ニュース・トレンド

電網かわら版『必読!ITメディア』

インターネット、情報通信、放送関連の話題を、氾濫する情報洪水の中から厳選、平易かつ簡明に要約・解説してお届けします。

全て表示する >

kawaraban164

2009/10/05

**********************************************************************
           ■□■  電網かわら版『必読!ITメディア』 ■□■
       第164号  2009年10月 5日発行  〜総配信数 780部 Thanks!〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◇インターネット、情報通信、放送関連の話題を、氾濫する情報洪水の中
  から厳選、平易かつ簡明に要約・解説してお届けします。
                  by マイクル渡辺 info@micle.co.jp
**********************************************************************

 イチローの今シーズンが終わりました。WBC2連覇の苦悩と歓喜、その重圧故
の胃潰瘍、日本通産最多安打更新、左ふくらはぎ故障、史上初の9年連続200本
安打達成、最後は、4年連続のリーグ最多安打(225本)で締めました。
 「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道
だと思っています」
 攻・走・守のプレーはもちろん、数々の“名言”にも感動、そして勇気づけ
られました。
  http://beautifulbeauty.info/name/ichiro/001.html
  http://www.ichiro-meigen.com/

 恒例の「主要IT関連商品シェア動向」と「主要自動車関連商品シェア動向」
をお届けいたします。

───────────────────────────────────
【主要IT関連商品シェア動向(08年)】
 01.パソコン
 02.プロバイダー
 03.ADSL
 04.光ファイバー通信回線
 05.ポータル・検索サイト
 06.携帯電話端末
 07.携帯電話契約数
 08.薄型テレビ
 09.DVD録画再生機
 10.ブルーレイ・ディスク録再機
 11.インクジェットプリンター
 12.複写機・複合機
 13.デジタルカメラ
 14.携帯音楽プレーヤー
 15.家庭用ゲーム機
 16.電子マネー
 17.カーナビ

【主要自動車関連商品シェア動向(08年)】
 01.乗用車
 02.輸入乗用車
 03.軽自動車
 04.普通トラック
 05.二輪車
 06.タイヤ
 07.ガソリン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【主要IT関連商品のシェア動向(08年)】
  〜日本経済新聞「点検シェア攻防、本社100品目調査」より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●パソコン

<08年国内出荷台数シェア(1,425万台、前年比0.8%増)>
 1位 NEC     19.3%(▲ 1.0%)
 2   富士通  17.7  (▲ 1.0  )
 3   デル    14.2  (   0.2  )
 4   東芝     9.7  (   0.7  )
 5   日本HP   8.3  (   0.7  )
     その他  30.8  (   0.4  )( )は前年比増減率ポイント、以下同様

 ・金融危機以降、企業がIT投資にブレーキをかけた影響で、法人向けは大幅な
   減少となった。一方、個人向けは、「ネットブック」と呼ばれる5万円前後
   で超小型の低価格PCが2台目需要を取り込んで急拡大、市場をけん引した。
 ・上位5社の順位に変動はなかったものの、NEC、富士通は法人向けが足を引っ
   張りシェアダウン。
 ・5位以下では台湾のエイサーやアスースなど低価格PCを手がける海外勢の台
   頭が目立った。ネットブックはノートPCの3割を占めるまでに成長、09年の
   シェア争いではこうした海外勢が注目される。

───────────────────────────────────
●プロバイダー(ブロードバンド契約数シェア)

<08年末契約数シェア(3,011万件、前年比6.4%増)>
 1位 OCN(NTTコム)             21.3%(   1.3%)
 2   Yahoo!BB(ソフトバンク)   14.9  (▲ 2.1  )
 3   ぷらら(NTTぷらら)         7.9  (   0.4  )
 4   BIGLOBE(NECビッグローブ)  7.8  (   0.6  )
 5   au one net(KDDI)          7.7  (   0.1  )
     その他                   40.4  (▲ 0.3  )

