ニュース・トレンド

電網かわら版『必読!ITメディア』

インターネット、情報通信、放送関連の話題を、氾濫する情報洪水の中から厳選、平易かつ簡明に要約・解説してお届けします。

全て表示する >

kawaraban153

2005/08/17

**********************************************************************
           ■□■  電網かわら版『必読!ITメディア』 ■□■
     第 153号  2005年 8月17日発行   〜総配信数 1,100部 Thanks!〜
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ◇インターネット、情報通信、放送関連の話題を、氾濫する情報洪水の中
  から厳選、平易かつ簡明に要約・解説してお届けします。
                  by マイクル渡辺 info@micle.co.jp
**********************************************************************

 残暑お見舞い申し上げます。

 3月15日に前号を発行して以来、読者の皆様には、5ヶ月間もの長期に亘り、
ご無沙汰をしてしまいました。(^_^;
 5月の連休明けから、そろそろ発行せねばと思いつつも、「テーマ」が定まり
ません。幾つか検討しましたが、いずれも何を書こうか?何が書けるか?と逡
巡、一向にまとまりません。98年6月に「おじさん瓦版」としてスタート以来、
こんなケースは初めてです。長〜いスランプに陥った・・・

 そんなこんなで、恒例テーマ「主要IT関連商品シェア動向」の季節が来てし
まいました。日経新聞の「点検シェア攻防、本社100品目調査」を基に、今年は
新たに「検索サイト」と「携帯音楽プレーヤー」を加え、お届けいたします。

 風前の灯火となった「電網かわら版」ですが、廃刊は毛頭考えていません。
「継続は力なり」がモットーです。(^J^)
 次号も、忘れた頃に何とやらとなるかと思いますが、お付き合いください。

───────────────────────────────────
【「くるまーと」の話題から】
01.「Webショップ・サービス」コーナー追加

【最近のニュース&トピックスから】〜主要IT関連商品シェア動向(04年)
 01.パソコン
 02.プロバイダー
 03.DSL
 04.家庭用光ファイバー
 05.検索サイト
 06.携帯電話端末
 07.携帯・自動車電話サービス
 08.液晶テレビ
 09.プラズマテレビ
 10.DVDレコーダー
 11.インクジェットプリンター
 12.普通紙複写機
 13.デジタルカメラ
 14.カーナビ
 15.携帯音楽プレーヤー
 16.電子辞書
 17.家庭用ゲーム機

**********************************************************************
【「くるまーと」の話題から】 http://kurumart.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「Webショップ・サービス」コーナー追加
  http://kurumart.jp/shop/

 これまで、「くるまーと」の広告掲載は、基本的に“アフィリエイト(成果報
酬型)”タイプについては、対応を見合わせてきました。特定スポンサーとのパ
ートナーシップを重視する観点や、収益効果などを勘案した結果です。
 しかし、昨今の情勢から、既存スポンサーについてもアフィリエイト対応せ
ざるを得なくなりました。これを機会に、4月より「バリューコマース」「リン
クシェア」両社のプログラムを導入、新コーナー「Webショップ・サービス」を
開始しました。

 クルマ関連のオンラインショップやサービスサイトを集めました。新車、中
古車、車検、部品・用品、保険、運転免許、レンタカー、ロードサービス、地
図ソフト、セキュリティ、アウトドアなどなど。是非ご利用ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【最近のニュース&トピックスから】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●主要IT関連商品のシェア動向(04年)
 〜日本経済新聞「点検シェア攻防、本社100品目調査」より
───────────────────────────────────
【パソコン】

<04年国内出荷台数シェア(1,340万台、前年比4.6%増)>
 1位  NEC     20.2%(▲ 1.0%)
 2    富士通  19.3  (▲ 0.5  )
 3    デル    11.2  (   1.5  )
 4    東芝     8.4  (   0.5  )
 5    日本IBM  7.3  (   0.6  )
      その他  33.6  (▲ 1.1  )( )は前年比増減率ポイント、以下同じ

