ニュース・トレンド

電網かわら版『必読!ITメディア』

インターネット、情報通信、放送関連の話題を、氾濫する情報洪水の中から厳選、平易かつ簡明に要約・解説してお届けします。

全て表示する >

kawaraban166

2010/08/25

**********************************************************************
           ■□■  電網かわら版『必読!ITメディア』 ■□■
       第166号  2010年 8月25日発行  〜総配信数 780部 Thanks!〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◇インターネット、情報通信、放送関連の話題を、氾濫する情報洪水の中
  から厳選、平易かつ簡明に要約・解説してお届けします。
                  by マイクル渡辺 info@micle.co.jp
**********************************************************************

 残暑お見舞い申し上げます。m(__)m
 連日続く酷暑の中、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

 ここ数か月、薬の効果か、はたまた節制・節酒の賜物か、糖尿&血圧関連数
値は全て正常、体型・体重もほぼベスト状態をキープし続けてきました。
 が、2月の検査で唯一コレステロールが異常値となりました。“善玉”は正
常ですが、“悪玉”の数値が増えたのです。たぶん、幾分タガの緩んだ年末年
始のせいだろうとタカを括っていました。
 ところが、次回も同様でした。毎日の食事は妻が気を使ってくれています。
外食も少ないですし、特に思い当たるふしがありません。何で???
 気付いたのが「柿の種」のピーナッツ。安売り時に買いだめしておき、節制
・節酒でやや物取りなさを感じていた夕食後、毎日結構な量をポリポリと。
 きっぱり止めました。結果、正常値に復帰しました。(^J^)

 ということで、相変わらずのネット自営業生活を勤しんでおります。IT環境
については、既報のように年末に通信回線の変更(光→CATV)を余儀なくされま
したが、問題なく快適に使っています。
 パソコンについても、現行機が丸5年目を迎えそろそろ新機種をと思ってい
ましたが、特に不便・不都合を感じることもなく、データやソフトの引っ越し
等の煩わしさからついつい先延ばしにしていました。
 今月、ようやく購入しました。Windows7 64ビット搭載の最新モデル「NEC V
ALUESTAR VN370」です。本体と液晶ディスプレーが一体となった省スペースデ
スクトップPCで、地デジチューナーも内臓されています。テレビ機能は不要だ
ったのですが、同性能のセパレート型モデル(チューナー無)より安かったこと
もあり選択しました。

 5年の進化?は、やはり何かと快適です。詳細は、次回「パソコン採点簿」
で報告します。今号は、恒例の「主要IT関連商品シェア動向」と「主要自動車
関連商品シェア動向」をお届けいたします。

───────────────────────────────────
【主要IT関連商品シェア動向(09年)】
 01.パソコン
 02.プロバイダー
 03.光ファイバー通信回線
 04.ポータル・検索サイト
 05.動画サイト
 06.SNS(交流サイト)
 07.携帯電話端末
 08.携帯電話契約数
 09.薄型テレビ
 10.ブルーレイ・ディスク録再機
 11.インクジェットプリンター
 12.デジタルカメラ
 13.携帯音楽プレーヤー
 14.家庭用ゲーム機
 15.電子マネー
 16.リチウムイオン電池
───────────────────────────────────
【主要自動車関連商品シェア動向(09年)】
 01.乗用車
 02.輸入自動車
 03.軽自動車
 04.普通トラック
 05.二輪車
 06.カーナビ
 07.タイヤ
 08.ガソリン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【主要IT関連商品のシェア動向(09年)】
  〜日本経済新聞「点検シェア攻防、100品目調査」より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●パソコン

<09年国内出荷台数シェア(1,342万台、前年比5.8%減)>
 1位 NEC     18.2%(▲ 1.1%)
 2   富士通  17.8  (   0.1  )
 3   デル    12.0  (▲ 2.2  )
 4   東芝    11.2  (   1.5  )
 5   日本HP   9.1  (   0.8  )
     その他  31.7  (   0.9  )( )は前年比増減率ポイント、以下同様

