新車

『週刊くるまーと〜賢く選んで、楽しく運転〜』

車情報市場「くるまーと」が毎週お届けする、賢いクルマ選択と快適カーライフのための無料メールマガジンです。新車・自動車業界ニュースの他、マイカー採点簿、クイズ、コラムなど。

全て表示する >

kurumag926

2018/02/10

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   /*__♪    『週刊くるまーと〜賢く選んで、楽しく運転〜』
  ◎−◎=  …………………………………………………………………
       〜 第 926号  2018年 2月10日発行  総配信数 4,900部 〜
───────────────────────────────────
   □■“Web Portal for Joyful Carlife” http://kurumart.jp/ ■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【今週の『くるまーと』】
 ・「車何でもランキング」データ追加 他
【ニュース&トピックス】
 ・マツダ、「CX-5」を一部改良 他
【運転免許試験問題集】
 ・普通免許で運転できる? 他
【マイカー採点簿】
 ・ホンダ「シビック」
【車何でもランキング】
 ・2017年国産全車販売ランキングより〜軽自動車
【コラム&レビュー】
 ・Drive My Car:車検が終わりました 他

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【今週の『くるまーと』】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「車何でもランキング」データ追加
  http://kurumart.jp/ranking/

 「よく売れている車は?」に、2018年1月の新車販売ランキングを追加し
ました。

 乗用車系は、「ノート」が4か月ぶりにトップ(←4位)。「プリウス」「ア
クア」が続き、4位(←12位)に「セレナ」が躍進、以下「ヴォクシー」「フィ
ット」「シエンタ」が続きました。

 軽乗用車は、上位の顔ぶれに変化はなく、今月は「N-BOX」「デイズ」
「タント」「ムーヴ」「スペーシア」「ワゴンR」の順で続きました。

 外国車は、独各社が1月より主要モデルを値上げしたため、12月に発生した
駆け込み需要の影響で6か月ぶりに前年を下回りました。「ベンツ」「VW」
「BMW」「アウディ」「BMW MINI」「ボルボ」の順で続きました。

───────────────────────────────────
★上記の他「新車データベース」「国産車サマリー」「マイカー採点簿」「ニ
ュース&トピックス」等を更新しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【ニュース&トピックス】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新車ニュース>

●ホンダ、「レジェンド」をマイナーチェンジ(2/8)
   http://www.honda.co.jp/news/2018/4180208-legend.html

 ホンダは、ハイブリッドフラッグシップモデル「レジェンド」をマイナーチ
ェンジ、発売した。グリルや前後バンパー、シート形状など内外装デザインを
リフレッシュするとともに、ハンドリング性能と上質な乗り心地をよりレベル
アップ。渋滞運転支援機能をホンダ車初搭載するなど、安全運転支援システム
を充実。年間計画1,000台。655万円(税別)。

●マツダ、「CX-5」を一部改良(2/8)
   https://goo.gl/pKhH6w

 マツダは、「CX-5」を一部改良、3月8日より発売する。低抵抗ピストンや
急速多段燃焼など、新技術採用によりSKYACTIVエンジンを改良、日常域での
扱いやすさや実用燃費、走行性能を向上。「360°ビュー・モニター」の新設
定など安全性や利便性を向上。231万〜326.5万円(税別)。

●ランボルギーニJ、新型SUV「ウルス」を発売(2/6)
   https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1105168.html

 ランボルギーニ・ジャパンは、新型SUV「ウルス」を今春発売する。スーパ
ースポーツカーの伝統を踏襲しつつ、家族や友人とバカンスを楽しめる同社初
の5シーターSUV。クラス最高の650PSを発揮するブランド初採用の4.0L V8
ターボエンジン/8速AT/4WDシステムを搭載。2574万円(税込)。

●MBJ、「Eクラスクーペ」を一部改良(2/5)
   https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP470467_V00C18A2000000/

 メルセデス・ベンツ日本は、「Eクラスクーペ」を一部改良、発売した。テ
レマティクスサービス「Mercedes me connect」の全モデル標準装備や、内
外装色追加など。700万〜1058万円(税込)。

