政治・経済

治統(ちとう)メールマガジン

日本初の総合的ロビーファーム・LSJ ロビーコーポレーション、チーフロビイスト岸田治子によるコラムです。日本では希少な国家間の折衝、紛争解決に携わる「国際ロビイスト」(政策活動の専門家)の観点から、最新の国際情勢と養成予報を誰にでもわかる易しい言葉で解説します。

全て表示する >

治統(ちとう)メールマガジン 第68号 ※再配送

2018/11/16

      ◇◆◇◆ やはり、無災害圏( ̄∇ ̄) ◆◇◆◇

奈良へ行き、姫路へ行き、大阪へ戻るなど、ここ最近はバタバタしており、
しばらくメルマガを出しそびれていた。台風24号が通過した翌日10月1日に
書いた内容だが、まあいいだろう。


◇1 
 ̄ ̄ ̄
台風24号だが、東京・近畿・東海を含む各地に爪跡を残した。

都内では物損被害以外にも、大規模な電車の運休・遅延により、台風通過の
翌朝月曜の通勤通学に深刻な影響を与えた。世界で最も利用者数の多い新宿
駅でも、入場制限が実行され、多くの駅にて人々が路上に溢れた。

その原因の一つが、四ッ谷駅での倒木だ。
皇居からも比較的近く、私の地元へもほど近い。

東京は、まだ被災地には至っていないが、随分と疲弊して来ている。


◇2
 ̄ ̄ ̄
今回、改めて実験の意味合いも込め、大阪の梅田にて台風24号を迎えた。
結果――予想通り、我らのいる場所は、無災害圏となった。

無災害どころか、梅田近辺(最低でも我らの滞在していたホテル界隈)には、
暴風雨などなかった。台風特有の風音もほんの少しだけ、聞こえたぐらいの
ものであった。

翌朝、デパート勤務の女性と話したが、「台風21号と同じのが来ると思って
ましたが、風も殆ど吹きませんでした。驚きました。」と、大阪弁と微妙な
標準語を混ぜながら興奮した様子にて話していた。

交通網への影響は、無いようであった。

別に、大阪梅田が護られたのではなく、「我々がそこに居たから」だ。
大阪市内が暴風雨圏にすっぽりと入っていた時も、NHKにて雨雲レーダー
では我々がいる辺りには、ボッカリと穴が空いていた。

我々は、関西を護るつもりは皆目無い。関西、東京、日本、世界中、何処に
も未練はない。

きっと我々の移動に伴い、各地で巨大災害が起き、大浄化が推し進められる。


◇3 追記
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
上記内容の記述後、我らは大阪を見放すに至った。

大阪北部地震や、台風21号によって大きな被害を受け、一旦は謙虚な様子を
みせた大阪であったが、大きな被害を予想していた台風24号では全くの無被
害であった反動なのか、大阪市内は以前にも増して性質が悪くなった。

特に、大阪駅、梅田、あべのハルカス界隈は酷い。

恩を仇で返すとは、大阪が代名詞かと思いたくもなる。
いずれにせよ、後数日にて、我々は大阪を出る。

奈良に至っては、災害がかなり不十分なのだろう。一切の謙虚さも何もなく、
古都の面影などない。

大阪のベッドタウンと成り果て、急激な人口増加や、中国人旅行者がもたら
した毒に身心をやられてしまったのだろう。これ以上は無い程、荒んだ様子
であった。

京都も大差ないであろうが、最後にもう一度視察しようと思う。
だが、京都の可能性は1%を遥かに切るものであろう。


地球規模の超異常気象だ。

文明の終焉は、どの都市が最初であろうか。

何処であろうとも、我々のいる場所は、災害が遠慮するようだ。
無災害圏と化す!

我々は用意が出来ているのだが……。

京都への移動後、東京へ戻ろうか、沖縄へ行こうか思案している。

多分、沖縄へ向かうだろう。予定は未定だが。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-06-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。