新車

『週刊くるまーと〜賢く選んで、楽しく運転〜』

車情報市場「くるまーと」が毎週お届けする、賢いクルマ選択と快適カーライフのための無料メールマガジンです。新車・自動車業界ニュースの他、マイカー採点簿、クイズ、コラムなど。

全て表示する >

kurumag042

2000/12/23

**********************************************************************
   /*__♪    『週刊くるまーと〜賢く選んで、楽しく運転〜』
  ◎−◎≡  ─────────────────────────
        〜 第 042号  2000年12月23日発行  総配信数 3,920部 〜
**********************************************************************
  □■“Web Portal for Joyful Carlife”http://www.kurumart.com/ ■□
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お知らせ】

●プレゼント企画「第2回 クルマ何でもアンケート」実施
  http://www.kurumart.com/present/

 11月に引き続き「クルマ何でもアンケート」の2回目を20日〜来月10日まで
実施いたします。今回のプレゼントは、商品券(3000円分、20名様)です。
 「好きなメーカー・販売店は?」「嫌いなメーカー・販売店は?」など質問
項目を若干変更いたしました。ご応募・ご協力よろしくお願いいたします。

●年末年始のスケジュールについて

 10月18日に『くるまーと』を正式オープンしてから早2ヶ月が経過いたしま
した。おかげさまで、Webサイトへのアクセスや『週刊くるまーと』の購読者も
順調に伸びております。誠にありがとうございます。
 本年のメールマガジンの発行は今号で最終とさせていただき、1月6日より再
開いたします。Webは随時更新いたします。

 来年も、市場のように活気溢れるサイトを目指し、オリジナルコンテンツの
充実に尽力いたします。引き続きよろしくお願いいたします。

 よいお年を!(^J^)

───────────────────────────────────
【今週の『くるまーと』】
 ・新車データベース追加・更新 他

【今週のクルマニュース】
 ・ホンダ、新型軽自動車「ライフ ダンク」を発売! 他

【マイカー採点簿】
 ・ホンダ「オデッセイ」 他

【くるまよもやま話】
 ・「○○ソリオ」と「グランド××」

*** Recommend service ************************************************

  クリック一発、自動車保険を比較! ★☆ 保険スクエアbang!☆★

    ⇒ 詳しくは ⇒⇒⇒  http://www.bang.co.jp/index.html?ID=dr002

**********************************************************************

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       【今週の『くるまーと』】
───────────────────────────────────
●「新車データベース」「国産全車サマリー&リンク」データ追加・更新!
  http://www.kurumart.com/database/
  http://www.kurumart.com/summary/

 ホンダ「ライフ ダンク」新発売、マツダ「AZワゴン」「キャロル」マイナー
チェンジに伴い、データを追加・更新しました。

★上記の他、「今週のクルマニュース」「格付けサイトガイド」「マイカー採
点簿」「くるまよもやま話」を追加・更新しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                       【今週のクルマニュース】
───────────────────────────────────
<新車ニュース>

●三菱、売れ筋モデル4車種に特別仕様車設定!(12/22)
  http://www.mitsubishi-motors.co.jp/NEWS/0010-03/3335.html

 三菱自動車は、「ランサーセディア」「ディオン」「シャリオグランディス」
「パジェロイオ」にそれぞれ装備を充実させた特別仕様車を設定、1月4日から
発売する。
 ・ランサーセディア「MX-Sリミテッド(2WD/4WD)」139.8/153.8万円
          「MX-Eリミテッド(2WD/4WD)」159.8/173.8万円
 ・ディオン「カラーパッケージ」178/201万円
 ・シャリオグランディス「ナビリミテッド」225.9/249.9万円
 ・パジェロイオ「パールパッケージ DVDナビエディション」217.8万円
        「パールパッケージ MD・CDエディション」 208.8万円

