新車

『週刊くるまーと〜賢く選んで、楽しく運転〜』

車情報市場「くるまーと」が毎週お届けする、賢いクルマ選択と快適カーライフのための無料メールマガジンです。新車・自動車業界ニュースの他、マイカー採点簿、クイズ、コラムなど。

全て表示する >

kurumag922

2018/01/13

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   /*__♪    『週刊くるまーと〜賢く選んで、楽しく運転〜』
  ◎−◎=  …………………………………………………………………
       〜 第 922号  2018年 1月13日発行  総配信数 4,900部 〜
───────────────────────────────────
   □■“Web Portal for Joyful Carlife” http://kurumart.jp/ ■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 寒中お見舞い申し上げます。新年初号をお届けいたします。
 本年もよろしくお願いいたします。m(__)m

───────────────────────────────────
【今週の『くるまーと』】
 ・「車何でもランキング」データ追加 他
【ニュース&トピックス】
 ・日産、「エルグランド」の特別仕様車を発売 他
【運転免許試験問題集】
 ・駐停車禁止? 他
【車何でもランキング】
 ・都道府県別保有・普及・販売ランキングより〜輸入車
【コラム&レビュー】
 ・クルマのまわりで:カー・オブ・ザ・イヤー雑感
 ・ネオクラシックカー・デザインコラム

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【今週の『くるまーと』】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「車何でもランキング」データ追加
  http://kurumart.jp/ranking/

 よく売れている車は?に、2017年12月と2017年年間の新車販売ランキン
グを追加しました。

 乗用車系の12月度は、「プリウス」「アクア」と続き、3位(←10位)に「ヴ
ォクシー」、4位(←8位)に「ノート」が躍進、以下「シエンタ」「フィット」
「カローラ」が続きました。年間では「プリウス」「ノート」「アクア」「C-
HR」「フリード」の順でした。

 軽乗用車は、12月度は、「N-BOX」「ムーヴ」「デイズ」「スペーシア」
「タント」の順で続き、年間では「N-BOX」「ムーヴ」「タント」「デイズ」
「ワゴンR」の順でした。

 外国車は、12月度、年間とも「ベンツ」「BMW」「VW」「アウディ」「B
MW MINI」「ボルボ」の順でした。

───────────────────────────────────
●「コラム&レビュー」追加
   http://kurumart.jp/column/

 すぎもとたかよしの「車社会ニッポン」に、「新車心象風景〜トヨタ・アル
ファード/ヴェルファイア」を追加しました。

───────────────────────────────────
★上記の他「新車データベース」「ニュース&トピックス」等を更新しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【ニュース&トピックス】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新車ニュース>

●日産、「エルグランド」の特別仕様車を発売(1/12)
   https://goo.gl/kck9FV

 日産自動車は、「エルグランド」の特別仕様車「ハイウェイスター・ジェッ
トブラック・アーバンクロム」を、2月26日より発売する。漆黒フロントグリ
ル、プレミアムタンレザーシートなどを採用、よりダイナミックで高級感ある
スタイリングに。インテリジェント・アラウンドビューモニターなど先進安全
装備も採用。385万〜523.2万円(税別)。

●日産、「セレナ」のカスタムカーを発売(1/12)
   https://goo.gl/hyTgrQ

 日産自動車とオーテックジャパンは、「セレナ」のカスタムカー「AUTECH
/AUTECH SPORTS SPEC」を、2月1日より発売する。プレミアムスポーティ
志向の専用内外装や装備を採用。276.4万〜330.3万円(税別)。

●FCAJ、アルファロメオ「ジュリア」に新モデルを追加(1/11)
   http://www.fcagroup.jp/media/537/

 FCAジャパンは、アルファロメオ「ジュリア」の高性能グレード「ヴェロー
チェ」に、従来の4WD/左ハンドルに加え、FR/右ハンドル仕様を追加、1月20
日より発売する。587万円(税込)。

●ルノーJ、「トゥインゴ」の限定車を発売(1/10)
   http://www.renault.jp/information/news/lp/fair180114-twg.html

 ルノー・ジャポンは、「トゥインゴ」の限定車「ラ・パリジェンヌ」を発売
した。自らのセンスで自由にオシャレを楽しむパリジェンヌをイメージし、専
用ボディカラー、同レザー調×ファブリックコンビシートなど、専用装備を採
用。250台限定。204万/216万円(税込)。

●MBJ、「GLC」シリーズにAMGモデルを追加(1/10)
   https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP467806_Q8A110C1000000/

 メルセデス・ベンツ日本は、ミドルサイズSUV「GLC」「GLCクーペ」に、
AMG 4.0L V8直噴ターボエンジンなどを搭載した高性能モデル「GLC 63 4M
ATIC+/GLC 63 S 4MATIC+」を追加、受注を開始した。6月頃納車予定。導
入を記念し、精悍かつスポーティなイメージの特別仕様車「Edition1」を60台
限定で発売。1247万〜1542万円(税込)。

