その他インターネット

情報化時代の雑学通信

雑学と言う呼び方は、正確ではないかもしれませんが広い分野を網羅していると肯定的にかんがえましょう。ネットでは、専門知識が得られやすいですが、多数の専門的知識より浅くても広い雑学を求めていると思います。

全て表示する >

情報化時代の雑学通信 2019.02.11 vol.739

2019/02/11

                                 2019.02.11 vol.739
情報化時代の雑学通信 
                             http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
 世の中には専門家と呼ばれる人がいます。インターネットの世界でも
同様です。知識を棒グラフで表すと特定の分野が突出しています。
 一方、深い専門家ではありませんが、ある程度の関連分野に渡ってある
程度の知識を持った人がいます。
 雑学と言う呼び方は、正確ではないかもしれませんが広い分野を網羅して
いると肯定的にかんがえましょう。
 ネットでは、専門知識が得られやすいですが、多数の専門的知識より浅く
ても広い雑学を求めていると思います。本通信は、発行者の知識と判断に基
づきますので、読者の方の印象は個々に異なる事をあらかじめご了解下さい。
───────────────────────────────────
目次
───────────────────────────────────
(1)インターネット情報    インスタグラム(6)

(2)パソコン情報       バッテリー(4)

(3)ビジネス情報       ビジネスと人工知能ゲーム(5)

(4)ショップ情報       植物・観葉植物のショップ(3)

(5)技術情報         磁気・磁性(1)

(6)その他          P・G・ウッドハウスとジーブス
───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
(1)インターネット情報
       インスタグラム(6)
───────────────────────────────────
SNS上に無差別に問題指摘がある写真が掲載される事をインスタグラムは規制
 して来た、そこではSNS以外のネット上・ネット以外の社会と同様に賛否が
 別れて具体的な規制内容の難しさがあった。
インスタグラムは利用規約・ガイドラインを改訂・追加する事を進めて、それ
 に基づいて投稿内容の削除やアカウント全体の削除を行ってきた。
それに対しては、どの世界・ジャンル・時代ともと同様に、賛成する意見と検
 閲反対の意見が混ざって存在した、そして削除された投稿者とのクレーム闘
 争になる事もあった。
麻薬・違法薬物の売買・取り引きにインスタグラムサイト内が使用された事が
 発見された、それをブロックしたインスタグラムは「写真やビデオを共有す
 るだけで売買の場では無い」とした。
ポルノや性的な写真を禁止しているが具体的な内容で意見が対立する事も多い
 、耽美写真家が文化だと主張したり、女性写真と男性写真とで異なる規制内
 容がある事から男性中心社会の偏見だとした意見が出されたりした、意見の
 対立は継続的に続いてきた。
インスタグラムは自身の利用規約・ガイドラインで規制するが、一般社会の法
 規制やスマホアプリの提供サイトの利用規約・ガイドラインにも規制があり
 、複数の規制が完全に一致する事が無かったり、解釈に差が生じる事が起き
 た。

───────────────────────────────────
(2)パソコン情報
       バッテリー(4)
───────────────────────────────────
高性能な携帯電話やスマートホン(スマホ)が普及したが、その設計思想から
 は内蔵電池・バッテリーでは容量不足となる機会が通常的になり、1回の充
 電での使用可能時間が1日以内にもなった。
スマホの設計思想・構造としては利用者がバッテリーの交換が出来ない事があ
 り、蓄電・充電機器での充電作業が必要だった、その充電機器の代わりに本
 体端子に接続する予備・交換バッテリーは可能だろうが、現状はモバイルバ
 ッテリーが登場して使用されている。
モバイルバッテリーは、ACコンセントがない場所でもスマホやタブレットの機
 器を充電出来るバッテリーだ、外出先に持ち運び使用する事で携帯性がある
 、そのモバイルバッテリーを接続してそこから充電する仕組みだ、使用感は
 交換型バッテリーと同じだ、実際にもモバイルバッテリーは、内蔵バッテリ
 ーと同じ種類のリチウムイオン二次電池が使用される事になった。
モバイルバッテリーは停電時の必須ツールでもあり、東日本大震災時に有用性
 が認識されて災害時の必要性からスマホの定番品となった。

───────────────────────────────────
(3)ビジネス情報
       ビジネスと人工知能ゲーム(5)
───────────────────────────────────
日本ではパソコンが普及し始めた頃には人工知能ゲームとしてはコンピュータ
 オセロのソフトが開発されて市販もされた、アーケードゲームとしても同時
 期に登場した。
その時のコンピュータオセロプログラムは、ゲーム木で全ての可能な手を探索
 したが、理論的にはプログラムは全ての駒配置と木を調べる事が可能だった
 が、実際の思考時間に応じて読みの深さが設定されて、強さに差が出た。
従って枡目の少ない盤、例えば4×4が完全解析されて、次第に広い盤に拡大
 される事になった、完全解析に必要な計算量の見積もりがゲームの種類ごと
 に見積もられてハードウエアの進歩と合わせて解明時期の予測がしばしば行
 われた。
この予測は全探索方法の場合であり、実際のソフト開発では探索量を少なくす
 る手法の開発や読みの省略方法の開発が行われる事になり、後の将棋・囲碁
 のソフトの進歩はこの時の予測を大幅に超える事になった。
コンピュータオセロはパソコンハードの性能向上と重なる事で加速されて人間
 との対戦でその能力を超えた事もあり、ソフト開発者の一部は将棋に移って
 いった。

