環境

NPO法人風のメールマガジン

風のある暮らし・21世紀の新しい暮らしを提案して活動するNPO法人風が、環境最前線の情報を暮らしに生かせるように、身近な暮らしにつないでいきます。また、風のお知らせも併せてご案内させていただきます。

全て表示する >

今日の特集:環境最前線─落雷とヒートアイランドと温暖化

2008/08/28

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■1■ 今日の特集:環境最前線─落雷とヒートアイランドと温暖化
<お知らせ>
■2■ 9月21日(日)「風のがっこう」セミナー只今再募集中!
■3■ 第4回風の旅「おわら風の盆」中止のお知らせ
■4■体験学習の一環で「風の話」を聞いてくださった神奈川県藤沢市の中学校の
皆さんから感想文が届きました。
<ご 報 告>
■5■ 7月30日 亀岡公民館サークル等連絡協議会研修会にて講演
■6■雑誌「チルチン人」8月号にNPO風が紹介されました。
■7■ 大阪・なんばウォークで8月14〜17日、「うちわ」のイベントに協力参加
■8■ <編集後記> 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
いつもありがとうございます!
NPO法人風の池田真知子です。
「NPO法人風」のメールマガジン<第2号>をお届けします。

■1■ 今日の特集:落雷とヒートアイランドと温暖化
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
今年の猛暑も峠を越え朝夕の涼しさに、しばしほっとしています。今年の京都は早く
から夏がやってきたようで、7月は31日間すべてが30度以上の真夏日でした。
35度以上の酷暑日も12日間もあり暑い夏でしたが、8月の立秋を境に秋の気配が忍び寄
ってきています。
今年の夏の天候を振り返って見て特に気になったのは、この夏の猛暑よりも落雷を伴
ったゲリラ豪雨が度々あったことです。テレビのニュース速報で、毎日のようにどこ
かでゲリラ的な「大雨洪水警報」が発令されています。先日、京都では落雷で世界遺
産に指定された醍醐寺の観音堂「准胝堂」が落雷で燃失しました。

この落雷とゲリラ豪雨、何が原因だと思いますか。
多くの方が、温暖化による異常気象のせいだと思っているのではないでしょうか。
私は、温暖化よりもヒートアイランドの影響が強いのではないかと思ってこの現象を
眺めています。ヒートアイランドとは、等温線で気温をつなぐと都会を中心に島のよ
うに等高線が現れるのでこの名が付けられました。都会でヒートアイランドが起こる
原因としては、夏のエアコンからでる熱風、夜になっても熱を放出しにくいアスファ
ルトやコンクリートの建物。自動車から排出される排気気ガスも地面に近い空気を熱
くしています。こうした私たちのライフスタイルの変化が、放熱という大地の自然の
呼吸(循環)を妨げているのです。
落雷やゲリラ豪雨のメカニズムを知るためには、積乱雲が出来る過程を知ることで、
ヒートアイランド現象が影響していることがよく理解できるので、次に積乱雲が出来
る過程を簡単に説明します。

【積乱雲が出来る過程】
地面に近い空気が暖められると、暖められた空気は軽くなり上昇します。空の上の方
は気圧が低いため上昇した空気は膨張します。このときに膨張した空気は熱を消費す
るため温度が下がります。温度が下がると空気中の水蒸気は小さな雨粒になります。
この雨粒の集まりが雲です。水蒸気が小さな雨粒になるときに今度は熱を放出します。
放出された熱は、周りの空気を再び暖めます。ここで暖められた空気はさらに上昇し
ます。このときに上昇した空気の上空に冷たい空気があると、この冷たい空気は重い
ので下へ、暖かい空気はさらに上昇しようとする空気を持ち上げ激しい上昇気流が雲
の上層で起こります。その姿が、あのモクモクと発達していく入道雲の姿です。大き
な積乱雲は10000m〜12000mの上空まで達します。上空はー70度と気温が
低いので雨粒は氷の粒になります。大きくなった氷の粒は重いので下へ、小さな氷の
粒は上昇気流で上へ上昇しようとして氷の粒が激しくぶつかり合います。このとき静
電気が発生します。雲の上層に+イオンが、下層には−イオンが帯電しますが、雲の
中で帯電が限界を超えると空気中に放電するため空に稲妻が走るというわけです。
これが雷です。

以前は、地面近くの温度は夜になると地面から水蒸気が出て温度が下がりました。
また、植物からも水蒸気が出て温度を下げてくれました。しかし、今の都会では地面
はアスファルトに覆われ、植物は減り、なかなか空気の温度が下がりにくい状態です。
そういったヒートアイランド現象で暖かい空気のあるところに、上空には冷たい寒気
流があり、下層には湿った暖かい空気が流れ込んでくるという条件がそろったとき、
強い上昇気流が発生して積乱雲が発生します。この積乱雲の真下がゲリラ豪雨が降っ
ているところです。

気象庁の異常気象分析検討会から今年の夏の天候の状況が公表されました。
今年の西日本では下層ほど空気が高温であったという報告が出ています。
積乱雲が出来やすい状況だったわけです。

またこの積乱雲の発生によって年々激しくなる「ゲリラ豪雨」の雨量に対応できて
いない都会の雨水の排水構造が被害を大きくしています。こういった災害を減らす
ためにも、私たちも生活の中でヒートアイランド現象が起こらないような暮らしの
工夫を心がけることも大切なことではないでしょうか。
NPO法人風では3年前から「うちわ」を使うことでエアコンの設定温度を少しで
もゆるくすることを提案してきましたが、小さな「うちわ」でも皆が実行すればエ
アコンの使用量を減らすことでヒートアイランド現象の改善にも貢献できると思っ
ています。
また、都会に植物を増やすことで地面や建物の温度が下がるだけでなく、植物が出
す水蒸気が温度を下げてくれます。

