ジャーナリズム

ゲンさんの新聞業界裏話

新聞拡張員ゲンさんが、悪質な勧誘員から身を守る方法、営業理念や人生勉強に役立つ情報、新聞業界の裏話などを語りかけます。全編関西弁で語られているゲンさんの軽妙で面白く、含蓄の深い世界をお楽しみください。


全て表示する >

第387回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■ゲンさんの深イイ話 Q&A編 Part 9 

2015/11/06

■ゲンさんの深イイ話 Q&A編 Part 9 53撰


前回の『第356回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■ゲンさんの深イイ話 Q&
A編 Part 8』(注1.巻末参考ページ参照)から、ちょうど半年ぶりにな
る。

ある読者の方から「ゲンさんの深イイ話は、いたって普通のことを当たり前の
ように言っているだけだと思うのですが、それでいて心に染みて考えさせられ
ることが多いのはなぜなんでしょう」というメールを頂いた。

世に言われる名言、名台詞、故事ことわざの類の多くは一見何でもないような
普通の事象を指して言っている場合が多い。

例えば、紀元前11世紀ごろの古代中国、周の名軍師で太公望と呼ばれた呂尚の
言葉に「覆水盆に返らず」というのがある。

「覆水」とは、こぼれた水のことで「盆」は、その水を入れる平たい器を指す。
つまり、こぼれた水は二度と元の器には戻らないという意味や。

これが転じて、取り返しのつかないことの喩えとして使われるようになった。

言葉自体は何の変哲もない当たり前のことや。こぼれて地面に流れ落ちた水が
元の器に戻ることなど絶対にないというのは誰が考えてもそうやさかいな。

ただ、この言葉が3千年経った今でも「教訓」として人々の記憶に残り語り継
がれているのは、その言葉を発したタイミングがあまりにもタイムリーやった
ためや。

呂尚には馬氏という妻がいた。呂尚は働かず読書ばかりしていたために妻の馬
氏は愛想を尽かし実家に帰った。今で言う熟年離婚というやつや。

その後、呂尚は出世して「太公望」と呼ばれる大軍師になった。すると妻は手
のひらを返したように復縁して欲しいと言ってきた。

その時に呂尚が盆に入っていた水を地面にこぼして「一度こぼれた水は元には
戻らない。それと同じで一度切れた縁は二度と結ばれない」と言った。

それが「覆水盆に返らず」の語源となったわけや。

それに類似した名言、故事、ことわざというのは多い。というか、至って普通、
当たり前と思えるような言葉こそが発する状況、人によって名言になるのやな
いかな。

この読者の方が「いたって普通のことを当たり前のように言っているだけだと
思うのですが、それでいて心に染みて考えさせられることが多いのはなぜなん
でしょう」というのは、その言葉を受け取る側が共感されるからやと思う。

一見何でもないような言葉が、その人にとっては「心に染みて考えさせられる」
のやと。

過去の「ゲンさんの名言集」とか「ゲンさんの深イイ話」もワシにとっては、
当たり前のことを当たり前に言うてるつもりなんやが、そう言って貰えるだけ
で、このシリーズを続けてきた甲斐があったと思う。

これもワシが普段よく言うてることやが、名言というのは言うた人間より、そ
の言葉を教訓として活かすことのできる人の方が数段素晴らしいと考えている。

要するに、その言葉を「名言」と取るか「駄言」と考えるかは、すべて読者次
第やということや。

ただ、言葉というのは、たった一つ、一度聞いたものでも劇的にその人の人生
を変えることもあるさかい、いろんな人の言葉に耳を傾けるのは損やないと思
う。

ということで、そろそろ始めさせて頂く。

……………………………………………………………………………………………

ゲンさんの深イイ話 Q&A編 Part 9


新聞やテレビなどのマスメディアを批判しておられる方こそ、実はそれらの媒
体がなくなると困るという矛盾を抱えていることになるわけです。(NO.1251 
より)


新聞勧誘は相手のある仕事やから、いくら勧誘員が一生懸命になっても、その
相手次第という側面がある。相手がその気にならん、応じないというのであれ
ば、どうしようもない。

