独立・起業

読解力がつく学習塾の創り方−読解力編−

読解力を指導していく方法について説明します。特に、オリジナルの指導法である「読解力の公式」についても紹介していきますので、楽しみにしていてください。

メルマガ情報

創刊日:2008-10-02  
最終発行日:2014-05-29  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガはサンプル記事のみ表示されています。

このメルマガはサンプル記事のみ公開されています(最新号を読むにはメルマガ登録が必要です)

サンプル記事

2000/01/01

     読解力がつく学習塾の創り方−読解力編− 
このメルマガは、『読解力がグングンつく学習塾の創り方』から誕生しました。
読解力を指導していく方法について説明します
特に、オリジナルの指導法である「読解力の公式」についても紹介していきま
すので、楽しみにしていてください。

二宮智宏の考え方
どんな子も、発達・変化の可能性を大きく持っている


======================================================================
       No.1 今の小学生・中学生の読解力は???
======================================================================
第二回全国学力テストの結果が、先日公表されました。

第一回に比べて、ひねった問題がいくつかあり、結果として前回と比べて数値
としては落ちてしまいました。

文部科学省としての戦略が見えないですね。
たとえば、各教科について、

日本として、
基礎レベルはこれで、95%の生徒は達成するべき。
中級レベルはこれで、60%の生徒は達成するべき。
応用レベルはこれで、30%の生徒が達成できればよい。

というものを示すべきです。

しかも学力テストの難易度が変わってしまったのですから、比較ができません。
まあ、今後どこかに安定させるのかもしれませんが・・・


ちょっと脱線してしまいましたが、今回のテストの評価としては、
『地域格差が固定化』ということだそうです。

まあ、まだ2回ですからね。


考えてみると、どの教科も“言葉”を使って教わっているので、読解力が弱い
とどの教科も理解不足になってしまいます。

「読み・書き・そろばん」とはよく言ったものです。


私たちは塾を通して子どもに最も必要なもののひとつである“読解力”を与え
てあげるという壮大な仕事を選びました。

ともに理想に向かって進んでいきましょう!



━━━━━ 編集後記 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
新しいメルマガを出すときは、まさしく初心。
初心忘れるべからず、で続けいきます。

感想・応援・ご要望をお寄せください。
必ずお返事します。

━━━━━ 発行者 ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あなたのマナブを応援する ティー・エム・システムズ株式会社
まめの木塾   二宮 智宏
感想・ご意見は to@mamenoki.org

━━━━━ あなたの塾が多くの人を幸せにしますように ━━━━━━━━


最新のコメント

  • コメントはありません。