ニュース・トレンド

電網かわら版『必読!ITメディア』

インターネット、情報通信、放送関連の話題を、氾濫する情報洪水の中から厳選、平易かつ簡明に要約・解説してお届けします。

全て表示する >

kawaraban183

2018/03/06

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ■□■  電網かわら版『必読!ITメディア』 ■□■
    第183号  2018年 3月 6日発行  〜総配信数 630部 Thanks!〜
───────────────────────────────────
  ◇インターネット、情報通信、放送関連の話題を、氾濫する情報洪水の中
   から厳選、平易かつ簡明に要約・解説してお届けします。
                  by マイクル渡辺 info@micle.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「そだねー」に熱狂した冬季オリンピックの余韻が薄れ、沈丁花の香りに春
の訪れを実感する季節となりました。如何お過ごしでしょうか。

 例年悩まされる寒暖差アレルギーや、ようやく訪れた五十肩も軽度で済み、
降圧・降下剤のお世話になりつつも、本日無事67歳の誕生日を迎えました。
 随時ネットにアップされる、孫娘と昨秋誕生した男孫の笑顔やしぐさに癒さ
れつつ、ネット自営業に勤しんでいます。

 自動車産業も「CASE」と呼ばれるキーワードで象徴される「100年に1度の
大変革期」に突入したようです。コネクテッド(C)、オートノマス(A、自動運
転)、シェアード(S)、エレクトリック(E)・・・
 今号は、「くるまーと」で取り上げた「クルマとIT」に関する最近の話題を
いくつかご紹介いたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【クルマとIT】
 〜「くるまーと:ニュース&トピックス」より
   http://kurumart.jp/news/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●トヨタはIT企業の下請けになるのか(3/3)
   http://biz-journal.jp/2018/03/post_22513.html
   http://www.inoue-hisao.net/

 自動運転、カーシェアなど、変革の波が押し寄せている自動車業界は今後、
どこへ向かうのか。昨年「自動車会社が消える日」(文春新書)を上梓したジャ
ーナリストの井上久男氏に話を聞いた。日産取締役の志賀さんは個人的見解と
して、2050年になくなるものは4つあると話しています。ガソリンスタンド、
自宅の駐車場、信号機、運転免許証・・・

───────────────────────────────────
●「自動運転車」の事故、誰が責任を負うのか(2/19)
   http://toyokeizai.net/articles/-/209184

 安全運転支援システムを備える自動車ユーザーの4人に1人が「急に加速・
減速した、衝突被害軽減ブレーキが効かなかった」など想定外の出来事を経験
したことが明らかになった。今後、自動運転レベル3以上が発売されると、事
故原因に、システムの誤作動や欠陥が疑われるケースが増えると予想される。
そうした場合の責任の所在や被害者への補償はどうなるのか・・・

───────────────────────────────────
●EV本格普及はいまだ不透明(2/15)
   http://diamond.jp/articles/-/159754

 EV用車載電池の国際カンファレンスで、EVブームの仕掛け人ジャーマン3
の関係者すら「EV本格普及はいまだに不透明」という見解を示したことに、
日本人関係者の多くが驚いた。欧州のEVシフトの構図は、ディーゼル不正に
よるネガティブな企業イメージからのV字回復を狙ったVWが仕掛け、ダイム
ラーがすぐに相乗りし、その流れをBMWが追い、独自動車部品大手ボッシュ
とコンチネンタルがサイドサポートに回った、というもの・・・

───────────────────────────────────
●新型「Aクラス」独自ハイテクは何が凄いのか(2/5)
   http://toyokeizai.net/articles/-/207447

 独ダイムラーが先日発表した新型「Aクラス」。独自のマシンラーニング(機
械学習)や音声認識などのハイテク技術を搭載、こうした分野で先行するアマ
ゾンやグーグルなど、米シリコンバレーのハイテク企業に対抗する姿勢を示し
た。新たな外観で車内は従来より広く設計され、高速道路で運転者を支援する
半自動運転の機能も搭載・・・

───────────────────────────────────
●ダイハツ、点検・整備結果の音声入力システムを新開発(2/1)
   https://www.daihatsu.com/jp/news/2018/20180201-1.html

 ダイハツ工業は、点検・整備結果の音声入力システムを新開発、販売会社で
の導入を開始した。少子高齢化などにより、整備士の人材不足が喫緊の課題と
なっている中、点検・整備の時間短縮や精度向上により、限られた人員でスピ
ーディかつ効率的に作業を行うとともに、サービス品質の向上を目指す。

───────────────────────────────────
●「無人化」を目指すトラック隊列走行の現実味(1/26)
   http://toyokeizai.net/articles/-/206128