本当は、そうなった場合の方法はいろいろあるが、勧誘の初心者で、やる気の
失せている人に対してのアドバイスは、悪いけどワシにはできん。この仕事は
本人の意思、やる気が大きく左右するさかいな。(NO.1254 より)


予約も立派な契約になる。「余裕ができたら」という条件付きの契約など新聞
に限らず、世の中すべての契約事ではあり得んことや。そんな曖昧な契約書な
ど、どこにもない。(NO.1255 より)


目的のためには手段を選ばないというやり方では人の賛同や共感は絶対に得ら
れませんからね。(NO.1256 より)


新聞社を持ち上げることもなければ、貶めるつもりもない。良い面も悪い面も
正直に話したい、知らせたいと考えとるだけや。それ以外に他意はない。
(NO.1257 より)


人間の社会は数を味方につけた者の勝ちや。(NO.1258 より)


ワシも、たまに若い専業員に「あれやれ、これやれ」と言うて使うことがある
が、それは憎くてとか、使い勝手がええからということとは違う。そうするこ
とで、その若い専業員がどう反応し、どう動くかを見ているつもりや。人物評
価の一環として。(NO.1258 より)


上手い交渉は、相手の立場を思いやりつつ、こちらのペースで進めることや。
(NO.1260 より)


どんな法律や決まりがあろうと、それだけを振りかざして交渉すれば揉めやす
く、まとまりにくい。(NO.1260 より)


生き死にの戦いに卑怯もへったくれもない。そのつもりがないのなら、最初か
ら喧嘩などせんことや。(NO.1261 より)


相手がどんなに屈強で強そうな男でも怖がることはないし、逆にどんなに貧弱
で弱そうな者に対しても油断することはない。(NO.1261 より)


自信満々な人間より、臆病な人間の方が却って怖い。強い者は相手を舐めてか
かるが、弱い者は必死に工夫して戦おうとするさかいな。(NO.1261 より)


どんなに弱くとも強い者を負かす方法は必ずある。(NO.1261 より)


戦いに必要なのは、ただ一つ。それは戦おうとする勇気だけや。勇気があって、
あきらめなければ勝機は必ずある。どうにかなる。(NO.1261 より)


どんな仕事でも最初はきついものや。しかし、慣れれば大したことやないと思
えるようになる。(NO.1262 より)


営業面で経費削減をするようになった企業に救いはない。たいていは潰れとる。
当たり前やが、営業には攻めの姿勢がなかったらあかん。それに水を差すよう
なやり方をして上手くいくわけがないわな。それに気づく企業は少ないが。
(NO.1265 より)


人は、目の前に壁が現れた場合、それを乗り越えられるものと考えられるか、
それを行き止まりと捉えるかによって、その後の人生が大きく変わると思う。

もっとも、壁を越えた結果の展望が開けているとも保証できんし、行き止まり
に気づいて回り道することが悪いとも限らんさかい、どちらを選べとも言えん
がな。(NO.1265 より)


相手にとっては悪い、けしからんと思うことでも、あんたにとってはそれほど
でもない、あるいは何の問題もないと思えることはいくらでもある。
(NO.1267 より)


例え自分が悪いと気づいたとしても口論していると謝る気になれんという人は
多い。(NO.1267 より)


作り話には破綻した部分が多く表れる。(NO.1267 より)


ウソをつく人間は、その場、その場で適当に取り繕うとする意識が働く。当然
やが、事実であれば、それを示す証拠も多く破綻したところはないもんや。
(NO.1267 より)


意図的にウソをつく人間には、それなりの狙いが必ずある。(NO.1267 より)


ワシも客は大事にすべきやとは考えるが、それはあくまでも普通の常識ある購
読者についてで、わけの分からん言いがかりをつけるような人間まで客として
扱う必要はないと思う。(NO.1267 より)


客が店を選択できるのと同じく、店が客を選択しても一向に構わん。そもそも
商売とはお互いの合意によるもので、一方だけが我慢を強いられるべきものや
ないと考えるしな。信頼が壊れたら、付き合いは終わる。商売人と客との関係
はそれでええと思う。(NO.1267 より)


