小説

文芸同人「主婦と創作」

「誰の心の中にもその人だけの物語がある。」
文芸同人「主婦と創作」は
・作品を誰でも気軽に無料で発表できる
・作品を誰でも気軽に無料で読める
の2点をコンセプトとした、メルマガを会報として活用する文芸同人です。
あなたも仲間になりませんか?


全て表示する >

【冬コミに参加します】文芸同人「主婦と創作」

2014/12/23

 初めましてのかたは、初めまして。
 そうでない方は、おおよそ1年振りのご無沙汰でございます。
 年の瀬もぐいぐいと押し迫っておりますが
 皆々様にはいかがお過ごしであられましょうか。
 発行人の「銀凰@ダメ人間」にございます。

 メルマガスタンドのまぐまぐ!さんから、またしても
「いい加減発行しないから休刊にしちゃうんだからね♪(意訳)」
 というご連絡を頂戴し、慌ててこの「号外」の発行手続きをしております。
 性懲りもないというのはこのことに御座います。

 さて、私事ですが、着々と実生活がバタバタ状態が進行しつつあり、
 なかなかに文章を書くという時間と心の余裕がない日々を過ごしております。

 本日の号外以降も、また発行期間が開いてしまう可能性が大変高くなります。
 どうか生暖かい目でお見守りいただけますよう、よろしくお願い致します。

 ああ、そういえば前回発行もほぼ同じ文面のお詫びを掲載していたような……。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【ツイッターやってます】 http://twitter.com/syufutosousaku

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 各作品の感想、及び各作者への励まし、声援のお言葉などのコメントなどは
 お気軽に↓Web拍手↓
http://jhnet.sakura.ne.jp/s/101
 からお寄せ下さい。

 皆様からの一言が書き手の「糧」となります。
 なにとぞ一言お寄せいただけますよう、よろしくお願いいたします。

 なお、回答が必要なコメントで、
返信用のメールアドレスなどが記載されていない場合は
ブログ↓にてお返事を公開いたします。
http://ohimesamaclub.seesaa.net/category/6056169-1.html
∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴..∴...∴..∴..∴..∴∴..∴..∴
@━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━@
◇本日の目次…
 ◆コミケに参加致します
 ◆連載……銭澤時計店  140文字でイソップ 
@━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━@
★文芸同人「主婦と創作」ではあなたの作品のご投稿をお待ちしています。
投稿は専用メールフォームで(http://mm.9no1.gozaru.jp/mmagazine.html
作品投稿に際しては投稿規約(http://mm.9no1.gozaru.jp/03.html)必読です。
○相互リンクメルマガ・サイト募集中↓お問い合わせはこちらのフォームで↓
        http://mm.9no1.gozaru.jp/mmagazine.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇コミケに参加致します
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コミックマーケット87にサークル参加することになりました。

※コミックマーケット(Comic Market、通称:コミケ/コミケット)とは
   コミックマーケットは、1975年に始まり既に30年以上の歴史をもつ
   日本最大の同人誌即売会です。
   通常は、年2回、夏と冬に東京国際展示場(東京ビックサイト)全ホール
   を使って開催しており、2013年冬で85回の開催となります。
   三日間開催の場合、のべ入場者数約50万人、参加サークル数約3万5千、
   のべコスプレイヤー数約2万人以上という規模で開催されています。
【コミックマーケットの理念と実相】より引用
http://www.comiket.co.jp/info-a/WhatIs.html

なお夏に開催されるものは「夏コミ」、冬開催のものは「冬コミ」とも呼ばれます。


コミックマーケット87は、
東京ビッグサイトにて2014年12月28日(日)〜30日(火)に開催されます。

発行人は「銭さんち」というサークル名で12月28日(日)に参加します。
参加ブース(創作物頒布のためのスペース)は、日曜日の「西館へ17a」と
なります。

当日はこのメールマガジンで連載分に加筆修正を施した「真田源三郎の休日」、
掌編時代小説集「真田大石」、薄ーい4コマ漫画本「眞田井戸で逢いましょう」
の他、発行人の旦那様が原作を担当したファンタジー漫画、地域の幕末の偉人・
赤松小三郎の研究書などを頒布する予定です。

ご用とお急ぎでない方は、是非ご来場下さいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◇連載  140文字でイソップ              作:銭澤時計店
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
父親と息子達。(三本の棒) No.051

喧嘩ばかりの子等に父親が楚(すわえ)を束ねて持って来させた。
父は束を皆に渡し「折れ」子等は全力を出したが折れなかった。
父が束をほどいて枝を一本ずつ渡すと、今度は簡単に折れた。
父は子等に言った。
「弱くても団結すれば折れることはない。
 バラバラであれば、この枝同様に容易く折れる」

楚(すわえ/ずわえ/すばえ)
細く、まっすぐな若枝のこと。又そのような形の鞭(しもと)

※毛利元就公の「三本の矢の逸話」の元ネタとも言われる一遍。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
twitterので1回につぶやける文字制限140字に収まるように抄訳した
イソップ寓話をお届けするシリーズです。

このシリーズは「銭澤時計店」のtwitter(http://twitter.com/zenisawa)で
不定期に連載されています。
バックナンバーはこちら:http://zenisawa-tokeiten.com/special/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お知らせ】
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行人・銀凰恵(神光寺かをり)の個人サイトのURLが変わりました。

新しいURLは

http://jhnet.sakura.ne.jp/petit/

となります。

なにとぞ、よしなに。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
☆感想・メッセージは↓こちらのWeb拍手
http://jhnet.sakura.ne.jp/s/101
 または掲示板↓でお気軽に
http://www.alphapolis.co.jp/each_bbs.php?bbs_id=2408
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週号はここまで。
また次回お会いいたしましょう。

メルマガの感想、各作家さんへのメッセージは↓こちらのWeb拍手でお気軽に
http://jhnet.sakura.ne.jp/s/101
 メールフォームもご利用いただけます
http://mm.9no1.gozaru.jp/mmagazine.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
このメールマガジンは
サイト/ブログなどの購読フォームから購読のお申し込みを戴いた皆様、
メールマガジン購読のご希望をいただいた皆様に配信しています。
お申し込みのお心当たりの無い場合は、
購読申し込みをなさった方がメールアドレスを間違えた、
あるいはいたずらで購読を申し込まれたという可能性があります。
恐れ入りますが、下記の各メルマガスタンドの解除URLより、
購読登録の解除をしてくださいませ。
お手数ですが宜しくお願い申し上げます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 このメールマガジンに掲載されている文章は、
          それぞれに表記のある著作者が著作権を有しています。
 無断転載・複製・改変・転用は、著作権法により禁止されております。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-07-02  
最終発行日:  
発行周期:週刊(毎週土曜日発行)  
Score!: 非表示   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。