのが現状だ。何をやるわけでもなく、目の前に
積み重なっている展覧会で使った資料をきちんと整理しなくちゃ
…と思いながらも、まだ机の上はぐちゃぐちゃ状態。必要な資料
を一つ探すたびに更に散らかるといった最悪の状態だ。とにかく
やる気が起きない。それでもちゃんと腹は減るので、ご飯をモリ
モリかっ食らう。食べたらたちまち眠くなる。とりあえず昼寝を
する。そうすると夜眠れなくなって夜更かしする。夜更かしする
と朝起きられない…といった生活パターンは、堕落人生まっしぐ
らのようだが、考えようによって、これはとても贅沢な暮らしで
はなかろうかと思うが、いかがだろう。

「続きはこちらから」↓↓↓(いずれも内容は同じです)
http://www.dengonnet.net/articles/aborigine/ 
(DENGON NET)
http://landofdreams.com.au/essay/472
(Art Space Land of Dreams)

,:*~*:,_,☆真弓さんが住む「メルボルン」を感じる情報誌☆,:*~*:,_,:*~
,:*~*:,_,:*~*:オーストラリア/メルボルン発 DENGON NET ,:*~*:,_,:*~*:
───┬───────────────────────────────
   └─→  http://www.dengonnet.net

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

     ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
  ○/  ■□■ 「俺様」から           
 <□   □■   「みなさま」へ        □
 />   ■            内田真弓 の近況報告     □■
    ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
多忙な年末の最中、真弓さんからのメッセージは新年のご挨拶と共に…。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
オーストラリア留学ならKALEIDO留学サービス
オーストラリア留学を無料手配。真弓さんの住むメルボルン留学は…。
http://www.kaleidowiz.com
▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼
*========*========*=======*=======*=======*=======*========*
 ○     リレーエッセイ                   
<□>   『真弓さんとの思い出』                 
 ||                         お好み焼きぽん太 様
*========*========*=======*=======*=======*=======*========*
 内田真弓さんに初めてお会いしたのは1999年8月の頃だったと記憶
しています。息子の仕事関係でお世話になりましたので、ご挨拶に思
いお訪ねしました。メルボルン最大のアボリジニアートギャラリーの
中で所狭しと並ぶアボリジニ絵画を背にバイヤーの方と流暢な英語で
商談されるお姿を拝見し、素晴らしく行動力のある日本人女性がメル
ボルンにいる事を知って感動しました。

 2度目は偶然にもメルボルン市内のプラーンマーケットで真弓さん
がお買いものなさっている所で出会い嬉しい再会でした。

 3度目は息子の友人の結婚式でした。真弓さんの司会で始まるオー
ストラリア式の結婚式。真弓さんの気遣い溢れる楽しい雰囲気の司会
と心深く残る世界で一番幸せなカップルを見せて頂きました。

 昨年神戸北野坂のギャラリーでアボリジニ絵画の個展で真弓さんの
熱く語られるアボリジニ絵画の説明は何度お話を聞いても新鮮で心が
癒され力強く勇気を与えて頂き涙いたしました。感無量でした。

 今年3月大阪国立美術館でエミリー・ウングワレー展では、真弓さ
んからご連絡を頂き、オーストラリアから連れて来られたアボリジニ
の方々を大阪で楽しんで頂くご相談を頂きました。

 いつも「感動」を頂いている真弓さんからのお話とあってはぜひお
役に立ちたく、美味しい大阪のお食事を真弓さんを始め異国の地で不
自由な生活をされるアボリジニ画家の皆様に楽しんで貰おうとご用意
させて頂きました。最初は長旅のお疲れで冴えないお顔をされている
皆さんが、食事が進むにつれて見る見る楽しそうに明るい笑顔になり
満足して頂けた様子を拝見して胸を撫で下ろしました。その夜は大い
に賑わいとても楽しい夜でした。

 その後真弓さんは頭を何度も下げられてお礼を言って下さりました
が、私自身こんなに楽しい思いをした事はなく、こちらこそお礼を申
し上げたい思いで一杯でした。翌日、美術館でアボリジニ画家のバー
バラさんから昨夜のお礼にと絵画を頂いた時はびっくりして興奮冷め
ぬまま会場を後にしました。真弓さんを通じて数々の素晴らしい体験
をさせて頂いています。

 真弓さん、次回はお一人でふらっと当店へお立ち寄り下さいませ。

 南半球のみなさま、お元気で新年を迎えて下さい。
*========*========*=======*=======*=======*=======*========*========*

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-10-09  
最終発行日:  
発行周期:毎月15日予定  
Score!: 100 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。