トップ > ニュース&情報 > ジャーナリズム > ゲンさんの新聞業界裏話

新聞拡張員ゲンさんが、悪質な勧誘員から身を守る方法、営業理念や人生勉強に役立つ情報、新聞業界の裏話などを語りかけます。全編関西弁で語られているゲンさんの軽妙で面白く、含蓄の深い世界をお楽しみください。

RSS


メルマガの登録・解除

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。



第450回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■考えさせられる話……その5 人の相談に乗るということの難しさについて

発行日:1/20

■考えさせられる話……その5 人の相談に乗るということの難しさについて


ある読者の方から、

……………………………………………………………………………………………

いつもゲンさんやハカセさんのメルマガやQ&Aを拝見させてもらってます。

読者の疑問や悩みを聞いて適切なアドバイスをされていることについて本当に
すごい方たちだなと思っておりました。

今回、特にそう思える出来事がありました。私事で、申しわけありませんが、
しばらく話を聞いてやってください。

ここのところ、去年の暮れに発生した糸魚川大火をはじめ、日本各地で火事が
多発しているというニュースをよく見聞きします。

いつもは他人事のように、それらのニュースを見ていました。しかし、その火
事が私の身近で起きたのです。

その火事の様子は、こちらのローカルテレビのニュース番組で取り上げられて
いました。

中略。(投稿者の方から詳しい火事の報道が記載されていましたが、投稿者、
および関係者の特定につながる恐れがあるので省かせて頂きました)

実は、この火事で亡くなられた女性は、私の家内の友人でした。

先日、家内と二人で、ご遺族にお悔やみを伝えに行きました。しかし、家族だ
けの密葬であること、また、ご両親が憔悴しきっていることから、被害者のお
姉さんとだけお話して帰りました。

実は、私と家内、被害者の3人は、元々同じ会社に勤めていました。ですから、
私もよく彼女を知っていました。

私たちの結婚後も家内と彼女は、メールやケイタイで頻繁に連絡を取り合って
いたとのことでした。たまに、うちに遊びに来ることもありました。

最初の数年は、彼女に変化は見られなかったと言いますが、ここ1年くらいの
間、だんだんと彼女の様子がおかしくなりだしたと家内が、時々心配そうに言
っていました。

ほどなくして本人が、精神科に通っていることを家内に告白してきました。

つい先日も、彼女が泣きながら家内に電話をかけてきたので、家内が気持ちを
落ち着かせるようなアドバイスを何度もしたことがあると言ってました。

彼女は未婚です。今まで、何度も失恋したり、職を転々とするなど、精神的な
負担が続いたことが原因だろうと、家内は推測しています。

そして、今回、このような衝撃的な出来事が起こりました。

彼女の自宅が出火したのは午前3時頃だったのですが、実は、その1時間半ほ
ど前に、うちの家内のケータイに彼女から電話がかかってきたのです。

もちろん、そのとき、家内は就寝中でした。目を覚まして電話に出るまでに時
間がかかったようで、電話を手に取る前に電話は切れてしまいました。

それまでも、深夜帯に電話をかけてくることが何度もあったので、家内は「ま
あいいか」と考え、また眠ってしまいました。

そして、朝になり、テレビのニュースを見たという別の友人からの知らせで今
回の不幸を知ることとなり、家内は愕然としていました。

報道では事故扱いになっていますが、鬱病患者にありがちな自暴自棄による放
火の線が濃厚だろうと家内は思っているようです。

まるでテレビドラマのようなことが現実に起こってしまい、私はまだしも、家
内は、かなり動揺しておりました。今はもう落ち着いています。

ここで何を言いたいのかと申しますと、今回のことで私は、人の相談を受ける
ということは、とても難しいことなんだということを痛切に感じたということ
です。

常に、「もしかすると、命が掛かっている場合があるかもしれない」という心
構えで臨まなければならないのではないかと思いました。

いつも、ゲンさんやハカセさんたちは、全ての読者からの問いに答えておいで
ですが、そういった相談メールの中に、もしかしたら、最終的には死ぬことで
問題を解決しようと考えている人がいないとも限らないですよね。