●ダイハツ、「ストーリア」の特別仕様車を発売!(12/22)
  http://www.daihatsu.co.jp/wn/001222-1f.htm

 ダイハツ工業は、「ストーリア」に多機能キーレスエントリーなど装備を充
実させた特別仕様車「Classic」を「CL(1000cc)」「CZ(1300cc)に設定、発売し
た。100.5万〜140.3万円。

●トヨタ、「チェイサー」の特別仕様車を発売!(12/21)
  http://www.toyota.co.jp/Showroom/Updates/Chaser/tourer_avante/index.html

 トヨタ自動車は、「チェイサー」に特別色スーパーホワイトパールマイカの
採用など装備を充実させた特別仕様車“ロードリー”を「2.0アバンテ」「2.5
アバンテ」「2.0アバンテFour」に、“リミテッド”を「ツアラーS」「ツアラ
ーV」に設定、発売した。244万〜329.5万円。

●トヨタ、「クレスタ」の特別仕様車を発売!(12/21)
  http://www.toyota.co.jp/Showroom/Updates/Cresta/edition_G/index.html

 トヨタ自動車は、「クレスタ」に特別色スーパーホワイトパールマイカの採
用など装備を充実させた特別仕様車“プレミアムエディションG”を「2.0エク
シード」「2.5エクシード」「2.0スーパールーセントFour」に設定、発売した。
 250万〜281.5万円。

●トヨタ、「ビスタ」の特別仕様車を発売!(12/19)
  http://www.toyota.co.jp/Showroom/Updates/Vista/excellent/index.html
  http://www.toyota.co.jp/Showroom/Updates/Ardeo/excellent/index.html

 トヨタ自動車は、「ビスタ」にパール系特別色の採用など装備を充実させた
特別仕様車“エクセレントエディション”を、セダン「N180」「N200」とワゴ
ンの「アルデオ180S」「アルデオ200S」に設定、発売した。199万〜253.5万円。

●マツダ、「ロードスター」の特別仕様車を発売!(12/22)
  http://www.roadster.mazda.co.jp/limited/roadster_ys/

 マツダは、「ロードスター」の「1600M」をベースに、ブラックアウトヘッド
ランプやチタン調内装など若者向け仕様を施した特別仕様車「YSリミテッド」
を設定、発売した。179.7/194万円。

●マツダ、「ボンゴフレンディ」の特別仕様車を発売!(12/21)
  http://www.mazda.co.jp/publicity/Public/200012/1221.html

 マツダは、「ボンゴフレンディ」の2WD、2000ccガソリン車「RS-V」のノーマ
ルルーフ車、オートフリートップ車をベースに、エアロパーツなど装備を充実
させた特別仕様車「シティランナーII」を設定、発売した。214.8/239.8万円。

●マツダ、「デミオ」の特別仕様車を発売!(12/20)
  http://www.demio.mazda.co.jp/limited/demio_lx/

 マツダは、「デミオ」の「1300cc LX-G」AT車をベースに、専用の内外装デザ
インやCDプレーヤーなど装備を充実させた特別仕様車「LXスペシャル」を設定、
発売した。124.8万円。

●マツダ、「プレマシー」「MPV」の特別仕様車を発売!(12/19)
  http://www.mazda.co.jp/publicity/Public/200012/1219.html

 マツダは、「プレマシー」「MPV」にライフスタイルや好みに合わせ、同一価
格でテイストの異なる3つの仕様が選べる特別仕様車「アストラル」シリーズ
の「アストラル」「アストラルエレガント」「アストラルスポーティー」をそ
れぞれ設定、発売した。
 価格は「プレマシー」が184.8/189.8万円。「MPV」が219.8万円。

●マツダ、軽乗用車「AZワゴン」と「キャロル」をマイナーチェンジ!(12/18)
  http://www.mazda.co.jp/publicity/Public/200012/1218.html

 マツダは、軽乗用車「AZワゴン」「キャロル」を、マツダファミリーフェイ
スの採用など内外装のリフレッシュや、排出ガス性能の向上、安全性向上など
マイナーチェンジして発売した。価格は「AZワゴン」99.5万〜153.3万円。
「キャロル」72.3万〜110.5万円。販売目標はそれぞれ月1800台、月800台。