 ・小型・低価格の「ネットブック」がけん引し個人向けは増加したものの、企
   業のIT投資が戻らないなかで法人向けが2ケタマイナスに。
 ・上位5社の順位に変動はなかったものの、NEC、デルは法人向けが足を引っ張
   りシェアダウン。
 ・5位以下では低価格をバネにした海外勢の台頭が目立ったが、ネットブック
   は年後半に需要が一巡し急速に販売が縮小。2010年は、米アップルの多機能
   携帯端末「iPad」など既存の垣根を越えた製品との競争も激化。

───────────────────────────────────
●プロバイダー(ブロードバンド契約数シェア)

<09年末契約数シェア(3,171万件、前年比5.3%増)>
 1位 OCN(NTTコム)             22.1%(   0.8%)
 2   Yahoo!BB(ソフトバンク)   12.3  (▲ 2.6  )
 3   BIGLOBE(NECビッグローブ)  8.1  (   0.3  )
 4   ぷらら(NTTぷらら)         7.9  (   0    )
 5   au one net(KDDI)          7.3  (▲ 0.4  )
     その他                   42.3  (   1.9  )

 ・光回線(前年比19%増)、ADSL(同13%減)と、光回線増加・ADSL縮小の流れが
   続く。光回線比率は54%に。
 ・中長期的に市場停滞が見込まれるなか、各社はクラウド事業などネット接続
   事業以外の収益源確保を強化。
 ・ソネット(ソニー系)がUSENのプロバイダー事業を買収するなど業界再編の兆
   しも見え、今後中堅以下各社の淘汰・再編が相次ぐ可能性も。

───────────────────────────────────
●光ファイバー通信回線

<09年度末国内契約回線数シェア(1,785万件、前年度比18.7%増)>
 1位 NTT東日本                    42.2%(   0.3%)
 2   NTT西日本                    32.0  (▲ 0.2  )
 3   KDDI                          8.5  (   1.2  )
 4   ケイ・オプティコム(関西電力)  5.6  (     0  )
 5   UCOM                          3.0  (▲ 0.6  )
     その他                        8.7  (▲ 0.7  )

 ・NTT東西が圧倒的シェアで市場を支配するが、総務省の作業部会で光回線分
   離論が浮上するなど、今後の情勢は不透明に。
 ・サービス地域の拡大などシェアアップが続くKDDIは、今年2月に資本参加し
   たCATV最大手JCOMとの提携効果が今後本格化。

───────────────────────────────────
●ポータル・検索サイト

<09年閲覧数シェア(3,130億ページ、前年比3.2%減)>
 1位 ヤフー                   70.1%(▲ 5.2%)
 2   グーグル                 10.6  (   3.4  )
 3   MSN(マイクロソフト)       3.7  (   0.7  )
 4   goo(NTTレゾナント)        2.9  (   0.1  )
 5   BIGLOBE(NECビッグローブ)  2.1  (▲ 0.2  )
     その他                   10.6  (   0.8  )

 ・交流サイト(SNS)などポータル以外の人気上昇や、携帯電話経由でのネット
   利用増により、3年連続で閲覧数が減少。
 ・マーケティング強化による知名度向上が寄与するなど、グーグルが国内でも
   確実にシェアアップ。
 ・ヤフーとグーグルの連携(ヤフーがグーグルの検索技術と検索連動型広告シ
   ステムを採用)が、今後のシェア争いに与える影響に注目が集まりそう。

───────────────────────────────────
●動画サイト

<09年閲覧数シェア(400億ページ、前年比22.5%増)>
 1位 ユーチューブ(グーグル)  60.3%(   8.4%)
 2   ニコニコ動画(ニワンゴ)  25.6  (▲ 5.2  )
 3   Gya0!など(ヤフー)        4.9  (   -    )
     その他                   9.2  (   3.2  )

