新車

『週刊くるまーと〜賢く選んで、楽しく運転〜』

車情報市場「くるまーと」が毎週お届けする、賢いクルマ選択と快適カーライフのための無料メールマガジンです。新車・自動車業界ニュースの他、マイカー採点簿、クイズ、コラムなど。

全て表示する >

kurumag914

2017/11/11

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
   /*__♪    『週刊くるまーと〜賢く選んで、楽しく運転〜』
  ◎−◎=  …………………………………………………………………
       〜 第 914号  2017年11月11日発行  総配信数 4,900部 〜
───────────────────────────────────
   □■“Web Portal for Joyful Carlife” http://kurumart.jp/ ■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【今週の『くるまーと』】
 ・「車何でもランキング」データ追加 他
【ニュース&トピックス】
 ・マツダ、「デミオ」を一部改良 他
【運転免許試験問題集】
 ・積み荷の高さ制限は?
【マイカー採点簿】
 ・スズキ「ワゴンR」
【車何でもランキング】
 ・パワー・ウエイト・レシオの優れたクルマは?(4)
【コラム&レビュー】
 ・東京モーターショー・デザイナーインタービュー(2)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【今週の『くるまーと』】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●「車何でもランキング」データ追加
  http://kurumart.jp/ranking/

 よく売れている車は?に、2017年10月の月間販売台数ランキングを追加し
ました。

 乗用車は、「アクア」が2か月ぶりにトップ、「プリウス」が続き「ヴォク
シー」が3位(←8位)、「ルーミー」が4位(←10位)に躍進しました。以下「フ
リード」「フィット」「シエンタ」の順で続きました。
 日産車は、無資格検査問題による出荷停止の影響で、常連の「ノート」「セ
レナ」が大きく後退、「リーフ」のみが19位に初登場しました。

 軽乗用車は、「N-BOX」「ムーヴ」「タント」「ワゴンR」「ミラ」の順で
続き、登録車同様「デイズ」は8位(←2位)に後退しました。

 外国車は、「ベンツ」「BMW」「VW」「アウディ」「BMW MINI」「ボ
ルボ」「ジープ」と、5か月連続同順位で続いています。

───────────────────────────────────
★上記の他「新車データベース」「国産車サマリー」「マイカー採点簿」「ニ
ュース&トピックス」等を更新しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【ニュース&トピックス】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<新車ニュース>

●マツダ、「ロードスター」を一部改良、特別仕様車を発売(11/10)
   https://goo.gl/ajAinB

 マツダは、「ロードスター」を一部改良、12月4日より発売する。新ボディ
カラーの採用、走りの質感向上、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」にアダプテ
ィブ・LED・ヘッドライト新採用など。ダークチェリーソフトトップとオーバ
ーン内装などを採用した特別仕様車「RED TOP」を設定、2018年3月31日ま
での期間限定で受注する。231万〜347万円(税別)。

●マツダ、「デミオ」を一部改良、特別仕様車を発売(11/9)
   https://goo.gl/xMdDf2

 マツダは、「デミオ」を一部改良、12月7日より発売する。AT誤発進抑制制
御、車線逸脱警報システムなど、先進安全技術「i-ACTIVSENSE」の全車標準
採用など。併せて、赤基調の内装を採用した特別仕様車「Noble Crimson」を
発売。129万〜209.5万円(税別)。

●アウディJ、「Q5」に新モデルを追加(11/9)
   https://goo.gl/S72MBu

 アウディ・ジャパンは、先月発売したミッドサイズSUV「Q5」に、新モデ
ル「2.0 TFSI sport」を追加、発売した。スポーツサスペンションやスポーツ
シートなどを採用。691万円(税込)。既販モデルを含め12月より、アウディア
クティブレーンアシスト(ALA)を搭載。662万〜892万円(税込)。

●BMWJ、「X6」の限定車を発売(11/9)
   https://www.bmw.co.jp/ja/press/2017/20171109.html

 ビー・エム・ダブリューは、「X6」の限定車「M Edition Black Fire」を5
台限定で発売した。高性能モデル「M」をベースに、スポーティな個性を際立
たせるブラック系専用内外装などを採用。2083万円(税込)。

●ホンダ、「N-ONE」マイナーチェンジモデルを先行公開(11/9)
   http://www.honda.co.jp/news/2017/4171109a.html

 ホンダは、12月下旬発売予定の「N-ONE」マイナーチェンジモデルに関す
る情報をホームページで先行公開した。世界観・デザインが異なる4タイプ
「Standard/Select/Premium/RS」を設定。

●FCAJ、フィアット「パンダ」の限定車を発売(11/8)
   http://www.fcagroup.jp/media/521/

 FCAジャパンは、フィアット「パンダ」の限定車「4×4(フォーバイフォー)」
を、11月18日より100台限定で発売する。0.9Lターボエンジン/5MTモデルを
ベースに、4WDシステムと専用内外装を採用。233万円(税別)。

