ニュース・トレンド

電網かわら版『必読!ITメディア』

インターネット、情報通信、放送関連の話題を、氾濫する情報洪水の中から厳選、平易かつ簡明に要約・解説してお届けします。

全て表示する >

kawaraban182

2017/09/19

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
     ■□■  電網かわら版『必読!ITメディア』 ■□■
    第182号  2017年 9月19日発行  〜総配信数 630部 Thanks!〜
───────────────────────────────────
  ◇インターネット、情報通信、放送関連の話題を、氾濫する情報洪水の中
   から厳選、平易かつ簡明に要約・解説してお届けします。
                  by マイクル渡辺 info@micle.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 「空梅雨」に始まり、記録的短時間大雨情報が頻発した「長雨の夏」が終わ
ったと思ったら、シルバーウィークは、本土4島すべてに上陸した史上初の台
風が直撃・・・今年もまた異常気象に悩まされましたが、ようやく秋風の涼や
かさに心身をリフレッシュできそうです。如何お過ごしでしょうか。
 随時ネットにアップされる孫娘の成長ぶりに相好を崩しつつ、相変わらずの
ネット自営業に勤しむ毎日です。
 今号は、恒例の「主要IT関連商品シェア動向」と「主要自動車関連商品シェ
ア動向」をお届けします。

───────────────────────────────────
【主要IT関連商品シェア動向(2016年)】
 01.パソコン
 02.タブレット
 03.携帯電話端末
 04.携帯電話契約数
 05.MVNO契約回線数
 06.光ファイバー通信回線
 07.プロバイダー
 08.ポータルサイト
 09.動画サイト
 10.薄型テレビ
 11.ブルーレイ・ディスク録再機
 12.インクジェットプリンター
 13.デジタルカメラ

───────────────────────────────────
【主要自動車関連商品シェア動向(2016年)】
  01.自動車総販売
  02.輸入乗用車
  03.普通トラック
  04.二輪車
  05.市販カーナビ
  06.タイヤ
  07.ガソリン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【主要IT関連商品のシェア動向(2016年)】
  〜日本経済新聞「主要商品・サービス 国内シェア100品目調査」より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●パソコン

<16年 国内出荷台数 1,056万台、前年比0.1%増>
 1位 NECレノボ   24.6% (▲ 1.7%)
 2    富士通          17.5    (    0.8   )
 3    デル             12.3    (    2.2   )
 4    HP               12.3    (    1.3   )
 5    東芝             11.3    (▲ 1.0   )   (  )は前年比増減、以下同様

・スマホの普及で個人向けは減ったものの、法人需要は堅調。
・法人比率が高い富士通がシェアアップ。
・米デルと米HPも、規模のメリットを生かした価格競争力の高い商品で中小企
 業を中心とする需要を取り込む。
・パソコン事業を分社化した東芝は個人向けが苦戦。
・6位アップル、7位パナソニックも堅調。
 
───────────────────────────────────
●タブレット

<16年 国内出荷台数 773万台、前年比6.9%減>
 1位 アップル              40.9% (   0.0%)
 2    ファーウェイ(中)  21.6    (  12.4   )
 3    NECレノボ             8.5    (    1.9   )
 4    富士通                    6.0    (▲ 0.1   )
 5    エイスース (台)       5.4    (▲ 1.7   )

・大画面スマホと軽量ノートPCに押され、市場鈍化が顕著に。
・キーボードをつけるとPCとしても使える「2イン1」型の比率が上昇。
・ファーウェイは、通信事業者と組み、回線とセットにして価格を抑える販売
 手法で大幅シェアアップ。

───────────────────────────────────
●携帯電話端末

<16年度 国内出荷台数 3,648万台、前年度比0.3%減>
 1位 アップル    43.5% (   1.6%)
 2    ソニー       12.5    (▲ 0.8   )
 2    シャープ    10.0    (▲ 0.9   )
 4    京セラ         9.7    (    0.1   )
 5    富士通         8.0    (▲ 0.9   )

・従来型携帯電話(ガラケー)が落ち込み、5年連続で減少。スマホは3000万台
 の大台突破。
・アップルは、新機種「iPhone7」や、旧機種がソフトバンク系「ワイモバイ
 ル」の人気格安プランに採用されシェアアップ。
・中価格帯(3万円台)機種が増加する中、国内上位メーカーの争いは混戦に。

