政治・経済

治統(ちとう)メールマガジン

日本初の総合的ロビーファーム・LSJ ロビーコーポレーション、チーフロビイスト岸田治子によるコラムです。日本では希少な国家間の折衝、紛争解決に携わる「国際ロビイスト」(政策活動の専門家)の観点から、最新の国際情勢と養成予報を誰にでもわかる易しい言葉で解説します。

全て表示する >

【LSJメールマガジン】ロビイストの国際情勢予報第55号

2011/02/24

    ◇◆◇◆ 緊張感なきニュージーランド地震対応 ◆◇◆◇


今月22日、ニュージーランド南島クライストチャーチ市にて起きた地震にお
けるニュージーランドの救助対応に、緊張感の無さと鈍さを感じるのは私だ
けであろうか?

ニュージーランドに、日本が保有するような高度な援助体制や技術が無いこ
とは仕方がないにしても、被災地特有の悲壮感や緊張感が、テレビの映像を
通しても感じられない。日本人が20名以上生き埋めになっていると思われる
語学学校「キングズ・エデュケーション」が入居するビルの倒壊現場では、
安全が確保できないとの理由から、日本の国際緊急援助隊到着まで救助が殆
ど進んでいなかったという印象を強く受ける。

各国からの救急援助隊は精鋭であるので、彼らと比べてはいけないかもしれ
ないが、地元ニュージーランドの救助関係者からは必死さが本当に感じられ
ない。

ニュージーランドと言えば、日本には馴染みの薄い国ではあっても、住みや
すい良い国、というイメージがあった。私は、クライストチャーチを一度は
訪れてみたいと思っていた。しかし、今回の地震という有事を受け、ニュー
ジーランドのあまりにもレベルの低い危機体制、危機管理、特に危機対応を
見、この国には足を踏み入れたくないという考えに変わった。

とても住みやすく国民気質も穏やかで、日本人女性にとって理想の夫はニュ
ージーランド人だなどを言う方々もいる程、ニュージーランドは憧れの国の
ような印象を受けていた。しかし、日々穏やかかつ幸せに暮らしても、有事
の際機能しなければ、何の意味があろう。

人でも国でも、その本当の価値は、有事の際に明らかとなる。厳しい意見か
もしれないが、ニュージーランドという国の存在意義を再考すべきでは、と
いう考えに至っている。

弱腰である我が国の現政権には実行困難であろうが、日本人の安否が確認出
来た段階で、日本政府はニュージーランド政府の対応遅延を厳しく非難すべ
きだ。助けられた命が、失われる結果となることは、間違いないだろう。

一人でも多くの命が瓦礫の下から救い出されることを祈る。と同時に、日本
人救出には、日本からの国際緊急援助隊の到着を待たなくてはならなかった
事実に、形容し難い複雑な思いを感じると同時に、深い溜息が出る。

ニュージーランドに対する私の怒りはなかなか収まらないが、今この瞬間、
瓦礫の下にいる方々のことを想うと、涙が出る。

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-06-18  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。