トップ > マネー・政治・経済 > 政治・経済 > 治統(ちとう)メールマガジン

日本初の総合的ロビーファーム・LSJ ロビーコーポレーション、チーフロビイスト岸田治子によるコラムです。日本では希少な国家間の折衝、紛争解決に携わる「国際ロビイスト」(政策活動の専門家)の観点から、最新の国際情勢と養成予報を誰にでもわかる易しい言葉で解説します。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



【LSJメールマガジン】ロビイストの国際情勢予報第53号

発行日:11/24


         ◇◆◇◆ 「戦乱の足音」 ◆◇◆◇    


昨日、北朝鮮と韓国との間に砲撃戦が行われた。北朝鮮による韓国領土への
砲撃は、初めてのことである。

北朝鮮は無法者国家であるとの印象を日本では持ってしまうが、実際の所、
どうであろうか? 韓国と米国による挑発が先にあったのかもしれない。

如何なる時も、全ての非が北朝鮮にあるかの如く考えるのは、余りにも思慮
に欠けた浅はかな考えである。

北朝鮮と韓国は、あくまでも代理の地位に甘んじ、未だに代理抗争を行って
いるに過ぎない。小国の悲哀だ。朝鮮は、いつになったら、歴史的弱者の地
位から脱する事が出来るのか。

朝鮮両国が再び動乱に突入した時、誰が得をするのか? 私に指摘されなけ
れば分からないようであれば、日本の政府トップ達は日本の有事を乗り越え
る事は出来ない。頭を丸めると良いであろう。

中国、ロシア、特に米国の思惑を理解し、出来れば更に深部の計略を推測し
なければならない。

今回の砲撃戦は直ちに戦争へ繋がらないだろう。一旦は沈静化した『体』を
とるかもしれない。しかしながら、朝鮮半島は、確実に動乱へと足を踏み出
している……。

朝鮮動乱は、日本の目覚めのきっかけとなるかもしれない。

ふと思い出したが、丁度二年前、拉致被害者である横田めぐみさんの両親へ、
「二、三年後、朝鮮半島は動乱の時代へと突入します。その後、拉致被害者
を救出できる最初で最後のチャンスが訪れます。」と話をしたことがまざま
ざと思い起こされる。



●━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━●


◆ メールマガジン登録情報の変更・配信停止はこちらから

メルマ! :http://www.melma.com/backnumber_175296/
まぐまぐ :http://www.mag2.com/m/0000267117.html
めろんぱん:http://www.melonpan.net/mag.php?011795

◇当コラムへのご意見・ご感想・お問い合わせはこちらへお寄せ下さい。

info@lsjlobby.com

| 次の記事>> | 最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    13239人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 月刊アカシックレコード

    最終発行日:
    2017/06/15
    読者数:
    17021人

    02年W杯サッカー韓国戦の「誤審」を世界で唯一「前日」に誌上予測し、誤審報道を「常識化」した推理作家が、政官財界の分析にも進出し、宣伝費ゼロで読者19,000人を獲得。2009年9月から月刊化。

  3. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24334人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  4. 頂門の一針

    最終発行日:
    2017/06/26
    読者数:
    5713人

    急所をおさえながら長閑(のどか)な気分になれる電子雑誌。扱う物は政治、経済、社会、放送、出版、医療それに時々はお叱りを受けること必定のネタも。

  5. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    7042人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

発行者プロフィール

LSJ治統事務所

LSJ治統事務所

http://lsj-chitoh.com

日本におけるロビー先駆者であり国際ロビイストの岸田治子が、今後の世界 情勢を踏まえ、政治・経済そして今後の展開などについてわかりやすく解説 いたします。 活字を情報源とせず、国際社会における実際のプレーヤーとしての実体験を 元とした国内外の情勢解説と予報です。

過去の発行記事