ニュース・トレンド

電網かわら版『必読!ITメディア』

インターネット、情報通信、放送関連の話題を、氾濫する情報洪水の中から厳選、平易かつ簡明に要約・解説してお届けします。

全て表示する >

kawaraban159

2007/09/04


**********************************************************************
           ■□■  電網かわら版『必読!ITメディア』 ■□■
      第159号  2007年 9月 4日発行   〜総配信数 965部 Thanks!〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◇インターネット、情報通信、放送関連の話題を、氾濫する情報洪水の中
  から厳選、平易かつ簡明に要約・解説してお届けします。
                  by マイクル渡辺 info@micle.co.jp
**********************************************************************

 厳しい残暑が復活、ウンザリですね。(>_<)

 もはやブラックジョークとしか言いようのない醜態をさらし続ける“おぼっ
ちゃま政権”。“セールスマン知事”をようやく見ないですむようになったと
思ったら今度は“仮病横綱”だらけのマスコミとワイドショー。社会の崩壊が
家族の崩壊を生み連日のごとく繰り返される“近親殺人”・・・

 佐賀北高校、野村楽天、土佐礼子、鶴見虹子(こうこ)、そしてイチロー。ス
ポーツの世界は相変わらず感動を与えてくれます。衆議院総選挙でも与野党逆
転が起これば、この国も少しは変われるのでしょうが・・・

 恒例の「主要IT関連商品シェア動向」と「主要自動車関連商品シェア動向」
をお届けいたします。

───────────────────────────────────
【主要IT関連商品シェア動向(06年)】
 01.パソコン
 02.プロバイダー
 03.ADSL
 04.光ファイバー通信回線
 05.ポータル・検索サイト
 06.携帯電話端末
 07.携帯電話契約数
 08.液晶テレビ
 09.プラズマテレビ
 10.DVD録画再生機
 11.インクジェットプリンター
 12.普通紙複写機
 13.デジタルカメラ
 14.携帯音楽プレーヤー
 15.電子辞書
 16.家庭用ゲーム機
 17.電子マネー
 18.カーナビ

【主要自動車関連商品シェア動向(06年)】
 01.乗用車
 02.輸入乗用車
 03.軽自動車
 04.普通トラック
 05.二輪車
 06.タイヤチューブ
 07.ガソリン

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【主要IT関連商品のシェア動向(06年)】
  〜日本経済新聞「点検シェア攻防、本社100品目調査」より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●パソコン

<06年国内出荷台数シェア(1,428万台、前年比2.3%減)>
 1位 NEC     20.1%(▲ 0.5%)
 2   富士通  17.5  (▲ 0.3  )
 3   デル    14.2  (   1.9  )
 4   東芝     9.9  (   0.8  )
 5   日本HP   6.5  (▲ 0.2  )
     その他  31.8  (▲ 1.7  )( )は前年比増減率ポイント、以下同様

 ・企業向けは堅調だったが、個人向けは、買い替えサイクルの長期化やMSの新
   OS「ビスタ」の発売延期などが響き減少(前年比5.9%減)。
 ・ビスタ(07年1月末発売)は、これまでのOSと比べユーザーの関心度は低い。
   業界は、AV機能強化などが評価され、今年後半から利用者のすそ野が徐々に
   広がると期待する。
 ・デルと東芝は、世界規模の部品調達力を支えにシェアアップ。

───────────────────────────────────
●プロバイダー(ブロードバンド会員数)

<06年末国内会員数シェア(2,576万人、前年比15.2%増)>
 1位 Yahoo!BB(ソフトバンク)   20.0%(▲ 2.4%)
 2   OCN(NTTコム)             18.0  (   2.1  )
 3   ぷらら(NTTコム)           7.1  (▲ 0.2  )
 4   DION(KDDI)                6.7  (▲ 0.7  )
 5   @nifty(ニフティ)          6.2  (   0.4  )
 5   BIGLOBE(NECビッグローブ)  6.2  (   0.4  )
     その他                   35.8  (   0.4  )

 ・ADSLの普及は一巡したが、光回線の拡大が一段と進み全体を押し上げた。
 ・光回線への対応で明暗が分かれ、全社を挙げて積極展開したOCNがシェアア
   ップ。Yahoo!BBは乗り換え需要をつかみきれず。

───────────────────────────────────
●ADSL

<06年度末国内契約回線数シェア(1,401万件、前年度比3.5%減)>
 1位 ソフトバンクBB         36.8%(   2.0%)
 2   NTT東日本              19.9  (▲ 0.8  )
 3   NTT西日本              18.1  (▲ 0.4  )
 4   イー・アクセス         13.7  (   0.5  )
 5   アッカ・ネットワークス  7.8  (▲ 0.8  )
     その他                  3.7  (▲ 0.5  )