・法人の買い替え需要が好調で、法人に強いデルが大幅に伸長。シェアを初め
  て2ケタに乗せ、出遅れていた個人向け市場でも6%までアップ。
・ノート主力の東芝も健闘、事業損益黒字化。
・前年5位のソニーは苦戦、7位に後退。日本IBM(現レノボ・ジャパン)が6位か
  ら5位に、日本HPが7位から6位に浮上。
・テレビパソコンが個人客の買い替えをどの程度喚起でき、法人需要の勢いが
  いつまで続くかが05年のカギを握る。

───────────────────────────────────
【プロバイダー】

<04年度国内会員数シェア(3,753万人、前年度比2.8%増)>
 1位 ニフティ           14.1%(▲ 0.4%)
 2   ソフトバンクBB     12.8  (   1.9  )
 3   NTTコム(OCN等)   12.0  (   0.8  )
 4   NEC(BIGLOBE)     11.2  (▲ 0.3  )
 5   KDDI(DION等)      7.6  (   0.3  )
     その他             42.3  (▲ 2.3  )

・市場全体の伸びが微増にとどまる中、ADSLを中心としたブロードバンドの販
  売力が明暗を分ける。ヤフー!BBとOCNがシェアアップ。ニフティ、BIGLOBE
  はシェアダウン。
・05年3月末時点の調査では、光ネット接続利用者数の増加がADSLをを上回り、
  主戦場は光接続に移行。ヤフー!BBは光では出遅れ感が目立つ。
・各社とも法人向けソリューション事業や、ポータルサイトによる広告ビジネ
  ス、有料の映像配信など接続サービス以外の収益源を重視する姿勢を強め、
  会員数だけでは業界の勢力図が正確に表せない可能性も。

───────────────────────────────────
【DSL】

<04年度末国内契約回線数シェア(1,370万件、前年度比22.3%増)>
 1位 ソフトバンクBB         34.9%(▲ 0.9%)
 2   NTT東日本              20.7  (   0.3  )
 3   NTT西日本              17.3  (   1.2  )
 4   イー・アクセス         13.5  (   0.1  )
 5   アッカ・ネットワークス  9.4  (▲ 1.0  )
     その他                  4.2  (   0.3  )

・普及が一段落し、光サービスが軌道に乗り始めたため、伸びは減速傾向に。
・450万人分の顧客情報流出事件が響いたソフトバンクと、アッカがシェアダウ
  ン。NTT東西地域会社が受け皿に。
・05年度中には月次ベースで市場の伸びが純減となる可能性も指摘され、各社
  とも収益性を高めるため、IP電話や映像配信などの付加サービスで1回線あた
  りの客単価を増やす方針。

───────────────────────────────────
【家庭用光ファイバー】

<04年度末国内契約数シェア(277万件、前年度末比91%増)>
 1位 NTT東日本           31.9%(   2.5%)
 2   NTT西日本           28.1  (▲ 0.5  )
 3   USEN                10.1  (   0.2  )
 4   ケイ・オプティコム   7.9  (   3.3  )
 5   東京電力             4.7  (   3.3  )
 6   KDDI                 3.3  (   1.7  )
     その他              14.0  (▲10.5  )

・ADSLに代わりより高速・高品質の光サービスが右肩上がりで増えている。
・関西は関西電力系のケイ・オプティコムが低価格攻勢をしかけ、NTT西日本は
  シェアダウン。近畿2府4県ではシェア拮抗。
・関東では、価格攻勢に出る会社がなかったため、NTT、東電が着実に伸長。
・今後ソフトバンクが低価格攻勢に出れば、シェア変動の台風の目に。

───────────────────────────────────
【検索サイト】

<04年ページビューシェア(2,798億ページビュー、前年比47%増)>
 1位 ヤフー                65.1%(   5.9%)
 2   マイクロソフト(MSN)    5.6  (▲ 1.1  )
 3   楽天(インフォシーク)   3.8  (   0.6  )
 4   グーグル               3.5  (   0.8  )
 5   NTTレゾナント(goo)     1.9  (   0.1  )
     その他                20.1  (▲ 6.2  )

