コスメ・美容

【クセ毛研究所】クセ毛を簡単に予防できる方法とは!?

くせ毛・クセ毛・癖毛にお悩みの方へ東洋医学的な正しい認識が不足しています。東洋医学的に家庭で髪と体を自分で元気にしていく方法をご紹介致します。クセ毛を改善するレポートを今なら無料進呈中!!

メルマガ情報

創刊日:2008-07-04  
最終発行日:2008-07-19  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

このメルマガは最新記事のみ公開されています。

【クセ毛研究所】●ドライヤーをかけるたびに髪は赤くなる

2008/07/19

△▼△▼△▼△★クセ毛研究所現役運営者のクセ毛対処無料レポート★△▼△▼△▼△

          【クセ毛で悩んでいる人のための無料レポート】

                クセ毛対処無料レポートとはこちらから
                   ⇒⇒ http://kusege1.com/kusege11/

△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△△▼△▼△△▼△▼


●ドライヤーをかけるたびに髪は赤くなる

最近は、ほとんどの人が洗髪後にドライヤーを使って髪をかわかします。

また、髪の形を整える時にも、ドライヤーは簡単で便利な道具となっています。

 ところが、この便利なドライヤーが、実は髪にとって最悪の敵なのです。

ドライヤーは髪を短期間で感想させるための道具です。

そのために、担当な無理を髪に強いています。

 ドライヤーから出る熱風が悪いのです。髪を熱風に長時間あてるのは、火の上にかけ
たフライパンで髪をジュウジュウ炒めているのと同じです。

 その証拠に、ドライヤーを近づけすぎると、焦げ臭いにおいしてくることがありま
す。

熱風邪によって髪の表面がこげたためです。

ドライヤーは、バーナーと同じと思って間違いありません。

ドライヤーを毎日使っていると、髪は乾燥し、高熱でやけどに近い状態になり、その結
果クセ毛になってしまうのです。

ドライヤーによって、枝毛や切れ毛などにもなりやすいのです。

 ドライヤーの使い方で最も悪いのは、髪にクセをつけるために使うことです。

本来硬いものである髪を曲げてしまうまで、たまったものではありません。

この意味から、最近よく使われる髪を巻きつけてじかに熱風をあてるタイプにドライヤ
ーは、より悪い影響が強いのです。

 しかし、濡れた髪をそのままにしておくことも、身体の健康面でよくありません。

私たちはよく、急に雨に降られたりすると、カゼをひくことがあります。また、お風呂
で髪を荒い、めんどくさいからとそのまま乾かさずに寝てしまうと、翌朝頭がガンガン
して気分が悪くなるということもあります。

 これは、髪の毛の中に残っている水分が頭を冷やし、頭痛やカゼを引き起こすからです。

体調が狂えばかにものその影響が出るので、これは髪にもよくないことです。

 また、髪が長時間濡れたままだと地肌もむくみ、弱くなってしまい、フケの原因にな
るだけでなく、髪の毛を傷める原因にもなってしまいます。

そこで、濡れた髪はできるだけ短時間に乾かす必要があるのです。


追伸

やっとホームページが完成しました。

今レポート製作中です。

今なら先行予約していますので、よかったらご登録してください。

クセ毛無料レポートはこちらから→http://kusege1.com/kusege11/

最新のコメント

  • コメントはありません。