勧誘員が減れば獲得部数が減る。部数が減れば販売店が減る。販売店が減れば
勧誘員が減る。現在、新聞業界はその負のスパイラルから抜け出せない状況に
あると言える。(NO.1270 より)


言うてもあかんことは言うだけ損、無駄や。(NO.1271 より)


どの業界にも浮き沈み、好不調の波はあるもんやが、現在、新聞販売店は最悪
の状態を迎えていると考えて、耐えるしかないやろうな。世の中、何事におい
ても悪い時もあれば良い時もある。常に悪い状態ばかりということはない。そ
のうち必ず好転する。そう信じることや。(NO.1271 より)


タダやと言うので契約書にサインしたというのは、迂闊やったと思う。言葉だ
けを信じて迂闊にサインするとトラブルに遭いやすい。(NO.1272 より)


何でもそうやが、嫌なものは嫌と、最初の段階で断らなあかんということや。
それをせずに、商品を受け取った後になって強制されたので払うつもりがない
では世の中通用せん。

例えて言えば、好きでもない料理を強制的に食わされたと感じたから、その代
金を払わないというのに似ている。(NO.1273 より)


昔から「勉強するなら新聞を読め」とは、ワシらの子供の頃からよく言われて
いたことで、それはある意味正しいと思う。世界的に見ても新聞を読んでいる
子供ほど学力が高いという確かなデータがあるさかいな。(NO.1274 より)


新聞販売店の人たちを含めた業界関係者のこれからの頑張り次第では、まだま
だ新聞には未来と希望があると確信しとる。(NO.1274 より)


契約というのは契約の当事者の死を以て終了する。当たり前の決定や。
(NO.1276 より)


事、新聞業界の場合、一般の法律よりも業界の決め事、通達の方が重視される。
法律上、「渡した景品類の返還要求」に問題がなくても日本新聞協会、および
新聞公正取引協議会がNOと言えば、それに従うしかない。(NO.1276 より)


もともと日本新聞協会、および新聞公正取引協議会というところは、監視組織
であって、新聞販売店や拡張団を守るための組織ではない。(NO.1276 より)


脅かすわけやないが、世の中無知な者ほど怖いものはない。知っていれば思い
止まることでも知らんがために暴走する者もいとるさかいな。(NO.1277 より)


何事もそうやが、被害に遭う危険があるのなら、事前にその危険をなくすよう
対処するしかない。被害に遭うケースというのは、何の用心もせず油断してい
る時と相場が決まっとるしな。(NO.1279 より)


そもそも営業の仕事は信頼関係があって成立するものですので、最初からそれ
が壊れているような関係で上手くいくとは思えません。(NO.1280 より)


契約は、提示された条件をお互いが納得した上で交わすものや。一方がその条
件を拒否し、他方がその条件を遂行しなかった時点で契約は成立していないも
のと見なされる。(NO.1281 より)


拡張は難しい客を落とすことやない、簡単な客をできるだけ多く探し出して、
これはいけるなと判断した場合のみ、その相手に全勢力を集中して口説き落と
すわけや。それが、より多くの契約を上げる秘訣ということになる。
(NO.1284 より)


簡単な客というのは、その拡張員にとって簡単な客であって、すべての拡張員
にとって簡単な客と言うわけやない。人によって違う。(NO.1284 より)


拡張の仕事は99%断られても残り1%から契約を貰えれば御の字で、コンス
タントにそれができるのなら相当稼げる。(NO.1284 より)


自分に合った落としやすい客、波長の合う客というのは、その客からしても同
じで「感じの良い拡張員」と認識するケースが多い。(NO.1284 より)


大組織にはありがちなことやが、官僚的な考えに毒されていて、一度決めたこ
とは、どんなことがあっても最後までやりぬくということなのやろうな。それ
が大組織を率いる人間のメンツということになる。

そして、そのための犠牲、下支えになるのは、たいてい底辺にいる者と相場が
決まっている。つまり、トップの考え次第で下の者に負担がかかるのは仕方が
ないということになる。いつの時代でもそうであるようにな。(NO.1287 より)