 ・ユーチューブ誕生から5年、「ネット上の手軽なエンターテインメント」と
   しての座を固めつつある。
 ・無償提供のユーチューブに対し、ニコニコ動画、Gya0!はユーザー獲得から
   採算重視(有料化)へ転換。

───────────────────────────────────
●SNS(交流サイト)

<09年度国内広告・アイテム課金シェア(800億円)>
 1位 グリー              36.8%
 2   ディー・エヌ・エー  36.0
 3   ミクシィ            16.3
     その他              10.9

 ・2〜3年前に市場が本格的に立ち上がり現在も急成長。携帯電話に加え、パソ
   コン向けも本格化。
 ・各社、広告収入と、ゲームアイテム課金で収益を上げる。

───────────────────────────────────
●携帯電話端末

<09年度国内出荷台数シェア(3,444万台、前年度比4.0%減)>
 1位 シャープ              26.2%(   3.2%)
 2   パナソニックモバイル  15.1  (▲ 2.7  )
 3   富士通                15.0  (   2.2  )
 4   NEC                   10.5  (▲ 2.5  )
 5   京セラ                 6.1  (   0.7  )
     その他                27.1  (▲ 0.9  )

 ・総務省の指針を受けた通信各社の販売奨励金削減により、端末の店頭価格が
   高騰し買い替えサイクルが長期化するという「官製不況」の側面も。
 ・6月にNEC/カシオ/日立3社が端末事業を統合、富士通も10月に東芝と事業を
   統合する。メーカー再編により2010年度はシェア激変も。

───────────────────────────────────
●携帯電話契約数

<09年度末国内契約数シェア(1億1218万件、前年度末比4.4%増)>
 1位 NTTドコモ            50.0%(▲ 0.8%)
 2   KDDI(au)             28.4  (▲ 0.3  )
 3   ソフトバンクモバイル 19.5  (   0.3  )
 4   イー・モバイル        2.1   (   0.8  )

 ・米アップル「iPhone」に販売資金を積極的に投入するソフトバンク、USB型
   のデータ通信端末と低価格ノートPCのセット販売が好調のイー・モバイル、
   データ通信需要を取り込んだ両社がシェア拡大。
 ・年末に開始されるドコモの次世代携帯電話サービス「LTE(Long Term Evolu
   tion)」の動向や、SIMフリー対応端末の登場も今後のシェアを左右。

───────────────────────────────────
●薄型テレビ

<09年国内出荷台数シェア(1362.6万台、前年比40.4%増)>
 1位 シャープ       36.0%(▲ 2.8%)
 2   パナソニック   22.6  (▲ 0.2  )
 3   東芝           19.6  (   6.7  )
 4   ソニー         11.2  (▲ 1.8  )
 5   日立製作所      6.1  (▲ 0.7  )
     その他          4.5  (▲ 1.2  )

 ・エコポイント制度の追い風と、地デジ完全移行を控え買い替え需要が拡大、
   大幅増に。
 ・上位で唯一シェアを伸ばしたのが東芝。他社製外付けHDDに録画可能な機種
   の好調や、店頭価格の割安感が強かったことが消費者を引き付けた。
 ・2010年も前年を大幅に上回る販売ペースが続くなかで、各社戦略商品と位置
   付ける3Dテレビの動向もシェア争いに影響を与えそう。

───────────────────────────────────
●ブルーレイ・ディスク録再機

<09年国内出荷台数シェア(289万台、前年比約8割増)>
 1位 パナソニック   36.6%(   0.2%)
 2   シャープ       35.8  (   5.8  )
 3   ソニー         26.1  (▲ 6.0  )
 4   その他          1.5  (     0  )

 ・DVDから主役が完全に移り、テレビで好調なメーカーがシェアを伸ばす。
 ・2010年には、次世代DVD規格競争で負けた東芝もBDレコーダーを発売。三強
   対決にどこまで食い込めるかが焦点に。