 ・光回線契約数が引き続き拡大、ブロードバンド通信全体に占める比率も08年
   末に48%とADSLを上回った。
 ・自社で全国に光回線網をもつNTTグループ(OCN、ぷらら)がシェアアップ。AD
   SL主力のYahoo!BBは苦戦。
 ・電力会社の光回線事業を買収してきたKDDIも、NTTグループに比べ光回線網
   整備が劣ることもあり、07年の3位から5位に後退。
 ・ビッグローブは、光回線事業者にセキュリティ機能を無料提供するなど付加
   サービス策が奏功しシェアアップ、5位→4位に。

───────────────────────────────────
●ADSL

<08年度末国内契約回線数シェア(1,123万件、前年度比11.6%減)>
 1位 ソフトバンクBB         38.3%(   0.4%)
 2   イー・アクセス         22.8  (   8.3  )
 3   NTT東日本              18.3  (▲ 0.7  )
 4   NTT西日本              17.2  (▲ 0.5  )
 5   ビック東海              2.4  (▲ 0.1  )
     その他                  1.0  (▲ 7.4  )

 ・光回線への顧客流出が続き、3年連続で契約数が減少。
 ・前年4位のイー・アクセスが、5位のアッカ・ネットワークスを08年9月に連
   結子会社化(09年6月に吸収合併)したため、4位→2位に浮上。静岡県を地盤
   とするビック東海が5位に浮上。
 ・ソフトバンクBBが、今年7月から全国でNTT東西の光回線サービスの販売代理
   店業務を開始。最大手の光シフト強化により、今後も契約数減少が続く。

───────────────────────────────────
●光ファイバー通信回線

<08年度末国内契約回線数シェア(1,503万件、前年度比23.4%増)>
 1位 NTT東日本                    41.9%(   1.1%)
 2   NTT西日本                    32.2  (   0.9  )
 3   KDDI                          7.3  (   1.5  )
 5   ケイ・オプティコム(関西電力)  5.6  (     0  )
 4   UCOM(USEN)                    5.1  (▲ 0.5  )
     その他                        7.9  (▲ 3.0  )

 ・契約数が初めてADSLを上回り、ブロードバンドの主役に。
 ・全国的なインフラを持つNTT東西がそろってシェアアップ、優位が続く。
 ・KDDIは、08年4月に中部テレコミュニケーションを買収したことなどでシェ
   アアップ。
 ・ケイ・オプティコムは、ネット接続と電話、放送の3サービスがセットにな
   った割安プランを武器に契約数を拡大、マンション向け光回線専業のUCOMを
   抜き4位に浮上。

───────────────────────────────────
●ポータル・検索サイト

<08年ページビューシェア(3,232億ページビュー、前年比7.0%減)>
 1位 ヤフー                   75.3%(▲ 0.6%)
 2   グーグル                  7.2  (   1.8  )
 3   MSN(マイクロソフト)       3.0  (▲ 0.5  )
 4   goo(NTTレゾナント)        2.8  (   0.3  )
 5   BIGLOBE(NECビッグローブ)  2.3  (▲ 0.3  )
     その他                    9.4  (▲ 0.7  )

 ・交流サイト(SNS)や動画投稿・共有サイトに利用者が流れ、閲覧数(家庭のパ
   ソコンからの利用)が2年連続で減少。一方、携帯電話向けサイトの利用者は
   急激に増加。
 ・新サービス(ストリートビューなど)投入や閲覧ソフト(クローム)の配布など
   が貢献したグーグルと、辞書機能や動画コンテンツの拡充が貢献したgooが
   シェアアップ。

───────────────────────────────────
●携帯電話端末

<08年度国内出荷台数シェア(3,589万台、前年度比29.3%減)>
 1位 シャープ              23.0%(▲ 2.1%)
 2   パナソニックモバイル  17.8  (   3.3  )
 3   NEC                   13.0  (   3.9  )
 4   富士通                12.8  (   1.1  )
 5   ソニー・エリクソン     7.5  (   1.2  )
 6   東芝                   7.3  (▲ 2.8  )
     その他                18.6  (▲ 4.6  )