●ホンダ、新型軽自動車「ライフ ダンク」を発売!(12/20)
  http://www.honda.co.jp/Dunk/

 本田技研工業は、若者をターゲットに高出力ターボエンジンや、精悍でシャ
ープな外観、スポーティで質感の高い内装デザインを採用した新型軽自動車
「ライフ ダンク」を発売した。ターボエンジン搭載車として初めて運輸省の
「優−低排出ガス」認定を取得。
 販売目標は月5000台。価格は121.5万〜143.5万円。

●北陸電力とタケオカ、1人乗り小型EV「ミリュー」をモデルチェンジ!(12/21)
  http://www.rikuden.co.jp/news/00122101.pdf

 北陸電力とタケオカ自動車工芸は、1人乗り小型電気自動車「ミリュー」(フ
ランス語で“環境”の意)を改良、モデルチェンジした「ミリューR」を開発、
予約販売を開始した。77.7万円。

───────────────────────────────────
<業界ニュース>

●プジョージャポン、モバイル管理ソフトを無償配布!(12/21)
  http://www.peugeot.co.jp/menu.html#

 プジョー・ジャポンは、25日より同社のウェブサイトで、パソコンやネット
対応携帯電話からアクセス可能なモバイル向けスケジュール管理ソフト「プジ
ョー・デジタル・スケジューラー2001」の無償配布を開始する。
 個人のスケジュール管理に利用できる他、プジョー・ジャポンの最新情報や
ユーザーの興味に合わせた12のジャンルの情報が配信される。

●矢野経済研究所、「オートオークション」の調査結果を公表!(12/20)
  http://www.yano.co.jp/press/pressrelease.htm

 矢野経済研究所は、「オートオークション流通の現状と展望2000年版」を公
表した。概要は以下のとおり。
・2000年のオークション流通台数は対前年比106.9%(暦年上半期)の成長を見
 せており、540万台の確保は確実な情勢
・企業系の大型新規会場の開設が相次ぎ、対前年比116.2%(同)と成長の牽引役
 となっている
・中古車流通機能から情報サービス企業への変貌
・USS、TAA、オークネットによる全国ネットワーク化構想の具現化

●韓国ヒュンダイモーター、新型3車種の価格を公表!(12/18)
  http://www.hyundai-motor.co.jp/

 ヒュンダイモータージャパンは、来年から発売する新型車の価格を公表した。
小型セダン「エラントラ(1800/2000cc)」が129.9〜187.7万円。SUV「サンタフェ
(2400/2700cc)」が177.7万〜245.7万円。ミニバン「トラジェ(2000/2700cc)」が
179.9万〜229.1万円。いずれも安全や快適装備を充実させ、同クラスの日本車に
対して割安感を持たせた。

●カーポイント、ネット販売仲介でヒューダイモーターと業務提携(12/18)
  http://www.carpoint.ne.jp/office/20001218.html

 カーポイントとヒュンダイモータージャパンは、インターネットを通じた販
売仲介及び販売促進で提携した。
 ヒュンダイは来年1月より10社のディーラー及び東京・大阪の各ショウルーム
で国内販売を開始するが、店舗に加えネットを活用し効率的な販売を行う。

───────────────────────────────────
<リコール・改善>

●コーンズ・アンド・カンパニー・リミテッド、「マセラッティ 3200GT」の制
 動装置の不具合に関するリコール届出(12/19)
  http://www.motnet.go.jp/recall00/recall_.htm

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
        【マイカー採点簿】皆さんのマイカーを採点して下さい。
───────────────────────────────────
●ホンダ「オデッセイ」