拡張の仕事がうまくいかずお金に困った人や、悪徳な訪問販売に神経を参らせ
た人が、ひょっとすると、死んで楽になろうと思ったとき、最後の頼みの綱と
して、「ゲンさん」のサイトに訪れたとしたら、これはたいへんな責任を負わ
されていることになります。

もちろん、仮に、その人の悩みが解決されずに、最悪の事態が発生したとして
も、実際には、法的な責任は誰にも科せられるわけではありません。

ただ、結果的には、その人が”勝手に”選んだこととはいえ、止められるもの
を止められなかったという事実があったとしたら、よほど、割り切りのうまい
人でないと、後に引きずってしまうことでしょう。

ちょっと、何をいいたいのか、自分でもよくわからなくなってきました。

命の重要性を誰よりもよくご存じのハカセさんから、もし、これに関してご意
見などいただけたら幸いです。

……………………………………………………………………………………………

というメールが届いたという。

これに対して、

……………………………………………………………………………………………

ハカセです。

ご心中、お察しします。

慰めになるかどうかは分かりませんが、人にはどうしてもできない限界のよう
なものがあると考えます。

唯一、その人を助けられる可能性があったとすれば、それはその現場に居合わ
せた時くらいなものではないでしょうか。

奥様のお気持ちは私も痛いほど、よく分かりますが、今回のことは、どなたで
あっても避けられなかったことだと思います。

サイトにも鬱病で悩んでおられるという方からのメールが時々届くことがあり
ます。

例えば、

……………………………………………………………………………………………

……時々死にたくなるんです。今回の解約の問題で悩んで相談した訳なんです
が、ゲンさんからの返事を待ってる間も悩んだせいか鬱になったんだと思うん
ですが、急に死にたくなり遺書を書いて死んだら解約できるんじゃないかと思
い始め、初めてリストカットをしてしまい……

……………………………………………………………………………………………

といったようなものです。

もちろん、リストカットをしたというのは鬱病のせいです。

普通は、それと知っていても、四六時中、その方を監視できる立場、またはそ
うする気持ちのある身内の方以外には防ぐことは不可能だと思われます。

以前、三重大付属病院に勤務している私の担当医に、世間話として鬱病患者と
の接し方について意見を伺ったことがあります。

それまで、上記の方のように鬱病で悩んでおられるという人たちから似たよう
な内容のメールを幾つか貰っていましたので、アドバイスの参考になればとの
思いで、お尋ねしました。

その医師の専門は循環内科ですが、以前、世間話をしている時に精神科の方に
も造詣が深い方だとお聞きしていましたので。

その医師曰く、そういった鬱病患者からの相談は、取り敢えず話を聞いてあげ
ることが何より大切だとのことでした。

何も無理に適切なアドバイスをしようとする必要はないと。

鬱病の方は、非常に疎外感が強く、誰からも構って貰えないという強迫観念か
ら、発作的に自傷行為を起こすことが多いそうです。

「あなたの悩みは、私が知っていますよ」と教えてあげることで大半は落ち着
くのだと。

また、「白塚さんの場合は、大病を経験されているわけですから、そのことに
触れて話されるのも良いのではないでしょうか。同病相憐れむではありません
が、同じような立場、もしくは自分より大変な病気で苦しんでいるけど頑張っ
ているのですよと教えてあげるだけで、かなり違うと思いますので」とも言っ
ておられました。