 ・割賦販売の普及で買い替えサイクルが長期化していることに加え、景気後退
   による消費不振が重なり、出荷台数が大幅に減少。
 ・1位シャープと、2位パナソニックのシェア差が縮小、NEC(3←4位)、富士通
   (4←3位)、ソニー・エリクソン(5←6位)の順位も変動。
 ・米アップルのiPhoneが好調だが、海外メーカーの合計シェアは6%程度にと
   どまったもよう。
 ・09年度も需要回復は期待できず、出荷台数は3000万台前半の見込み。

───────────────────────────────────
●携帯電話契約数

<08年度末国内契約数シェア(1億749万件、前年度末比4.6%増)>
 1位 NTTドコモ            50.8%(▲ 1.2%)
 2   KDDI(au、ツーカー)   28.7  (▲ 0.8  )
 3   ソフトバンクモバイル 19.2  (   1.1  )
 4   イー・モバイル        1.3   (   0.9  )

 ・低価格を前面に打ち出すソフトバンクと、データ通信専用端末と低価格ノー
   トPCとのセット販売が好調だったイー・モバイルがシェアアップ。
 ・ドコモは、新規顧客獲得から既存顧客の囲い込みに戦略転換したものの、他
   社への顧客流出を食い止めるまでにはいたらず。KDDIも魅力的な端末不足や
   ソフトバンクの攻勢に押されシェアダウン。

───────────────────────────────────
●薄型テレビ

<08年国内出荷台数シェア(970.3万台、前年比15.8%増)>
 1位 シャープ       38.8%(   1.2%)
 2   パナソニック   22.8  (   0.1  )
 3   ソニー         13.0  (▲ 0.5  )
 4   東芝           12.9  (   1.3  )
 5   日立製作所      6.8  (   0.3  )
     その他          5.7  (▲ 2.4  )

 ・年前半は販売が堅調に推移したが、後半は経済危機で伸びが鈍化、増加率は
   07年の31.6%から大幅に低下。
 ・液晶テレビは17%増の863.3万台、プラズマテレビは10.8%増の107万台。
 ・価格競争の激化で中下位メーカーを中心に事業採算が悪化、日本ビクターが
   量販店を通じた販売から撤退するなど、相対的に経営体力に勝る上位企業の
   シェアが上昇。

───────────────────────────────────
●DVD録画再生機

<08年国内出荷台数シェア(約382万台、前年比18.6%増)>
 1位 パナソニック   35.4%(   0.2%)
 2   シャープ       30.0  (   4.1  )
 3   東芝           15.2  (▲ 2.7  )
 4   ソニー         13.3  (   0.1  )
 5   DXアンテナ      3.7  (▲ 0.3  )
     その他          2.4  (▲ 1.4  )

 ・従来型機種は05年をピークに市場縮小が続いていたが、ブルーレイ・ディス
   ク(BD)録再機が伸長、DVD録再機全体では市場が大きく伸びた。
 ・BD録再機に注力しているかどうかがシェア増減を分けた。
 ・シャープは液晶テレビとのセット販売が奏功、大幅シェアアップ。
 ・BD対応機が主流となった一方、画質より価格や慣れを優先する消費者も依然
   多く、長年蓄積したVHSテープの再生に対応した廉価のBD非対応機の需要も
   根強い。

───────────────────────────────────
●ブルーレイ・ディスク録再機

<08年国内出荷台数シェア(158万台、前年比6.9倍)>
 1位 パナソニック   36.4%(   7.2%)
 2   ソニー         32.1  (▲20.4  )
 3   シャープ       30.0  (  11.7  )
 4   三菱電機        1.0  (   1.0  )
 5   日本ビクター    0.5  (   0.5  )