 横浜市にお住まいの、佐田 一郎さん(30代男性)の採点簿です。

 1.メーカー・車名:ホンダ「オデッセイ」
 2.車両概要      :2300cc、2WD、4AT、タイプM、純正エアロ4点装着
 3.購入時期・形態:2000年、新車
 4.総走行距離数  :3000km
 5.主な使用状況  :レジャー
 6.スタイル外観(10点満点):9点
 7.スタイル内装(10点満点):9
 8.走り(10点満点)        :10
 9.操作性(10点満点)      :10
10.居住性(10点満点)      :10
11.燃費(10点満点)        :10
12.総合評価(10点満点)    :10

13.寸評(良い点)  :
 乗用車から乗換えても、違和感の無いポジション。
 静粛性は、高級車並みで信号待ちなどでエンジンがかかっているか不安にな
 るほどです。
 このクラスとしては十分なレベルで、街乗りで7.5〜8.3km/Lです。
 乗り心地は、旧タイプと比べると硬いそうですが、欧州車のような適度な硬
 さで、ロングドライブも疲れにくいです。

14.寸評(不満な点):
 やはり、取回しが悪い。大きな居住空間を確保する為しょうがない事ですが。
 また、殆どミニバンはそうですが、フロントの見切りが悪い。
 通季は燃費が良いが、夏季AC使用時はガクンと落ち、7km/Lを切ってしまう。

15.その他自由意見:
 前車がステーションワゴンだったのであまり違和感なく乗換えられました。

───────────────────────────────────
●マツダ「ロードスター」

 長野県塩尻市にお住まいの、伊藤賢一さん(20代男性)の採点簿です。

 1.メーカー・車名:マツダ「ロードスター」
 2.車両概要      :1800cc、FR、6MT、RS
 3.購入時期・形態:2000年、新車
 4.総走行距離数  :7900km
 5.主な使用状況  :通勤、レジャー
 6.スタイル外観(10点満点):9点
 7.スタイル内装(10点満点):9
 8.走り(10点満点)        :10
 9.操作性(10点満点)      :10
10.居住性(10点満点)      :8
11.燃費(10点満点)        :6
12.総合評価(10点満点)    :10

13.寸評(良い点)  :
 現代オープンスポーツのメートル原器。
 乗り手を選ばない懐の深さ。
 所有すれば必ず運転がうまくなる。
 自身の自動車観だけでなく、人生観にまで影響を与える車。
 少し高いが、独り身には十分なサイズ。
 ミニバン買って持て余すぐらいならこっち。

14.寸評(不満な点):
 車重がまた増えた(前RSモデル比プラス40kgの1070kg)。
 燃費が余り良くない(リッター9キロくらい)。
 マイナーチェンジでハイオク仕様になったので、ガソリン代が辛い。以前乗
 っていたマイナー前(レギュラー仕様)の1800ccとあまり変わりがない。
 指定燃料の質を上げたのだから、効率が良くなっているはずですが、やっぱ
 り不満です。せめて10キロはいってほしい。

15.その他自由意見:
 初代ロードスターが売れたおかげで、他メーカーからもたくさん似たような
 車が出てきました。
 が、その他のモデルは、値段高くして豪華にするか、安くしてトランク切る
 か、マニアックにするしか差別化できませんでした。
 バブルの頃、専用の車台を開発してまで「ローテクの塊」みたいなスポーツ
 カーを造ったマツダの開発陣に敬意を表します。
 初代1600ccから乗り継いできて、見た目や装備は変わったけれど、初代から
 のその精神は全く変わっていないと感じています。
 だからこそ、この車を小馬鹿にしている人にぜひ、自分でハンドルを握って
 評価して欲しいと思います。

★皆さんの「マイカー採点簿」をご連絡ください。掲載分については、図書券
を差し上げます。お名前、性別(男性/女性)、年代(30代等)、お住いなど簡単な
プロフィールも併せてご記入下さい。宛先:info@kurumart.com

★Web上でも採点簿の応募ができます。バックナンバーもご覧いただけます。
  http://www.kurumart.com/saiten/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         【くるまよもやま話】クルマ&クルマ業界辛口?批評!
───────────────────────────────────
●「○○ソリオ」と「グランド××」