───────────────────────────────────
●インクジェットプリンター

<09年国内出荷台数シェア(600万台、前年比7.0%減)>
 1位 キャノン          44.9%(   3.2%)
 2   セイコーエプソン  41.6%(▲ 0.3  )
 3   ブラザー工業       6.7  (   0.3  )
 4   日本HP             5.3  (▲ 1.6  )
     その他             1.5  (▲ 1.6  )

 ・写真印刷の美しさを競う性能競争が一段落し、買い替えサイクルが長期化し
   たほか、個人消費の低迷も響き、4年連続で市場が縮小。
 ・09年秋発売の新機種が好調で、キャノンが2年ぶりに首位に返り咲き。

───────────────────────────────────
●デジタルカメラ

<09年国内出荷台数シェア(974万台、前年比12.3%減)>
 1位 キャノン          20.5%(   0.4%)
 2   パナソニック      16.7  (   1.2  )
 3   カシオ計算機      16.5  (   2.5  )
 4   富士フィルム      11.5  (   0    )
 5   ソニー            10.4  (▲ 1.3  )
     その他            24.4  (▲ 2.8  )

 ・国内消費の低迷が響き、一眼レフ、コンパクトとも大幅減に。
 ・7年連続トップのキャノン始め、上位3社が強さを発揮しシェア拡大。
 ・すでに需要が飽和しているなかで、高画素化競争は一服。動画機能やレンズ
   機能を他社に先駆けて進化させられるかどうかがシェアを左右。

───────────────────────────────────
●携帯音楽プレーヤー

<09年国内出荷台数シェア(665万台、前年比0.1%減)>
 1位 アップル               51.5%(▲ 4.6%)
 2   ソニー                 35.4  (   6.9  )
 3.  クリエイティブメディア  2.3  (   0.9  )
 4.  グリーンハウス          2.3  (   1.1  )
     その他                  8.5  (▲ 4.3  )

 ・普及が進み需要が一巡したうえ、携帯電話で音楽を聴く人が増えていること
   もあり、右肩上がりで拡大してきた市場は曲がり角に。
 ・ソニーがアップルを猛追、王座復帰を虎視眈々とねらう。
 ・3位以下は、東芝やパナソニックが事実上撤退。低価格を武器とする新興勢
   が一定のシェアを獲得したが、上位2社の寡占状態は揺るぎそうにない。

───────────────────────────────────
●家庭用ゲーム機

<09年国内販売台数シェア(1062万台、前年比13.5%減)>
 1位 任天堂         56.5%(▲ 0.1%)
 2   ソニー(SCE)    40.4  (▲ 0.4  )
 3   マイクロソフト  3.1  (   0.5  )

 ・任天堂「DS」やソニー「PSP」など携帯型ゲーム機の販売が一巡、各社値下
   げを実施したが、市場全体を押し上げるに至らず。
 ・据え置き型は、任天堂「Wii」は減少、ソニー「PS」は値下げ効果で急増。
 ・2010年は、3D対応など各社が新型機種やシステムを相次ぎ投入、市場全体の
   底上げが期待できそう。

───────────────────────────────────
●電子マネー

<09年度国内決済件数シェア(15.5億件、前年度比34.7%増)>
 1位 ナナコ(セブン&アイ)  25.9%(▲  3.8%)
 2   スイカ(JR東日本)      22.2  (▲  2.5  )
 3   ワオン(イオン)        21.4  (   10.1  )
 4   エディ(ソニー系)      20.1  (▲  5.0  )
 5   パスモ(私鉄・地下鉄)   9.5  (    1.1  )
     その他                 0.9  (    0.1  )

 ・利用拠点の拡大や、節約志向の強まりなどを追い風に利用が大幅増。
 ・自社系列のスーパーやコンビニだけでなく、ファミマなどグループ外の拠点
   を拡大したワオンが急伸。
 ・今後も高成長が見込まれ、利用者向けの割引やポイント充実など、さらに利
   用を促す施策がシェアを左右。