───────────────────────────────────
●携帯電話契約数

<16年度末 国内契約数 1億6273万件、前年比4.0%増>
 1位 NTTドコモ      44.6% (   0.9%)
 2    KDDI(au)       29.4    (   0.3   )
 3    ソフトバンク   26.0    (▲ 1.2  )

・ドコモは、大容量プラン「ウルトラパック」や「子育て応援プログラム」な
 ど顧客還元策が功を奏した。MVNO向け回線貸し出しビジネスでも6割を占
 め、シェアアップの一因に。
・KDDIは光回線とのセット割引が引き続き好調。
・積極的販売施策で2社から顧客を奪ってきたソフトバンクは、料金プランや
 端末が同質化したことで顧客が一部流出。

───────────────────────────────────
●MVNO(仮想移動体通信事業者)契約回線数

<16年度末 契約回線数 810万件、前年比50.2%増>
 1位 NTTコム                27.0% (▲ 3.6%)
 2    IIJ                         14.9    (▲  2.3  )
 3    楽天                         9.6    (     2.4  )
 4    ケイ・オプティコム   6.5    (    2.9   )
 5    プラスワン                5.3    (    −     )

・総務省の実質ゼロ円端末廃止要請でスマホの月額料金がアップ、格安スマホ
 移行ユーザーが増加。
・NTTコミュニケーションズ(OCNモバイルワン)はLINE、インターネットイ
 ニシアティブ(IIJ)はビッグカメラなど、法人にまた貸しする事業は堅調なも
 のの、自社の消費者向けサービスが伸び悩み。
・楽天、ケイ・オプティコムがシェアアップ。

───────────────────────────────────
●光ファイバー通信回線

<16年度末 契約回線数 2,933万件、前年度比5.4%増>
 1位 NTT東日本              38.1% (▲ 0.2%)
 2    NTT西日本              30.3    (▲  0.6  )
 3    KDDI                      13.3    (▲  0.2  )
 4    ケイ・オプティコム   5.5    (▲  0.2  )
 5    アルテリア(UCOM)    2.2    (    0.1  )

・NTT東西が光回線の卸売り事業を開始、ドコモやソフトバンクなど携帯各社
 がスマホと光回線のセット販売を積極的に進め市場拡大。

───────────────────────────────────
●プロバイダー

<16年度 契約件数 2933万件、前年度比5.4%増>
 1位 NTTコム        18.9% (▲ 2.2%)
 2    ソフトバンク  12.8    (    1.3   )
 3    ソネット          9.3    (    0.4   )
 4    ビッグローブ    8.5    (▲ 0.1   )
 5    NTTぷらら       7.3    (    0.3   )

・動画視聴など大容量・高速通信のニーズが高まり、ADSLからの切り替えが
 進み市場拡大。
・NTTコミュニケーションズは「OCN」、ソフトバンクは「ヤフーBBなど」
 を展開、ビッグローブはKDDI傘下。

───────────────────────────────────
●ポータルサイト(パソコン経由の訪問回数)

<16年 平均月間総訪問回数 40億回、前年比14.2%増>
 1位 ヤフー                     50.7% (    6.2%)
 2    グーグル                  33.0    (▲ 7.5   )
 3    マイクロソフト          8.6    (    0.9   )
 4    goo(NTTレゾナント)  2.8    (   0.1   )
 5.   ニフティ                    1.2    (    0.0   )

・スマホ向けアプリの使い勝手向上で、PCとスマホで利用者の時間を取り合う
 構図が続く。
・ヤフーはネット通販のポイント付与率アップなど、有料会員向けサービスや
 特典を強化。

───────────────────────────────────
●動画サイト(パソコンからの視聴)

<16年 主要サイト総視聴時間 9.2億時間、前年比12.8%減>
 1位 ユーチューブ(グーグル)   55.4% (    5.1%)
 2    ニコニコ動画(ドワンゴ)   26.1    (▲ 4.3   )
 3    ギャオ!(ヤフー)               4.6    (▲ 0.6   )
 4    アニチューブ                     3.7    (▲ 0.5   )
 5    FC2                                  2.3    (▲ 1.4   )

・ユーチューブが他サービスを圧倒、独り勝ちに。動画を投稿して広告収入を
 得る「ユーチューバー」も増加。
・パソコンからの視聴時間は減少したが、スマホを含めると動画視聴は大きく
 伸長。