 関東甲信地方を大雪が襲った翌日、“物流の新たな大動脈”とされる新東名高
速道路で、大型トラック3台による「トラック隊列走行」の実証実験が始まっ
た。今回は3台とも運転手が乗車しハンドル操作を行ったが、2年後の2020年
には後続2台は「無人」での自動走行実現を目指す。狙いは物流業界の人手不
足解消だが、実現に向けてのハードルは高い・・・

───────────────────────────────────
●デトロイトショーの凋落に見る米自動車産業の不透明感(1/26)
   http://diamond.jp/articles/-/157173

 デトロイトモーターショーの地盤沈下が止まらない。前週にラスベガスで開
催される「CES(コンシューマ・エレクトロニクス・ショー)」にお株を奪われ
ている。自動車産業界はいま、電動化(EV)、自動運転(AV)、通信によるコネ
クテッドカー(CV)という技術領域に加えて、ライドシェアリング等のよるデー
タサービス事業が急拡大。そうした新技術や新サービスの発表の場は、デトロ
イトではなくラスベガスが選ばれることが多くなった・・・

───────────────────────────────────
●地図のゼンリン「自動運転」で高まる存在感(1/9)
   http://toyokeizai.net/articles/-/203667

 本格的な自動運転時代を迎えるにあたり、運転支援から自動運転へレベルを
上げる際に必須となるのが、高精度の3次元地図データ。ゼンリンは、この地
図データで圧倒的な競争力をもつ。その強みは何といっても全国約70の調査拠
点が日々実施する現地調査。1日約1000人の調査スタッフが1軒ずつ歩き、目
で見て調べる地図データの精度は他を圧倒・・・

───────────────────────────────────
●国産車の品質が悪化?業界に何が起こっているのか(2017/12/28)
   https://www.businessinsider.jp/post-108541

 故障の少なさ=耐久性は長らく国産車が誇る美点の1つだ。しかし、その耐
久品質が悪化傾向にあるという衝撃のレポートが公表された。J.D. Powerの顧
客満足度調査だ。顕著だったのは「オーディオ/コミュニケーション/エンター
テイメント/ナビゲーション」への不満だった。国産車にいま一体何が起こっ
ているのか?・・・

───────────────────────────────────
●ウーバーの日本市場攻略が行き詰まったワケ(12/7)
   http://toyokeizai.net/articles/-/200252

 自家用車で乗客を運ぶライドシェア(相乗り)世界最大手、ウーバー・テクノ
ロジーズが日本市場での方向転換を決めた。この3年間、サービスの普及を目
指し、法律専門家とともに規制当局と日々交渉を行ってきたという。しかし、
規制緩和は進まず、タクシー業界からの厳しい反対を受け、交渉には手詰まり
感が出ていた。このため、タクシー会社を味方に付ける方針へと改めた・・・

───────────────────────────────────
●自動車事故はゼロにならない、運転支援技術の「落とし穴」(11/24)
   https://goo.gl/PqJELD

 運転支援技術の進化により、果たして無事故時代は到来するのか。ぶつから
ない技術が進化すればするほど、ドライバーの運転レベルが下がるのではない
か。リスクホメオスタシス理論では「人は安全になった分だけ、それを期待し
て怠惰な行動をとる。よって、危険の確率はある範囲より下がらない」・・・

───────────────────────────────────
●英ダイソン、電気自動車に参入(9/27)
   https://goo.gl/ExoChg

 英家電大手ダイソンの創業者ジェームズ・ダイソン氏は、独自技術での電気
自動車市場参入を明らかにした。主力のコードレス掃除機などで培った蓄電池
やモーターの技術を生かし、2020年までの投入をめざし、開発チームの増強
を急ぐ・・・

───────────────────────────────────
●EV普及で「自動車メーカーは10年後に消滅する」の現実味(8/25)
   http://diamond.jp/articles/-/139781

 世界で加速するEVシフトの動きに対して「10年後にはEV化によって、自動
車メーカーが消えることにもなる」と大胆な発言をする日本のEVベンチャーが
現われた。クルマの心臓部分であるプラットフォームはモジュール化され、米
アップルのように生産設備を持たず、自らは商品の企画・設計に特化し、製造
を委託するビジネスモデルが自動車産業にも波及・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇電網かわら版は、下記サービスを利用して発行しています。
 「まぐまぐ ID:0000005947」「melma! ID:00017577」
◇配信の停止や配信先の変更は、下記でお願いいたします。バックナンバーも
 ご覧いただけます。 http://www.micle.co.jp/kawara.htm
◇内容および広告掲載等のお問い合わせは、 info@micle.co.jp へ。
◇電網かわら版『必読!ITメディア』の全文または一部の文章を、許可無く転
 載することを禁じます。
───────────────────────────────────
  ■□■ 企画・制作 (有)マイクル  http://www.micle.co.jp/ ■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-22  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。