 スズキが、ワゴンRベースのコンパクトカー「ワゴンR プラス」と、小型オフ
ロード車の老舗「エスクード」をマイナーチェンジした。
 「ワゴンR プラス」は、それまでの1000ccエンジンに加え、新たに1300ccエ
ンジン搭載車が新設定され、名称も「ワゴンR ソリオ」に改称された。エスク
ードには、ボディサーズを拡大し、スズキ最大の2700ccエンジンを搭載した上
級車種「グランドエスクード」がラインアップに加わった。

 「ソリオ(SOLIO)」とは、玉座・王権を意味するスペイン語。これまでの“プ
ラス”というネーミングは、「ジムニーワイド」や「トッポBJワイド」の“ワ
イド”のように、軽自動車ベースの派生車種的イメージで名づけられていた。
 「ソリオ」への変更は、好調なコンパクトカー市場でトヨタのヴィッツ兄弟
に対抗したいという、スズキの意図が強く感じられる。9月から提携先の米ゼネ
ラル・モーターズの国内サターン系列店向けに、OEM供給し始めたこととも無縁
ではないだろう。

 一方、「グランド(GRAND)」は、雄大な、壮大な、威厳のある等を意味する英
語。トヨタの「グランドハイエース」や「グランビア」、日産の「エルグラン
ド」等のネーミングもこれに由来する。
 小型オフロード車の先駆として市場をリードした「エスクード」だが、昨今
はトヨタ「RAV4」やホンダ「CR-V」、スバル「フォレスター」等に押され、低
迷を続けている。「グランドエスクード」投入により、「エスクード」全体の
イメージアップを図り巻き返しを狙う。

 ネーミングには、商品コンセプトや、ラインアップ上の位置付け・重要度、
マーケティング戦略等が凝縮されている。多くの場合、その決定権者は企業ト
ップであり、ネーミング業務は商品企画担当者のメイン業務の一つである。
 かつて私が担当した「セルシオ」では、数千もの候補がリストアップされ、
私も英語はもちろん、フランス語、ラテン語等各国語の辞書や、動植物図鑑、
天文・星座図鑑等を片っ端からめくり、数百を提案したものである。
 その後発売されたトヨタの新型車には、この候補案の中からいくつかが採用
されている。セルシオの対抗案として最後に残った「マジェスタ」や「エステ
ィマ」などがその代表である。

 シリーズの最上級車種として、期待を込めて投入された「ワゴンR ソリオ」
と「グランドエスクード」。両車に対するスズキの思い入れや、戦略上の位置
付けが、そのネーミングによって推察できる。
 他社の物まねに過ぎない枕言葉を安易に付けただけの「エスクード」。いず
れ独立ブランドとして育てていくつもりであろう「ソリオ」。

 今回のよもやま話は、ネーミング業務の思い出とともに感じたことを記して
みた。「セルシオ」決定に際してのエピソードについては、後日紹介すること
としよう。

                                             (2000/12/19 マイクル渡辺)

★Web上でバックナンバーがご覧いただけます。
  http://www.kurumart.com/column/

*** Recommend service ************************************************

  クリック一発、自動車保険を比較! ★☆ 保険スクエアbang!☆★

    ⇒ 詳しくは ⇒⇒⇒  http://www.bang.co.jp/index.html?ID=dr002

**********************************************************************
□『週刊くるまーと』は「まぐまぐ(ID:0000025684)」「Macky!(ID:2332)」
 「melma!(ID:m00017576)」で発行しています。
□配信の停止や配信先の変更は、下記URLからお願いいたします。バックナン
 バーもご覧いただけます。 http://www.kurumart.com/mag/
□『週刊くるまーと〜賢く選んで、楽しく運転〜』の全文または一部文章を、
 許可無く転載することを禁じます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
  ■□■ 企画・制作 (有)マイクル  http://www.micle.co.jp/ ■□■
**********************************************************************

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2000-09-22  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 80 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。