───────────────────────────────────
<業界ニュース>

●トヨタは世界3位後退も意に介さず…「新BIG3」の裏事情(2/9)
   http://diamond.jp/articles/-/159128

 自動車の2017年世界販売実績でトップ3に異変が起こった。1位は独VWグ
ループで1074万台、前年比4.3%増と過去最高を更新。2位がルノー・日産・
三菱自連合で1061万台、同6.5%増。トヨタグループは1039万台、同2.1%
増と過去最高を示したが3位に後退。だが、この構図の裏には事情がある。覇
権主義が強いVW、ルノー・日産・三菱自連合に対し、むやみに量を追わない
戦略に転換したトヨタ・・・

●新型「Aクラス」独自ハイテクは何が凄いのか(2/5)
   http://toyokeizai.net/articles/-/207447

 独ダイムラーが先日発表した新型「Aクラス」。独自のマシンラーニング(機
械学習)や音声認識などのハイテク技術を搭載、こうした分野で先行するアマ
ゾンやグーグルなど、米シリコンバレーのハイテク企業に対抗する姿勢を示し
た。新たな外観で車内は従来より広く設計され、高速道路で運転者を支援する
半自動運転の機能も搭載・・・

───────────────────────────────────
<リコール・不具合情報>

●スバル、「インプレッサ」等のリコール届出(2/8)
   http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_002866.html

 対象車種 :インプレッサ、WRX、レヴォーグ、レガシィ、フォレスター、
       XV、エクシーガ、BRZ、86(トヨタ)
 部位・状況:無資格検査員による完成検査の合否判定が認められ、保安基準
       に関する検査が適切に行われていなかった
 製作期間 :平成29年10月4日〜平成29年12月15日
 対象台数 :27,066台

●三菱、「RVR」のリコール届出(2/8)
   http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_002865.html

 対象車種 :RVR
 部位・状況:フロントワイパーのデッキ部の防水構造が不適切。ワイパーが
       作動しなくなるおそれ
 製作期間 :平成22年2月8日〜平成28年4月1日
 対象台数 :32,028台

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【運転免許試験問題集】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 難問奇問?満載の運転免許の学科試験!悔し涙を流された方もさぞ多いこと
でしょう。最新問題1200題を収録した「運転免許試験問題集」より、いくつ
かご紹介します。「○」or「×」?

 Q1.乗車定員10人の車は、普通免許で運転できる。

 Q2.普通免許では普通自動車、小型特殊自動車、原動機付自転車を運転する
  ことができる。

★解答は文末をご覧下さい。
  “現役”ドライバーの皆さんは、もちろん正解ですね。(^J^)
  http://kurumart.jp/lc/
  http://kurumart.jp/i/lc/ (携帯)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【マイカー採点簿】皆さんのマイカーを採点して下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●ホンダ「シビック」

 神奈川県にお住いの、ザムサさん(50代男性)の採点簿です。

 1.メーカー・車名:ホンダ「シビック」
 2.車両概要   :1800cc、FF、5AT、GL
 3.購入時期・形態:17年1月、中古車(05年式)
 4.総走行距離数 :15,000km
 5.主な使用状況 :通勤、遠出
 6.スタイル外観 :9
 7.スタイル内装 :10
 8.走り     :9
 9.操作性    :9
10.居住性     :10
11.燃費      :10
12.総合評価    :10

13.寸評(良い点)  :
 ○シンプルなデザインだが、今売られているクルマに引けを取らない存在感。
 ○デジタルスピードメーターのインパネ。
  ドライバー専用のようなデザインで、今でも古臭さを感じない。
 ○5ATに任せた発進加速を守ると、今でも平均燃費は13.5km/L。
 ○安心できる剛性感。高性能と乗り心地を両立した足回り。
 ○オルガン式アクセルペダル、アイボリー色のシート、シフトレバー横にコン
  パクトに収められた駐車ブレーキなど、お洒落で自分好みの装備が充実。

14.寸評(不満な点):
 ×車幅だけで3ナンバー車になってしまった。
 運転感覚は慣れたが、今だに慎重になる場面がある。
 ×Aピラーが太く、大きく寝ている。
 死角をよけるため頭を動かす必要がある。
 ×ホイールベースが長いため、交差点を小さく曲がるときに違和感がある。

15.その他自由意見:
 ◇モデルチェンジ後ディーラーへ見に行ったが、「不満な点」が気になって、
  購入には至らなかった。
 ◇その後、愛車と同モデルを街で見かけるたびに「いいなぁ」と思っていた。
  また、今出ている新車の中に次期購入モデルを見出せなかったため、初めて
  の中古車だが手に入れた。
 ◇新車並みの程度の良いクルマと出会えて、大変楽しい毎日です。