───────────────────────────────────
●薄型テレビ

<16年 国内出荷台数 504.4万台、前年比7.3%減>
 1位 シャープ          33.3% (▲ 3.1%)
 2    パナソニック    24.1    (    1.5   )
 3    東芝                 15.2    (▲ 1.3   )
 4    ソニー              12.8    (    1.6   )
 5    ハイセンス(中)    4.2    (    1.9   )

・高精細「4K」対応製品の比率は高まっているが、スマホや動画配信サービス
 の普及で市場縮小。
・18年に4Kの実用放送が始まり、20年には東京五輪が控える。09年に始まっ
 家電エコポイント制度から8年たち買い替えの時期に入るなど、17年は市場
 増加か。

───────────────────────────────────
●ブルーレイ・ディスク録再機

<16年 国内出荷台数 267台、前年比2.2%減>
 1位 パナソニック  47.0% (    6.1%)
 2    ソニー            19.0    (▲ 2.2   )
 3    シャープ         17.0    (▲ 2.6   )
 4    東芝               11.9    (    0.3   )

・インターネット動画配信サービスの普及で市場縮小が止まらず。映画や動画
 だけでなく、民放各社も番組をネット配信するようになり、BD録画再生機の
 存在意義が薄れつつある。

───────────────────────────────────
●インクジェットプリンター

<16年 国内出荷台数 443.7万台、前年比10.0%減>
 1位 セイコーエプソン  44.6% (    2.5%)
 2    キャノン               43.3    (▲ 1.6   )
 3    ブラザー工業         10.3    (    0.7   )
 4    HP(米)                    1.0    (▲ 1.6   )
 5    リコー                     0.7    (    0.1   )

・ペーパーレス化の進展で家庭用が大きく落ち込む。
・エプソンは、大容量インクを備え交換の手間を減らした製品が企業から支持
 指示されるなど、シェアアップ、首位に浮上。
・各社、衣類などに直接印刷できる機種の投入など、紙以外の分野に注力。

───────────────────────────────────
●デジタルカメラ

<16年 国内出荷台数 352万台、前年比28.1%減>
 1位 キャノン    33.7% (    0.4%)
 2    ニコン       22.4     (    0.2   )
 3    カシオ       12.6     (    2.9   )
 4    ソニー         8.8     (▲ 2.4   )
 5    オリンパス   8.3     (▲ 0.9   )

・スマホの普及で2桁減で縮小が続く。減少幅はこの10年で最も大きく、ピー
 ク08年(1111万台)の3分の1に。
・カシオは、スマホではできない機能を徹底追及、「自分撮り」がしやすいモ
 デルや美肌調整機能などが支持を集めシェアアップ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【主要自動車関連商品のシェア動向(2016年)】
  〜日本経済新聞「主要商品・サービス 国内シェア100品目調査」より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●自動車総販売

<16年 新車販売台数 497万台、前年比1.5%減>
 1位 トヨタ     31.8% (    2.1%)
 2    ホンダ     14.2    (▲ 0.2   )
 3    スズキ     12.5    (▲ 0.1   )
 4    ダイハツ  11.8    (▲ 0.3   )
 5    日産        10.8    (▲ 0.9   )

・15年4月の軽自動車税増税後の不振に加え、三菱・日産の燃費不正問題が発
 覚し、軽が9.0%減の172.5万台にとどまったことが響き、5年ぶりに500万
 台を割り込む。
・都心部のクルマ離れに加え、安全装備充実などで車両価格が上がり買い替え
 サイクルが長引く傾向にあることが逆風に。
・ハイブリッド車の充実など、上位5社でトヨタのみシェアアップ。

───────────────────────────────────
●輸入乗用車

<16年 新車販売台数 29.5万台、前年比3.4%増>
 1位 メルセデス・ベンツ  22.8% (    0.0%)
 2    BMW                       17.1    (    0.9   )
 3    VW                          16.0    (▲ 3.2   )
 4   アウディ                      9.7    (▲ 0.6   )
 5   BMW MINI                  8.3    (    0.9   )

・排ガス不正問題によるイメージ悪化が影響、フォルクスワーゲンが22年ぶり
 に3位に転落。
・SUVや小型車がけん引し、BMWと傘下のMINIがシェアアップ。

───────────────────────────────────
●普通トラック(積載量4トン以上)