 ・光回線の急速な普及に押され、年度ベースで初めて市場規模が縮小。
 ・普及期に繰り広げられた価格競争は一服、事業は縮小均衡に。

───────────────────────────────────
●光ファイバー通信回線

<06年度末国内契約回線数シェア(881万件、前年度比64.8%増)>
 1位 NTT東日本                    38.6%(   3.2%)
 2   NTT西日本                    30.4  (   1.8  )
 3   UCOM(USEN)                    6.8  (▲ 2.1  )
 4   KDDI                          6.7  (   3.6  )
 5   ケイ・オプティコム(関西電力)  5.9  (▲ 1.2  ) 
     その他                       11.6  (▲ 5.3  )

 ・ブロードバンドサービスに占める割合は10.2%増え、全体の33.3%に。
 ・IP電話がけん引役となり、NTT東西がシェアを伸ばす。
 ・東電の光事業を吸収したKDDIが4位に上昇したが、NTT東西の販売攻勢に押
   され、シェアは05年度末の両社合算シェア(8.3%)より低下。

───────────────────────────────────
●ポータル・検索サイト

<06年ページビューシェア(3,570億ページビュー、前年比14.9%増)>
 1位 ヤフー                72.8%(   0.4%)
 2   グーグル               5.2  (   1.1  )
 3   マイクロソフト(MSN)    4.8  (▲ 0.2  )
 4   楽天(インフォシーク)   3.3  (▲ 0.4  )
 5   ニフティ               3.0  (▲ 0.6  )
     その他                10.9  (▲ 0.3  )

 ・ヤフーの圧倒的シェア変わらず。SNS機能やブログ検索、メルマガなど機能
   拡充に加え、サッカーワールドカップや米メジャーリーグの動画配信など人
   気コンテンツも獲得。
 ・グーグルが2位に浮上。検索機能に加え、予定表やウェブメール、写真共有
   サービスなど新機能の相次ぐ投入が奏功。

───────────────────────────────────
●携帯電話端末

<06年国内販売台数シェア(約4,726万台、前年比5.1%増)>
 1位 シャープ              19.6%(   4.4%)
 2   パナソニックモバイル  13.2  (▲ 2.9  )
 3   NEC                   13.2  (▲ 2.4  )
 4   東芝                  10.8  (   0    )
 5   富士通                 7.9  (▲ 0.8  )
     その他                35.3  (   1.7  )

 ・ワンセグ本放送開始(4月)や、番号継続制度導入(10月)が買い替えを促し、
   過去2番目の販売台数に。
 ・前年3位のシャープが大幅シェアアップ、トップに躍進。ワンセグ対応機種
   や大画面液晶の好評に加え、au向け納入開始も寄与。
 ・前年1位のパナソニック、2位NECは、主力のドコモ向けヒット商品がなく、
   シェアダウン。

───────────────────────────────────
●携帯電話契約数

<06年度末国内契約数シェア(9,672万件、前年度比5.4%増)>
 1位 NTTドコモ            54.4%(▲ 1.3%)
 2   KDDI(au、ツーカー)   29.1  (   1.4  )
 3   ソフトバンクモバイル 16.4  (▲ 0.2  )

 ・契約数は増えたものの伸び率は低下、市場の飽和感がますます強まる。
 ・auブランドの好調で、KDDIが唯一シェアアップ。
 ・06年10月スタートの番号継続制で顧客流動性が高まると予想されたが、07年
   3月末までの半年間に同制度で他社に乗り換えた人は199万人(約2%)と、予
   想よりも低水準に。
 ・旧ボーダフォンを買収して誕生したソフトバンクは、基本料980円の新料金
   や端末割賦販売などの新機軸を打ち出し、予想以上に健闘。

───────────────────────────────────
●液晶テレビ

<06年国内出荷台数シェア(551万台、前年比36.6%増)>
 1位 シャープ       43.9%(▲ 3.3%)
 2   ソニー         18.0  (   0.7  )
 3   松下電器産業   17.0  (   0.8  )
 4   東芝            8.5  (▲ 2.0  )
 5   日本ビクター    4.3  (▲ 0.7  )
     その他          8.3  (   4.5  )

 ・地デジの普及や価格下落が進み、需要が大きく伸びる。
 ・圧倒的首位のシャープの牙城を他社が切り崩しにかかり、シェアダウン。
 ・07年も価格競争が更に進み、体力勝負に。