・閲覧数(ページビュー)で全体の3割近くを占めるオークションが順調に成長す
  るなど、ヤフーが独走態勢を固める。
・閲覧数の増加とほぼ比例するように、ネット広告費も前年比53%増の1,814億
  円に拡大、今後も急成長。
・MSNは、無料の映像配信サービスや検索サービスの刷新で巻き返しへ。
・インフォシークは、楽天市場との相互利用による集客増を狙う。
・グーグルは、地図や地域情報サービスなどを投入、ポータル化。
・ブログ作成サービスが人気のライブドアも急成長。

───────────────────────────────────
【携帯電話端末】

<04年国内出荷台数シェア(4,357万台、前年比10.5%減)>
 1位  NEC                19.1%(▲ 4.5%)
 2    パナソニック       15.3  (▲ 1.5  )
 3    シャープ           14.8  (   3.0  )
 4    三洋電機           10.7  (   3.4  )
  5    ソニー・エリクソン  7.9   (   0.6  )
      その他             32.2   (▲ 1.0  )

・国内需要が飽和に近づいていることに加え、03年に高画素カメラ付端末の需
  要が盛り上がった反動もあり、出荷は2年ぶりに前年を下回る。
・上位2社はシェアダウン。3位シャープは、得意の高画素カメラと高品質液晶
  画面で差別化に成功。ボーダフォン向け端末ではトップシェア。
・4位三洋は、auの音楽配信サービス対応端末やFMラジオが聞ける端末を相次い
  で開発、auと組みデザイン性の高い商品にも取り組み支持を集める。
・来年開始予定の「番号ポータビリティ制度」に向け、今年後半は競争がより
  激化、買い替え需要が喚起される可能性が高い。

───────────────────────────────────
【携帯・自動車電話サービス】

<04年度末国内契約数シェア(8,700万件、前年度末比6.2%増)>
 1位  NTTドコモ        56.1%(▲ 0.5%)
 2    KDDI(au)       22.5  (   1.8  )
 3    ボーダフォン     17.3  (▲ 1.0  )
 4    ツーカーグループ  4.1  (▲ 0.3  )

・契約者の伸びが年々鈍化する中で、「着うたフル」やパケット通信の定額制
  で先行したKDDIが03年度に続き一人勝ち。
・ドコモは、家族割引の拡充やパケット定額制も導入したが、KDDIの攻勢をか
  わせず。「おケータイサイフ」も需要の立ち上げ時期でシェアに寄与せず。
・第3世代携帯で出遅れたボーダフォンも苦戦。
・KDDIは10月にツーカーを吸収合併、当面ツーカーブランドを継続するが、au
  への乗換えを促進し、将来はブランドを一本化する見通し。

───────────────────────────────────
【液晶テレビ】

<04年国内出荷台数シェア(240.6万台、前年比94.5%増)>
 1位  シャープ       50.1  (▲ 6.5%  )
 2    ソニー         18.6  (   5.7  )
 3    松下電器産業   17.7%(▲ 0.1  )
 4    東芝            8.0  (   2.3  )
 5    日本ビクター    3.6  (   2.4  )
      その他          2.0  (▲ 3.8  )

・アテネ五輪にあわせた各社の販売攻勢や店頭価格の下落が後押し、市場は3年
  連続の倍増ペースに。05年も拡大が持続。
・13-45型まで幅広いラインアップと、自社製パネルのブランドが浸透している
  シャープが好調を持続、収益も維持。
・ソニーは、新商品投入で営業攻勢をかけシェアアップしたが、収益は悪化。
・松下は、販促を強化するもプラズマに比重を置き、市場の伸びに届かず。
・東芝、ビクターも、品揃えや商品力を強化し伸長。
・世界的なパネル増産傾向で価格競争に拍車がかかり、低価格のノンブランド
  品が台頭する可能性も。

───────────────────────────────────
【プラズマテレビ】

<04年国内出荷台数シェア(34万台、前年比42.3%増)>
 1位  松下電器産業   42.1  (  13.0%)
 2    日立製作所     27.0%(▲ 3.8  )
 3    ソニー         15.0  (▲ 1.3  )
 4    パイオニア      8.8  (▲ 5.8  )
 5    日本ビクター    5.0  (▲ 1.9  )
      その他          2.1  (▲ 0.2  )

