政治・経済

勇気ある「300人委員会」の著者:ジョン・コールマンを支える会  (始動期)

著書「300人委員会」を著して、3つの組織力=金融・暴力・頭脳で世界を脅し、独裁政府を築こうとする闇の政府の全貌を暴き、彼らに敢然と立ち向かうジョン・コールマンを、後押しし、支え、励ます会を創ります。まず「闇の政府」がわれわれ人類の歴史を、彼らの思い通りに操って来たことを、しっかりと認識しましょう!

全て表示する >

ジョン・コールマンを支える会  (始動期) No.2

2008/10/30



  *このメールマガジンは、会員に向けたニュースレターとしても当分は
    機能しますが、購読無料で底辺広く読まれることを目指しています。


☆☆理想社会―今世紀、理想社会構築の布石
http://park20.wakwak.com/~daisizengaku/ideal_society.htm

☆ジョン・コールマンを支える会HP
http://park20.wakwak.com/~daisizengaku/john_coleman.htm

☆ジョン・コールマンを支える会  メールマガジン
http://www.melma.com/backnumber_177006/

☆理想社会を推進する会HP 
http://park20.wakwak.com/~daisizengaku/push_ideal_society.htm

☆理想社会を推進する会 メールマガジン
http://www.melma.com/backnumber_177005/



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

~~~~~~~~~~~~~~~
◆You Tube

~~~~~~~~~~~~~~~

  http://jp.youtube.com/watch?v=hPsflAScswI&NR=1

  上をクリックしてご覧ください。
この動画のように個々の事実を集積して(これでも一部に過ぎないが)真実を語り出すことが、今の我々に課せられている仕事です。

これはほんの一例を、アトランダムにピックアップしたに過ぎないが、動画サイトの You Tube は秀逸ですね。
このサイトによって我々人類全体の目が啓かれるでしょう。
インターネットそのものは「300人委員会」が画策した盗聴&洗脳システムだとも言われているが、それはU.S.A.のメディアが彼らに牛耳られていることから推測して、怪しむに足りません。

日本のメディアや全世界のメディアにも彼らの触手が伸びていることは疑いありません。彼らは我々の精神文化にも、麻薬のような精神破壊のコンセプトを送り込んでいます。Sexから芸術まで、広い範囲で彼らはこれらをコントロールしている。例えば造形芸術の世界で誰が彼らに買収された手先であるか、というように個人を特定することもできるが、これは会が正式に発足してからの、会員専用のニュースレターに載せることにします。

       *“感謝・愛・善・美“を表現することが芸術に課された使命であるが、これを逸脱する物、例えば資本主義的現実の羅列に過ぎない物が芸術として近・現代の歴史に嵌め込まれようとしている。

       ◆暫くは、You Tube の資料を中心に動きます。皆さんが現実の資本主義の労働と遊興の時間の、ほんの5%を事実を視るエネルギーに注がれるなら、生物としての人間の責務に目が啓き、真実の志士・ジョン・コールマンを支える会の会員となる日は間近でしょう。
       ◆You Tube で検索を掛けるワードは、New world order・Giants・Nazi・Antarctic・Google Earth・Google earth secrets・UFO・Secretなど。

          *http://jp.youtube.com/watch?v=2ynxRJm-Yxg
             の映像の中で、カリフォルニア州にあるナチの建物が見える。
             ヒトラーに資金を潤沢に与えた300人委員会にして、
             この事実は何の不思議でもない。




〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「300人委員会」とは世界を悪の理念によって支配しようとする、貴族階級や大資本階級が中心になって暗躍する、その上部組織名です。知らない人が多いと思われるので、上の私のHPや、下記のジョン・コールマンその人が著した書籍:「300人委員会」や、 Google 検索で、知識を得て欲しいと思います。

※書籍「300人委員会」 著者:ジョン・コールマン
                                  訳者:太田竜
                                  出版:KKベストセラーズ  その他複数の出版社

※「300人委員会」のGoogle 検索頁
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%EF%BC%93%EF%BC%90%EF%BC%90%E4%BA%BA%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A&lr=lang_ja
    注:「「国民の司法」を育てる300人委員会」とは別物です。




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ◆ジョン・コールマンを支える会 会員募集

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

☆ジョン・コールマンを支える会 要綱 (始動期)

  1) 会員資格: 月額千円の会費を納付すれば、原則的に誰でも会員となれる。


  2) 会費の使途: 会費は将来の「ジョン・コールマン日本オフィス」開設のための資金とする。
         また会の活動費と人件費(専任スタッフ)を賄うために使用する。
           *当初のスタッフは自然学舎・舎人が勤める。


   3)会の活動:

        (1) 会員の皆様から、ジョン・コールマンを補助するための様々な提言を頂いて、
             更に実行可能な具体策を練る。

        (2) 会誌(ニュースレター)を発行する。現在、発行中のメールマガジンをそのまま会誌にする。
             会誌には上の!)について詳しく書き記す。また経理報告する。

        (3) 会のジョン・コールマン支援活動の具体策が明瞭になり、
            且つ資金的な目途が立てば、第二段階の活動に入る。
            「ジョン・コールマン日本オフィス」を開設し、出版、講演会、教育、研究所
            などの活動で世界の人々に真の歴史を知らせる。

        (4) 第三段階として、「300人委員会」解体の戦略を練る。
             これはかなり綿密に行うことが必要である。

        (5) 第四段階として、この戦略を実行に移す。


   4)会員応募要項:

         (1) 住所、電話番号、E-Mailアドレス、氏名を明記して、
              代表(自然学舎・舎人)にメールを送る。
                *匿名でもOKにします。後に正式なニュースレターを送るのに必要な
                  メールアドレスとニックネームだけお知らせください。

         (2) 会員認定のメールを受け取ったら、指定の口座に会費を振り込む。
              *会員の皆様のお名前は決して表に出しません。
                 これは最初に申し込みされたとき各自へのメール(私の本名で)で
                 保証書き致します。
                 名前が出るのは取り敢えずの会の代表としての私の名前だけです。
              *経理的な面でも誓約書を提出して置きます。
                 当初の代表スタッフとしての私の月額手当ては3万円程度にします。



                  ☆皆様の会への奮ってのご参加をお待ちしております。



     私のHPトップへもどうぞお出でください!
     http://park20.wakwak.com/~daisizengaku/


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

         大自然学舎・舎人 記

         2008.10.30

 大自然学舎:〒893−1402 鹿児島県肝属郡肝付町南方1589−2
                      Tel:0994−67−3585 
           (テントから家の電話に出るまで30秒走ります。)
                      E-Mail : daisizen@bi.wakwak.com


            -----------------------------
            ジョン・コールマンを支える会  (始動期)
    発行システム:melma!   http://melma.com/
    バックナンバー : http://www.melma.com/backnumber_177006/


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-10-07  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。