●FCAJ、フィアット「500」の限定車を発売(11/8)
   http://www.fcagroup.jp/media/520/

 FCAジャパンは、フィアット「500」の限定車「Cromata(クロマータ)」を、
11月18日より100台限定で発売する。1.2Popをベースに、クロームのアクセ
ントパーツなどを採用。190万円(税別)。

●マセラティJ、「ギブリ」等2018年モデルを発表(11/7)
   https://www.maserati.com/maserati/jp/ja/news-event/20171107

 マセラティ・ジャパンは、2018年モデルラインナップを発表した。外観の
刷新など「ギブリ」をマイナーチェンジするとともに、「ギブリ」「レヴァン
テ」「クアトロポルテ」各車に、2種類のトリム・オプション(ラグジュアリー
指向:グランルッソ/スポーティ指向:グランスポーツ」を採用、先進運転支
援システムを充実、操作性と快適性を向上。「グラントゥーリズモ」「グラン
カブリオ」も内外装を一部改良。935万〜2175万円(税込)。

───────────────────────────────────
<業界ニュース>

●ホンダ「N-BOX」、自動車殿堂カーオブザイヤーを受賞(11/9)
   https://goo.gl/cpMLsj

 日本自動車殿堂は、2017〜2018年のイヤー賞を発表、ホンダ「N-BOX」
が日本自動車殿堂カーオブザイヤーを受賞した。インポート部門はボルボ「S
90/V90」、デザイン部門はレクサス「LC500」、技術部門は日産「リーフ」
が受賞。

●ホンダ、新スタイルのレンタカーサービスを開始(11/9)
   http://www.honda.co.jp/news/2017/c171109a.html

 ホンダは、新スタイルの会員制レンタカーサービス「EveryGo(エブリ・ゴ
ー)」を東京と横浜で開始した。長時間利用が前提のレンタカーに、好きなと
きにウェブサイトでクルマを予約し、無人のステーションから借り出せるとい
う、カーシェアリングの利便性を組み合わせた。大阪でも12月より開始。

───────────────────────────────────
<リコール・不具合情報>

●BMWJ、「5シリーズ」のリコール届出(11/8)
   http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha08_hh_002788.html

 対象車種 :5シリーズ(523i/523d 等)
 部位・状況:リアバンパーリフレクターの不具合。反射照度が不足し、保安
       基準に適合しないおそれ
 製作期間 :平成25年1月31日〜平成25年6月29日
 対象台数 :529台

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【運転免許試験問題集】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 難問奇問?満載の運転免許の学科試験!悔し涙を流された方もさぞ多いこと
でしょう。最新問題1200題を収録した「運転免許試験問題集」より、いくつ
かご紹介します。「○」or「×」?

Q1.排気量が660cc以下の普通自動車と三輪の普通自動車の積み荷の高さの制
   限は、どちらも地上から2メートルである。

Q2.大型自動車には、荷台から3.8メートルの高さまで荷物を積むことができ
   る。

★解答は文末をご覧下さい。
  “現役”ドライバーの皆さんは、もちろん正解ですね。(^J^)
  http://kurumart.jp/lc/
  http://kurumart.jp/i/lc/ (携帯)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【マイカー採点簿】皆さんのマイカーを採点して下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●スズキ「ワゴンR」

 埼玉県にお住いの、高橋壮裕さん(30代男性)の採点簿です。

 1.メーカー・車名:スズキ「ワゴンR」
 2.車両概要   :660ccターボ+HYBRID、CVT、スティングレーT
 3.購入時期・形態:2017年6月、新車
 4.総走行距離数 :8,000km
 5.主な使用状況 :レジャー
 6.スタイル外観 : 4
 7.スタイル内装 :10
 8.走り     :10
 9.操作性    :10
10.居住性     :10
11.燃費      :10
12.総合評価    : 8

13.寸評(良い点)  :
 ○加速性能、走行性能、ハンドリングともに歴代最高の出来です。
  日常から旅行まで、不満なく使えています。
 ○S-エネチャージにあった、アイドリングからの復帰のもたつきが大幅に改善
  され、気にならないレベルになりました。
  アイドリングをオフにしていた人は試す価値アリ。
 ○シーン毎の燃費は、渋滞・チョイ乗り:16km/L、信号の多い市街地:19k
  m/L、郊外・高速:22〜24km/L。
  燃費よりも快適性を優先したターボモデルで、この数値は十分と思います。

14.寸評(不満な点):
 ×どうしてこうなったエクステリア。
  フロントは何となく慣れた気がしますが、リアがどうにも・・・
 ×誤警報する自動ブレーキ。
  警告だけなので事故に至るものではないですが。スペーシア(DBCS:デュ
  アルカメラブレーキサポート)は、警報を鳴らす理由は全て理解できました
  が、ワゴンR(DSBS:デュアルセンサーブレーキサポート)は、警報の理由
  が不明なことが何度かあります。
  DBCSの方が信頼できます。鳴りすぎて五月蝿かったですが・・・