───────────────────────────────────
★皆さんもマイカーを採点してみませんか。掲載分についてはもれなく図書カ
 ードを差し上げます。Webサイトのフォームよりご送信下さい。
  http://kurumart.jp/saiten/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【車何でもランキング】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●2016年国産全車販売ランキングより〜軽乗用車
    http://kurumart.jp/ranking/

 国産全車の販売台数を、月販平均台数に基づきボディタイプ別にランキング
した「2017年国産全車総合・タイプ別販売ランキング」から、今週は軽乗用
車のベスト15をご紹介します。以降はWebページをご覧ください。

───────────────────────────────────
○軽乗用車販売ランキング  ( )は前年順位
  順位/車名                         メーカー  販売台数        備考
  1.(  1) N-BOX                  ホンダ     17300 台/月  17.8Fmc
  2.(  2) タント                   ダイハツ  11780
  3.(  7) ワゴンR                 スズキ      9560           17.2Fmc
  4.(  6) スペーシア            スズキ       8730           17.12Fmc
  5.(11) ミライース            ダイハツ    7100           17.5Fmc
  6.(  3) ムーヴキャンバス  ダイハツ    6360
  7.(  4) N-WGN                ホンダ       6300
  8.(12)  デイズルークス     日産         6130
  9.(  5) ハスラー               スズキ       6050
10.(  9) ムーヴ                  ダイハツ    5420
11.(13) デイズ                  日産          5330
12.(10) アルト                  スズキ       4850
13.( 8 ) キャスト               ダイハツ   3800
14.(14) ラパン                  スズキ       2510
15.(16) eK                        三菱          1930

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【コラム&レビュー】クルマ&クルマ業界辛口?批評!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●Drive My Car:車検が終わりました

 愛車ジェミニの15回目?の車検が終わりました。
 最近、基本的な走りに関してはとても快調なのですが、車検についてもとく
に大きな問題はなくパスしたようです。

 1点、エンジンカバー周りからのオイル滲みがあったそうですが、これは経
年劣化の範囲で、とくに修理はなし。
 なので、ほとんどの作業は「ついでに」お願いした項目ばかりで・・・
 ・ヘッドランプとドアミラーの交換
  (たまたま新品を確保していたものです)
 ・水温のサーモスタット交換
  (最近オーバー・クール気味でした)
 ・オドメーター修理
  (リセットできなくなっていたため)
 ・リアの「イルムシャー」ステッカー交換
  (若干痛んでいました)
 といった内容です。

 もう1点、運転席のシートベルトがほつれてきているので交換したかったの
ですが、残念ながら在庫なしでした。これは中古品を探すしかないですね。

 34万キロを前にして、大きな故障、修理がないのはありがたいのですが、
逆に心配になったりもしますね。いきなりドカーンと大きなトラブルが起きそ
うで(笑)
                      (18/02/06 すぎもとたかよし)

───────────────────────────────────
●デザイナーインタビュー:スズキ・スペーシア

 自動車専門サイト「クリッカー」でのデザイナーインタビュー、今回はスズ
キの新型「スペーシア」。欲しかったのは、王者「N-BOX」やトールワゴンの
代名詞「タント」といった強力なライバル達に負けない個性。いままでの延長
ではダメだ、と考えた新デザインは一体どのように発想されたのか?チーフデ
ザイナー氏に聞いた・・・
   https://clicccar.com/2018/02/07/556973/

                      (18/02/07 すぎもとたかよし)

★Web上でバックナンバーがご覧いただけます。
   http://kurumart.jp/column/

─…─ PR …─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
□■□ 広告掲載・募集について □■□

□  『くるまーと』Webサイトおよびメールマガジンに広告を掲載します。

□■□ お問い合わせは info@kurumart.jp まで □■□
─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
【運転免許試験問題解答】
 Q1:○
 Q2:○
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□『週刊くるまーと』は、下記サービスを利用して発行しています。
 「まぐまぐ ID:0000025684」、「melma! ID:00017576」
□配信の停止や配信先の変更は、下記URLからお願いいたします。
 バックナンバーもご覧いただけます。 http://kurumart.jp/mag/
□『週刊くるまーと〜賢く選んで、楽しく運転〜』の全文または一部文章を、
 許可無く転載することを禁じます。
───────────────────────────────────
  ■□■ 企画・制作 (有)マイクル  http://www.micle.co.jp/ ■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-22  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 80 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。