『低所得低学歴、社会的地位もない』から何もできないと考えればそうなる。
人は自らの生き方、可能性をそうやって抑えている限り、そこから抜け出すこ
とも今以上になることもできない。(NO.1288 より)


『低所得低学歴、社会的地位もない』からこそ、のし上がるんやと思えば、そ
うなるもんなんや。人は思いの強さで変わる。要はそう信じることができるか
できないかの違いがあるだけやと思う。(NO.1288 より)


人は自身の思い一つでどうにでも変われるわけや。変われないのは、その人が、
そう思い込んで自らに限界を作っているからに外ならないからやと思う。
(NO.1288 より)


何の変哲もない、つまらないと思える生き方が実は最高の人生やったりするわ
けや。人は失って初めて、それに気づく。それでは遅いんやがな。(NO.1288 
より)


今、あんたに守るべきものがあるのなら、それを大事にして貰いたいと思う。
(NO.1288 より)


底辺の人間がいて一部の指導者がいるから、この人間の世は上手くいっている
のであって、底辺の人間ばかりでもトップの人間ばかりでも社会は成り立たな
い。

それぞれがそれぞれに大事な役割を担って生きていると考えるがな。人に害を
為す者以外、この世の中に不必要な人間など存在しないと。(NO.1288 より)


失敗があったからダメだと思うか、失敗があったからこそ次はない、大丈夫だ
と信じられるか、その見方の違いで評価は大きく分かれると思う。(NO.1288 
より)


人は向上心がある限り、いくらでも進歩する可能性がある。要は自分自身で、
自分に限界や制限をかけんことやな。そして何度も言うが、負の思い込みは
捨てることや。(NO.1289 より)


世の中すべてのことについて言えることやが、そこに人が介在している限り、
様々な人間の思惑が働くもんや。あこぎなことをする輩もいれば、そうでな
い人もいる。(NO.1293 より)


人は一事を万事と考えがちやが、人間の社会は、それほど単純なものやない
と思う。(NO.1293 より)


日本の社会は、良くも悪くもムードや風潮に流される傾向が強い。多くの人
が悪い、けしからんと言えば、その理由と経緯はどうであれ、批判の対象に
されてしまいやすい。(NO.1293 より)


ワシは常にピンチはチャンスに変えられると言っているが、そのピンチの度合
いが大きいほど、それに倍するチャンスになる場合もあると考えている。
(NO.1293 より)


分からないことがあって、それを知っている人が、例え幼稚園児や小学生であ
ったとしてもワシらは頭を下げてでも教えを乞うことを厭わないつもりや。
(NO.1299 より)


死ぬまでに一つでも多くのことを知りたい。ワシらは、そう考えて生きてきた
し、これからもそうするつもりや。(NO.1299 より)


人に分からないことを尋ねるのは、けっして恥じでも何でもない。本当の恥じ
とは知りもしないのに知ったかぶりをして、人に話すことやと思う。
(NO.1299 より)


面倒で、悠長すぎると思われるかも知れんが、難しい人には、それなりの対処
をせなあかんさかい、その意味では仕方ないと思う。急いては事をし損じる。
敢えてアドバイスするとしたら、それやな。(NO.1300 より)

……………………………………………………………………………………………

以上や。

何か一つでも共感できる、役に立ちそうやと思える言葉があったかな。あるい
は気になる、引っ掛かる、といったものがあれば教えて欲しいと思う。

今後の参考にしたいので。



参考ページ

注1.第356回 ゲンさんの新聞業界裏話 ■ゲンさんの深イイ話 Q&A
編 Part 8
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage19-356.html



■HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』新着情報

この新着情報は、HP『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』で前回のメルマガ発行日
の10月30日から本日11月6日までに追加更新したものはありません。


『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL http://siratuka.sakura.ne.jp/
Mail  hakase@siren.ocn.ne.jp 管理人 ハカセ