15.その他自由意見:
 ◇ハイブリッドシステムについて
  最初は完全に期待外れ。でも後々に効果を実感。
 「ハイブリッド」という言葉を使ったマーケティングが間違いではないでし
  ょうか。
  モーター走行は、あくまでアイドリングストップ出来る時間を極限まで追求
  した結果です。
  モーターアシストも他社と違い、最高出力を上げるためではなく、最高出力
  は上げずにエンジン負荷を下げる事が目的です。
  このため、モーター走行出来る機会は大きく限られ、モーターアシストを実
  感することも難しいでしょう。
 また、この進化は、エネチャージやS-エネチャージ世代にあったアイドリン
  グからの復帰時の違和感を大きく解消しています。
  確実な進化、縁の下の力持ち。
  それがスティングレーのハイブリッドだと感じました。

 ◇色々と欠点もありますが、本体価格も安く、維持費も安く、走りにも不満
  がない。
  車を購入する際には検討して損のない1台だと思います。

───────────────────────────────────
★皆さんもマイカーを採点してみませんか。掲載分についてはもれなく図書カ
 ードを差し上げます。Webサイトのフォームよりご送信下さい。
  http://kurumart.jp/saiten/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【車何でもランキング】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●パワー・ウエイト・レシオの優れたクルマは?(4)

 「新車データベース」(2017年2月現在)に基づき、車の運動性能の目安とな
る「パワー・ウェイト・レシオ」(車両重量を最高出力で割った値 kg/PS)をボ
ディタイプ別に比較してみました。それほどパワーがなくても、車重の軽い車
がキビキビ楽しく走れるのは、この値が小さく優れているためです。
 各車最も数値の小さいタイプ・グレードを比較、上位を掲載しています。以
降はサイトをご覧ください。
  http://kurumart.jp/ranking/

───────────────────────────────────
○SUV
                                          車両重量   最高出力  kg/PS
 1.ベンテイガ(ベントレー)    2422kg    608PS    3.98
 2.カイエン(ポルシェ)          2310        570        4.05
 3.GLE(ベンツ)                    2390        585        4.09
 4.Gクラス(ベンツ)              2590        630        4.11
 5.レンジローバースポーツ   2410        550        4.38
   (ランドローバー)

───────────────────────────────────
○クーペ/オープン/スポーツ
                                車両重量   最高出力  kg/PS
 1.488(フェラーリ)    1475kg    670PS    2.20
 2.F12ベルリネッタ    1630        740        2.20
    (フェラーリ)
 3.アヴェンタドール   1575        700        2.25
    (ランボルギーニ)
 4.458(フェラーリ)    1395        605        2.31
 5.ウラカン                1422        610        2.33
    (ランボルギーニ) 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  【コラム&レビュー】クルマ&クルマ業界辛口?批評!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●東京モーターショー・デザイナーインタービュー(2)

 自動車専門サイト「クリッカー」でのショートコラム。今回は東京モーター
ショーで、国内各メーカーのコンセプトカーから1台ずつを選び、担当デザイ
ナーへ速攻インタビュー。

 ・第6回:スバル「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT」
    https://clicccar.com/2017/11/03/527694/
 ・第7回:ホンダ「Urban EV Concept」
    https://clicccar.com/2017/11/05/528333/
 ・第8回:スズキ「スペーシア コンセプト」
    https://clicccar.com/2017/11/06/528637/
 ・番外編:いすゞ「FD-Si」
    https://clicccar.com/2017/11/07/528645/

                      (17/11/07 すぎもとたかよし)

★Web上でバックナンバーがご覧いただけます。
   http://kurumart.jp/column/

─…─ PR …─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
□■□ 広告掲載・募集について □■□

□  『くるまーと』Webサイトおよびメールマガジンに広告を掲載します。

□■□ お問い合わせは info@kurumart.jp まで □■□
─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─…─
【運転免許試験問題解答】
 Q1:× 地上から2.5メートル以下です。
 Q2:× 荷台でなく地上から3.8メートルです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
□『週刊くるまーと』は、下記サービスを利用して発行しています。
 「まぐまぐ ID:0000025684」、「melma! ID:00017576」
□配信の停止や配信先の変更は、下記URLからお願いいたします。
 バックナンバーもご覧いただけます。 http://kurumart.jp/mag/
□『週刊くるまーと〜賢く選んで、楽しく運転〜』の全文または一部文章を、
 許可無く転載することを禁じます。
───────────────────────────────────
  ■□■ 企画・制作 (有)マイクル  http://www.micle.co.jp/ ■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-22  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 80 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。