───────────────────────────────────
●プラズマテレビ

<06年国内出荷台数シェア(7万台、前年比64.3%増)>
 1位 松下電器産業   66.5%(   1.3%)
 2   日立製作所     28.5  (   3.6  )
 3   パイオニア      5.0  (▲ 3.6  )

 ・動画表示性能が液晶テレビに優るとされ、スポーツイベント視聴層の引き合
   いが増えるなど、液晶の伸びを上回り好調。
 ・松下(ビエラ)が首位の座を不動に。日立(Woo)もHDD内蔵機種が普及しシェア
   アップ。

───────────────────────────────────
●DVD録画再生機

<06年国内出荷台数シェア(約350万台、前年比17.5%減)>
 1位 松下電器産業   28.0%(▲ 2.0%)
 2   シャープ       20.1  (   6.6  )
 3   ソニー         18.0  (▲ 3.5  )
 4   東芝           17.5  (   0.3  )
 5   パイオニア      8.0  (   −   )
     その他          8.4  (▲ 1.4  )

 ・急速に成熟化が進み、各社とも地デジ・ハイビジョン対応モデルなど高級機
   へのシフトを進めるが、需要を喚起できず。次世代機も離陸に難航。
 ・シャープは、好調の液晶テレビ「アクオス」との連係機能など、新製品の矢
   継ぎ早投入戦略が奏功。

───────────────────────────────────
●インクジェットプリンター

<06年国内出荷台数シェア(713.3万台、前年比3.0%減)>
 1位 セイコーエプソン  41.5%(▲ 0.8%)
 2   キャノン          39.5  (   0    )
 3   日本HP             8.8  (   2.1  )
 4   ブラザー工業       4.4  (   0.5  )
 5   レックスマーク     1.9  (▲ 1.6  )
     その他             3.9  (▲ 0.2  )

 ・買換え需要が中心となり、家電製品への支出が薄型テレビなどへ流れたこと
   なども影響し市場は減少。

───────────────────────────────────
●普通紙複写機

<06年国内出荷台数シェア(66.5万台、前年比6.2%減)>
 1位 キャノン         28.2%(   0.4%)
 2   リコー           28.0  (   0.1)
 3   富士ゼロックス   21.9  (   0.5  )
 4   シャープ         10.3  (▲ 0.8  )
 5   コニカミノルタBT  8.1  (   0.1  )
     その他            3.5  (▲ 0.3  )

 ・カラー機市場が拡大したものの、国内市場は縮小傾向に。
 ・キャノンが2年ぶりにトップに返り咲き。

───────────────────────────────────
●デジタルカメラ

<06年国内出荷台数シェア(942.4万台、前年比11.6%増)>
 1位 キャノン          21.8%(   1.5%)
 2   松下電器産業      15.1  (   1.1  )
 3   富士フィルム      14.8  (▲ 0.2  )
 4   カシオ計算機      13.7  (▲ 1.1  )
 5   ソニー            13.6  (   −   )
     その他            21.0  (   −   )

 ・成熟化が進み市場は昨年初めて減少したが、手ぶれ補正や顔自動認識、高倍
   率ズームなど高機能機種を各社が競って投入したことや、競争激化による価
   格下落が買換え需要を喚起、増加に転じた。
 ・4年連続トップのキャノン以外は、前年と順位が変動。松下(2位←4位)、富
   士(3位←2位)、カシオ(4位←3位)、ソニー(5位←圏外)。

───────────────────────────────────
●携帯音楽プレーヤー

<06年国内出荷台数シェア(約650万台、前年比8.3%増)>
 1位 アップル        49.4%(   2.8%)
 2   ソニー          20.7  (   0.3  )
 3   松下電器産業     8.6  (   0.6  )
     その他          21.3  (▲ 3.7  )

 ・アップルは、iPod(HDD)は動画再生機能を標準搭載、iPodナノ(フラッシュメ
   モリー)は2万円以下とするなど、着実に他社をリード。
 ・ソニーは音質にこだわった機種が、松下は音楽再生に特化した機種が好調。
 ・需要が一巡し、成長鈍化。中小メーカーの撤退や再編の動きも相次ぎ、大手
   メーカーの寡占化傾向が鮮明に。

───────────────────────────────────
●電子辞書

<06年国内出荷台数シェア(約246万台、前年比3.0%減)>
 1位 カシオ計算機             52.1%(   0.7%)
 2   シャープ                 28.7  (   2.3  )
 3   セイコーインスツルメンツ 11.3  (▲ 2.6  )
 4   キャノン                  7.9  (   1.3  )