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編小説選集』のお知らせ


メルマガスタンド「まぐまぐ」で有料メルマガ『白塚博士の有料メルマガ長編
小説選集』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage14.html
 
月額 216円  配信予定日 毎週土曜午前中。 
登録にはクレジットカードが必要  登録当月無料。 

PC、携帯、スマートホン、iPad のメールアドレスから登録可能

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』完結

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』完結

『第3話 大津坂本人情街道秘話』完結

『第4話 狙われた男たち』完結

『第5話 新聞大逆転の法則』完結

上記の読後の感想を送って頂いた方には、将来、書籍化の予定として制作した
PDFデータをプレゼントします。

仕様は、一般書籍と同じく1ページ縦書き35字×15行になっています。

『第1話 新聞販売店残酷物語 恩讐の彼方から』が410ページ。容量は
1.66MBです。

『第2話 我ら、やもめ団ここにあり』が402ページ。容量は1.48MBで
す。

『第3話 大津坂本人情街道秘話』が133ページ。容量は831KBです。

『第4話 狙われた男たち』が35字×30行で255ページ。容量は
1.60MBです。

『第5話 新聞大逆転の法則』が35字×30行で225ページ。容量は
1.48MBです。

『第6話 黎明期の新聞拡張物語 神武梅乃の伝説』
初回発行日 2015. 2.14  現在配信中
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage14-6.html


作品紹介

 これは大正、昭和、平成と壮絶な人生を生き抜いた、ある女性の物語です。
この物語の主人公の女性には実在のモデルが存在します。

 新聞の拡張が始まって間もない黎明期の頃に活躍されていた方で、新聞拡張団
がどのような経緯で組織されたのかを知る上でも歴史的価値の高い情報をお伝え
できるものと思います。 

 愛とは何か、正義とは何か、仕事とは何かについて考えさせられる作品ではな
いかと思います。また大正、昭和といった時代背景にも注目してください。歴史
書には記されていない真実を描くつもりですので。 

 私自身、彼女の生き様には深い感動を覚えました。私が、どこまで、それをお
伝えすることができるかは、わかりませんが、精一杯頑張りますので、ご購読の
ほど、よろしくお願い致します。

著者 白塚 博士

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

書籍販売のお知らせ 

作品題名『ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1』
http://siratuka.sakura.ne.jp/newpage21.html

Kindleストア
http://www.amazon.com/dp/B00EA0NDFU

honto電子書籍ストア(「ゲンさん」で検索)
http://honto.jp/ebook.html

ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集 電子書籍版パート1
http://honto.jp/ebook/pd_25182317.html

著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格350円
購入はPCでも可能。但し、PCでは今のところ読めません。
対応端末 
Kindleタブレット、iPhone、iPad、Androidスマートフォン、
Androidタブレット、Androidタブレット大


作品題名『新聞拡張員ゲンさんの新聞勧誘問題なんでもQ&A選集』
著者 白塚 博士
出版社 みずほ出版
販売価格 1,470円(税込み)

販売方法 インターネット
Amazon(アマゾン)での販売は在庫が少なくなったため終了しました。
今のところ増刷の予定はありません。
代金引換郵便……2010年9月1日より日本全国送料、代金引換手数料無料。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□
 
メールマガジン:ゲンさんの新聞業界裏話
発行日:毎週金曜日

発行責任者:ハカセ
公式サイト:『新聞拡張員ゲンさんの嘆き』
URL  :http://siratuka.sakura.ne.jp/
Mail  : hakase@siren.ocn.ne.jp
 
□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
記事を読んだら、あなたの評価をつけてください。
評価は3段階で簡単にできますので、本メールの一番下からご参加ください!
___________________________________
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

規約に同意してこのメルマガに登録/解除する

メルマガ情報

創刊日:2008-05-25  
最終発行日:  
発行周期:週刊  
Score!: 91 点   

コメント一覧コメントを書く

この記事にコメントを書く

上の画像で表示されている文字を半角英数で入力してください。

※コメントの内容はこのページに公開されます。発行者さんだけが閲覧できるものではありません。 コメントの投稿時は投稿者規約への同意が必要です。

  • コメントはありません。