ただ、近年のヒートアイランド現象を見ていると、都会に限ったことではなく、実
は日本列島全体が異常に暖まっているのではないかという気がしてなりません。
宇宙から夜の日本を写した映像を見たことがありますか?
日本列島全体が際立って明るく輝いています。日本の電気の使用量は、アメリカ、
中国に次いで世界第3位です。この小さな島国でエネルギーがいかに沢山消費されて
いるかがこの映像から感じ取れます。空気中に電波や電磁波の影響で非常に電気
帯びているのを感じます。こういったことも考え合わせていくと、先ほども書いた
冷たい気流と、暖かい湿った空気が流れ込めば、今後、どこでもこの落雷とゲリラ
豪雨が起こる可能性があるのではないかと感じます。

それにしても空にけたたましく鳴り響く強烈な落雷とゲリラ豪雨を前にして、自然
の持つダイナミックさに驚歎し、いかに人間が小さな存在かということを爆撃音のよ
うな雷の音を聞きながら感じてしまうのは私だけでしょうか。

さて話は変わりますが、私は11年前からビルの屋上でお野菜作りをしています。
今年の猛暑も、秋が早いことも、このお野菜たちに教えてもらいました。
一月前から、ブログを始めました。ブログのタイトルは「風を感じて暮らす〜真知子
の屋上ガーデニングとロハス生活」です。このタイトルの「風を感じて暮らす」とは
地球を感じて暮らすということです。都会でも、地球の自然を感じながら楽しく暮ら
すことは出来ます。そんな暮らしのヒントを探している方はどうぞ、このブログを読
んでみてください。URLはhttp://kazekaze08.blog64.fc2.com/です。 
                      NPO法人風 代表池田真知子

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<お知らせ>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■2■ ケンジ・ステファン・スズキの「風のがっこう」好評に付き再募集!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
9月21日(日)ケンジ・ステファン・スズキ氏の「風のがっこう」セミナー再募集して
います。7月13日は全国から参加者が集まり、20名に達したところで募集を締め切りま
したので、参加できなかった方のために、再募集して参加者受付中。
詳しくはホームページhttp://kaze-net.jp/npo/suzukikaze.htmlをご覧ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■3■ 第4回風の旅「おわら風の盆」(9月3〜4日)中止決定!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第4回風の旅「おわら風の盆」、今年は祭りの最終日が平日のためなかなか参加者
の数が増えず参加人数が、最低催行人数に達しないため、8月25日、中止を決定し
ました。参加楽しみにしてくださった皆様におわび申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■4■ 体験学習で「風の話」を聞いてくださった中学生の皆さんから感想文。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
5月12日体験学習で「風の話」を聞いてくださった神奈川県藤沢市立善行中学の皆
さんから感想文が届きました。
感想文は、風のホームページのhttp://kaze-net.jp/npo/fujisawa1.htmlに掲載してい
ます。彼らの「風への見方が変わった」という感想で綴られている感想文、是非、読ん
でください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<ご 報 告>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■5■ 7月30日 亀岡公民館サークル等連絡協議会研修会にて
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「自然の中に生まれる生命〜環境にやさしい団扇の風」を代表の池田が講演。
この日のことをブログに「稲を渡る風に吹かれて」
http://kazekaze08.blog64.fc2.com/blog-category-5.html)に書いております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■6■ 8月5日発売の雑誌「チルチンびと」8月号にNPO法人風のことが紹介。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
チルチンびとの8月号のスクランブルにというページに「風を生かした古くて新しい
暮らし」を提案しています。こんな見出しでNPO法人風が紹介されています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■7■ 大阪・なんばウォークで8月14〜17日、「巨大うちわ」のイベントに協力参加
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
1日の交通量が20万人、ショッピング者の数1日4万人といわれる難波ウオークの
8月14日〜17日開催の「巨大うちわ」のイベントに協力参加しました。
イベント初日の14日は、作家の片山みやびさんをお迎えして巨大うちわ(190cm×
140cm)2本に絵を描いていただきました。完成した巨大うちわは、15日〜17日の3
日間、なんばウォークの地下街を、巨大うちわで扇ぎながら練り歩き、地下街に涼しい
うちわの風が届けられました。
実はこのイベント、思いがけないおまけが付いてきました。それは、日本中の新聞に、
この「巨大うちわ」のイベントが紹介されたことです。
詳しくはNPO法人風のホーページ(http://kaze-net.jp/npo/ivent080814nanba.html
をご覧ください。なお、ブログには「巨大うちわは楽し!」というタイトルで書いています。
http://kazekaze08.blog64.fc2.com/blog-entry-23.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■8■ 編集後記 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
最後まで読んでくださってありがとうございます。
あまりの夏の間のイベント等の忙しさでついにダウン。
メールマガジンの配信、少し間が開いてしまったことお許しください。
さて、この夏の猛烈な雷雨、皆様のところではいかがでしたでしょうか。
次回からは、エネルギー問題の最前線の特集を何号かにわたって書いていきます。
どうぞ、引き続きNPO法人風のメールマガジンをよろしくお願いいたします。   

                          池田真知子
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-07-24  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。