 ・英語の発音を確認できる音声認識機能付(カシオ)、ワンセグ視聴ができるカ
   ラー液晶搭載機種(シャープ)など高機能機種が堅調。
 ・学習特化型機種も根強い需要があり、価格や使い勝手がシェアを左右。

───────────────────────────────────
●家庭用ゲーム機(携帯型を含む)

<06年国内販売台数シェア(1455万台、前年比45%増)>
 1位 任天堂         71.3%(   15.8%)
 2   ソニー(SCE)    27.2  (▲ 16.3  )
 3   マイクロソフト  1.4  (    0.4  )

 ・前年に続き、ニンテンドーDS(886万台)や、ソニーPSP(プレイステーション
   ポータブル、195万台)など、携帯型が据え置き型を大きく上回る(携帯比率
   77.3%)。
 ・任天堂の独り勝ち。12月発売の「Wii」も出足好調。
 ・ソニーは、PSPのピークが過ぎ台数減となるなど大幅シェアダウン。据え置
   き型新機種「PS3」も、ソフト不足や高価格が響きWiiに苦戦。

───────────────────────────────────
●電子マネー

<06年度発行枚数シェア(5780万枚、前年度比63.3%増)>
 1位 エディ(ソニー系)      48.8%(▲ 0.8%)
 2   スイカ(JR東日本)      34.1  (▲10.2  )
 3   イコカ(JR西日本)       4.8  (▲ 1.7  )
 4   iD(携帯付帯、ドコモ)   4.1  (   4.0  )
 5   パスモ(私鉄・地下鉄)   3.6  (   3.6  )
     その他                 4.6  (   -    )

 ・小額決済に適したメリット認知が広がり、各種マネーに対応する決済端末を
   取り入れるスーパーやコンビニが増加、乗車券としての利用も急速に拡大。
 ・07年は、セブン&アイ「ナナコ」、イオン「ワオン」など大手流通業も相次
   ぎ参入、大幅なシェア変動が予想される。

───────────────────────────────────
●カーナビ(市販用、メーカーのライン装着除)

<06年国内市販市場シェア(約138万台、前年比7.2%増)>
 1位 パイオニア     28.3%(   0  %)
 2   松下電器産業   27.9  (   1.9  )
 3   三洋電機       13.0  (▲ 2.6  )
 4   富士通テン     12.7  (   0.4  )
 5   クラリオン      7.6  (▲ 0.6  )
     その他         10.5  (   0.9  )

 ・地デジ対応で先行した松下がシェアアップ。
 ・三洋は、地図表示に特価した安価な簡易型カーナビ(PND、パーソナル・ナビ
   ゲーション・デバイス)の拡販に注力したため苦戦。
 ・メーカー各社は、顧客囲い込みを狙い純正品のテレマティクス対応を推進、
   サービスの充実に勤しむ。一方、PNDの普及も進み高機能品が主流の市販ナ
   ビは板ばさみに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【主要自動車関連商品のシェア動向(06年)】
  〜日本経済新聞「点検シェア攻防、本社100品目調査」より
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●乗用車

<06年国内販売台数シェア(313.4万台、前年比6.8%減)>
 1位 トヨタ      47.6%(   2.4%)
 2   日産        17.2  (▲ 2.5  )
 3   ホンダ      13.2  (▲ 0.6  )
 4   マツダ       5.6  (▲ 0.2  )
 5   富士重工     3.0  (▲ 0.2  )
     その他      13.4  (   1.1  )

 ・買い替えサイクルの長期化や、維持費の安い軽自動車への乗り換えなどが進
   み、前年比6.8%減と大きく落ち込む。
 ・トヨタが一人勝ち。カローラ、エスティマなど主力車種の全面改良や、旗艦
   車種LSの発売(レクサス)など新型車の積極投入で、落ち込みを抑える。
 ・日産は、05年に新型車を集中投入した反動など低迷。

───────────────────────────────────
●輸入乗用車

<06年国内販売台数シェア(26.0万台、前年比2.0%減)>
 1位 フォルクスワーゲン  21.0%(   0.9%)
 2   メルセデス・ベンツ  19.1  (   1.8  )
 3   BMW                 18.9  (   1.9  )
 4   アウディ             5.8  (   0    )
 5   BMWミニ              5.1  (   0    )
     その他              30.1  (▲ 4.6  )

 ・3年連続で前年実績を下回る中、独御三家がシェアアップ。4,5位前年並み、
   6位以降は概ねシェアダウンと、上位群と下位群の差が拡大。
 ・トップVWと、2位ベンツ、3位BMWの差が縮まり、3社のシェア争いが過熱。