●プジョーJ、「3008」の特別仕様車を発売(1/5)
   http://web.peugeot.co.jp/3008-bluehdi-special-edition/

 プジョー・シトロエン・ジャポンは、「3008」の特別仕様車「BlueHDi Sp
ecial Edition」を発売した。2.0Lクリーンディーゼルモデルをベースに一部装
備を見直し、422万円(税込)の戦略的価格を設定。

●プジョーJ、「208」の限定車を発売(1/5)
   http://web.peugeot.co.jp/208-firstselection/

 プジョー・シトロエン・ジャポンは、「208」の特別仕様車「First Selecti
on」を、240台限定で発売した。エントリーグレードをベースに、アクティ
ブシティブレーキなどを装備しつつ、199万円(税込)の戦略的価格を設定。

●プジョーJ、「308」シリーズの特別仕様車を発売(1/5)
  https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1099712.html

 プジョー・シトロエン・ジャポンは、「308」「308SW」の特別仕様車「A
llure Special Edition」を発売した。17インチアロイホイールやパノラミック
ガラスルーフなどを装備。294.9万〜328.7万円(税込)。

───────────────────────────────────
<業界ニュース>

●スズキ快進撃、「百年の大計」に向けた生き残り戦略は本物か(1/12)
   http://diamond.jp/articles/-/155553

 百年に一度の自動車大転換期の中、「軽自動車の雄」スズキが2020年に法
人設立100周年を迎える。カリスマ経営者・鈴木修会長の強力なリーダシップ
の下、インドで圧倒的なシェアトップとなるなど存在感を高めてきた。昨年は
トヨタとの業務提携がEV協業で具体化、「百年の大計」に向けた生き残り戦
略と、鈴木修氏から俊宏体制への移行が本格的になってきた・・・

●地図のゼンリン「自動運転」で高まる存在感(1/9)
   http://toyokeizai.net/articles/-/203667

 本格的な自動運転時代を迎えるにあたり、運転支援から自動運転へレベルを
上げる際に必須となるのが、高精度の3次元地図データ。ゼンリンは、この地
図データで圧倒的な競争力をもつ。その強みは何といっても全国約70の調査拠
点が日々実施する現地調査。1日約1000人の調査スタッフが1軒ずつ歩き、目
で見て調べる地図データの精度は他を圧倒・・・

●国産車の品質が悪化?業界に何が起こっているのか(2017/12/28)
   https://www.businessinsider.jp/post-108541

 故障の少なさ=耐久性は長らく国産車が誇る美点の1つだ。しかし、その耐
久品質が悪化傾向にあるという衝撃のレポートが公表された。J.D. Powerの
顧客満足度調査だ。顕著だったのは「オーディオ/コミュニケーション/エンタ
ーテイメント/ナビゲーション」への不満だった。国産車にいま一体何が起こ
っているのか?・・・

───────────────────────────────────
<リコール・不具合情報>

 今週は、リコール関連の届出情報はありませんでした。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【運転免許試験問題集】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 難問奇問?満載の運転免許の学科試験!悔し涙を流された方もさぞ多いこと
でしょう。最新問題1200題を収録した「運転免許試験問題集」より、いくつ
かご紹介します。「○」or「×」?

Q1.火災報知器から1メートル以内は、駐停車が禁止されている。

Q2.道路工事の区域の端から5メートル以内の場所は、駐車はできないが停車
   はかまわない。

★解答は文末をご覧下さい。
  “現役”ドライバーの皆さんは、もちろん正解ですね。(^J^)
  http://kurumart.jp/lc/
  http://kurumart.jp/i/lc/ (携帯)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【マイカー採点簿】皆さんのマイカーを採点して下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
★今週は掲載可能な新規投稿はありませんでした。
 皆さんもマイカーを採点してみませんか。掲載分についてはもれなく図書カ
 ードを差し上げます。Webサイトのフォームよりご送信下さい。
  http://kurumart.jp/saiten/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【車何でもランキング】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●都道府県別保有・普及・販売ランキングより〜輸入車
  http://kurumart.jp/ranking/

 都道府県別保有・普及・販売ランキングより、今週は輸入車(外国メーカー
車)について、保有台数と普及率のベスト5をご紹介します。以降、及び全国デ
ータはWebサイトをご覧ください。

───────────────────────────────────
○輸入車保有台数の多い都道府県(15年3月末、全国総数319.4万台)
  1.東京都 :483.0 千台
  2.神奈川県:292.8
  3.愛知県 :238.0
  4.大阪府 :199.0
  5.埼玉県 :166.0

○輸入車保有台数の少ない都道府県(15年3月末、全国総数319.45万台)
  1.島根県  :  8.5 千台
  2.鳥取県  :  9.3
  3.高知県  :11.0
  4.沖縄県  :11.0
  5.佐賀県  :12.9

