Office 4 News

RSS

フィリピンのゴミ捨て場で生きる子どもたちのドキュメンタリー映画「神の子たち」「忘れられた子供たち」「バスーラ」や、3.11後の福島を記録した「わすれない ふくしま」の四ノ宮浩監督/オフィスフォープロダクション発行。



メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


最新の記事リスト

  1. Office 4 News

    9/18

  2. Office 4 News

    9/16

  3. Office 4 News

    9/10

  4. Office 4 News

    9/3

  5. Office 4 News

    8/19

メルマガ情報

最終発行日:
2016-09-18
発行部数:
196
総発行部数:
91933
創刊日:
2008-07-22
発行周期:
不定期
Score!:
95点

最新のコメント

  1. 初めまして。成田と申します。
    恵比寿ガーデンプレイスで公開されていた映画BASURAで四ノ宮様のことを知り、3部作のDVDもすべて購入して拝見しました。
    コミッションの件、クリスティーナさんだったのですね。16歳の時からずっと信じてきても、最後にこういうことをされると辛いですね。海に行きたくなったお気持ち、よくわかりました。

     2014/8/18 このコメントがついた記事>>

  2. 「わすれない ふくしま」
    早く見たいです。

     2013/2/11 このコメントがついた記事>>

  3. 日本の天皇制を守る政党やひとを選ばないといけない,などと言える根拠は?

     2012/11/22 このコメントがついた記事>>

  4. 新作映画、楽しみです。

     2011/6/13 このコメントがついた記事>>

  5. 四ノ宮監督の新しい息吹が
    感じられました。

     2011/2/10 このコメントがついた記事>>

  6. 監督の一言にいつも元気をいただいています。

     2010/6/3 このコメントがついた記事>>

  7. 身体を壊さないよう・・・気をつけてください。勇気をもらい、元気とやる気ももらいます。有難うございます。

     2010/2/4 このコメントがついた記事>>

  8. 毎回読んでいます。フィリッピン・マニラに駐在の経験があり彼らがいかに劣悪な環境の中で明るく笑顔を絶やさず生活している姿に対し自分を見つめ直すチャンスを与えてくれていると思います。ありがとう。

     2009/8/7 このコメントがついた記事>>

  9. 無関心、事なかれ主義、見て見ぬふり・・・大人の世界も職場も一緒ですね。
    無関心はだめですね。

     2009/7/1 このコメントがついた記事>>

  10. たしかにその通りだと思った。

     2009/6/19 このコメントがついた記事>>

メルマ!のおすすめメルマガ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2016/12/04
    読者数:
    13248人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. ネットワーク『地球村』えこめーる”ONE”

    最終発行日:
    2016/10/15
    読者数:
    3419人

    NPO法人ネットワーク『地球村』発行のメールマガジンです。地球温暖化、地球環境問題、最新の環境情報やグリーンコンシューマとしてすぐに取り組めることなどを楽しくわかりやすくお伝えします♪ <melma!&まぐまぐ発行総部数:約4,300部>

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2016/12/09
    読者数:
    23737人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. ドキュメンタリー映画の最前線メールマガジン neoneo

    最終発行日:
    2016/12/01
    読者数:
    2108人

    映画関係者必読のメールマガジン。プロデューサー、監督、評論家、映画館支配人など、さまざまな立場からこれからのドキュメンタリー映画を熱く語ります。

  5. 台湾は日本の生命線!

    最終発行日:
    2016/12/09
    読者数:
    1460人

    中国の軍拡目標はアジア太平洋での覇権確立。そしてその第一段階が台湾併呑。もし我が「不沈空母・台湾」が「中国の空母」と化せば日本は・・・。政府・媒体が敢て語らぬ生命線防衛の重要性を訴える。

発行者プロフィール

オフィスフォープロダクション

オフィスフォープロダクション

http://www.office4-pro.com/

過去の発行記事