 ・「HD-DVD」との新世代規格争いが決着し、10万円を切る製品も登場するなど
   価格低下も進み、一般消費者に浸透。
 ・各社が一斉にBD対応機を投入したことにより、メーカー別シェアが大きく変
   動。いち早くBD対応に一本化し一人勝ちしていたソニーを、薄型テレビ上位
   のパナソニックとシャープが猛追。

───────────────────────────────────
●インクジェットプリンター

<08年国内出荷台数シェア(645万台、前年比3.3%減)>
 1位 セイコーエプソン  41.9%(   1.1%)
 2   キャノン          41.7  (▲ 0.6  )
 3   日本HP             6.9  (▲ 0.6  )
 4   ブラザー工業       6.4  (   1.8  )
 5   リコー             1.3  (     0  )
     その他             1.8  (▲ 1.7  )

 ・コピーやスキャナ機能を備えた複合機で需要拡大を図ったが、買換えサイク
   ルの長期化や景気悪化で市場縮小が続く。
 ・セイコーエプソンが2年ぶりにトップを奪還。ブラザーは、大判のA3サイズ
   に対応しつつ小型化した複合機の投入など、個人事業主などに焦点を当てた
   戦略が奏功しシェアアップ。

───────────────────────────────────
●複写機・複合機

<08年国内出荷台数シェア(60万台、前年比5.2%減)>
 1位 キャノン         28.2%(     0%)
 2   リコー           27.1  (▲ 1.0  )
 3   富士ゼロックス   22.7  (   0.4  )
 4   シャープ         11.2  (   0.8  )
 5   コニカミノルタBT  8.0  (     0  )
     その他            2.8  (▲ 0.2  )

 ・カラー機の普及も一巡しつつあるなか、秋以降の世界不況が直撃、限られた
   パイの奪い合いとなったことで、コンビニへの一括納入など大型案件を抱え
   る企業がシェアアップ。
 ・顧客の節約モードも高まり、本体を薄利多売して消耗品で稼ぐ事業モデルも
   崩れつつある。

───────────────────────────────────
●デジタルカメラ

<08年国内出荷台数シェア(1111万台、前年比1.1%増)>
 1位 キャノン          20.1%(▲ 0.9%)
 2   パナソニック      15.5  (▲ 1.2  )
 3   カシオ計算機      14.0  (   2.2  )
 4   ソニー            11.7  (▲ 0.1  )
 5   富士フィルム      11.5  (▲ 2.5  )
     その他            27.2  (   2.5  )

 ・急速に景気が悪化するなか、一眼レフが17.4%増と伸長、市場の9割を占め
   るコンパクト型が0.6%減とほぼ横這いだったため、成長を維持。
 ・上位陣がいずれもシェアを落とす中、3位カシオが健闘。実勢価格が他社よ
   り相対的に割安だったことも寄与し、5位から上昇。

───────────────────────────────────
●携帯音楽プレーヤー

<08年国内出荷台数シェア(680万台、前年比9.7%増)>
 1位 アップル        56.1%(   5.5%)
 2   ソニー          29.4  (   2.8  )
 3   東芝             3.8  (▲ 0.6  )
 4   アイリバー       2.1  (▲ 0.1  )
 5   パナソニック     2.0  (▲ 2.2  )
     その他           6.6  (▲ 5.4  )

 ・板状のプレート型機種や、2万円を切る低価格機種の品揃え充実等により、
   2代目需要や買換え需要が旺盛となり市場が拡大。
 ・大手2社の寡占化傾向がより鮮明に。

───────────────────────────────────
●家庭用ゲーム機

<08年国内販売台数シェア(1228万台、前年比24%減)>
 1位 任天堂         56.6%(▲ 10.6%)
 2   ソニー(SCE)    40.8  (    9.6  )
 3   マイクロソフト  2.6  (    1.0  )