───────────────────────────────────
○輸入乗用車(外国メーカー車) 世帯当り普及率が高い都道府県
 (15年3月末、全国平均5.61%)
  1.山梨県  :7.79 %
  2.愛知県  :7.50
  3.群馬県  :7.24
  4.栃木県  :7.13
  5.岐阜県  :7.05

○輸入乗用車(外国メーカー車) 世帯当り普及率が高い都道府県
 (15年3月末、全国平均5.61%)
  1.沖縄県 :1.77 %
  2.青森県 :2.40
  3.鹿児島県:2.65
  4.島根県 :2.95
  5.長崎県 :2.97

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【コラム&レビュー】クルマ&クルマ業界辛口?批評!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●クルマのまわりで:カー・オブ・ザ・イヤー雑感

 なにも残念なのは、東京モーターショーだけじゃない。

 2017-2018のカー・オブ・ザ・イヤー(COTY)がボルボXC60となって、巷
の媒体では選考委員が本音を出した云々が語られているけれど、まあ何を言っ
ているのかなあと。

 昨年も書いたけれど、第1次選考の「10ベストカー」が各メーカーからご丁
寧に1台ずつ選ばれるという規定に、委員から異議が出されない時点でこの賞
は終わっている。

 たとえば、TVK系列で放送中の「クルマで行こう」のCOTY特集では、「選
考は、この1年に発売されたクルマの中から、60名の委員の投票で上位10台
を決める」という図入りの解説が流された。

 10ベストカーの「忖度」は世間の常識じゃないから、その仕組みを省いた
解説は明らかに視聴者へ間違った認識を与えてしまう。そんなことは司会の
ジャーナリストは元より、スタッフだって理解している筈なのに。

 いや、それどころか、出演者ふたりの個人的オススメ3車の中に、カムリの
煽りで外れたトヨタのCーHRが挙がっていたのは、もはや冗談としか思えない
感じだ。もう、無意味の無限ループなんである。

 さらに、日産とスバルが辞退した今回は、なおのこと意義が霞んだ方向だ。
不正検査自体の問題点はともかく、辞退を選択するメーカーが同時に2社もあ
ったのなら、僕は今年のCOTYを見送るべきだったとすら思う。

 だから、いつになく狭められた候補から外国車が選ばれたからといって、評
論家の本音云々を言われてピンとくる筈もない。もちろん、何でこの10台が
候補?という現状は、ジワジワと賞の存在をユーザーから引き離す。

 権威というのは、見る側の想定を大きく上回る内容が、かつ客観的に展開さ
れて初めて生まれるもの。そう思えば、いまのCOTYは見事に真逆な存在じゃ
ないか。

 来場者数が減っているのに、「そうは思わない。自分が行ったときは若者で
賑わっていた」などとワケの分からないコメントを評論家が書く。そういう東
京ショーが傾くのが当然なのと、どこか似た話だと僕には思える。

 つまり、専門家が寄ってたかってダメにしているという点で。

                      (18/01/03 すぎもとたかよし)

───────────────────────────────────
●ネオ・クラシックカーグッドデザイン太鼓判!

 80〜90年代のネオ・クラシックな日本車から、グッドデザインなクルマを
振り返る本シリーズ。
 第23回目は、ホンダ「シビック」(3代目)。3つの異なるボディと使い方を
提案した革新的コンパクトカー!
   https://clicccar.com/2017/12/29/543577/

 第24回目は、マツダ「カペラ」(4代目)。空力を中心に80年代のあるべき
デザインを模索したヨーロピアン・FFスポーツセダン!
   https://clicccar.com/2018/01/04/545480/

 第25回目は、トヨタ「ターセル/コルサ/カローラII」(4代目)。カジュアル
な質感と明るさをミックスした、ファッショナブル・コンパクト!
    https://clicccar.com/2018/01/11/545136/

★Web上でバックナンバーがご覧いただけます。
   http://kurumart.jp/column/

─…─ PR …─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
□■□ 広告掲載・募集について □■□

□  『くるまーと』Webサイトおよびメールマガジンに広告を掲載します。

□■□ お問い合わせは info@kurumart.jp まで □■□
─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
【運転免許試験問題解答】
 Q1:× 駐車のみ禁止されています。
 Q2:○
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□『週刊くるまーと』は、下記サービスを利用して発行しています。
 「まぐまぐ ID:0000025684」、「melma! ID:00017576」
□配信の停止や配信先の変更は、下記URLからお願いいたします。
 バックナンバーもご覧いただけます。 http://kurumart.jp/mag/
□『週刊くるまーと〜賢く選んで、楽しく運転〜』の全文または一部文章を、
 許可無く転載することを禁じます。
───────────────────────────────────
  ■□■ 企画・制作 (有)マイクル  http://www.micle.co.jp/ ■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-22  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 80 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。