───────────────────────────────────
●リチウムイオン電池

<09年国内生産額シェア(2708億円、前年比29.8%減)>
 1位 三洋電機       50.7%(   2.3%)
 2   ソニー         21.9  (▲ 3.8  )
 3   パナソニック   15.5  (   2.3  )
 4   日立マクセル    6.6  (▲ 2.4  )
 5   GSユアサ        2.4  (   1.7  )
     その他          2.9  (▲ 1.0  )

 ・景気後退に伴う製品メーカーの発注減で市場が大幅に縮小するなか、パナソ
   ニック陣営が伸長。
 ・2010年は、電気自動車向け大容量品の納入が始まりシェアは激変か。台風の
   目は、日産リーフ向けに供給するNECグループ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【主要自動車関連商品のシェア動向(09年)】
  〜日本経済新聞「点検シェア攻防、100品目調査」より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●乗用車

<09年国内販売台数シェア(264.3万台、前年比5.7%減)>
 1位 トヨタ      48.0%(   1.0%)
 2   ホンダ      17.5  (   2.5  )
 2   日産        16.6  (▲ 1.2  )
 4   マツダ       5.2  (▲ 0.6  )
 5   富士重工     2.9  (▲ 0.1  )
     その他      11.0  (▲ 1.6  )

 ・エコカー減税の導入などで4月からは盛り返したものの、08年秋のリーマン
   ショックの影響で1〜3月に販売が底となり、通年では低迷。
 ・ハイブリッド(HV)車を巡り、明暗がくっきりと分かれる。投入したトヨタ、
   ホンダがシェアアップ。トヨタは、プリウスが爆発的にヒット、他車種の落
   ち込みをカバー。
 ・健闘が光ったのがホンダ。根強い人気を誇るフィットを原動力に、日産を逆
   転して2位に浮上。

───────────────────────────────────
●輸入自動車

<09年国内販売台数シェア(16.8万台、前年比18.6%減)>
 1位 フォルクスワーゲン  22.6%(   0.5%)
 2   BMW                 17.3  (▲ 0.1  )
 3   メルセデス・ベンツ  17.1  (▲ 0.8  )
 4   アウディ             9.6  (   1.8  )
 5   BMWミニ              6.6  (   0.4  )
     その他              28.6  (▲ 1.8  )

 ・景気悪化が響き、前年に続き高級車を中心に大幅減。減税や購入補助金対象
   車両の少なさも影響。
 ・トップは10年連続でフォルクスワーゲン。小排気量で燃費性能を高めた新エ
   ンジン搭載のゴルフ、ポロが好調。
 ・BMWがベンツをかわし2年ぶりに2位に返り咲き。アウディは上位メーカーで
   唯一販売台数を伸ばし、シェアも大幅アップ。

───────────────────────────────────
●軽自動車

<09年国内販売台数シェア(168.8万台、前年比9.7%減)>
 1位 ダイハツ     34.8%(   0.8%)
 2   スズキ       32.7  (   1.1  )
 3   ホンダ        9.6  (▲ 1.1  )
 4   日産          8.0  (   0.5  )
 5   三菱          6.1  (▲ 0.5  )
     その他        8.8  (▲ 0.8  )

 ・補助金額が乗用車より少ないため乗り換え需要がしぼみ、大幅減。ホンダに
   は特に影響が大きく、乗用車が好調な半面シェアダウン。
 ・ダイハツが3年連続トップ、スズキも急追。OEM陣営が増え(日産、マツダ、
   富士重)、ダイハツ、スズキの2強体制がより鮮明に。

───────────────────────────────────
●普通トラック(積載量4トン以上)

<09年国内販売台数シェア(4.0万台、前年比46.4%減)>
 1位 日野自動車      33.9%(   0.7%)
 2   いすゞ自動車    32.1  (   1.8  )
 3   三菱ふそう      18.5  (▲ 2.6  )
 4   日産ディーゼル  15.5  (   0.1  )