 ・「DS」の販売が一巡、据え置き型「Wii」も19.9%減と伸び悩み、任天堂が
   シェアダウン。。の勢いがやや落ち着き、SCEは
   PSPの新モデルが好評。
 ・SCEは、08年10月に発売した画面性能を向上させた「PSP(プレイステーショ
   ン・ポータブル)」新モデルが好調。
 ・09年は、人気ゲーム「ドラゴンクエスト9」が発売され、対応機種DSの販売
   が再燃しそう。

───────────────────────────────────
●電子マネー

<08年度国内発行枚数シェア(1億2300万枚、前年度比36.9%増)>
 1位 EDy(ソニー系)        38.5%(▲ 3.7%)
 2   SUica(JR東日本)      20.5  (▲ 2.4  )
 3   PASMO(私鉄・地下鉄)   9.5  (   0.8  )
 4   iD(ドコモ)            9.0  (   1.7  )
 5   WAON(イオン)          6.6  (   2.5  )
     その他               15.9  (   1.1  )

 ・扱い店舗数や利用拠点の拡大などにより、各社が発行枚数を大幅に伸ばす
   中、iDとWAONがシェア拡大。
 ・09年度も、ポイントの拡充や、複数の電子マネーが利用できるマルチ決済
   端末機の普及など、市場拡大が続く見通し。

───────────────────────────────────
●カーナビ(純正品を除く)

<08年国内市販用出荷台数シェア(165万台、前年比1.9%増)>
 1位 パイオニア     26.1%(   1.4%)
 2   パナソニック   22.4  (▲ 2.3  )
 3   三洋電機       20.6  (▲ 4.1  )
 4   富士通テン     11.8  (   0.6  )
 5   クラリオン      7.6  (▲ 0.4  )
     その他         11.5  (   4.8  )

 ・今回調査から、成長著しい携帯型カーナビ「PND(パーソナル・ナビゲーショ
   ン・デバイス)」を含めた。
 ・一般ナビ(97万台)が前年比2割減る一方、PND(68万台)は価格が安く手軽さが
   人気で同7割増えた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【主要自動車関連商品のシェア動向(08年)】
  〜日本経済新聞「点検シェア攻防、本社100品目調査」より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●乗用車

<08年国内販売台数シェア(280.7万台、前年比5.2%減)>
 1位 トヨタ      47.0%(▲ 0.7%)
 2   日産        16.6  (   0    )
 3   ホンダ      15.0  (   1.6  )
 4   マツダ       5.8  (   0.1  )
 5   富士重工     3.0  (   0.1  )
 6   スズキ       2.8  (   0.1  )
     その他       9.8  (▲ 1.2  )

 ・車離れや買い替えサイクルの長期化が進む中、小型車など売れ筋車種の品揃
   えが各社の明暗を分けた。
 ・フィット、フリードが好調のホンダ始め、デミオが堅調のマツダ、スイフト
   が好調のスズキがシェアアップ。富士重は新型エクシーガが寄与。

───────────────────────────────────
●輸入乗用車

<08年国内販売台数シェア(20.6万台、前年比21.6%減)>
 1位 フォルクスワーゲン  22.1%(   2.3%)
 2   メルセデス・ベンツ  17.9  (   0.1  )
 3   BMW                 17.4  (▲ 0.5  )
 4   アウディ             7.8  (   2.0  )
 5   BMWミニ              6.2  (   0.9  )
     その他              28.6  (▲ 4.8  )

 ・景気悪化が響き高級車を中心に大幅に減少。
 ・小型車が主力のVW、BMWミニと、主力セダンA4など相次ぐ新型車投入と、店
   舗網を拡充したアウディがシェアアップ。