───────────────────────────────────
●軽自動車

<06年国内販売台数シェア(202.4万台、前年比5.2%増)>
 1位 スズキ       30.2%(▲ 1.9%)
 2   ダイハツ     29.7  (▲ 0.9  )
 3   ホンダ       14.1  (   1.3  )
 4   三菱自動車    9.1  (   0.7  )
 5   富士重工      7.5  (▲ 0.3  )
     その他        9.4  (   1.1  )

 ・ガソリン高による小型車志向や新型車の積極投入など、3年連続で過去最高
   を更新。ただ、市場は06年がピークとの見方も強く07年はマイナスか。
 ・スズキ、ダイハツともシェアを落としたが、両社の差はわずか0.5%に。ス
   ズキは輸出用小型車増産のため軽を減産。
 ・ホンダは全系列での軽自動車取り扱いが寄与。6位日産(6.7%)もOEM調達車
   種増など1.2%アップし、5位富士重に迫る。

───────────────────────────────────
●普通トラック(積載量4トン以上)

<06年国内販売台数シェア(10.9万台、前年比3.0%増)>
 1位 日野自動車      30.5%(▲ 1.6%)
 2   いすゞ自動車    29.4  (   1.1  )
 3   三菱ふそう      23.3  (   2.6  )
 4   日産ディーゼル  16.7  (▲ 2.1  )

 ・排ガス規制に伴う更新需要により、03年から4年連続で10万台を超えたが、
   07年は買い替え需要が終わり、市場は大きく冷え込む見込み。06年より2,3
   万台減も。
 ・三菱はリコール騒動が落ち着きつつありシェアを回復。

───────────────────────────────────
●二輪車

<06年国内販売台数シェア(75.8万台、前年比増減無し)>
 1位 ホンダ               46.3%(▲ 2.4%)
 2   スズキ               21.6  (   1.8  )
 3   ヤマハ発動機         21.2  (▲ 0.8  )
 4   川崎重工業            2.9  (   0.3  )
 5   ハーレーダビッドソン  1.8  (   0.2  )
      その他                6.2  (   0.9  )

 ・市場の約6割を占める50cc以下の原付自転車が3年ぶりに前年を上回ったが、
   51-250ccクラスが低迷。輸入車を中心とする大型車は好調、米ハーレーは過
   去最高の14,000台を販売。
 ・前年3位のスズキがヤマハを逆転。スズキの2位は1970年代以降では初めて。

───────────────────────────────────
●タイヤチューブ

<06年国内生産シェア(135.2万トン、前年比1.5%増)>
 1位 ブリジストン   47.6%(▲ 0.5%)
 2   住友ゴム工業   22.9  (   0.4  )
 3   横浜ゴム       15.9  (   0.1  )
 4   東洋ゴム工業   12.1  (   0.2  )
     その他          1.5  (▲ 0.2  )

 ・完成車の輸出増により新車用タイヤが伸びたことに加え、市販用も大雪で冬
   用タイヤの需要が拡大し、夏用の落ち込みを補った。
 ・自動車メーカーの海外生産拡大に合わせ、タイヤメーカーも北米やアジアな
   どにシフト、完成車輸出に支えられた国内生産は頭打ちに。

───────────────────────────────────
●ガソリン

<06年度国内販売量シェア(6048万キロリットル、前年度比1.5%減)>
 1位 新日本石油        23.2%(▲ 0.4%)
 2   エクソンモービル  19.1  (▲ 0.2  )
 3   昭和シェル石油    16.1  (   0.5  )
 4   出光興産          14.2  (   0.1  )
 5   コスモ石油        11.3  (   0    )
     その他            16.1  (   0    )

 ・低燃費車の増加や、原油価格高騰による相次ぐ値上げで消費者の節約志向が
   強まり、販売量は前年度に続きマイナス。
 ・市場縮小の中、元売り各社が採算重視方針を強める中で、昭和シェルのみが
   販売量拡大戦略を取りシェアアップ。

**********************************************************************
◇電網かわら版は、「まぐまぐ ID:0000005947」「melma! ID:00017577」で
 発行しています。
◇配信の停止や配信先の変更は、下記でお願いいたします。バックナンバーも
 ご覧いただけます。 http://www.micle.co.jp/kawara.htm
◇内容および広告掲載等のお問い合わせは、 info@micle.co.jp へ。
◇電網かわら版『必読!ITメディア』の全文または一部の文章を、許可無く転
 載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  □■ 企画・制作・発行  (有)マイクル  http://www.micle.co.jp/  ■□
         〒242-0001 大和市下鶴間2-1-19-601  TEL:046-264-5030
**********************************************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-22  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。