そのことを踏まえて、すぐに、その方に返信しました。

……………………………………………………………………………………………

ハカセです。
 
頂いたメールを見て、正直、驚きました。
 
私は以前、心筋梗塞を引き起こし、救急病院に担ぎ込まれたことがあります。

その時は、何とか一命を取り止めることができましたが、その後、入退院を繰
り返していますので、病気のことには人一倍敏感です。

ですから、あなたの抱えておられる病気(鬱病)についても、その大変さは理
解できます。
 
当初、医師からは、私の心臓はもって数年だと言われました。その数年という
のが、正しく、現在ということになります。
 
正直、私は死ぬのが怖いです。その怖さは死ぬこと自体ではなく、この世に生
まれて何の足跡も残さないまま、消滅することの怖さです。

妻や二人の子供と別れる辛さ、怖さというのもあります。
 
私は、昔からくだらない小説もどきの物を書いていましたから、何かを書き残
すことを考えましたが、それは、すぐあきらめました。

そんなものを書いても、私の書いたものなど誰も読まないだろうと思ったから
です。
 
そんな時、ゲンさんと知り合いました。その人柄、考え方に触れるうちに、こ
の人のことを書けば、人の役に立てるのではないかと考えるようになりました。

もっとも、その当のゲンさんは、当初、嫌がってましたがね。ただ、私の必死
さは理解してくれたようで、最後には、快く引き受けて頂きました。
 
それは、私の想像以上の結果を生み、実に多くの方から、助かった、勇気づけ
られた、勉強になったというメールを頂くようになりました。

それを励みとしているのは言うまでもありません。
 
つくづく人生というのは不思議なものだと思います。もうだめだと思った瞬間
にでも、生きる道というのが示されているからです。

むしろ、そんな時こそ、本当の自分の生き方が見えてくるのではないでしょう
か。
 
私は、後どのくらい、生きられるのか分かりませんが、命ある限りメルマガと
HPを続けていくつもりです。

言えば、これが今の私の生き甲斐となっているわけです。
 
病気は治すしかありません。そして、それができるのは、あなた自身だと思い
ます。

ご自分の人生を素晴らしいものにできるか、つまらないものにするかは、すべ
て、あなた次第なのです。
 
はっきり、言いますが、タカが新聞購読契約くらいなことで、悩んで命を落と
すのは「犬死に」以下のくだらない行いだと思いますよ。
 
人は、そうでなくても、いつかは死ぬものです。しかし、同じ死ぬにしても、
そんな惨めな死に方は最悪だとは思いませんか。
 
あなたの本当の敵は、あなた自身の中にいます。それに負けないでください。

あなたが、私たちのサイトに辿り着いたのは、何かの力がそうさせたからでは
ないでしょうか。

私には、たまたまとか偶然では説明のつかない何かが、この世界にはあるよう
に思えてなりません。
 
あなたにも、その何かの導きがあったと。救われるべき運命にあったと。どう
か、そう信じてください。

……………………………………………………………………………………………

と。

私は、今まで僅かでも人の役に立てるのであれば、それで良いという思いでメ
ルマガやHPを続けているつもりでした。 

しかし、そのことで、人の役に立つというのは考えている以上に難しいものだ
ということを痛感しました。

回答がもう少し遅れていれば、この相談者は本当に自ら命を絶っていたかも知
れませんからね。

そう考えれば、確かに『たいへんな責任を負わされていることになります』と、
仰っておられるとおりだとは思いますが、そこまでは考えていては負担があま
りにも大き過ぎます。

少なくとも、私はゲンさんには、そこまでの負担をかけたくありません。

何度も、申し上げますが、私たちにとっては相談に乗ったという事実が重要だ
と考えていて、回答に対するその後の判断、および行動は、それぞれに委ねる
しかないと思っています。