・アテネ五輪や価格下落が購入意欲を刺激、25%増にとどまった03年を上回る
  伸びを示す。
・全国3200の店舗に新商品2.2万台を一斉陳列する「一夜城作戦」などで大攻勢
  をかけた松下が、一気にシェアトップに。05年も同作戦を展開、夏商戦の前
  哨戦で約70%の店頭シェアを獲得。
・日立は2位に後退、ソニー、パイオニア、ビクターもシェアダウン。
・採算が厳しいため、パネルを外部調達するソニーなど一部メーカーは、サイ
  ズが豊富で画質向上や  大画面化が進む液晶テレビにシフト。

───────────────────────────────────
【DVDレコーダー】

<04年国内出荷台数シェア(407.1万台、前年比107.5%増)>
 1位  松下電器産業   32.8%(▲ 8.7%)
 2    ソニー         17.0  (   2.9  )
 3    東芝           16.0  (▲ 1.8  )
 4    パイオニア     15.0  (   0.2  )
 5    シャープ        9.8  (   0.0  )
      その他          9.4  (   7.4  )

・五輪特需や薄型テレビブームに後押しされ、世帯普及率は15%超に。
・市場を開拓してきた松下がトップを維持。販売台数を約4割増やすも、市場規
  模がそれを上回って拡大したためシェアダウン。
・ソニー、東芝、パイオニアが2位争い、前年4位のソニーが2位に浮上。ビクタ
  ーや三菱電機など後発メーカーも本格参入、勝ち残り競争が一段と激化。
・HDD付や、HDD/VHS/DVDの3機能搭載型が高伸長するなど、製品の高機能・高付
  加価値化も進む。

───────────────────────────────────
【インクジェットプリンター】

<04年国内出荷台数シェア(646.7万台、前年比2.4%減)>
 1位  キャノン          43.6%(   2.4%)
 2    セイコーエプソン  40.9  (▲ 5.6  )
 3    日本HP             6.1  (▲ 0.5  )
 4    レックスマーク     3.2  (   1.3  )
 5    ブラザー工業       2.8  (   0.8  )
      その他             3.4  (   1.5  )

・上位2社の寡占が続く中、8年ぶりにキャノンが首位の座を奪還。
・プリンター単機能から、スキャナー・コピー・ファックス機能を兼備した複
  合機が伸長、年末には複合機の占める比率は4割強に。
・デジカメの世帯普及率が5割を超え、写真プリント専用機も伸長。

───────────────────────────────────
【普通紙複写機】

<04年国内出荷台数シェア(72.8万台、前年比7.6%増)>
 1位  キャノン         28.1%(▲ 1.4%)
 2    リコー           28.0  (   0.7  )
 3    富士ゼロックス   20.0  (   0.3  )
 4    シャープ         12.2  (   0.6  )
 5    コニカミノルタBT  7.5  (   0.0  )
      その他            4.2  (▲ 0.2  )

・中小オフィスのカラー化需要が本格化するなど、カラー機需要が市場をけん
  引、モノクロ機が3.2%増にとどまったのに対し、カラー機は34.1%増に。
・上位2社の差は0.1ポイントに迫り、激しくつばぜり合い。

───────────────────────────────────
【デジタルカメラ】

<04年国内出荷台数シェア(854.7万台、前年比1.3%増)>
 1位  キャノン          18.9%(   2.3%)
 2    ソニー            15.2  (   0.6  )
 3    カシオ計算機      14.0  (   1.0  )
 4    富士写真フィルム  12.0  (▲ 3.0  )
 5    松下電器産業       9.6  (   6.6  )
      その他            30.3  (   1.5  )

・普及が急速に進んだ結果、成熟化の度合いが強まる。価格下落にも拍車がか
  かり、国内出荷額も0.7%減の約2432億円と初めて前年を下回る。
・キャノンが2年連続でトップ、2,3位にはソニー(←3位)、カシオ(←4位)が浮
  上、富士は人気商品の開発遅れなどが響き4位(←2位)に後退。
・松下は、手ぶれ補正機能などを売り物にしたコンパクト製品がヒット、圏外
  から一気に5位にランクイン。

───────────────────────────────────
【カーナビ】(市販用、メーカーのライン装着除)