 ・全社が4割以上も落ち込み、国内市場は直近ピーク時03年の4割程度に。
 ・収益重視戦略に転換した三菱ふそうが大幅シェアダウン。

───────────────────────────────────
●二輪車

<09年国内販売台数シェア(38.8万台、前年比27.1%減)>
 1位 ホンダ               46.5%(   3.5%)
 2   ヤマハ発動機         27.0  (   6.0  )
 3   スズキ               21.8  (▲ 1.1  )
 4   川崎重工業            2.5  (▲ 0.8  )
 5   ハーレーダビッドソン  2.0  (▲ 0.8  )
      その他                0.2  (▲ 6.8  )

 ・市場縮小が止まらず、ピーク1982年の9分の1の水準に。
 ・世界同時不況で消費者心理が冷え込み大型車が不振。排気量50cc以下クラス
   は堅調。

───────────────────────────────────
●カーナビ(純正品を除く)

<09年国内市販用出荷台数シェア(199万台、前年比20.6%増)>
 1位 三洋電機       27.1%(   6.5%)
 2   パイオニア     21.6  (▲ 4.5  )
 2   パナソニック   18.5  (▲ 3.9  )
 4   富士通テン     15.3  (   3.5  )
 5   クラリオン      5.9  (▲ 1.7  )
     その他         11.6  (   0.1  )

 ・据え付け型が伸び悩む一方、安価で手軽な携帯型カーナビPNDが伸長、市場
   の半分(99万台)を占めるまでに。
 ・シェア争いでもPNDが勝敗を分け、ゴリラブランドの三洋が3位から一気にト
   ップに。
 ・富士通テンはPNDは手掛けていないが、メモリー内臓据え付け型がコストパ
   フォーマンスの高さで支持され好調。

───────────────────────────────────
●タイヤ

<09年国内生産量シェア(97.3万トン、前年比27.5%減)>
 1位 ブリヂストン   45.2%(▲ 2.5%)
 2   住友ゴム工業   24.5  (   1.4  )
 3   横浜ゴム       16.9  (   0.7  )
 4   東洋ゴム工業   12.4  (   0.2  )
     その他          1.0  (   0.2  )

 ・新車用需要が減少、各社大幅な減産実施。
 ・世界各地に工場を展開するブリヂストンは、海外工場の稼働を優先、結果的
   に日本の生産量が落ちシェアダウン。
 ・韓国や台湾製低価格輸入タイヤの攻勢、低燃費タイヤの売れ行きなどが今後
   の国内シェアを左右。

───────────────────────────────────
●ガソリン

<09年度国内販売量シェア(5756万キロリットル、前年度比0.1%増)>
 1位 新日本石油        24.8%(   1.5%)
 2   エクソンモービル  16.8  (▲ 0.1  )
 3   昭和シェル石油    16.1  (▲ 0.2  )
 4   出光興産          15.2  (   0.2  )
 5   コスモ石油        11.4  (   0.1  )
 6   ジャパンエナジー   9.9  (▲ 0.1  )
     その他             5.8  (▲ 1.4  )

 ・高速道路1000円特需により交通量が増え、05年度から減少が続いていた販売
   量は5年ぶりにプラスに。
 ・新日本石油(ENEOS)は、九州石油の吸収合併でシェアアップ。今年7月にはジ
   ャパンエナジー(JOMO)を統合、約35%と圧倒的シェアに。
 
**********************************************************************
◇電網かわら版は、「まぐまぐ ID:0000005947」「melma! ID:00017577」で
 発行しています。
◇配信の停止や配信先の変更は、下記でお願いいたします。バックナンバーも
 ご覧いただけます。 http://www.micle.co.jp/kawara.htm
◇本メールは、等幅(固定幅)フォントで編集されています。ご利用のメールソ
 フトにより、正しく表示されない場合があります。
◇内容および広告掲載等のお問い合わせは、 info@micle.co.jp へ。
◇電網かわら版『必読!ITメディア』の全文または一部の文章を、許可無く転
 載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  □■ 企画・制作・発行  (有)マイクル  http://www.micle.co.jp/  ■□
         〒242-0001 大和市下鶴間2-1-19-601  TEL:046-264-5030
**********************************************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-22  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。