多少、無責任なところがあるかも知れませんが、それが私たちのできる限界だ
と思っています。

それに、私たちは自殺願望というのとは対極にいる人間ですから、そういった
方々の悩みというのは正直言って、あまり理解できません。

特に、私は、せっかくまだ生きられるのに、何でわざわざ死に急ぐ必要がある
のかと考えている人間ですので。

ただ、同じ病人という立場で考えると絶望的な気持ちになる時があるというの
は分からないでもありません。

病気は、精神的なものも含め、自分ではどうしようもない部分がありますから
ね。

そう思い、必死に考えて送ったのが、あのメールでした。幸い、その方は、そ
れで自殺するのは思い止まれたようでしたが。

その方から、すぐに返信がありました。

……………………………………………………………………………………………

ハカセさん、心配してくださりありがとうございます。見ず知らずの僕の事を
心配してくださり嬉しくて涙が出てきました。
 
世の中にはハカセさんの様に生きたいと思う人はいっぱいいるのに、死ぬなん
て駄目だと分かっているんですけど厄介な状態なんでごめんなさい。
 
そもそも中学の時にいじめられてから時々、漠然と死にたいと思うようになっ
てしまいました。

今も時々あるんですが今回は解約のことで悩んでたせいで重症になったんだと
思います。

……………………………………………………………………………………………

と。

ただ、それについては永続的なものではなく、その場限りのものでしかないか
も知れません。

そういった病気を持っておられる方は、いつ何時、またそのような行動をしな
いとも限りませんので。

つまり、私が言いたいのは、奥様は、今までその方の悩みや相談を真摯に聞い
てあげたからこそ、その方がそれまで生きて来られたのではないかと思うので
す。

今回、その方の電話を聞いてあげられなかったというのは不可抗力によるもの
です。

もし、その電話に出られて、いつものように話を聞いてあげられたら、と思わ
れるでしょうが、例え、それでその時、発作を起こすことがなかったとしても、
いずれは同じような結果になった可能性が大だったと思います。

私の担当医の話では、日本にはそういった方の治療というか精神的なケアをす
るシステムが、欧米に比べてかなり劣っているとのことでした。

そのシステムが構築されない限り、不幸は、まだまだ続くような気がします。

もっとも、そのシステムが構築されたとしても完璧に防げるというわけではな
いでしょうが。

私が、なるべくすべての方に短くても返信するように心がけているのは「話は
聞いてますよ」とアピールするためです。

そうすることで、もし、そういった方からのメールだった場合、僅かでも救い
になるのではないかと思いますので。

無責任なアドバイスと誤解されても困るのですが、今回の件は、あくまでもそ
の方は「病気で亡くなられた」というように考えられたらどうでしょうか。

申し訳ありませんが、私には、この程度のことしか申せません。実に、難しい
問題だと思います。

……………………………………………………………………………………………

と返信したという。

今更な話やが、ハカセの言うとおり、多くの人の相談や悩みに答えるというの
は本当に難しいことやと思う。

せやからと言うて、ワシらにメルマガやサイトのQ&Aを止めるという選択肢
はない。今後も続けるつもりや。

一人でも「助かった」、「ためになった」と言うてくれている限りはな。



■HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』新着情報

この新着情報は、HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』で前回のメルマガ発行日
の1月13日から本日1月20日までに追加更新したものの紹介です。

新聞勧誘・拡張問題なんでもQ&A 
NO.1397 普通面接するのは、所長ではありませんか?


『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL http://siratuka.sakura.ne.jp/
Mail  hakase@siren.ocn.ne.jp 管理人 ハカセ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編小説選集』のお知らせ


メルマガスタンド「まぐまぐ」で有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編
小説選集』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage14.html
 