<04年国内出荷台数シェア(約115万台、前年比2.2%減)>
 1位  パイオニア     26.3%(▲ 0.9%)
 2    松下電器産業   24.1  (   0.0  )
 3    三洋電機       14.2  (▲ 0.3  )
 4    富士通テン     12.0  (   0.8  )
 5    三菱電機        8.4  (   1.8  )
      その他         15.0  (▲ 1.4  )

・純正品(新車のライン装着)の伸びが著しく、総出荷台数の3分の2を超えた結
  果、市販用は初めてマイナスに。
・DVD型が主流だが、HDD型の高機能品の投入が相次ぎ、市場の3割に。
・パイオニアが5年連続でトップとなった他、5位までの上位各社の順位は変わ
  らず。

───────────────────────────────────
【携帯音楽プレーヤー】

<04年国内販売台数シェア(約140万台、前年比75%増)>
 1位  アップル       32.2%(   7.7%)
 2    RIO            12.5  (   2.5  )
 3    アイリバー     11.5  (   6.0  )
      その他         43.8  (▲16.2  )

・先鞭をつけた01年のアップル「iPod」発売後4年足らずで市場は急拡大、本格
  普及期を迎えた。ソニーなど大手メーカーも本格参入。
・千曲前後の楽曲を取り込めるHD記録型に対し、数百曲と少ないが価格が1万円
  程度のメモリー記録型が伸長。
・独走するアップルを除く2番手以下のシェア構造は流動的。前年の2,3位はい
  ずれも4位以下に後退、メモリー型主力のRIOと韓国のアイリバーが上位に。
・独自データ形式の「iTunes」と専用端末「iPod」で顧客を囲い込む戦略のア
  ップルに対し、新興勢力は、汎用データ形式「MP3」やマイクロソフトの「W
  MA」対応製品でシェア拡大を狙う。

───────────────────────────────────
【電子辞書】

<04年国内出荷台数シェア(約258万台、前年比1.5%減)>
 1位  カシオ計算機             51.0%(   2.1%)
 2    シャープ                 26.5  (   0.0  )
 3    セイコーインスツルメンツ 13.8  (▲ 0.4  )
 4    キャノン                  6.7  (   0.3  )
 5    ソニー                    2.0  (▲ 1.9  )

・高価格機種は堅調だが、機能性の低い1万円前後の低価格機種の出荷が減った
  ため、市場全体はマイナスに。
・ビジネス、語学、大学受験など用途別の商品展開が多様になり、06年から大
  学入試センター試験でリスニング試験が導入されるため、音声機能付機種の
  人気が高校生を中心に高まる。
・首位カシオのシェアが5割を超えるなど、上位2社の寡占化が進む。

───────────────────────────────────
【家庭用ゲーム機】(携帯ゲーム機を除く)

<04年度国内出荷台数シェア(410万台、前年度比23.2%減)>
 1位  ソニー(SCE)  91.0%(  11.0%)
 2    任天堂          8.3  (▲10.3  )
 3    マイクロソフト  0.7  (▲ 0.7  )

・現行機種の普及一巡など、各社が出荷台数を減らす中、ソニーが独走。
・05年年度は、次世代ゲーム機登場による市場環境の変化が見込まれる。
・マイクロソフト「Xbox360」(年末)、SCE「プレイステーション3」(06年春)、
  任天堂「レボリューション(仮称、06年)」でシェアがどう変動するか、市場
  拡大の起爆剤になるかが注目に。

**********************************************************************
◇電網かわら版は、「まぐまぐ ID:0000005947」、
 「RanSta ID:00001502 」「melma! ID:m00017577」で発行しています。
◇配信の停止や配信先の変更は、下記でお願いいたします。バックナンバーも
 ご覧いただけます。 http://www.micle.co.jp/kawara.htm
◇内容および広告掲載等のお問い合わせは、 info@micle.co.jp へ。
◇電網かわら版『必読!ITメディア』の全文または一部の文章を、許可無く転
 載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  □■ 企画・制作・発行  (有)マイクル  http://www.micle.co.jp/  ■□
    〒242-0006 大和市南林間2-8-12-203  046-271-3336(Tel),3337(Fax)
**********************************************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-22  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • 2005/11/20

    便利。特にプロバイダー。ただ、見にくい。