───────────────────────────────────
●軽自動車

<08年国内販売台数シェア(187万台、前年比2.6%減)>
 1位 ダイハツ     34.0%(   2.0%)
 2   スズキ       31.6  (   0.8  )
 3   ホンダ       10.7  (▲ 1.0  )
 4   日産          7.5  (▲ 0.3  )
 5   三菱自動車    6.6  (▲ 0.8  )
     その他        9.6  (▲ 0.7  )

 ・07年に初の首位についたダイハツがその座を守り、スズキもシェアアップ、
   「2強」の寡占化が進んだ。

───────────────────────────────────
●普通トラック(積載量4トン以上)

<08年国内販売台数シェア(7.5万台、前年比16.2%減)>
 1位 日野自動車      33.2%(   0.7%)
 2   いすゞ自動車    30.3  (▲ 0.1  )
 3   三菱ふそう      21.1  (▲ 0.3  )
 4   日産ディーゼル  15.4  (▲ 0.3  )

 ・世界同時不況の影響で年後半に台数が急減するなど、2年連続で大幅減。
 ・アフターサービス活動を強化するなど、トップ日野がシェアアップ。

───────────────────────────────────
●二輪車

<08年国内販売台数シェア(57万台、前年比23%減)>
 1位 ホンダ               43.0%(▲ 0.3%)
 2   スズキ               22.9  (   1.6  )
 3   ヤマハ発動機         21.0  (▲ 1.0  )
 4   川崎重工業            3.3  (   0.4  )
 5   ハーレーダビッドソン  2.8  (   0.7  )
      その他                7.0  (▲ 1.4  )

 ・市場全体が落ち込む中、比較的堅調だった原付2種クラス(51cc〜125cc)が好
   調のスズキ(3→2位)と、大型車が主力の川崎、HDJ(ハーレーダビッドソンジ
   ャパン)がシェアアップ。

───────────────────────────────────
●タイヤ

<08年国内生産量シェア(134.1万トン、前年比1.3%減)>
 1位 ブリヂストン   47.7%(   0.1%)
 2   住友ゴム工業   23.1  (   0.2  )
 3   横浜ゴム       16.2  (   0    )
 4   東洋ゴム工業   12.2  (   0    )
     その他          0.8  (▲ 0.3  )

 ・自動車不況のあおりで新車用タイヤが大幅減少。今後、環境性能タイヤの新
   車搭載がシェアを左右する可能性も。
 ・市販用タイヤで強い販売網を持つ上位2社がシェアを若干上乗せ。

───────────────────────────────────
●ガソリン

<08年度国内販売量シェア(5747万キロリットル、前年度比2.7%減)>
 1位 新日本石油        23.3%(   0.2%)
 2   エクソンモービル  16.9  (▲ 0.8  )
 3   昭和シェル石油    16.3  (▲ 0.4  )
 4   出光興産          15.0  (   0.3  )
 5   コスモ石油        11.3  (▲ 0.3  )
 6   ジャパンエナジー  10.0  (▲ 0.3  )
     その他             7.2  (   1.3  )

 ・新日本石油(ENEOS)は、昨年10月九州石油(7位)を合併、首位をキープ。
 ・10年4月、新日石がジャパンエナジーを傘下に持つ新日鉱ホールディングス
   と経営統合する計画。新会社シェアは30%を超え、対抗策として2位以下で
   も合従連衡の検討が進むとみられる。

**********************************************************************
◇電網かわら版は、「まぐまぐ ID:0000005947」「melma! ID:00017577」で
 発行しています。
◇配信の停止や配信先の変更は、下記でお願いいたします。バックナンバーも
 ご覧いただけます。 http://www.micle.co.jp/kawara.htm
◇内容および広告掲載等のお問い合わせは、 info@micle.co.jp へ。
◇電網かわら版『必読!ITメディア』の全文または一部の文章を、許可無く転
 載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  □■ 企画・制作・発行  (有)マイクル  http://www.micle.co.jp/  ■□
         〒242-0001 大和市下鶴間2-1-19-601  TEL:046-264-5030
**********************************************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-22  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。