月額 216円  配信予定日 毎週土曜午前中。 
登録にはクレジットカードが必要  登録当月無料。 

PC、携帯、スマートホン、iPad のメールアドレスから登録可能

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』完結

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』完結

『第3話 大津坂本人情街道秘話』完結

『第4話 狙われた男たち』完結

『第5話 新聞大逆転の法則』完結

『第6話 黎明期の新聞拡張物語 神武梅乃の伝説』完結

『第7作 新聞業界暗黒物語 悪い奴ら』2015.12. 5 初回配信

上記の読後の感想を送って頂いた方には、将来、書籍化の予定として制作した
PDFデータをプレゼントします。

仕様は、一般書籍と同じく1ページ縦書き35字×15行になっています。

『第1作 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』が410ページ。容量は
1.66MBです。

『第2作 我ら、やもめ団ここにあり』が402ページ。容量は1.48MBで
す。

『第3作 大津坂本人情街道秘話』が133ページ。容量は831KBです。

『第4作 狙われた男たち』が35字×30行で255ページ。容量は
1.60MBです。

『第5作 新聞大逆転の法則』が35字×30行で225ページ。容量は
1.48MBです。

『第6作 黎明期の新聞拡張物語 神武梅乃の伝説』現在製作中。


『第7作 新聞業界暗黒物語 悪い奴ら』2015.12. 5 初回配信


作品紹介

新聞業界には様々な人たちが活動しています。その中で、特に面白いと思われ
る出来事や人たちにスポットを当てたいと考えています。

サスペンス小説ですが、謎解きだけではなく本当の正義とは何か、悪とは何
かといったことを面白おかしく描けたらと思っていますので、ご期待ください。

著者 白塚 博士

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍販売のお知らせ 

作品題名『ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage21.html

Kindleストア
http://www.amazon.com/dp/B00EA0NDFU

honto電子書籍ストア(「ゲンさん」で検索)
http://honto.jp/ebook.html

ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1
http://honto.jp/ebook/pd_25182317.html

著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格350円
購入はPCでも可能。但し、PCでは今のところ読めません。
対応端末 
Kindleタブレット、iPhone、iPad、Androidスマートフォン、
Androidタブレット、Androidタブレット大


作品題名『新聞拡張員ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集』
著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格 1,470円(税込み)

販売方法 インターネット
Amazon(アマゾン)での販売は在庫が少なくなったため終了しました。
今のところ増刷の予定はありません。
代金引換郵便……2010年9月1日より日本全国送料、代金引換手数料無料。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
メールマガジン:ゲンさんの新聞業界裏話
発行日:毎週金曜日

発行責任者:ハカセ
公式サイト:『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL  :http://siratuka.sakura.ne.jp/
Mail  : hakase@siren.ocn.ne.jp
 
登録・解除:http://www.mag2.com/m/0000265583.html
 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

最新の記事

ブックマークに登録する

TwitterでつぶやくLismeトピックスに追加するdel.icio.usに追加Buzzurlにブックマークニフティクリップに追加Yahoo!ブックマークに登録記事をEvernoteへクリップ
My Yahoo!に追加Add to Google

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

登録した方には、メルマ!からオフィシャルメルマガ(無料)をお届けします。


この記事へのコメント

コメントを書く


上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。
コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  1. コメントはありません。

このメルマガもおすすめ

  1. Japan on the Globe 国際派日本人養成講座

    最終発行日:
    2017/06/25
    読者数:
    13240人

    日本に元気と良識を。歴史・文化・政治・外交など、多方面の教養を毎週一話完結型でお届けします。3万8千部突破!

  2. 宮崎正弘の国際ニュース・早読み

    最終発行日:
    2017/06/20
    読者数:
    24332人

     評論家の宮崎正弘が独自の情報網を駆使して世界のニュースの舞台裏を分析

  3. 甦れ美しい日本

    最終発行日:
    2017/06/24
    読者数:
    7041人

    日本再生のための政治・経済・文化などの発展・再構築を目的とし、メールマガジンの配信を行う

  4. 大石英司の避難空港

    最終発行日:
    2017/06/26
    読者数:
    2407人

    作家・大石英司が年間363日デイリーで発行する、時事、風俗、経済、軍事、ヲタクまで幅広く扱うメルマガです。

  5. 情報化時代の雑学通信

    最終発行日:
    2017/06/19
    読者数:
    138人

    雑学と言う呼び方は、正確ではないかもしれませんが広い分野を網羅していると肯定的にかんがえましょう。ネットでは、専門知識が得られやすいですが、多数の専門的知識より浅くても広い雑学を求めていると思います。