映画

映画は、ラーメンだ!

作り手が監督なら、麺は主演、スープは脚本で、具は脇役たち。今までこんな映画レビューなかった!クリキンが、観た映画をラーメンに例えて感想を述べる一風変わった映画メルマガです。

全て表示する >

映画は、ラーメンだ!Vol.002 『つぐない』

2008/07/24


2008/05/04 『つぐない』★★
“半熟たまご”が強烈に印象に残った。ラーメン全体はフツー。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【麺】
キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイが主演。ナイトレイは大女優
の階段を確実に昇っている気がしますね。あんなキレイな顔立ちをしてて悩
みなんて無さそうですが、本人は胸にコンプレックスあるそうですよ。マカ
ヴォイは男前です。『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』のタムナ
ス役は笑っちゃいましたが…。

【具材】
1935年、休暇中のタリス家。姉セシーリアと使用人ロビーの許されぬ愛
が描かれるんですが、セシーリアの妹ブライオニー(13歳)を演じたのが、
シアーシャ・ローナン。ラーメンで例えるなら…かなり悩みましたが、半熟
たまごにしてみました。あまり深い意味はありません。この半熟たまごが凄
かった。アカデミー助演女優賞にノミネートされたのも納得です。純粋無垢
な少女の持つ残酷さを、あるシーンで強烈に感じました。

【店主】
監督は、ジョー・ライトって人。『プライドと偏見』って作品で、同じ麺を
使ってます(キーラ・ナイトレイ)。

【スープ】【その他】
イアン・マキューアンって作家の『贖罪』が原作です。今の時代、オリジナ
ルのスープを作り出すのは相当難しいですからね。原作モノとリメイクが横
行しているし。原作モノを例えるなら、本場博多のトンコツラーメンが東京
進出。アレンジを加えているため、本場の味が好きな人はイマイチなんてこ
とありますよね。原作モノの映画化は難しいようです。原作を読んでいる人
は本作はどんな評価なんでしょう。少し気になります。

観終わると、それなりの満足感はあるんですが、大きな感動があるわけでも
ない。ただ、半熟たまごが強烈に印象に残りました。あのシーンは凄い。


規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-06-11  
最終発行日:  
発行周期:不定期  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。