───────────────────────────────────
(4)ショップ情報
       植物・観葉植物のショップ(3)
───────────────────────────────────
個人用・業務用としての植物・観葉植物の販売では、栽培用や栽培品の販売や
 成長後の収穫等を求めない・必要としない用途もある、それがインテリア用
 であり、イベント・冠婚葬祭用だった。
インテリアとしては植物以外にも無数にあり、植物としては造花があり見た目
 では判別しにくい商品開発もされている、また全く反対の性格の短期間のみ
 使用する切花も存在する。
それぞれと比較しても生きた植物・観葉植物のインテリア用としての需要は継
 続して存在し、全ての需要が共存して棲み分けられている、植物・観葉植物
 のメリットや好みは多様だが、種類の豊富さ・費用と価格面の制約・成長や
 開花等を楽しむ利用者の好み等があり、理由も多様だ。
個人住まいやビジネスのオフィスのインテリアと、店舗やレストラン等の一過
 性の客向けのインテリアとでは求められる内容は異なる、インテリアは集客
 の主目的になる事は少ないが後者でも利用客に植物・観葉植物が好まれる限
 りは需要はある。
冠婚葬祭用では切花類や植物が主体であるが、イベントでは開催期日や内容次
 第では生きた植物・観葉植物の用途も生まれている、特殊な用途であっても
 需要は大きい、会場担当が準備して出入り業者を使う事が多いが、贈答品で
 は利用者がショップを選ぶ事も多い。

───────────────────────────────────
(5)技術情報
       磁気・磁性(1)
─────────────────────────────────----
電気・電気学に対して、磁気と磁気学が初等教育から扱われて来た。
電子に関する研究と教育が進み、ミクロな物性として電気と磁気的な性質が研
 究されて高等教育や専門教育で扱われると、そこでは磁気と磁性は扱いは微
 妙になる。
電気的には静電場を作る原因になる電荷が存在する、磁場は電荷に対応する概
 念として磁荷の存在を仮定すればマクロ的には電気学に類似した磁気学が構
 築できる、その様なマクロ的な磁気学では磁石のN極とS極がペアとなった単
 位を想定し、その最小単位を磁気のモノポールと呼んだ。
磁気のモノポールは自然界では見つかっておらず、それが存在しない仮定での
 磁気学の構築が行われてきた、電気学が電荷をになう電子という粒子を起源
 としてミクロの世界と物性を研究出来るが、それに対応する磁荷とそれをに
 なう粒子は見つかっていない。
電荷が移動すると電流となる、電流の周囲には電磁誘導から磁場が発生する、
 磁場は磁荷ではなく電流の電磁誘導から生じるとして始めて、磁気学を構成
 すればマクロ的には同一の構築が可能だ、ただしミクロの電子の世界では磁
 気と磁性は磁荷を扱わない方法での構築が必要だ。
電荷と電流との相対論的な関係を、磁気に適応する手法は当然ながら存在する
 が、物性として磁性を扱う場合は拘らない事も多い。

───────────────────────────────────
(6)その他
       P・G・ウッドハウスとジーブス
───────────────────────────────────
P・G・ウッドハウスはイギリス生まれのアメリカで活動したユーモア小説家で
 、日本では大正末期から昭和30年頃まで多数翻訳されたが、その後落ち込み
 、21世紀になり復刊されている、ジーブスはシリーズキャラクターの執事の
 名だ
美智子皇后が積読書としてジーブスを上げた事で最近に注目された、イギリス
 ではホームズ物と同様の人気とも言われるが、作品数が多くてファンでも積
 読になる作家とも言われた。

───────────────────────────────────

───────────────────────────────────
              「情報化時代の雑学通信」
───────────────────────────────────
 □ 発行 ........... shadow     http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
 □ 問い合わせ ..... dream071152@ybb.ne.jp 
 □ 運営サイト...... shadow     http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/
───────────────────────────────────
 □ 発行周期 ....... 毎週 月曜日(休刊の場合もあります)
 □ バックナンバー..            http://zatugaku.at.webry.info/
               http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/profile/
 □ 発行システム melma   http://www.melma.com/backnumber_174787/
              発行ホームページ
                     配信・解除 
                    http://www5f.biglobe.ne.jp/~kou/JZ/mail.htm
                              ↑ 
登録や解除は発行ホームページか、それぞれの発行システムからお願いします
───────────────────────────────────
           このメールマガジンの無断転載を禁じます
      All Rights Reserved (c)2004-2019- by shadow
───────────────────────────────────

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-05-25  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: - 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。