<16年 国内販売台数 9.4万台、前年比5.4%増>
 1位 日野自動車      36.4% (▲ 0.9%)
 2    いすゞ自動車   36.0    (    2.8   )
 3    三菱ふそう      16.6    (▲ 0.9   )
 4    UDトラックス  11.0   (▲ 1.1   )

・ネット通販の成長に伴う物流量の増大や、20年の東京五輪を控え建設用車両
 の需要が伸び、7年連続で前年実績を上回る。9万台超えは10年ぶり。
・いすゞがシェアアップ、4年連続トップの日野に肉薄。15年秋に主力大型ト
 ラック「ギガ」を21年ぶりに全面改良、買い替え需要を取り込む。

───────────────────────────────────
●二輪車

<16年 国内販売台数 37.3万台、前年比8.3%減>
 1位 ホンダ                      41.0% (▲ 5.7%)
 2    ヤマハ発動機             29.5    (    2.4   )
 3    スズキ                       15.8    (    0.8   )
 4    川崎重工業                   4.3    (    0.8   )
 5    ハーレーダビッドソン   2.9    (    0.2   )

・排気量50cc以下の原付1種は、電動アシスト自転車普及などが逆風となり、
 16.4%減の16.2万台と下げ止まらない。
・中高年のリターンライダー需要など、中大型モデルは堅調。
・足元では、車検がいらず比較的手ごろな250ccクラスのスポーツタイプが人
 気に。
・ホンダは、主力工場熊本製作所が地震で一時停止、台数・シェアダウン。

───────────────────────────────────
●市販カーナビ

<16年 国内市販用出荷台数 169.8台、前年比3.7%減>
 1位 パナソニック     30.3% (    3.0%)
 2    パイオニア        27.7    (▲ 0.6   )
 3    JVCケンウッド  13.9    (    1.8   )
 4    富士通テン        13.8    (    0.1   )
 5    アルパイン          7.1    (    0.9   )

・スマホの地図アプリの普及で、低価格の簡易型カーナビの減少が続く。
・地図が見やすい高価格帯の8型以上の大画面型が人気に。ドライブレコーダ
 ーなど周辺機器との連携も進む。
・パナソニックがパイオニアを逆転、首位に浮上。

───────────────────────────────────
●タイヤ

<16年 国内ゴム生産量 102万トン、前年比3.6%減>
 1位 ブリヂストン   46.1% (     0.7%)
 2    住友ゴム工業   25.7    (▲  0.2  )
 3    横浜ゴム         15.3    (▲  0.5  )
 4    東洋ゴム工業   12.8    (     0.0  )

・円高で輸出向けの生産が減少。
・ブリヂストンは、新車装着用のほか、静粛性や低燃費性に優れる市販品の拡
 販でシェアアップ。

───────────────────────────────────
●ガソリン

<16年度 国内販売量 5250万キロリットル、前年度比1.2%減>
 1位 JXエネルギー         34.1% (   0.6%)
 2    東燃ゼネラル石油   20.8    (   0.2   )
 3    昭和シェル石油      16.3    (   0.0   )
 4    出光興産                15.4    (   0.0   )
 5    コスモエネルギー   10.5    (▲ 0.1  )

・少子化やエコカーの普及などにより需要減が続く。
・元売り業界は再編が続く。4月にJXホールディングスと東燃ゼネラル石油が
 経営統合、JXTGホールディングスが発足。
・昭和シェルは出光興産との早期合併実現を目指す。出光創業家は合併反対を
 続ける。
・コスモは、キグナス石油に約2割出資。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇電網かわら版は、下記サービスを利用して発行しています。
 「まぐまぐ ID:0000005947」「melma! ID:00017577」
◇配信の停止や配信先の変更は、下記でお願いいたします。バックナンバーも
 ご覧いただけます。 http://www.micle.co.jp/kawara.htm
◇内容および広告掲載等のお問い合わせは、 info@micle.co.jp へ。
◇電網かわら版『必読!ITメディア』の全文または一部の文章を、許可無く転
 載することを禁じます。
───────────────────────────────────
  ■□■ 企画・制作 (有)マイクル  http://www.micle.co.jp/ ■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-22  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。